中島鳥山の猟(漁)日記

日本犬でヤマドリ猟をしてグレ・アオリイカ釣りも楽しんでいる自称田舎猟師もどきの日記です。H20年から猪の罠猟にも挑戦中。

単なる腰痛か?。

2019-04-11 17:42:06 | Weblog
昼間、ちょっとだけ罠のバネの修理をする。
15本くらい使えるように直せた。
休憩して買い物に走る、帰ると隣の人が去年のトマトの古い茎や支えの竹等を除けてくれていた、草がぼうぼうに成っているのも2人ですれば早く片付くと言ってくれる。
「今、腰が痛いのでそのうちに」と言うと帰ったのだがまた来て草ぬき作業をしてくれるかも?。
それで腰が痛いのだがトマトを植える場所の草ぬきをする、1時間もかからずに出来たがやはり腰が痛くて寝返りも出来ず、変な痛さなので単なる腰痛で無いのかも?、少し安静にして置こう。
夕方犬達の散歩に行く時にそとへ出るとトマト用の竹や木杭が揃えてあった、知らない内に用意してくれていた様だ。
山へ着くと北斜面に雌ボスが居たようでクマ子が少し吠えるが5分余りで降りて来た。
犬達おやつの干し芋が目当てで催促に帰って来る、柔らかいのは姫にやり少し硬めのものは若い?2匹にやっている、腰の事も有るので早目に戻る。
夕食は猪のバラ肉の角煮を作ったのだが、出来が悪かった、どうにか食べられたが次は上手く作ろう。
コメント

高い所に。

2019-04-11 09:00:10 | Weblog

(登山道を犬に付いて登る)
今朝はさわやかな感じです。
西の谷へ行ってみる。
登山道を上へ登って行く。
途中には古いが堀跡も見られる、横の谷にはヤマドリも居るはずなのだが今朝は犬達反応せず。
小尾根まで上がりヌタ場を見るとトラ子が使っている、泥まみれです、これで車に乗られたら参ってしまう。
尾根筋に古いが歩幅が驚くほど有る大きな足跡が有った、おそらく100kg近い奴でしょう、生き延びているなら来期には狙ってみようか?。
犬達は古いので反応せず。
山を下りることにする、車まで後200mの所で今までいた姫が居なくなる、トラ子とクマ子は車に戻る。
しばらく待つが姫が帰らないので2匹を降ろすとトラ子が奥へトコトコ行ってしまう。
クマ子と待つ事15分くらい、近くで犬が吠えた、帰って来たようだ、見て居るとトラ子が山伝いに戻り、姫は逆から帰って来た、何かを追ってくるりと回った様です。
どうにか3匹が揃い帰る事が出来た。
今日は再用可能なバネの修理でもしよう。

(マムシ注意の写真付き札が有る)

(ここまで降りて姫だけ消える)
コメント