花ごよみ

映画、本、写真など・

億男

2018-10-31 | 映画
川村元気の小説を映画化。

監督は大友啓史。

佐藤健が主人公。
兄が残した借金のため、
妻子に見捨てられた、
図書館司書、一男を演じます。

彼の親友には高橋一生。
藤原竜也、北村一輝、沢尻エリカ、
池田エライザ等が出演。

宝くじで3億円当たった一男は
大学時代の親友の九十九(高橋一生)に相談。

九十九(高橋一生)と再会の後、酔いつぶれ、
目覚めると3億円と
九十九(高橋一生)の姿がなかった。

突然、宝くじで3億円当選した男が、
ほんとうの幸せを求める話。

お金さえあれば幸せがやってくるのか。
お金では人の心はつかめない。
お金の価値についての
考えを巡るというストーリー。
予想していた話とは違っていました。





落語も知らないし、
あまり心に残る展開ではなかったですが…
ただ北村一輝と藤原竜也の怪演、
二人の異色キャラは、
強く印象にのこりました。
コメント

京都 山科 大乗寺の酔芙蓉

2018-10-22 | 古寺(花など)
酔芙蓉の寺として知られている大乗寺。
秋になると毎年、
酔芙蓉が咲き並び、
境内は華やかになります。















酔芙蓉は八重咲きの花で、
朝は純白、午後になるとピンク、
夕方には紅色と時間の経過に連れ
花の色合いが変化していきます。
まるで酒に酔い、
顔が赤みを帯びてくるようになるので、
酔芙蓉という名が付いたようです。





チャノキ

ホトトギス

京都市山科区北花山大峰町

10月21日撮影
コメント (8)

穂谷のコスモス&ひまわり

2018-10-21 | 写真(花など)
にほんの里100選に選ばれている穂谷地区。
秋にはこの地区で一面に咲く
コスモスを見ることができます。
コスモスは10本100円、
ひまわりは3本100円で
摘み取ることができます。

秋の穏やかな日差しの下、
心癒される美しい風景を楽しめました。

























秋にひまわりが見れるなんて‼





大阪府枚方市穂谷

10月20日撮影

コメント (4)

馬見丘陵公園  ダリア園など

2018-10-16 | 写真(花など)
「馬見丘陵公園」は
季節毎に表情を変える花々が
訪れる人々の目を楽しませてくれる
広大な公園です。

今回は4つのエリアのうち
ダリア園のある北エリアに行ってきました。


14日でフラワーフェスタは終わっていますが
ダリアの見頃はもう少しの間、
大丈夫のようです。






















大型テント前の大きな花びらのコスモス。
満開でした。









彩りの広場のインパチェス




集いの丘のサルビア

奈良県北葛城郡河合町佐味田

10月13日撮影


コメント (2)

藤原宮跡のコスモス

2018-10-14 | 写真(花など)
藤原宮跡は16年間都だった
藤原宮があったところ。
広大な藤原宮跡には遺構だけあり
建物はありません。

今の季節はコスモスを
見ることができます。

秋風にそよぐ一面のコスモス
心和む光景が広がっていました。
大和三山も見渡せます。



















奈良県橿原市高殿町外

10月13日撮影
コメント (4)

元興寺に咲く花々

2018-10-11 | 古寺(花など)

飛鳥時代の瓦も使われている
国宝の元興寺極楽坊本堂

元興寺の境内は
秋の風情ある花々で彩られていました。


国宝の禅室の周囲を囲むハギの花
少し見頃過ぎのようです。










芙蓉


八重の芙蓉


ずらりと並んだ石仏と桔梗。
桔梗がまだきれいです。






白い桔梗


名残のハルシャギク


秋明菊


藤袴


リンドウ

奈良市中院町

10月7日撮影



家のベランダのハギは今が満開。





コメント (4)

平城宮跡

2018-10-08 | 写真(花など)
1300年の歴史のロマンを
体感できる平城宮跡。

新しくオープンした広大な公園、
「朱雀門ひろば」では、
カフェやレストラン、ショップがある
「平城宮いざない館」「天平みつき館」「天平うまし館」
「天平みはらし館」「天平つどい館」という、
5つの館があり、
復元遣唐使船に乗ることもできます。


まろ眉と下がり目が
可愛い、しかまろくん。


復元遣唐使船。




せんとくん。


ペッパー君
あまりこちらの言うことを
聞いてくれません。


朱雀門とススキ。






香りで見つけられるキンモクセイ。


第一次大極殿。






近鉄奈良線普通電車と朱雀門。


こちらは特急。

奈良市佐紀町

10月7日撮影

コメント

散り椿

2018-10-06 | 映画
岡田准一が主演、
監督は木村大作。
 
西島秀俊、黒木華、池松壮亮、麻生久美子、
緒形直人、新井浩文、柳楽優弥
富司純子、奥田瑛二等が出演。

藩の不正を訴えたため
藩を出ることになった瓜生新兵衛(岡田准一)。
亡き妻・篠(麻生久美子)の
願いを叶えるため故郷に戻り、
かつての盟友・采女(西島秀俊)と再会。



葉室麟の同名小説を映画化。
は直前に読み終えていたので
内容はよく分かり
見やすかったです。
本を読んだときより映像で見た方が
より胸に響きました。

ロケ地は富山。
全編ロケーションで、
日本の四季の風景、自然の美しさ、
移ろいをバックに
主人公の周囲の人々の愛、絆の物語。

主人公、瓜生新兵衛演じる、
岡田准一の凜とした佇まい、
キレのある殺陣の素晴らしさ、
腰の低い構えはかっこいいです。
人を思う心の温かさと切なさが
じわっと心に染みてきました。


コメント (2)

凶犬の眼  柚月 裕子

2018-10-03 | 本 ま、や行(作家)

凶犬の眼

映画化された『弧狼の血』の続編。
先輩刑事の大上が亡くなり
松坂桃李が演じていた日岡が今回の主人公。

日岡は呉原東署から
田舎の駐在署に移動。
穏やかな日々を過ごす中、
国光と出会う。

国光は敵対する組のトップを暗殺、
指名手配中の男。

国光は日岡にやり残したことがあるので
時間をくれと訴える。

国光とのつきあいを通し
日岡にある考えが芽生える。
日岡が国光と兄弟の契りを結び、
大上から譲り受けた
ジッポーのライターとともに
大上の遺志を受け継ぐような形に。

国光が魅力的な人物に
設定されているといっても
やっぱりヤクザはヤクザ。
共感もないです。

前作に比べて孤狼の血が流れる、
大上がいない分
すこしあっさり目の世界。
熱い心が読みとれる
前作の濃い世界の方が
心に響きました。


コメント

散り椿  葉室麟

2018-10-01 | 本 な、は行(作家)

散り椿 (角川文庫)

実写化というので原作を読みました。

主人公、瓜生新兵衛は、
不正を訴え、認められずに
藩を追われることになるが、
妻、篠の願いを叶えるため、
18年ぶりに故郷に戻り
かつての仲間だった、
源之進の家に身を寄せる。

切腹させられていた源之進、
彼の息子・藤吾は、新兵衛を警戒。

新兵衛と藤吾は、
政争の中に巻き込まれる。

篠の新兵衛を思う心、
妻の願いを果たそうとする新兵衛。
出世を望んでいた藤吾の心の変化、

新兵衛、采女、源之助、三右衛門、
道場の四天王といわれた4人。

別の道に進んでも
若き日の友情を大切に
お互いを思いやる4人の姿。
藤吾の成長していく姿もよかった。

信念を曲げない
誠実でまっすぐな武士の生き様が
切なくて、美しい物語でした。

コメント