撮りさるく

有名かとこっちゃ無名のとこっちゃ デジカメ写真ば撮ってさるくざい

小倉駅コンコース

2014-07-31 23:17:11 | 福岡
7月17日(木)福岡県北九州市へ出張


小倉駅コンコース、JR九州の総力を結集した大駅である。東京にもこんな堂々たる駅はない。


商業施設が入っているぶん、九州最大の駅は博多であるが「駅」としての箱の大きさで言えば、小倉のほうがでかいのではないだろうか。


小倉駅からはモノレールも出ている。


県都の駅、博多にある地下鉄は小倉にはないが、博多にはないモノレールが小倉にはある。
小倉と博多、互いに切磋琢磨して欲しいものである。

浜名湖SA下りにて浜名湖を眺望した

2014-07-30 23:39:11 | 静岡
6月27日(金)浜名湖下りSAにて

浜名湖を見んと


湖畔へ向かう


浜松餃子というのが名物らしい


浜名湖畔へ到着


記念撮影をする観光客で一杯であった。








観光客がはけてから撮影。あいにくの曇り空で風景はイマイチであった。


晴れた日に是非見てみたいものだ。

浜名湖下りSAにてラーメンを食した

2014-07-28 23:16:57 | 静岡
6月27日(金)掛川で仕事して東名に乗り帰阪。途上


浜名湖の


SAに至る。




しらすパイというお菓子があった。


浜名湖といえば鰻であるが、昼はラーメンを食す。この後浜名湖を見学。

静岡県掛川駅前近辺

2014-07-27 19:57:55 | 静岡
6月27日(金) 午前3時頃、静岡県掛川市に投宿。一夜明け


駅を見に行く。


改札


駅前広場


世界農業遺産というのがあるらしい




二宮尊徳像


今の学校にはあるのだろうか


からくり時計もあり




東海道の面影を残す大木


ホテルのロビーにあった祭りの絵。一度見てみたいものだ。

足柄SAで地元ゆるキャラ等を見た

2014-07-26 23:59:57 | 静岡
6月27日(金)足柄下りSAにて似顔絵を見た後


金太郎を見る




富士山も


見る。


レーシングカーもあるでよ。

足柄SA内で似顔絵を見た

2014-07-25 21:29:11 | 静岡
6月27日(金) 深夜1:00頃、足柄下りSAの建物内で


ジャズフェスティバルのポスターを見る。

そして

何かの催しのポスターもあった。


何かの催しの一環か似顔絵の展示があった。


この茶髪のおばちゃんが描いたものらしい。


クイズ川村さん


ヤマザキランチパックの人


普段は好人物らしいです。


漫才師。相棒のほうが切れてしまった。


良く無人島に行く人。


良く無人島に行く人2。

他は知らない人だったので割愛。


茶髪のおばちゃんが描いた蛙の絵。これは蛙というよりまるで「南極のニンゲン」じゃねえか。
以下次号

東名下り足柄SAにて深夜変なオブジェを見た

2014-07-21 21:23:51 | 静岡
6月26日(木)、千葉県鴨川市と神奈川県藤沢市で業務を終え、厚木インターから東名へ入る。
日付が変わった27日(金) 0:50 

下り足柄SAに立ち寄る。




SA敷地内に変なオブジェを発見


クッキングパパのようでデカイ顎がしゃくれていた。


食い物屋台が並んでいる。








足柄山の金太郎を模したオブジェもあり。


次はSA内に入る。

海ほたるにて君津 木更津を望んだ

2014-07-20 20:22:15 | 千葉
千葉県にある海ほたるは

船をイメージしたもののようである。


東京湾アクアラインの全景図


バスも来ているのでマイカーでなくても訪問可


デッキを模したと思しき通路を通り


新日鉄の


君津製鉄所を見ながら


千葉県側へ至る。


木更津方


安物のデジカメだがズームを使うと木更津がすぐそこに見える。


千葉県側にある喫煙ルーム。一服したあと




駐車場へ戻り海ほたるを後にする。

海ほたるより東京 横浜を望んだ

2014-07-19 22:01:11 | 千葉
6月26日(木) 17時頃 


千葉県にある海ほたる屋上より


東京スカイタワー


お台場富士テレビ


横浜ランドマークタワーを望む。










東京湾の夕暮れはきれいであった。

東京 横浜方面を望んだ後は、千葉方面を見に行く。
以下次号


海ほたるへ突入した

2014-07-18 23:57:12 | 千葉
6月26日(木)鴨川での仕事を終え西下。



東京湾アクアラインに沈む夕日


そして


海ほたるへ立ち寄る


エスカレーターには


電飾が施され美しい。さすが千葉、首都圏である。








海ほたるの屋上へ至る。
以下次号