花ごよみ

映画、本、写真など・

兵庫県立コウノトリの郷公園&玄武洞

2014-12-31 | 写真(花など)



コウノトリの繁殖と飼育を行っている施設です
最初は全員同じ方向を向いていたので
コウノトリのオブジェかと思いましたが
よく見ると動いていて本物だと分かりました。

結構たくさんいるのでびっくり!!
飛んでいる姿も見ることができました。

コウノトリをまじかに見ることができ
うれしかったです。

こちらでは施設のスタッフの方の説明も聞けます。




コウノトリの巣




結構実物は大きいです。


コウノトリの郷公園付近の風景

兵庫県豊岡市祥雲寺


玄武洞

コウノトリ公園の近くにあります。
城之崎からも近いです。

火山活動によって流れ出したマグマが
冷えて固まる際に、
規則正しい割れ目を作ってできたものです。
自然の不思議を感じる洞窟です。




六角形の柱状節理が積みかさなり
波打つように見えます。

兵庫県豊岡市赤石






コメント (2)

出石&如意寺

2014-12-29 | 古寺(花など)
出石のシンボルの辰鼓楼
この奥の山に出石城跡があります。

丹後半島まで行ってきました。
途中、出石観光をしました。


赤い土壁の酒蔵

出石は皿蕎麦が名物で
お蕎麦屋さんがたくさんあります。

家でも食べるつもりで
出石そばを買いました。






城下町の情緒ある
古い建物が残る街並み。

兵庫県豊岡市出石町


如意寺
こちらは関西、花の寺霊場第7番札所。

主な花は春のミツバツツジ。
ミツバツツジの咲く頃に
もう一度訪れたいです。




仁王門から道を隔てて
久美浜湾が望めます。












お正月の準備。

京都府京丹後市久美浜町







コメント (4)

光のページェント TWINKLE JOYO 2014

2014-12-26 | 写真(花など)

LED約56万球のイルミネーションが
会場を飾るという
城陽市の冬のイベントを
JRのパンフで見つけ
最終日の25日に見に行きました。

開催地は城陽市総合運動公園。
レクリエーションゾーンを彩る光の祭典。

思っていた以上に広くて、
高低差がある会場、
青く光るトンネルや白く輝くトンネル、
様々な光のオブジェ…
色々な形、多彩な色のイルミネーションが混在して
とても華やかな光のページェントを
楽しむことが出来ました。

初めて行ったイベントですが
訪れてよかったです。




池に映るイルミ
































京都府城陽市総合運動公園





コメント (12)

交野市星田山手の山ナリエ

2014-12-24 | 写真(花など)
交野市星田山手の「山ナリエ」
ルミナリエではなく「山ナリエ」。

テレビで紹介されていたイルミネーションを
初めて見に行きました。

交野市の星田山手の住宅数十軒が
イルミネーションで飾られています。
並び立つ住宅街が
イルミネーションの明かりに包まれてとてもきれい!!

駐車場もきちんと用意されていて
サービス満点。






ウルトラマンのおうち
すごい数のウルトラマンにびっくり!!




































大阪府交野市星田山手




コメント (8)

バンクーバーの朝日

2014-12-22 | 映画
カナダ・バンクーバーに移住した
日系移民の野球チーム「バンクーバー朝日」が
歴史を残していた。

実話を基にして描いています。

監督は石井裕也。

野球チーム「バンクーバー朝日」のキャプテン、
レジー笠原には妻夫木聡、
メンバーに亀梨和也、勝地涼、上地雄輔、池松壮亮、
レジー(妻夫木聡)の父親に佐藤浩市。

カナダ人には体格で劣ってしまい、
はじめは相手にならなくて、
連敗が続く日だったのが
バント、盗塁など技術を駆使して、
彼らに向かっていき、勝利を手にすることが
できるようになっていく。



白人相手に自分たちが出来る野球をして
日本人が大きい男に勝てた!!
今でこそアメリカの野球に勝つ時もありますが
あの時代に勝てたというのがすごいです。

妻夫木聡以外は、野球経験者ということで、
ほんとうに野球を楽しんでいるように見えました

特に亀梨くんの投球、素晴らしい!!
後ろから見てもストライクが
ズバッと入っていました。

当時の雰囲気を感じられるセットもよかったです。

「バンクーバー朝日」が
カナダに住む人々が受けていた人種差別、
過酷な周囲の環境に苛まれる
日系人の人たちの希望になっていく。
逆境に立ち向かう姿に
たくましさを感じました。



野球を通じて人々の活気が溢れてきます。

戦争という歴史には逆らうことが
出来ませんでしたが…

それでも「バンクーバー朝日」の活躍が
印象に残る前向きな映画になっていました。







コメント (2)   トラックバック (19)

春の庭  柴崎 友香

2014-12-21 | 本 さ、た行(作家)

春の庭

東京世田谷区が舞台。
太郎と、写真集『春の庭』に
撮された家屋に魅了された
女性が主な登場人物。

時の経過がゆるやかな風に乗って
流れていきます。

登場人物達それぞれの関係、
交流、日常が
ありありと描かれています。

風景描写はきれいなのになんだか
消滅するものに対しての寂寥感か、
灰色の薄雲に覆われたような
すっきりしない空気が漂います。

読みやすいけれど、
心が動かされるなんてことは全くなくて、
結局何も起こることなく、
淡々と話が進んでいきます。

住んでいるアパートの隣の、
気になる「水色の洋館」。

そこに以前住んでいた人が
残した庭、お風呂…
それを撮した写真集「春の庭」。

写真集に写された家、内装が
気になっているけど
普通そんなに
心が惹かれるものなのかな?







コメント

山茶花咲く矢田寺

2014-12-18 | 古寺(花など)
紫陽花で有名な矢田寺。
紅葉の季節も終わり
訪れる人もまばらで
静かな境内でした。


中央奥に本堂、右に大門坊、講堂。


味噌なめ地蔵
本堂の手前にあります。


広い境内。


本堂


今の季節、紅、ピンク、白のサザンカが
境内に色を添えていました






枝振りがかっこいい!!





奈良県大和郡山市矢田町

12月13日撮影





コメント (6)   トラックバック (1)

美しい苔庭の秋篠寺

2014-12-16 | 古寺(花など)






静かさが漂う境内


まるでグリーンのカーペット!!




クチナシの実
栗キントンなどを作るときの
着色材として使われます。


白い山茶花、
大きな木です。


国宝の本堂

この中に優美な立ち姿、
柔らかい表情の伎芸天、
魅力的な十二神将が安置されています。

間近に見ることが出来きるのも
うれしいです。

12月13日撮影

奈良市秋篠町




コメント (10)

般若寺の水仙

2014-12-14 | 古寺(花など)
コスモス寺として知られている般若寺、
今は石仏の手前に供花のように
水仙が咲いています。
見頃までもうすぐの感じです。










コスモスがまだ少し咲いていて
秋のような光景が残っていました。。


水仙とコスモス。






重文の十三重石宝塔


本堂
本堂には本尊の文殊菩薩が
安置されています。


石仏と水仙
心和む風景です。

奈良市般若寺町

12月13日撮影





コメント (6)

リカーシブル 米澤 穂信

2014-12-11 | 本 ま、や行(作家)

リカーシブル

父親の不正発覚によって
引っ越してきた家族。
ママと姉と弟。

その町で起きる謎めいた数々の事件。

不安定な環境、厳しい現実に身を置く
中1の主人公、ハルカ。

転校先で色々気を遣い、
家庭では父親の再婚相手なので
血のつながりのない母と弟。

閉塞感のある地方の町の偏狭的な人々。

予知能力を感じさせる弟の言動。
タマナヒメの伝承、
不気味さをまとう空気感。

不穏な中にあっても健気なハルカ。

弟サトルとの交わりもほほえましい。

謎が解き明かされても
重苦しい感じがつきまといます。

世渡り上手で、周囲に気を配る、
しっかりもののハルカ。

でも、なんといっても、
まだまだ中学1年生。
ハルカの将来に不安が残りました。





コメント   トラックバック (1)