花ごよみ

映画、本、写真など・

美山の秋 そばの花

2021-09-25 | 写真(花など)

美山ではまっしろなそばの花が見ごろ。

他にもコスモスなど秋の花々が
がかやぶきの里を彩り、
日本の秋の情緒たっぷりの
美しい風景が広がります。












フジバカマ


彼岸花とコスモス


紫苑








キバナコスモス




コスモス











 9月18日

南丹市美山町北

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

亀岡曽我部町の彼岸花

2021-09-21 | 写真(花など)

真っ赤な彼岸花と黄金色の稲の
対比が美しいです。






















稲の収穫が終わったエリアもあって、
藁の三角帽子が見られます。





9月18日撮影

亀岡市曽我部町
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

復讐の協奏曲  中山七里

2021-09-18 | 本 な、は行(作家)

復讐の協奏曲 御子柴礼司

御子柴シリーズ第5弾

御子柴の弁護士としての懲戒請求。
御子柴は懲戒請求に対し損害賠償の反撃。
そのうえ事務所で働く日下部洋子が
逮捕されるという事件が起こる。
今回の依頼人は洋子。

御子柴は洋子の弁護を請け負う。
そこで洋子の過去を調査していくと
思いがけなく洋子の過去を知ることになり、
普段はゆるがない感情の持ち主の
御子柴が動揺。

洋子が御子柴事務所で働く目的、
洋子の真意は?

物語としてはどんでん返しもなく
あっさりとしていて
なにか少し足りなさを感じました。

WOWOWの「連続ドラマW」『贖罪の奏鳴曲』では
御子柴礼司役は三上博史
フジテレビ系列で放送された
『悪魔の弁護人 御子柴礼司』では
御子柴役は要潤、
洋子役はベッキー。

本を読みながら要潤とベッキーが
ちらつきました。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

岩湧山の秋海棠(シュウカイドウ)

2021-09-12 | 写真(花など)
岩湧山の秋海棠の群落地。
満開を迎えていました。  

下向きに咲く可憐な秋海棠。
花の名前からして
秋の訪れを感じる花です。




























岩湧山の中腹に位置する
岩湧寺
重要文化財の多宝塔










岩紫陽花だそうです。


杜鵑草(ホトトギス)が咲いていました。

大阪府河内長野市

9月11日撮影

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

汚れた手をそこで拭かない  芦沢 央

2021-09-03 | 本 あ行(作家)

汚れた手をそこで拭かない

「ただ、運が悪かっただけ」「埋め合わせ」「忘却」
「お蔵入り」「ミモザ」の5編からなる短編

「ただ、運が悪かっただけ」
脚立使うのが
怖くなってきます。

「埋め合わせ」
先生がプールの水を抜いてしまい、
それを隠そうとしたことから起こる話。
ただ夏休みを平穏に終えたかったのに。

「忘却」
誤って届いた隣人の電気代の請求書。
隣人がエアコンを付けず熱中症で死亡。

「お蔵入り」
俳優の麻薬疑惑によって映画がお蔵入り。

「ミモザ」
お金を貸した過去の恋人。

主人公たちはちょっとしたミスから
だんだん窮地に追い込まれていく。

表題の『汚れた手をそこで拭かない』
手の拭く場所を違えると
汚れがひろがるということかな。

主人公たちはちょっとしたミスから
だんだん窮地に追い込まれていく。
じめっとしたイヤな感覚、
恐怖が残ります。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする