花ごよみ

映画、本、写真など・

大阪市立大学理学部附属植物園 その1

2010-05-31 | 写真(花など)

こちらは植物の収集と、
保存を目的として設立され、
広さは25.6haの敷地に
多種多様な植物が生育されています。

外国産樹林園、花木園や
タケ・ササ園、サバク園等々、
四季それぞれの花々、
木々を楽しめます。

まずは入り口から入って、
すぐ右にある
水生植物エリアにある草花です。

 
ハナショウブ

 
チャショウブ
茶色の菖蒲です。

 

 
シマフトイ
名前どうり縞々模様。

 
ウキヤガラ

 
シュロガヤツリ

 
ミクリ


ドクゼリ
これって毒?

 
ネムロコウホネ


 
ベニコウホネ

 
カンゾウ

 


 
温帯スイレン



 
アメンボウを見つけました。
水の上を表面張力を利用して歩いています。
不思議な感じです。


メダカもいました。

次回はハーブ園と花木園をアップします。

5月30日
 大阪府交野市私市





コメント (8)

出町柳 ビストロスリージェ(Bistro Cerisier)

2010-05-30 | その他

京都出町柳にある、
フランス家庭料理のお店。

春に3人で行きました。
アップする機会がなかったので
唐突ですが、今頃出します。



カエルのソテー、仔牛の内臓セット、
イカの墨煮、
豚の頭、ガチョウ…
日常では食べない珍しい食材。

私はこういったものは苦手ですが…








私が食べたのは↑の帆立貝のソテー
サラダ仕立てと
↓のブイヤーベース

香辛料は多く使われていて
スパイシ―な感じがしました。
ボリュームはたっぷり。

静かないい雰囲気、
壁に飾られた素朴な絵。


メニューは黒板にフランス語、
日本語も併記されています。






京都市左京区田中下柳町







コメント (4)

ボックス!

2010-05-28 | 映画
 
『探偵!ナイトスクープ』の構成作家で
おなじみ百田尚樹の青春スポーツ小説を、
「デトロイト・メタル・シティ」
「てぃだかんかん」の
李闘士男監督が映像化。

ボクシングにかける、
幼なじみの二人の高校生を
市原隼人、高良健吾が演じます。

 

カブ君の母親に宝生舞、
大阪のおかん、結構似合っていました。

ボクシング部の顧問教師に香椎由宇。
香椎由宇と市原隼人、高良健吾、
先生と生徒ですが、
みんな実際は同じくらいの歳。

宝生舞に香椎由宇、
意外性もあってとても素敵な
キャスティングです。



舞台は大阪の高校のボクシング部、
そこに所属するカブ(市原隼人)は、
天才肌の高校生ボクサー。

カブの幼なじみで、
強い親友にあこがれる
優等生のユウキ(高良健吾)も、
ボクシング部に入部します。

天才的なカブと、
まじめに練習を積み、
メキメキ上達したユウキ、
やがて二人はライバルに…

大阪の街並み、
十三大橋、空堀商店街、
千島公園などが
ロケに使われていたとのことです。
それと天王寺動物園も。

スポーツマンのカブ君、
単純で、負けても立ち直りは素早く
いつでも前向きです。

ボクシングシーンも、
熱く、見応えがあります。

幼なじみ二人の友情のすばらしさ。
打たれても、立ち上がる
それは友のため!!
なんか今、思い出しても、
胸にじんときます。



周囲の人達の温かさも
見ていて気持ちがいいです。
谷村美月ちゃんのブタちゃんなど、
素敵なエピソードもてんこもり。
元気をもらえる、爽やかな映画でした。






コメント (4)   トラックバック (15)

中之島周辺

2010-05-28 | 写真(花など)

大阪中之島のシンボル
中央公会堂。
レトロな雰囲気の建物です。



 


ルノワールバラの花を観て、
緑のきれいな中之島を歩くと
心と体がリフレッシュできそうです。

 
爽やかな木々の緑を、
仰ぎながら歩くのも
気持ちがいいです。

 
大阪市役所本庁舎から御堂筋をはさんで
向い側ある日本銀行大阪支店。
こちらも明治の雰囲気の建物です。

 
土佐堀川に架かる淀屋橋から

バラ園のあるなにわ橋から淀屋橋まで
歩きました。








コメント (2)

ルノワール‥伝統と革新

2010-05-27 | 美術

中之島の国立国際美術館で、
ルノワール展が6月27日までの期間、
開催されています。

こちらの美術館、
並ぶこともなく、ゆっくり
観ることができました。
美術館はやっぱりこうでなくては…

印象派の後、
古典的な伝統芸術の影響を受け
終生、変革を続けながら
独自の作風を成し遂げたルノワール。

ルノワールの特徴的な明るい色彩、
幸福感、温かさを感じる作品が、
展示されています。

また、作品を光学調査し、
科学的に解析した結果も展示され、
ルノワールの絵画技法の推移などを
紹介していました。

【アンリオ夫人】

背景の色彩に
人物が融和、
腕の輪郭がソフト
ふくよかさを感じます。

【レースの帽子の少女】

柔らかな衣装の質感
バックの水色がとてもきれい
華やかで温かい絵です。

【ブージヴァルのダンス】

動きを感じる絵、
白いドレスの女性はユトリロの母。

美しい色調の風景画もありました。

柔らかな光、豊かな生命力
絵画は壁を飾るために描かれるものという
彼の心情が感じられて
心までほんわか気分になれそう。


【可愛いイレーヌ】がこんな所にも。
清楚な雰囲気、
表情が可愛いです。

 
斬新なデザインの国立国際美術館、
美術館部分は全て地下にあります。


左は国立国際美術館、
右は大阪市立科学館。

中之島バラ園はルノワールを観た後、
渡辺橋から京阪電車で2駅目、
なにわ橋で降りて
行ってきました。

国立国際美術館に行くには
JR東西線新福島や
地下鉄肥後橋で降りていたのが
京阪中之島線ができて
とても便利になりました。
渡辺橋からはすぐ近くにあります。




コメント (8)   トラックバック (3)

中之島公園のバラ園

2010-05-25 | 写真(花など)

中之島バラ園に行ってきました。
ちょっぴり遅かったような感じが…。

前日の雨と風のせいもあるような。
花びらが地面にたくさん落ちていました。
傷んだ花も…。
傷んだ花を摘み取っている
職員さんの姿がありました。

でもやっぱり色、姿、形、
多彩な美しいバラの花は
かぐわしい香りとともに
幸せな気分にさせてくれます。

なるべく傷んでいない、
きれいな花を撮りました。



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(5月25日)

大阪市北区中之島






コメント (12)   トラックバック (3)

公園の木々

2010-05-24 | 写真(花など)


ユリノキの花
今年も見ることができました。

 
雨の後の青空、
なんか久しぶりのような気が…

 
シラカシ


クスノキ

 
エノキ、
エノキってこんな実ができるのですね。

 
ブラシノキ
赤いブラシがいっぱい
成っていました。







コメント (7)

RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語

2010-05-23 | 映画

ストーリーはというと、
50歳をすぐ目前にして、
仕事に追われる毎日を、
送っていた49歳の男が、
あるきっかけから、
今までの生き方を、
思いめぐらした結果、
子供の頃にあこがれていた、
電車の運転士の夢を、
実現することになる。

 

監督はこの映画の舞台となる
島根出身の錦織良成。

主人公、肇を演じるのは中井貴一、
その妻に高島礼子、
娘には本仮屋ユイカ。

ある日、故郷で一人暮らしを、
している母が倒れる。

それを契機に出雲に、
帰郷した肇(中井貴一)は、
今まで忘れていた夢を思い出す。

幼い頃夢見ていたのは、
一畑電車の運転手になること。

採用試験に応募し、
49歳という年齢ながら合格を果たす。

美しい田園風景、
宍道湖の自然を見ながら
走る魅力的なローカル電車、
一畑電車、印象に残りました。

妻、高島礼子、娘、本仮屋ユイカも
父親と同じように自分の夢を追いかけていく。

一度しかない人生、
後悔なきよう自分らしく生きる姿は、
素敵で光って見えます。

三浦友和・山口百恵夫妻の次男、
三浦貴大が夢をあきらめて、
電車の運転士になるという
中井貴一とは対照的な心を持った、
同期の男という役で出演しています。

 

本仮屋ユイカは可愛かったです。

静かに物語は進行していきます。
そして静かな感動を伴いながら…

一畑電車が走る出雲の、
のどかな風景に癒されます。

人生、家族、そして仕事は?と
問いかけます。

周囲の人の優しさ、温かさ、
悪い人が一人もいない映画です。

 

なんとなくこの映画は、
どんな進行になっていくのかは、
思いめぐらすことはできても、
そして想像通りであっても
爽やかさとともに、
心がほんのり温まる
いい作品でした。
試写会で観ました。

5月29日ロードショウ







コメント (6)   トラックバック (20)

我が家の花達

2010-05-23 | 家の植物たち
☆ニオイバンマツリ、
アメリカジャスミンの別名があります。
名前の通り、とてもいい香り、
花から離れても匂ってきます。
花が紫、藤色、白と変化します。

 
☆ハイブリットゼラニウム
ガレリア スノーファイアー
頂いて2年目、
柔らかい感じの花が咲きます。

 
☆ミニバラ
なにもしないのに毎年咲きます。
基本的に他の花もあまり、
なにもしませんが…
葉が虫に食べられているようですね。


☆アボガドの新葉、
種から育ててもう7年目くらいかな?
まだまだ元気です。

 
☆?
なんでしょう?
種を蒔いた覚えもないのに…。
勝手に大きくなったような。


☆オダマキ
一度花が終わってまた咲き出しました。
でももう最終かな?

 
☆ノースポール
冬に一つだけ花の咲いた苗を頂いて、
今になってたくさん咲きました。

 
☆パンジー
まだいっぱい咲いています。
ひょろひょろしていますが…

 
☆マーガレット
可愛くて、長い間咲いてくれるので
うれしい花です。

 
☆ウィンターコスモス
咲き始めました。
もう夏なのにウィンターコスモス。

 
☆ベラゴニウム
枝が横に伸びていきます。
お行儀が悪い花です。
上に伸びるようにするには
なにか方法があるのかな?






コメント (4)

新梅田シティ 里山の白い花

2010-05-22 | 写真(花など)

梅田ガーデンシネマで映画を観た後、
同じ新梅田シティにある、
里山に立ち寄りました。 

そこに咲いていた、
色々な白い花。
名札のあるのだけ名前を書きます。


追記、「イボタノキ」と教えて頂きました。
 

(エゴノキ)
小さな花がいっぱい咲いていました。

 
風でエゴノキの枝がゆらゆら~
じっとしてくれません。
ピンぼけになってしまいました。

 
こちらも追記、
「シャリンバイ」と教えて頂きました。

 

 

 
(トベラ)って名札がありました。

 

 












コメント (4)