花ごよみ

映画、本、写真など・

友罪   薬丸 岳

2018-04-30 | 本 ま、や行(作家)

友罪 (集英社文庫)

友が重罪を侵した過去があると知ったら
友人のままでいられるのか。

心の中に閉じ込めたまま
秘密にしておけるのか。

友人の犯罪に気付いてしまった益田。
友として犯罪を打ち明けようとする鈴木。

被害者は存在する。
償うことのできない深い罪を犯し
死ぬこともままならない。
生きていくことの辛さを抱え
苦悩する鈴木。

彼から得た信頼を裏切ってしまうのか。
葛藤する益田。

映画化ということで読みました。

益田が生田斗真、
鈴木は瑛太が演じます。
映画のキャストを思い浮かべながら読みました。

読み進めるのが辛くなるような
救いのない重苦しい内容でしたが
先が気になり本の最後を
ちらっと覗いてしまいました。

どうすれば正しいのか、
答えは見えてきません。
ラストの手紙にはじんときました。



コメント

赤い密約  今野敏

2018-04-30 | 本 か行(作家)

赤い密約: 〈新装版〉 (徳間文庫)

『隠蔽捜査』で知られる
今野敏の初期作品の新装版。

主人公の仙堂が格闘の技を
駆使して大活躍。
仙堂、最強の空手家でした。


ロシアに空手を教えに行った仙堂が
モスクワで、テレビ局が襲撃という
政治的クーデターに巻き込まれます。

ロシア人からビデオテープを
託される仙堂。
軽々しくビデオテープを預かる時点で
びっくりですが…

テープの流出を止めたい
ロシア・マフィアが
仙堂に襲いかかります。

やくざからの来襲を払いのけ、
日本での放映という目的のため
突き進む姿を描いています。

軽く読める小説でした。



コメント

ノーマンズランド  誉田哲也

2018-04-30 | 本 な、は行(作家)

ノーマンズランド姫川玲子シリーズ。

姫川班メンバーが登場します。

もう結婚した菊田は
複雑な立ち位置。

ドラマでは丸山隆平演じた
湯田康平刑事が重苦しい物語を
和らげてくれます。

どうしてもこの小説は
ドラマの登場人物の
イメージで読んでしまいます。

今回、検事の武見が初登場。
次回には、またまた姫川は
恋に落ちるのかな。

拷問シーンは想像しないように
さっと飛ばし読みしました。
このシリーズは毎度、
リアル過ぎて読むのが
つらいシーンが登場します。

今回は捜査の過程で、
隠れた犯罪として
拉致事件が浮かび上がってきます。

大切な人を失った悲しさ、絶望。
一人一人はなにも出来ない。
どうしょうもない虚しさが
描かれていました。
   


コメント

パシフィック・リム:アップライジング

2018-04-27 | 映画
2013年公開のパシフィック・リムの
シリーズ第2弾。

平和が戻っていた地球に、
進化を遂げたKAIJUが出現、
またしても人類に危機が…

監督はスティーヴン・S・デナイト。


ジョン・ボイエガ、
スコット・イーストウッド、
菊地凛子、新田真剣佑らが出演。

ロボットと怪獣との派手なバトルは
迫力、スリルもあって
なかなかのものでした。


パイロット訓練生役の真剣佑、
思っていたより出番が少なく残念。

東京思いっきり破壊されました。
でもスカイツリーも都庁もないし
東京のイメージはなかったです。

後になにも残らないですが。
とにかく気楽に楽しめる作品でした。








コメント (2)

當麻寺奥院の牡丹

2018-04-26 | 古寺(花など)
當麻寺塔頭奥院は
知恩院の奥之院として建立。

中将姫の伝説で知られる
綴織當麻曼陀羅や
二十五菩薩来迎像が「宝物館」に
展示されています。

楽器を演奏している様子を表現した
躍動感たっぷりの二十五菩薩来迎像からは
音楽が聞こえてくるようです。


浄土庭園は極楽浄土を表現した庭園。

今の季節は牡丹やツツジに彩られ
色彩豊かで華やかな庭園が
目の前に広がります。




















ツツジも咲いていました。



4月21日撮影

コメント (2)

當麻寺西南院の牡丹と珍しい花々

2018-04-26 | 古寺(花など)
「関西花の寺 第二十一番霊場」の當麻寺 西南院。

春の穏やかな陽差しの中、
日除けの和傘が差しかけられた
牡丹の花が咲き揃う境内。
華やかな気分になります。










芝桜も咲いています。


庭園の見晴らし台から見る
美しい池泉回遊式庭園。


シャクナゲ


シャクナゲ
黄色って珍しい。


ハンカチの木


ムサシアブミ


ユキモチソウ
電灯がついているみたい。


ウラシマソウ
釣り糸の様な物が見えます。


花イカダ


ツケヌケニンドウ


奈良県葛城市當麻

4月21日撮影


コメント

春日大社の藤&萬葉植物園の花々

2018-04-24 | 写真(花など)
春日大社の藤

全国にある「春日神社」の総本社、春日大社。
国宝の本殿は春日造りの社殿。


砂ずりの藤ですが
砂ずってはいないです。




春日大社の藤はひときわ優雅。






釣燈篭が並ぶ美しい景観。


やっぱり奈良といえば鹿。


参道にずらっと並ぶ石灯篭。



萬葉植物園の花々



萬葉植物園では藤の園の藤以外にも
四季の花々が目を楽しませてくれます。
椿もまだ咲いています。




清々しい緑の世界。


朱塗りの浮舞台


シャガ


大根の花


こちらも大根の花



イチハツ

奈良市春日野町

4月21日撮影



コメント (2)

春日大社神苑 萬葉植物園の藤

2018-04-23 | 写真(花など)
萬葉植物園の藤、
もう見頃になっていました。

今年は開花が早いようです。

入園するとまず藤の甘い香りが
漂ってきます。
様々な藤の景色が目の前に広がってきて
魅力たっぷりの藤を楽しむことができました。




ツツジももう少しで見頃。






















昭和紅


岡山一歳


八重黑龍

奈良市春日野町春日大社内

4月21日撮影

コメント (4)

正暦寺の青モミジ

2018-04-21 | 古寺(花など)
紅葉の名所として知られる正暦寺。
春は青モミジの木々に覆われ、
山内は清々しい空気が満ちあふれています。








青モミジのトンネル。






国指定重要文化財「福寿院客殿」の
庭から眺める美しい景色。

孔雀明王も拝観することができました。





紅葉時期になると
多くの参拝客で賑わいますが
今の時期はひっそりとしていて
静寂な雰囲気が漂っていました。


ドウダンツツジ


八重桜






シャガ

奈良県奈良市菩提山町

4月14日撮影




コメント (4)

赤塚シャクナゲガーデンのシャクナゲ そのⅡ

2018-04-21 | 写真(花など)
大きめな花姿が魅力のシャクナゲ
こんなに多く咲いているのを見るのは
はじめて。

鮮やかな花々が競うように咲き誇る
感動的な光景、
迫力の風景美です。
























三重県津市高野尾町字西豊久野

4月14日撮影





コメント