花ごよみ

映画、本、写真など・

20世紀少年

2008-08-31 | 映画

浦沢直樹作の同名コミックの実写化。

鑑督は堤幸彦。

出演は唐沢寿明、豊川悦司、
常盤貴子、香川照之、
石塚英彦、宇梶剛士、宮迫博之、
生瀬勝久、小日向文世、佐々木蔵之介、
佐野史郎、石橋蓮司、
中村嘉葎雄、黒木瞳、
池脇千鶴、藤井フミヤ …等々。

この顔ぶれ、
なんと豪華なキャスティング!!

 

小学生だった頃、
秘密基地に集合して書きつづった、
「よげんの書」にそって起こる、
不可解な事件の数々。

 

なぞの宗教団体が掲げる
シンボルマーク。

それは過去の自分たちが考案した
マークと同一のものだった。



その事件に立ち向かうために
再び結束を深める幼なじみ達。

『ともだち』とはいったい、
誰なんでしょう?

同じクラスの、
小学生の中にいたのでしょうか。

最後、あの状況で、
ケンヂ(唐沢寿明)は死ななかったのかな。

普通なら命を落とすのが、
当然なようなシチュエーションでも
主役だったらもちろんのこと、
死なないでしょうね。

まだ人類滅亡の危機を救うという、
大切な使命は残っているし…。

3部作の第一章ということなので
まだまだ中途半端な状態で、
終わっています。

原作を読んではいないので、
どういう展開か予想はできないですが
ネタバレの危険性のある記事を
注意深くスルーしながら
第2弾を迎えたいです。

こうなったら、
最終章まで見にいかないと…。





コメント (12)   トラックバック (43)

鶴見緑地公園 百日紅の絵

2008-08-31 | 水彩画

↑クリックで拡大できます
 

百日紅の並木道を絵にしてみました。

もう8月も終わり、
今日は 朝からきれいな秋のような青空。

でもなかなか涼しくはなってはくれません。
真夏に戻ったような暑さ!

だけど、澄み切ったブルーの
空を見るのは
気持ちのいいものです。 
 


こちらは実際の景色です。



「大石オリックス」単独3位!!
勝率5割です。

最下位にいて、
パリーグのお荷物的存在から
よくここまできました。

クライマックスシリーズ圏内に浮上です。

こうなったらぜひ、
この勢いに乗って
がんばって欲しいです。
コメント (10)

ラストゲーム 最後の早慶戦

2008-08-28 | 映画
野球と戦争。
戦時下の大学野球。
実話の映画化ということです。

昭和18年、
六大学野球連盟の解散、
大学生の徴兵猶予もなくなり
学徒出陣へと…。

主演は渡辺大。

渡辺謙の息子さんです。
似ているんだけど、
謙さんのような陰影のある目ではなく
からっと明るい目をした俳優です。

将来、年功を積んで、
謙さんの様な眼力のある、
俳優になるのでしょうか…。

因みに娘さんはモデルのです。



柄本明の息子さん、
柄本佑も渡辺大の、
友人役で出演しています。

慶應義塾の小泉塾長には石坂浩二。

早稲田大学野球部飛田には柄本明。

早大学長の田中は、
藤田まことが演じています。

戦争に行く彼等、
学生達にとって、
最後の試合となる早慶戦は、
勝敗を抜きにして、
心にとどめておきたい大切な試合。

 

野球…
ただ一つのボールへの執着。
それだけで喜び、悲しみ、一つになれる。

学生達の野球に対する思い。

その実現のために翻弄する
野球部顧問役の柄本明。

息子を戦地へと、
心ならずも送らなければならない、
母親役の富司純子。

柄本明と富司純子、
二人の心に残る演技が、
涙を誘います。

戦争の悲惨なシーンは全くなく
悲しみもありますが、
見終わった後は
学生達の純粋さが痛みと共に
清々しさを残してくれました。




コメント (6)   トラックバック (11)

桃の絵

2008-08-27 | 水彩画

↑クリックで拡大できます


白いうぶ毛が繊細で
小さな女の子の頬のよう。
柔らかな色合い、
優しい感じの果物ですね。




北京オリンピックで野球日本代表
阪神・新井選手が疲労骨折。

1週間安静の後リハビリ。

そして最悪の場合、
今期絶望の可能性もありえるとのこと。

とても残念な結果になってしまいました。

同じく日本代表だったソフトバンクの、
川崎選手も疲労骨折。

それで勝利でも納めていたなら、
悲劇のヒーローにでも、
なっていたのかもしれないですが…。

選手にしても体に故障があったのなら
断る決断と勇気をもちあわせることも
必要だったのではないでしょうか。

マラソンの二人も直前での棄権。

将来的にも選手の心体共に、
傷を残してしまう結果と
なってしまいました。

余りにも痛々しくて
やるせない気分になります。


コメント (14)

家に咲く花達♪

2008-08-25 | 家の植物たち
 デュランタ
今年は花の数がとても多いです。


 サンゴバナ
今年3回目の開花。


 ニオイバンマツリ
こちらも今年になって
3回咲きました。


 ニルバーナカスケード
名札が付いていました。
ニチニチソウのことなんですね。
花色はラベンダーWアイ 


 ニルバーナカスケード
花色はピンクスプラッシュ
花びらの重なり具合が、
かざぐるまの様です。


 ペンタス


 朝顔
かなり大きな花が咲きました。
花びらの柔らかな風合いが、
優しく感じられます。


上の朝顔とは色違いです。
コメント (19)

再度、本薬師寺跡のホテイアオイ

2008-08-23 | 古寺(花など)
(奈良県橿原市)

近くまで所用で寄ったので
再度、ホテイアオイを見に
訪れました。

8月初旬、前回の様子は→こちらです。

今はホテイアオイの花が、
びっしりと咲いていて、
とても見応えのある光景を
目にすることができました。

涼しげな水色に染め上げられた、
風景はまるで夢のような世界です。 









(8月22日撮影)


コメント (20)   トラックバック (2)

卓上のひまわり

2008-08-21 | 水彩画

↑クリックで拡大できます
 


ひまわり、パワフルな花…。
好きな花です。

代表的な夏の花、
つかれた体と心に力を
与えてくれます。

夏が与えてくれた、
自然の恵みを感じます。


女子サッカーとソフトの決勝、
どちらも見たいのに…。
試合時間、重なって困ります。
テレビ画面を2分割して欲しいです。
気になって、落ち着かないです。
その上、阪神ー広島戦も…。



追記
ソフトボール勝ちました。
ついに宿敵だったアメリカを
破っての悲願の金メダル!!
気力の3蓮投。
おめでとう!!
感動をありがとう!!

コメント (4)

「咲くやこの花館」で印象に残った植物達

2008-08-20 | 写真(花など)
熱帯睡蓮。
鮮やかな色をした睡蓮です。

花博記念公園にある、
「咲くやこの花館」では、
世界の花々が咲き競い、
ファンタジックな空間を
形成しています。


パパイヤは雄花と雌花の形が、
かなり違います。
こんなに明らかに違う花が咲くなんて
珍しいことだと思うんですが…。
どうなんでしょうか?

 
パパイヤの雌花。
実がなっています。


こちらは雄花、
小さい可愛い花です。


パパイヤの実が完成。

 
ヒゴロモコンロンカ
家にある
ハンカチの花
の色違い。
こちらは花も萼も赤いです。

 
バナナ、多くの実が連なっています。
バナナってお店で、
売ってるものしか
知りませんでした。
なんか、可愛いです♪

 
ハワイ固有のハイビスカス。
ほのかな甘い香りがします。
純白の花びらと、
赤い花柱のコントラストが
魅力的です。


(大阪市鶴見区 花博記念公園)




コメント (8)

咲くやこの花館の高山植物室

2008-08-18 | 写真(花など)
 
プリムラ・ビアリ(ホザキサクラソウ)
妖精の蝋燭という、
名前もあるそうです。

花博記念公園内にある、
咲くやこの花館の
高山植物室では高山帯、亜高山帯の
植物を見ることができます。

こちらはひんやりしているので
ホッと一息付けるスペースです。

室内を低温に調節しているので、
汗もさっと引き、
気持ちいいのです♪

ずっとここにいたい!


ギンケンソウ
漢字で書くと銀剣草。
ハワイの高山植物です。


エーデルワイス
ミュージカル
(サウンド・オブ・ミュージック)で
よく知られている植物です。


ヒマラヤの青いケシ
原産地はヒマラヤ。
3000m~5000mの、
高地に咲く花。
澄み切ったブルーが、
魅力的な花です。


コマクサ(駒草)
花の形が馬の顔に、
似ているところから、
名付けられ花です。


サギソウ
鷺に似た形の花です。

(大阪市鶴見区)
コメント (10)

花博記念公園 鶴見緑地 夏の花

2008-08-17 | 写真(花など)
(大阪市鶴見区)

鶴見緑地の夏、
ひまわりもこの暑さにお疲れの様子。
トップの画像はアメリカディゴ。










アオサギ?が睡蓮池に…。


池の対面から望むいのちの塔。


バラ園では小ぶりのバラが
まだ開花中。




百日紅が夏の陽を浴び元気一杯!!


噴水で水浴びする子供達。


乗馬に興じる人達。


ゴルフを楽しむ人達。

暑くても元気な人達です。



コメント (4)