中島鳥山の猟(漁)日記

日本犬でヤマドリ猟をしてグレ・アオリイカ釣りも楽しんでいる自称田舎猟師もどきの日記です。H20年から猪の罠猟にも挑戦中。

もっと早い連絡を・・・・・・・。

2013-02-28 19:12:24 | Weblog
夕食の準備と犬の餌を炊いている時に電話が掛ってくる。
猟友からである、裏でイノシシが掛っているとの事。
今好きな塩さばのこんぶ締めを焼いているしご飯も温めたばかりでお茶も熱々を用意した所である。
朝の内に罠を覗いてくれていたらと思うが他人に頼んだわしの責任でもある。
ガスを切り12km走る。
通勤ラッシュでもどかしい、薄暗くなる頃現地へ着く。
電池を用意していたがイノシシが思っていたよりコビンチャで処理も運搬も楽だった、猟友が犬の餌にすると言うのでそのまま上げてくる。
帰宅後再度レンジでチンして遅い?夕食を済ませて本日終了。
福井の若い猟友が115kgの大物との知恵比べに勝ったと報告をくれる。
わしも狙っているイノシシを後2週間で獲りたいなあ。(切実な願です)
コメント

残りの期間で・・・・・・。

2013-02-28 12:20:27 | Weblog
期待していた罠のどれにも異変なし。
今日は反対側に残って居ないか見てみたが深田の縁から竹薮の中等歩き難いのを苦労して足目をさがして見るが何の気配もなし。
高い場所を移動しているのか低い場所はもう居ない様だ?。
それでも気に成る場所を案内して貰うと予想とおりにイノシシが歩いた後を見つける。
ただ、数的には少ないのだが移動ルートが判明した。
明日にでも罠の設置を考えていたら早速Hさんが地主さんの家までわざわざ行ってくれて罠をする了解を貰って来たと電話をくれる。
何もかもありがたい事です。
終猟までにどうしてもその辺りを荒らしているイノシシを退治したいので最後の気合を入れて見ます。
イノシシが歩いて道路に成っている場所です。

コメント (2)

早いスタート。

2013-02-28 07:38:18 | Weblog
今朝は少し早めに裏山の北方面へ行って見る。
車から降ろすなり姫・幸・クロが先に走る。
チビとブラブラ歩いて確認用の糠を2箇所置いてあるのを覗くが1週間にもなるのにそのまま残っている。
イノシシは居ない様だ。
いや、山の開発が酷いので通るルートを変えたのか、もっと北へ移動したのかも知れない。
裏山が開発で南北に分断されてしまい、イノシシが行き来をしなくなっている。
竹薮を覗いているとクロが帰って来た。
チビとクロを連れて山を降りて車の近くまで戻り時間的には散歩が短いのだが2匹を待っていれば何時もと同じ時間に成るだろうと考えていると2匹が舌を出して戻る。
羊歯の中でも走ったのだろう露で背中が濡れている。
車に乗せて南へ回るがこれから再度山を登れば時間がオーバーするので今朝は帰宅。
罠の巡回に早く出られそうです。
久し振りにイノシシが獲れるだろうか?。
思ったより少ないのかも知れないなあ。
まあ、焦らず?に行こう。
コメント

ビッグトラウト。

2013-02-27 17:32:51 | Weblog
夕刊に、孝子姫の釣行記が久し振りに載っている。
松山沖の太刀魚釣りが天候不良で急遽変更し広島の湖でトラウト釣りに成ったらしい。
雪にまみれての釣りだった様だが帰港(船着場)中のトローリングで68cmの大物をゲットしている。
最後の最後まで頑張った褒美でしょう。
海も山も女性の釣り師や猟師が増えると良いんですがねえ。
わしもグレやアオリイカを釣りたいが今はイノシシだけに集中しよう。
ほんでも獲るのは難しいなあ。
後2週間頑張ろうや。
コメント

診立て?違い。

2013-02-27 15:04:36 | Weblog
20日から罠猟を再開して1週間になる。
わしの見切りでは1週間で1頭は確実に捕獲できるとふんでいた。
とんだ診立て違いである。
イノシシならヘボ猟師と笑って済ませられるがこれが医者ならどうだろう、患者の病気を診立て違い
するわけだから大変な事になる。
へぼ猟師で良かった。
今日は巡回の後で同い年のHさんの所へ寄り1時間ほどイノシシの話しを楽しくして来た。
後2週間に力を注ぎます。
帰宅後家へ上がらずに今朝我が家の15kgが壊した罠をやり変えに裏山に登る。
昼過ぎていたので汗が出ました。
同じ場所へ設置したが終猟までにイノシシ君が歩いてくれる事を願おう。
コメント

今期初。

2013-02-27 08:40:16 | Weblog
雨はどうにか止んだので少々濡れるがサービスで犬達と裏山を登る。
尾根の罠の点検もあるので1度は上らないと仕方なし。
途中低い場所でチビ以外が少し消えるが直に戻り一緒に上る。
尾根の手前で犬達を後付けさせれば良かったのだが此の前も心配なかったのでそのままにしていた。
右の罠を見ていると左で「キャンキャン」と悲鳴が上がる。
「あああ、ボケナスめ」
どれかが羊歯のトンネルを抜けた場所で掛った様だ。
見てみると姫・チビ・クロは居る。
罠に掛ったのは幸である。
傍へ寄ると哀れな顔で尻尾を振る。
前足の肘の上の脇近くを括っている。
イノシシならこうまでは行かないだろうなあ。
またやり直しである。
今期裏山の散歩コース近くで5匹イノシシを捕獲していたが散歩時には一応注意していたので罠に掛る事は無かったのに今朝掛ってしまった。
まあ、計算済みの行動なのだが朝から出だしが悪いなあ。
1分で解放したので幸の被害なし。
ただし、ショックなのかわしから離れずに付いて下りてくる。
我が家の犬達は全て何度か罠に掛っているので他人の罠に掛った時にパニックを起こさない訓練?にも成るだろう。
さあ、今度は犬でなくてイノシシが掛っているのを願って巡回に出よう。
コメント

イノシシに襲われる。

2013-02-26 16:47:08 | Weblog
今日三重県のゴルフ場で客がイノシシに襲われて大怪我をしたとのニュースが出ていた。
イノシシはやはり怖い動物だ。
わし自身が何度も怖い目に遭っているので特に感じている。
わしの場合は罠に掛って気が荒くなっている状態なので尚更である。
これからはより慎重に対処をしないと人の居ない山の中でイノシシの逆襲に遭ったら命さえ危うくなるかも。
とは言え怖じてばかりでも猟に成らず。
慎重かつ大胆に対応したいものです。
さて夕方雨がポツリポツリしだして散歩に出る。
本降りにならない内に散歩終了。
夕食は先日頂いたパック入りご飯をチンして買い置きの鮭でも焼こうか。
今夜の雨が明日の朝には止んでくれる事を願おう。
ほんでも山を歩いたら濡れるだろうなあ。こんなんが突進して来たら木ににでも登らんとあかんだろうなあ。
コメント (2)

少しプレッシャーかも?。

2013-02-26 12:10:23 | Weblog
巡回に出るが罠を設置して間もなく1週間に成る場所も気配なし。
3日前に設置した足跡がはっきり付いていた場所の罠にも異変なし。
罠を設置する場所なら此処だと言う読みは間違っていないと思うのだがイノシシが毎日動くルートでは無い様なので捕獲は思ったより時間が掛るかも。
期待に応えられずに恥ずかしいなあ。
それでも終猟までには獲って見せるぞ。(空元気です)
巡回は9時に終わり、昨日猟友が見たと言う足跡の場所へ行く。
探してみると1ヶ月余り前にメスの大きいのを捕獲したルートにまずまずの足跡が付いている。
歩いて2,3日しか経っていないだろう。
面白い事に前回の罠の撤去跡を埋めた所を踏んでいる。
「あれっ、こいつ無神経か?」
用心深いイノシシで無いのだろうか?。
10時からそのルート上に車に乗せていた残りの罠を設置してくる。
ここも毎日通る程はイノシシが居ないので後2週間だけ様子を見ます。
まあ気安くしている人の裏山なので巡回も気分的に楽だ。
今夜の雨で事態が変わる事を願うのみ。(良い方向へ)
コメント

気合を入れて?。

2013-02-26 07:52:30 | Weblog
今朝は少しだけ早起きして犬達と裏山へ行く。
犬達が堰堤の上下で何かを熱心に追い付いて来ないのでわしだけで尾根の罠を確認に上る。
やはりやられていました、タヌキかハクビシンです。
ワイヤーを殆んど掘り出しています。
「あああ、これの繰り返しか、厭じゃなあ」
ポセットに入れているスコップで修正するがまた今夜やられるだろうなあ。
気分悪く山を降りる。
途中でかなり下から幸と姫が舌を出して走り上がってきたのに会う。
獲物に逃げられた様だ。
そのまま連れて下りるとチビとクロも車の近くでウロウロしながら待っていた。
今日は早くから巡回に出られそうだ。
本命の場所でイノシシが匂うだろうか?。
雨の前なので出来れば昨日猟友から連絡の有った北の場所のイノシシ道だけでも確認して置きたい。
さあ、今井美樹にチャングム等録画をセットして出発だ。
コメント

ヤマドリが怒る。

2013-02-25 16:40:16 | Weblog
罠の巡回に山を歩いていると左上でドドドドドとヤマドリがホロを打って縄張りへ入ってきた変な動物を威嚇する。
「ここは俺様の縄張りだぞ」とでも言っているのでしょう。
「今日はお前に用事は無い、イノシシが目的じゃ」と言ってやるが分かったかどうかは不明。
その目的のイノシシは罠のルート歩いていなかった。
まあ、終猟までが勝負なのでまだチャンスあり。
昼前に帰宅して松山の友人と徳島の従姉妹に那賀の釣り師(女性)にも猪肉を少し送って置く。
午後は意を決して裏山に罠を設置する事にした。
尾根まで登り幾つか有る猪道の2箇所に設置して来た。
獲れても獲れなくても良いが居るのが分かっているから挑戦する。
山を降りて来たのは3時過ぎだった。
夕方の散歩を終えて休息していたら、83歳の猟友が電話を掛けて来て大きいのが大分高い場所に居るとの事。
裾で良いのを2頭捕獲しているTさんの裏山なので最後の足掻きに近々罠を設置して見ます。
さあ、明日ぐらいは20日に設置した罠に掛ってもいい頃なのだが・・・・・・・・。
(虫の良い話)
コメント (2)