中島鳥山の猟(漁)日記

日本犬でヤマドリ猟をしてグレ・アオリイカ釣りも楽しんでいる自称田舎猟師もどきの日記です。H20年から猪の罠猟にも挑戦中。

入院。

2017-03-31 17:46:13 | Weblog
そろそろ夕方の散歩に行こうとしていたら携帯が鳴る。
87歳の猟友からです。
出ると何を言っているのか分からない、完全にろれつが回っていません、どうも病院へ入院しているらしいのだがどこの病院か聞いてみると「お前の裏じゃ」と聞こえたので近所の鳴門病院と判断で来た、急いで犬達を高速下へ連れて行き用だけをさすつもりが姫とクマ子が山へ走り込む。
猟友の様子を見に病院へ行くつもりが遅くなるのかとイラついたが思ったより早く2匹が戻って来たのに少し目で睨み付けてしまう、姫もクマ子も委縮する、気になる事が有り犬達の行動に腹を立ててしまった、すぐに乗せて帰宅。
犬達を小屋へ入れて病院へ走る。
7階と言って居た様だったが実際は6階だった、以前わしも入院していたことが有り間取り?は分かるので病室を見て回り個室に居るのを見つける。
鼻から酸素吸入をして点滴をしながら寝ていたがわしを見て色々話しかけてくるが舌が回らず何を言っているのかさっぱり分からない。
それでもわかるところもちょっとあるので相槌❔を打ちながら話をするもちぐはぐである。
血圧を下げる薬を飲むような処方箋が置いてあったがどうも脳梗塞を起こしているように思う。
手も力が入らず言葉がはっきりしない、ただ2度ほど看護師さんが来てくれるが急を要するような素振りには見えません。
病状は主治医の先生が家族にのみ言ってくれるそうで詳しくは分からず。
ま、病院が近いので明日以降暇に任せて顔を見に行くつもりだ、45年以上の付き合いなので身内のようなものでもある。
携帯の着信履歴を見ると何件も有ったのでわしも知るTさんだけに電話をしてみると「掛けても出んので心配していた」とのことだった。
仕事帰りに寄ると言っていました。
看護師さんが余り話をすると胸が苦しくなるのでと言われたので話しを切り上げて戻る。
猟友も87歳と高齢なので以前の様にイノシシの搬出を手伝ってくれるようには戻らないかも知れないがせめて自分のことが出来る様には回復してほしい物です。
段々と周りの人が年を取ってゆく、わしは別だと思っていたのだがわしも人と同じでした。


コメント

ワラビ出た。

2017-03-31 07:27:43 | Weblog

(ワラビが出始めました)
今にも降りそうな天気です。
6時半に家を出て西の山へ行く。
犬達を連れて東の枝谷を奥へ歩く。
先日見たときには気付かなかったのだが所々にワラビが出ていました、日当たりの良い場所ならもっと出ているでしょう。
西の山の小尾根近くの広場には釜で刈るほど生えるので弟子のY君に置いて置こう。(わしは食べないので)
奥の竹藪の左右斜面の罠を設置する場所辺りにもイノシシの痕跡は無いのだが姫が細い獣道を登って行くとクマ子が続きトラ子も走り上がる、最後はデブ子までが少し上る。
斜面上でガサガサと音がしていたが10分もしないうちに順に降りてきた、ウサギか狸の臭いだったのかもしれないが深追いせずに良かった。
気温が上がり草が伸びてくるとダニが多くなり毎日山へ連れて行くのでフロントラインは欠かせない。
それでも耳の先や目の周りに付くことが有るのでチェックすると姫の睫毛の生え際に茶色い小さいのが食込んでいたので爪で摘まみとって潰す、他の犬には付いておらず。
雨がぱらっと顔に当たりだした、天気は悪くなる方向なので長めの散歩予定を何時ものように変更して時間は早いが帰宅。
今日は有害の返納と保健所の古いのを返納に町内会の通帳の記載をして来よう。

(枝谷の奥へ歩くデブと前は姫)

(南斜面の獣道を全犬が登って行く)
コメント

心地よい。

2017-03-30 17:48:52 | Weblog
昼間は心地よくまどろんだ、野球も見たが熱戦の割に半分眠ったかも。
夕方軽く犬達を連れて裏山北を歩いてきた、姫もトラ子も朝と違いすぐに車に戻る。
明日は下り坂のようなのでいぬたちは朝のうちに長めに遊ばせようか。

(山から出てきた犬達)
コメント

懲りずに?。

2017-03-30 08:18:44 | Weblog

(ウサギ?を追って腹が焼けたので谷で冷やすクマ子)
わが家の犬達はデブ子は年なので別として残る3匹は猟欲が強いので山で合う動物すべてに関心を示し食べて美味しいのは?どこまでも追う。
例えばウサギである、ウサギが一番好きなようで年がら年中においが有れば追います。
ビーグルの様にウサギ専門では無いのだが俊敏さが違うのでよく捕まえている、2時間以上遅れるときは山で食べているのかもしれない?。
そんな時はわしが嫌になるくらい待たされる。
今朝も朝が早かったので夜行性の動物が歩いた跡を追い姫とクマ子が消える。
前を歩いていたトラ子も獣道を駆けあがって消える。
残されたデブ子と奥の詰めまで歩いて引き返しているとクマ子が下から帰って来た。
デブとクマ子を連れて帰っているとトラ子と姫も帰って来た、「よし全部そろった」と安心して歩いていたら先に帰っている筈の姫とクマ子が居ない。
デブとトラ子だけが車まで付いてきた。
途中で先に追っていた奴を又思い出して2匹で追った様だ。
車で待つ事30分、クマ子が戻り、15分後に最後の姫も戻りやっと全犬が揃う、乗せて帰宅、はぐれて置き去りにされても一つも懲りることは無い様だ。
ま、ヤマドリ猟を諦めた?時点で犬の訓練等はしていない為すべてセルフ犬に成ってしまう、わしの責任なので待たされるのも仕方なし。
さあ、今日はデスカウント店コスモスへ買い物に行こう。

(トラ子が登った獣道を匂うデブ子)


(この2カ所のヌタ場はイノシシの痕跡無し)

(ここは何かが歩いているが何か不明)
コメント

早い時期に終わる。

2017-03-29 16:05:05 | Weblog
昼前に山へ迎えに行くと姫とトラ子が駐車場で待っていた。
顔をくしゃくしゃににして体中をくねらせて飛びついてくる。
「もっと早う戻れよ」と載せて帰宅。
修理してあった罠を10個ずつ大きなビニール袋に入れて倉庫に仕舞う。
筒も30個肥料袋に入れて片づける。
これで今期使用した罠の整理は全部終了した、毎年5月くらいまで掛る仕事が3月中に終わるとはわしなりに頑張ったもんだ。
夕方軽い散歩に行き犬達を遊ばせてやる、今度は姫もトラ子も30分しないうちに帰って来た。
今日は猪肉でなくて豚バラ軟骨付と鳥のスナズリにモツ等を炒めてやるとよく食べた。
デブ子がジャンプできなくなってきている、今年一杯の命になるかも知れないなあ。


(迎えに行くと嬉しそうな顔をする姫とトラ子)
コメント

置き去り?。

2017-03-29 10:28:30 | Weblog

(捨てられたクズイモがイノシシが居ないので何時までも残っています)
今朝はスタートが30分遅れたが西の手前の谷へ行く。
本谷を途中の小尾根まで歩いて行くが先に行った3匹が姿を消す、デブ子の動きから谷の北側へ渡った様子だ。
運動なので尾根までデブ子と歩く。
着いてしばらくするとクマ子が下から追い付いてきた。
しばらく待つが姫とトラ子は追い付いてこないので谷を下る。
車まで帰っても2匹は帰らず。
丁度地主さんがしばらく話をするがイノシシの気配はないという、また知り合いも今期はイノシシをあまり獲っていないそうです。
わしの周りでも今期は沢山獲ったという話は聞けません、鳴門近辺は何処とも成績が悪かったようです。
地主さんが帰っても2匹は帰らず、2時間半山から出てこないので一旦クマ子とデブ子を連れて帰宅。
少し用を済ませて再度迎えに行こう、駐車場所で待っている筈です。

(登り口を行く姫とトラ子)

(谷底を覗うクマ子)

(斜面でクマ子が何かの臭いを探していたが降りてきた)
コメント

乾かず。

2017-03-28 17:57:40 | Weblog
夕方遅い散歩に成ったのだが山へ行くと姫とトラ子の体はまだ乾いておらず濡れていた、朝のびしょ濡れが乾ききっていない状態です。
裏山北で遊ばせていると小雨が降り出して来たので順に車に帰った犬達を乗せて帰宅、全犬食欲は有る様だ。

(先に帰った姫とデブ、残るはクマ子とトラ子)
コメント

2時間。

2017-03-28 10:08:34 | Weblog
昨夜は黒澤明監督の名画 七人の侍 を見ていたので寝不足です。
朝西の山へ7時に行く、歩くのに丁度良い気温なので山池の奥へ犬達と行くが何かの臭いに付いて必死な様子で3匹が東の山へ消える。
デブ子としばらく歩いて引き返すも犬達は戻らず。
下流までぶらぶら歩きアメゴを釣るマル秘のエサを探すも見つからずジャケチの垣根が有れば良く居るのだがどこかへ探しに行こう。
クマ子だけが東の谷を通り南から帰って来た、北から東の山を越えて隣の谷間で行っていたようなので姫とトラ子の帰りは遅くなると予想で来た。
クマ子は乗せずにデブ子と車に乗り道上アナを聴きながら待つ事1時間、いつの間にか居眠りしていて横を見るとびしょ濡れの姫とトラ子が帰っていた。
外で待たせていたクマ子と3匹を乗せて帰宅、丁度2時間余りの散歩に成る、急いで買い物に走り犬達のエサとおやつを買ってきた。
今日は罠を倉庫に仕舞おう。

(帰宅後は犬小屋へ順に縦隊で入っていく)
コメント

投手力次第で。

2017-03-27 16:55:26 | Weblog
今高校野球が熱戦の最中で週末はプロ野球も開幕する。
野球が好きな方のお祖父さんもひいきチームの勝敗が気に成り一喜一憂?するようになります。(ただし昔ほどでなく冷めてはいるが)
今日の甲子園を見ているとやはり絶対的な投手がいなければ勝ち進めない様です。
今大会は打者の清宮君ぐらいが話題に成る程度で際立った投手は見当たりません。
直にプロで通用するような投手が居ればそのチームはたとえ打力が弱くても勝てるように思います。
今大会も連覇が掛かったり前評判の良かったチームも負けています、さあ今後どうなる事でしょう?。
ところで昨日終わった大相撲も日本人の心情に響く感動的な場所でした。
やはり日本人の横綱が引っ張って盛り上げてほしいものです。
広い日本です、悲惨な事件や事故がまた起こっています、平穏で穏やかな日々が送られれば有難いのだが・・・・・・・・。
コメント

サクラダリセット映画化。

2017-03-27 09:57:08 | Weblog
またまた甥自慢です。
わしの妹の長男の河野裕が8年前に書いた本、サクラダリセットが今映画化されて全国上映されています、後編も出来ることでしょう。
以前も何度か新聞に載っていたのですが昨日の徳島新聞の朝刊にも大きく載っていました。
作家に取って自分の作品が映画化されるのは名誉なことです。
妹も自慢の息子で嬉しいことだろう。
甥はどうもわしのおやじ(甥にとって祖父になる)の文才?の血を引いているように思う、ただ釣りはまるでダメである、おやじは釣り好きでメバル釣りの名人だったのに甥はアオリイカを釣りに連れて行ったことが有るのだが釣りはまるでダメでした、何もかも血を引く?と言う事でも無い様だ。
甥には今後ともよい作品を書いてほしいものです、バカおじの甥自慢でした。

(甥の河野裕の作品サクラダリセットの紹介記事です)
コメント