花ごよみ

映画、本、写真など・

羊と鋼の森

2018-06-21 | 映画
第13回本屋大賞を受賞した、
宮下奈都の小説を映画化。

ピアノの調律に魅せられた青年が
ピアノの調律師として、
また人として成長していく過程を描いています。

主人公の外村直樹を山崎賢人。


外村が調律師を目指すきっかけとなった
外村の憧れの調律師、
板鳥を三浦友和。


先輩の調律師、柳は鈴木亮平。


監督は橋本光二郎、
脚本は金子ありさ。

板鳥のいる楽器店で働き始めた外村は
高校生の姉妹ピアニストに出会う。
白石萌音と上白石萌歌が
姉妹ピアニストとして出演。


山崎賢人、鈴木亮平、上白石姉妹が好演。
三浦友和もよかったです。

は2年前に読んでいました。
キャストは本のイメージにぴったり。

原作の世界観が、
視覚、聴覚を通して表現され、
風景と音、表情などが明確に心に響き、
原作よりイメージが拡大。

調律の仕事も映像を通し
見せてもらいました。
映画ならではです。

四季折々の森の景色もきれいで、
音楽も素晴らしく
繊細で優しい時間が流れ、
心地よい余韻が残る、
映画になっていました。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

正俊寺の紫陽花

2018-06-20 | 古寺(花など)
杉木立の中に五百阿羅漢、そして紫陽花。
正俊寺の初夏、梅雨の頃の風景。





今まで行っていた第一あじさい苑には
花が少なかったですが
いつからできたのか第二あじさい苑は
たくさんの紫陽花がきれいに咲いていました.











大阪府枚方市長尾宮前

6月16日撮影

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

楊谷寺(柳谷観音)の紫陽花

2018-06-19 | 古寺(花など)
柳谷観音として親しまれている楊谷寺。
善峯寺の次に訪れました。

秋には紅葉の名所として知られているお寺ですが、
初夏、梅雨の頃は紫陽花が境内を彩ります。














アジサイが浮かべられた手水鉢






本堂から奥の院へと続く「紫陽花回廊」
回廊沿いに咲く紫陽花。






モリアオガエルの卵

6/24(日) には長岡京あじさいまつりが開催。

京都府長岡京市浄土谷堂ノ谷

6月16日撮影

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

善峯寺の紫陽花

2018-06-17 | 古寺(花など)
四季折々の花の名所として知られている、
西国三十三カ所霊場の第20番札所、
京都の西山にある善峯寺。



善峯寺「白山・桜あじさい苑」、
春には枝垂れ桜、梅雨の季節は
一万株の色とりどりの紫陽花が
斜面を埋め尽くします。

この日、梅雨というのに
カラッとしたいい天気、
晴れ上がった空に
紫陽花はちょっと不似合いな感じ、
紫陽花にはもう少し湿度が欲しかったです。



















京都市西京区大原野小塩町

6月16日撮影

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

舞洲ゆり園の百合

2018-06-16 | 写真(花など)
キャッチフレーズは
「シーサイドに咲きほこる、250万輪のゆり」
斜面に咲き並ぶ多彩な百合。

時期をずらして咲くので
まばらなエリアもありましたが、
一面に広がる百合の光景はやっぱり見事。

曇っていて青い空と海をバックと
いうわけにはいかなかったけれど
一面の百合には感動です。






恋する桃色の丘


幸せの黄色い丘


夕焼け色に染まる丘




















ヘリコプターに乗りました。
乗っている時間は短かったですが
楽しい体験ができました。


ヘリコプターからのぞむゆり園、
高さがある百合は上から見ると
隙間があって点に見えます。







大阪市此花区北港緑地

6月14日撮影
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ホテル・ロッジ舞洲の紫陽花

2018-06-15 | 写真(花など)
ロッジ舞洲では「 あじさい展」が開催。
舞洲 ゆり園に行く前に、
こちらの紫陽花を見に行きました。



ホテルの広い敷地内に、
様々な種類の紫陽花が咲いています。

約1万坪のガーデンに
約65種、1500株ということです。
ゆり園は入場料がかかりますがこちらは無料。

ボリュームもたっぷり
華やかな紫陽花を楽しみました。








































大阪市此花区北港緑地

6月14日撮影

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

鶴見緑地公園 マリーゴールド&メタセコイア

2018-06-15 | 写真(花など)
風車の丘に咲く、
一面のマリーゴールド。

以前はこの季節、
真っ赤なサルビアだったのが
今は風車の前のお花畑を
マリーゴールドが
明るい色彩に染め上げています。











メタセコイアが植えられている中央通り。





大阪市鶴見区緑地公園

6月11日撮影

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

鶴見緑地公園の紫陽花

2018-06-12 | 写真(花など)


花の谷でアジサイの植栽を
行ってから4年目になるそうです。
今年は、約6,500株まで成長と、
鶴見緑地公園のHPに書かれていました。
小ぶりの花が多かったですが
これから年を経ると花が大きくなって
見事な景観になっていくでしょう。



























大阪市鶴見区緑地公園

6月11日撮影

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

天龍寺百花苑に咲く花々

2018-06-10 | 古寺(花など)
世界文化遺産の天龍寺。
足利尊氏創建の臨済宗の大本山。

庭園は池泉回遊式庭園で、
夢窓疎石の作庭。
嵐山を背景にした借景庭園。


白壁が美しい庫裏。




奥は大方丈、手前は書院。


曹源池。



百花苑に咲く花々

シモツケ




美方八重(山アジサイ)


琉球ツツジ




アジサイ科のノリウツギ








もう萩が咲いていました。


京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町

6月3日撮影

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

梅宮大社の花菖蒲&紫陽花

2018-06-07 | 古寺(花など)

四季それぞれの花々が楽しめる
梅宮大社神苑。

6月はじめの今回は
満開の花しょうぶ、見頃間近の紫陽花、睡蓮など、
美しい花々との素敵な出会いが待っていました。


涼しげな色合いの花しょうぶ。










梅の実が写っています。












愛らしい紫陽花たちに
心が癒されます。













京都市右京区梅津フケノ川町

6月3日撮影

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

地蔵院&浄住寺

2018-06-05 | 古寺(花など)
 地蔵院(竹の寺)

竹が多い境内から竹の寺と呼ばれているお寺。
今の時期は新緑と苔の緑がきれいです。

無数の竹がそびえる参道。
圧巻の景観です。
観光客も少な目で心癒される空間です。



















京都市西京区山田開町


 浄住寺



地蔵院から徒歩10分位のところに建つお寺。
秋は紅葉のトンネルが美しいですが
夏の青モミジ、境内の苔の緑も清々しく、
訪れる価値のあるスポットです。












亀甲竹


「方丈」と池泉式庭園


モリアオガエルの卵


池のスイレン



京都市西京区山田北ノ町

6月3日撮影

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

山田池公園の花しょうぶと紫陽花

2018-06-03 | 写真(花など)
お天気もよく、というより暑いくらい。
でも木陰は心地よく
花しょうぶ、あじさいなど
美しい花々を楽しんできました。

花しょうぶ見ごろになっています。







































アジサイ園のアジサイ
4分~6分位色づいています。















真っ赤なザクロの花


白鷺と青鷺

大阪府枚方市山田池公園

6月2日撮影

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

天野山金剛寺

2018-06-01 | 古寺(花など)

金堂 


多宝塔   


御影堂


山門(楼門)

金堂、多宝塔、山門、御影堂、
全て重文に指定されています。


清々しい青モミジ。




須弥壇に安置されている国宝三尊。
本尊の金剛界大日如来坐像 
右に不動明王坐像、左に降三世明王。
いずれも2017年度に
新たに国宝に指定された仏像です。

国宝指定特別公開の日ではないので
格子の小さな隙間から覗くだけですが
お姿ははっきり拝観できます。
画像はパンフレットをスキャンしました。

南大門大阪府河内長野市天野町

5月23日撮影



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

友罪

2018-05-31 | 映画
原作は薬丸岳の同名小説。
監督は瀬々敬久。
生田斗真、瑛太で映画化。

17年前に世間を震撼させた事件を
起こした元少年犯鈴木を瑛太。



元ジャーナリストの益田を生田斗真が演じます。

生田斗真、瑛太、夏帆、山本美月、
富田靖子、佐藤浩市等が出演。

鈴木(瑛太)と益田(生田斗真)は
町工場で出会う。
ある児童殺害事件をきっかけに、
同僚になった鈴木(瑛太)に、
疑念と友情の相反する感情に
心が揺れる益田(生田斗真)。

原作を読んでいて内容を把握していたので
長編を2時間にまとめ上げた映画も
難なく見ることができました。

それぞれの登場人物が、
重い何かを背負いつつ
それでも生きていく。
何が正しいのか、
どうすればよかったのか。
信頼できると思った友人が、
少年時代に凶悪犯罪を犯した
人物だと分かってしまっても
友達でいられるのか、
はっきりとした解答は
見いだすことはできません。

瑛太の演技が
強く印象に残りました。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一休寺の青モミジとサツキ

2018-05-29 | 古寺(花など)
紅葉の名所の
一休さんゆかりの寺、一休寺(酬恩庵)は、
今の時期、瑞々しい緑に彩られます。




清々しい緑のトンネル。










本堂


一休さん


若い頃の一休さん




方丈




松花堂昭乗、佐川田喜六、石川丈山、
三名合作といわれる
名勝指定の枯山水の庭園。


縁側に座り、見事な庭園を
眺めていると心が静まる気がします。




蓬莱庭園


可愛いアジサイが咲いていました。


ハート型のサツキ。
確かにハート型でした。

京都府京田辺市薪里ノ内

5月27日撮影



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加