花ごよみ

映画、本、写真など・

林昌寺のサツキ

2016-05-31 | 古寺(花など)
刈り込まれた美しいサツキ

林昌寺は花咲ファームとは同じ泉南市にあるお寺です。


サツキと青石だけの見事な景観!!
丁度一番美しい時に訪れたようです。

庭園に咲くサツキは何度も刈り込まれるので
サツキの花でびっしりと覆われる
ということは少ないそうですが
行った時は花数も多く紅色で覆われた
華麗な花景色を見ることができました。

林昌寺の山号も「躑躅山」

拝観料、駐車代もなしで
こんなに素晴らしい
庭園を見られるとは驚きです。






















上から見下ろした庭園

5月28日撮影

大阪府泉南市信達岡中




コメント (4)

花咲ファーム イングリッシュローズガーデン

2016-05-29 | 写真(花など)
泉南市農業公園「花咲きファーム」の
イングリッシュローズ・ガーデン。
バラはかなり散っていましたが、
まだまだきれいなのも残っていて
目を楽しませてくれました。

デビッド・オースチン社の
公式ガーデンということです。

とにかく広大なガーデン。
色彩に富んだバラの花数の多さと
濃密なバラの香りに圧倒されました。

プランツセンターとギフトショップも隣接していて
ローズ関連グッズやバラ鉢苗も
購入できるようになっています。
春のローズフェスティバルは
5月31日まで。

































大阪府泉南市幡代

5月28日撮影



コメント (6)

花の絵 5点

2016-05-28 | 水彩画


ボタンの花

爽やかな初夏の後に控えているのは梅雨。
もうすぐ6月、うっとうしい梅雨の季節の
足音が近づいてきました。
梅雨に咲く花、紫陽花、花菖蒲が咲き出しました。
季節の移り変わりを花で感じます。

春の花、桜、そしてボタン、シャクヤク
開花し始めた花菖蒲の絵をアップしました。

全て画像クリックで拡大できます。



花菖蒲



壕に映り込む桜




シャクヤク


こちらもシャクヤク



コメント (6)

赤毛のアンナ  真保裕一

2016-05-26 | 本 さ、た行(作家)

赤毛のアンナ (文芸書)

主人公である志場崎安那。
生い立ちが不幸でも
強く明るく生きていた。

アンナは周囲に起こった悪を
自分一人で背負ってしまう。

赤毛のアンの主人公、
アン・シャーリーに憧れる
元気で明るいアンナが起こした
傷害事件に対し
疎遠だった友人達がアンナを助けるために協力。

その過程でアンナという人物、
アンナの過去、
アンナの真相にたどり着くというストーリー。

友人達の心の動きが描かれています。

アンナの前向きな生き方、
自己犠牲をしてまで他人を思いやる心。
アンナの優しさには胸がじんとなります。



コメント   トラックバック (1)

ユートピア   湊かなえ

2016-05-25 | 本 ま、や行(作家)

ユートピア

舞台は海辺の町。
地元民の菜々子、
夫の転勤によってこの町に来た光希。
楽園を作り上げようと
他の地からやって来たすみれ。
これらの女性3人が主人公。

子供の作文から始まった「クララ翼」と
名付けられた活動。
善意の活動がゆがめられていきます。

過去のある事件が
絡み合いながら進んで行きます。

人情が存在すると思った田舎町なのに
煩わしい人間関係、閉塞感、悪意の数々…
会話の内容に心の中の暗闇が
何気なく顔を出したり…

子供だけは健全かなと思っていても
子供でさえ嫉み悪意が存在。

事件の鍵を握る
健吾のことはよく分からないまま
終わってしまいました。

ところで菜々子の義母って
一体何歳なんでしょう。

人間の弱さ、醜さ…
心の動きがよく描かれていて
不安感もたっぷりでした。
   



コメント

Aではない君と  薬丸岳

2016-05-25 | 本 ま、や行(作家)

Aではない君と (講談社文庫)
少年犯罪の加害者となってしまった息子。
当事者になってしまった家族。
父親の戸惑い、反省、そして深い苦悩。
加害者の父親の目から
事件の真実を追及していきます。
とても重苦しいテーマの物語です。

妻とはすでに離婚をしていて
元妻と少年が一緒に暮らしていました。

世間は少年Aとして彼を見ても、
親からすれば愛するわが子。

父親は「付添人」となります。
心を閉ざしていた少年が
父親の尽力によって少しずつ語り始めます。
そして事件の真相にたどり着きます。
息子の犯罪には原因となる事柄が存在。
父親が知った事件の真実。
息子の心が痛々しいです。

たとえどんな理由があろうとも
彼の行為は決して許されることはないのです。
他の解決策を見出すことができなかったのか?
やりきれない気分になります。
それでも少しだけは
救いが見えるラストでした。





コメント   トラックバック (1)

家の花 紫陽花が咲き始めました。

2016-05-23 | 家の植物たち

紫陽花が色づいてきました。


ガクアジサイ






月影丸
指に針が刺さるので要注意です。


サクラウツギかな?
もうかなり色が褪せています。


これはまだきれいに発色しています。


ニオイバンマツリ


イソトマ


ゼラニウム


藤色のデュランタ


ベコニア


ハンカチの花
コンロンカともいいます。
まだ黄色の花は咲いていません。
白い部分はがく苞です。





コメント (12)

堺 少しだけ観光

2016-05-18 | 写真(花など)
広い道路の真ん中を走る阪堺電車。
阪堺電車には確か
子供の頃に乗車した以来です。
浜寺公園に行った折に近くを観光しました。








かっこいい低床式路面電車。


フェニックス通りにある
(左海たむこ庖丁鍛冶)と書かれた石灯籠


旧堺燈台

木造洋式燈台としては
日本で最初に作られた灯台。
国の史跡に指定されています。
大浜公園内にあります。


龍女神像(乙姫さま)
大浜公園にはもう一つ見所があります。
それはこの龍女神像
この像は北波止突堤に
復元建設されたものだそうです。
観音さんのように見えます。
おおらかな雰囲気を見せています。




呂宋助左衛門像

堺旧港一帯はよく整備された遊歩道になっていて
対岸には龍女神像と対面しているかのように
呂宋助左衛門(るそん すけざえもん)の像が建っていました


呂宋助左衛門を検索してみると
戦国時代の堺の伝説的貿易商人。
納屋助左衛門ともいい、
秀吉や利休とも知り合いの人物で、
大河ドラマ「黄金の日々」の
主人公になったようです。


堺市役所21階 展望ロビーから望む仁徳天皇陵

仁徳天皇陵は始皇帝陵、クフ王ピラミッドと並ぶ
世界3大墳墓で日本最大の前方後円墳。

展望ロビーから徳天皇陵古墳をはじめとして
百舌鳥古墳群を見渡せます。

残念ながら真上からは見られなくて
こんもりとした森状態として目に入ります。


上から見る古墳群はこの写真で見ます。

ここの展望ロビーからは大阪城や、六甲山系、
生駒の山並、関西国際空港、
天気がいいと明石海峡大橋ま見渡せます。
360度眺望を楽しめる展望ロビーです。


アベノハルカスが見えました。







コメント (10)

浜寺公園 バラ園

2016-05-16 | 写真(花など)
浜寺公園は大阪府堺市浜寺にある臨海公園です。
臨海公園ということで至る所で
立派な松林が目に入ってきます。
日本の名松百選にも選ばれているそうです。

バラ園は和風の回遊式庭園と遊歩道、
ヨーロッパ風の庭園があり、
趣向の異なる庭園が
絢爛なバラの花を美しく引き立てています。






























棚田になっています。


池には睡蓮が咲いていました。



5月14日撮影

大阪府堺市西区浜寺公園町




コメント (6)

花博記念公園 鶴見緑地

2016-05-14 | 写真(花など)
鶴見緑地のバラ園ではバラが満開。
澄んだ5月の青空の下
咲き並ぶ美しいバラの競演を
見ることができました。




































キショウブが咲いていました。
石灯籠の上と岩の上に青サギが止まっています。
ここには2m位の大きなヘビがいました。
怖くて目をそらしました。


風車の丘では
マリーゴールドが植えられていました。
これから育っていくのが楽しみです。
マリーゴールドは初めて植えるそうです。



5月14日撮影

大阪市鶴見区緑地公園





コメント (6)