中島鳥山の猟(漁)日記

日本犬でヤマドリ猟をしてグレ・アオリイカ釣りも楽しんでいる自称田舎猟師もどきの日記です。H20年から猪の罠猟にも挑戦中。

当分気が重いだろう。

2015-08-31 18:35:20 | Weblog
仲の良い友人(先輩だが)の死で気が重いのだが雨も止んでいるので犬達と西の山へ行く。
山に着くと梨を狙っている猿の警戒する声が聞こえる。
クマ子とトラ子がそこへ走りたいような素振りを見せるが谷を越えた山の上の方なので行かさないように農道を奥へ歩く。
するとサルが居る反対の西の山へトラ子が走り込みクマ子も姫も後を追う。
こちらの山ならサルで無いので心配ないだろう。
デブとブラブラして待っていると5分余りで姫が追いついて来た「あれっおまい早いでないか」
トラ子とクマ子は戻らない、車の近くで待っているとしばらくしてクマ子が東のサルが居る山から戻って来た。
若い2匹は西へ走ると見せてわしにフェイントを掛けて東の山のサルを追っていた様だ。
それなら遅れているトラ子もウサギを追うほど長くは掛からないだろうと待つ事10分で案の定トラ子も道路の東の山からびしょ濡れで戻る。
サルは木から木へと逃げるのでしばらくすると諦めて帰って来る。
山の木が揺れている状況から見て4,5匹の群れの様だ。
有害駆除だとしても射程外だし声が聞こえて木が揺れても姿が見えない以上何もできないだろう。
どうにか帰宅。
明日は葬儀用の黒い靴の綺麗なのが無いので買いに行こう。

(サルたちは葉が多く茂った木に止まっているのだが遠いので姿は見えず)
コメント

又も訃報が。

2015-08-31 12:42:48 | Weblog
昼に寝ころんでいたら電話が有る。
出ると会社時代のM先輩の奥さんからで先輩が今朝亡くなったとの連絡でした。
5年前に仕事中に横断歩道上で車に轢かれ何か月も意識不明で何か所も内蔵の損傷が有り生死の境を彷徨い奇跡的に一命を取り留めたのだが事故以来ノンプロで鍛えた体が別人の様に成りイノシシの肉を持って時々会いに行っても歩くのがやっとの状態でした。
前猟期にも2度ほど肉を届けたがその時は話も出来たし歩いていたのだが・・・・・・。
偶然に5月中旬にわしが入院した病院の同じ6階に名札が有り覗くとM先輩でした、付き添いの奥さんや娘さんも気安かったので病室で昔話をする。
それからM先輩が退院する6月2日までわしが手術をした日から3日間は寄らなかったが3階ら6階まで毎日様子を見に行きました。
わしが鼻から管を入れて汚物バックを下げて点滴も2つ釣り下げたまま先輩の所へ行くので「何な、ほの哀れな恰好は」と心配してくれたものでした。
先輩はリハビリを嫌うので看護師さんや療法師さん達が困って居ましたがわしが行くと機嫌が良くなるので廊下も一緒に歩いたことも有りました。
先に退院するM先輩を玄関まで送ったのが姿を見た最後に成ります。
わしも退院後先輩宅まで行ったが改築中で逢えず、電話でその後にも話をしたのだがまだ頑張ってくれると思っていたのに残念な連絡でした。
思えばわしが21歳の時隣の課に居たM先輩とソフトボールで遊んだものです。
その後同じ課になり今度はゴルフに2人でよく行きました。
若いころの職場での思い出になるとM先輩は何時も出てきます。
何年も事故の後遺症で苦しい日々を送り夢も希望も無くした入院療養生活の繰り返しだったのだがもう苦しまなくても済むと思ってあげよう。
50年近く一緒に生きて来た仲の良かった人が今月は2人も亡くなった、そのうちわしも行ったら逢えると思うので少し待ってもらおう。
ああ辛いなあ・・・・・・。
コメント

今日もニュースで。

2015-08-31 08:06:43 | Weblog

(農道の先でわしの行くのを待っている姫)
今朝もテレビ・ネットで那賀町での誤射事故が報じられています。
肩身が狭い思いに成ります、我々猟師にとっては他人事では有りません、今後この様な悲惨な事故を起こさない様に肝に銘じよう。
辛い出来事だが夜眠れず寝すぎてしまい7時に山へ行く。
幸い小雨なので傘の必要はない。
谷の奥へは行かずに駐車場所より下流へ歩く。
若い2匹は農道を飛び飛びする様に元気よく走って行く。
姫が50m程先でわしを待っている、マムシに噛まれた後足もほぼ回復しているようなのだがどこか悪いのか?。
デブと近づき様子を見るも異常なし、カステラを貰う為に待っていた様だ。
望みをかなえてやり一緒に下流へ歩く。
トラ子は見えないが遠くにクマ子が動いているのが見える。
わしを見付けたクマ子が走って戻る。
柔らかい土に母娘のイノシシの足跡が付いている、秋にこの親を何処で獲ろうか等と考えているのですがウリ坊が独り立ちするまで待ってもよいなあ。
ただ檻が多いので先に他の猟師に一網打尽されてしまう可能性が有る、そうなれば後の祭りです。
足跡を見ている内にトラ子の姿が見えて傍へ戻る。
雨が少し大粒に成って来たので引き返す。
途中で珍しく荒畑の中へ4匹が入りふざけ合って追わえごっこをしていたがわしが呼び返すと姫を先頭に走って戻る。
車までの道でまたしてもトラ子だけが西の山裾へ入り出てこなかったが5分程で出て来て合流した。
今朝は天気の具合でこれで切り上げて帰宅。
9時から開店セールの3割引きの肉(犬とわし用)を買いに走ろう。

(クマ子の足の前にウリ坊の足跡が見えます)
コメント

ぐずついた天気。

2015-08-30 17:54:38 | Weblog
一日中降ったり止んだりの天気が続いた。
野球にゴルフとスポーツ番組を見て過ごし夕方裏山北へ行くと何時も居る年寄り夫婦が雄犬の武蔵君を散歩させていたので引き返して西へ走る。
この時間帯は犬を散歩させる人が帰った後なので近くで犬達を降ろす。
トラ子は直ぐに上流へ走り何かを探す様子を見せるがもうウリ坊も谷に取り残されては居ないだろう。
近くに農家がクズ梨を山盛りに捨てて有った場所をイノシシが掘り返している、雨でドロドロです、我が家の犬達がその周りを嗅いでいるので多少はイノシシの残臭が残っているのでしょう。
姫が大人しくしているので西の山へ走り込まない様に気を遣う。
暫く農道を歩いて遊ばせて帰宅。
犬達のエサとわしの餌も切れたので今から食材の調達に出よう。

(姫の向こう側に黒く見えるのがクズ梨をイノシシが掘り返した跡です)
コメント

恐い思い込み。

2015-08-30 07:13:37 | Weblog
昨日の誤射事故は3面に大きく報じられていた。
新聞によると加害者は猟歴40年で良い人だそうです。
猟や駆除をしている時に白いタオルを首に巻いた人が藪で動いてタオルだけしか見えなかったら雄鹿のお尻と見間違ったり黒い服装の人が藪の中を歩いていたらイノシシと誤認して発砲する人が居ますがこれらは猟師の誰もが陥る可能性が有る思い込みです。
イノシシ猟の時に犬が吠えて藪の中で黒い物が動いているとそれはイノシシが動いていると思い込んでしまう心理状態になるようです。
間違った知識を思い込んでいたら恥をかく程度で済まされるが思い込みで人を撃ってしまったらそれで人生が終わります。
わしも狩猟中にそういう場面に遭遇したら絶対に姿を見て確認しなければいけないと再認識させられた事故でした。(猟をするものとして反省)
さて気分は重いが雨が止んでいる間に朝の散歩に西の山へ走る。
ただ山が濡れているので谷沿いの農道を歩く、トラ子は何かを感じて飛び込むがしばらくして飛び上がって来る。
先日ウリ坊を押さえた谷なのでまだ残っているのか残臭なのかは不明だがかなり気にしている様だった。
下流の遠くまで走って行って納得したのかクマ子・姫が戻り最後にトラ子が戻ったので奥の大池まで歩いて行く。
土手でしばらく遊ばせるがわしの餌に不満なのか泥を齧っている、まあ犬は草を食べたり泥も食べる事はよくあるので気にはしていない。
山の方から雨が来そうなので引き返して帰宅。

コメント

また起こった有害駆除での誤射。

2015-08-29 21:12:30 | Weblog
今日も両方が勝って気分よく眠れると思っていたのに9時前のニュースで我が県南西部の那賀町でサルの有害駆除をしていた者(70歳代)が竹やぶに居た老女をサルと間違えて誤射し、被害者は病院で亡くなったとの事です。
わしは何時も何で撃つ前に姿を確認しないのかと疑問を感じると共に被害に遭われた女性に申し訳ないと思う。
我々猟師の中からまた不注意者が出てしまったことが残念だし腹立たしい。
3年ほど前に和歌山でヤマモモを採っている人をサルと間違えて誤射した事故を思い出した。
猟師が獲物(対象動物)に発砲する場合はその姿を確認してから撃ちます。
ところが矢先(弾が飛ぶ方向)を確認せずに獲物に向けて発砲した時に見透視の悪い延長線上に居た人に流れ弾が中る事故が全国では時々あるのですがこれもそう言う危険がある場合は引き金を引かない勇気(判断)が要るのに獲物にこだわるあまり撃ってしまいます。
こういう猟師は慌て者か臆病者か功名心が強い者か猟を知らない素人です。
恥ずかしながら茂みが揺れただけで銃を撃つ人がいるのを聞いたことも有るしわし自身2度ほど同行者の誤射(暴発)で弾が体の横を通った事が有り1度は大事な柴犬がわしの身代わりに成った事も有りました。(即死に近い)
その人は一人で山へ入るのが恐いと言う様な人物でした。
2度ともわしが撃ち落したヤマドリを拾いに行く時だったので興奮したら脱泡や安全装置等関係のない慌て者で冷静さも無い猟師には不向きな人間だった。
わしの犬を撃った後で猟は止めた様だが猟をする者は遊び半分で猟をしないでほしい、いい加減な気持ちではまともな猟師に成れないでしょう。
今日の事故のニュースを聞いてわしも後5年くらいは猟を続けたいので事故など絶対に起こさないぞと大いに反省しています。
それにしても猟師として起こしてはならない事故が起きて被害者に申し訳ない気持です。
明日の朝刊に大きく載るのだろうなあ、世間の人は我々猟師をどんな目で見るのだろう?。
猟師にも十人十色でピンからキリまでいるのだが・・・・・・・・・・・。(憂鬱な気分です)
今夜は色々考えて寝不足になるだろう。

コメント

予報通りに。

2015-08-29 18:02:42 | Weblog
午後雷が鳴りだして雨が一時土砂降りに成る。
夕方雨の間を縫って高速道下の雨が当たらない場所で犬達を遊ばせてやる。
犬にも余り甘いものは良くないのだろうが祭っていた菓子類を下げて犬達のおやつにする。
直ぐに食べる菓子と一呼吸おいて食べるのが有ったが、最終的には残さずに食べてしまう。
適当に遊べたので帰宅、今夜も軟骨付豚バラをやるがデブは必死で食べるのに残りの3匹は嫌々食べているように見える。
「おまいや、高いんぞ、食べえ」
一応食べはしたがもっと美味そうに食べろ。
さあ、今夜もプロよりU18の日米対決を重点的に見よう。
コメント

道路に出て来る。

2015-08-29 07:51:56 | Weblog
昨夜は珍しく勝った試合のニュースを見るため寝たのは午前様でした、そのせいなのか寝すぎて起きたのは6時前でした。
慌てて飛び起きて山へ走る。
暑くは無いのだが今朝は秋の気配なし?。
犬達にカステラをやりながら奥へ歩く。
車で来る間に舗装道路に障害物が転げていた、帰りに確認すると程よいイノシシの足跡が付いていて昨夜掘り返した跡でした。
で、犬達はカステラをねだるときはわしに付いて来るが食べてしまうと先へ走る。
奥の枝谷の分岐点まで行くと20m向こうで姫が待っている、わしが枝谷へ入ると引き返して付いて来た、トラ子は奥へ行った様だ。
枝谷をクマ・姫・デブと登っていると後ろからトラ子が息を切らせて追いついて来て谷の向かいの羊歯の中を探す。
先日もクマ子が同じような動きで吠えた事が有ったがトラ子は出て来て奥へ走る、姫とクマ子も続く。
立ち止まって待つのは出来ません、何故なら動いていないと藪蚊の大群に襲われて露出部分は噛まれて痒くてたまらなくなる。
そんなわけでデブと山を降りて行く。
10分ほどするとクマ子が降りて来て道に溜まった泥水の中へ腹這いになる、急いで「こらっ、あかんぞ」と起き上がらせる。
綺麗な水ならまだしも泥ぼたで車の助手席やわしのズボンを汚されるので・・・・・・・。
汚れたクマ子を朝露が有る萱場を歩かせて泥の汚れを少しでも薄めてやる。
下流で草刈り機のエンジン音が響く、「何処、切んりょんなえ?」犬を連れて行くのは危険なので乗せて姫達を待つ。
15分程でトラ子に続いて姫も帰って来た。
やはり道路の真ん中に車を止めて山の草を刈っていたが5m移動させて止めれば通行の邪魔に成らないのに気が利かない人だ。
帰宅すると会長から電話が有り狩猟免許の申請用紙を届けてくれる。
来月(9月)の5日である、「早いなあ」と思うがわしは写真等も一応準備は出来ているので美郷の先生に連絡して置く。
今年から有害駆除に従事している者は少しだが料金面で優遇が有るそうです。(1回釣りに行ける位ですが)
書類のコピー等をして揃えて置こう。
今夜位から秋雨❓全線で5日ほどすっきりしないそうだが照らなければ涼しいかも?。

(谷の向こうを探すトラ子の動きを見ているクマ子と姫、デブはわしの後ろ)
コメント

罠の製作。

2015-08-28 17:57:06 | Weblog
午後洋画を見乍ら括り罠の踏み込み筒を作ってみた。
今度作るのは荷重を重くして20kg未満のイノシシが歩いても作動しない様に工夫してみよう。
これで大きい奴が掛かれば言う事無しなのだが・・・・・・。
仕掛けを変える事で逃がしてしまうかも知れない怖さも有ります。
まあ、何事も勉強だ。
さて、夕方山へ行くとデブ以外は今朝上がった山へ走り込む。
「あれっ、コジュケイでなかったんか?」
3匹が執着しているのだから今朝出会ったのはイノシシだった可能性あり。
デブと待っていると池に波紋が出来出した、雨が降り出しました。
10分後にクマ子が降りて来て傍へ来る。
雨が本降りにならないうちに車へ戻り下流へ行こうとしたらトラ子と姫も戻って来たので谷で水を飲ませて戻る事にする。
軟骨付のバラを焼いたのをやると全犬がバリバリと食べる。
さあ、今夜はU18の試合を見ようGは勝てる筈がないので?。

(ライトで照らしてみてくださいトラ子の水浴びです)
コメント

ユキヒョウ。

2015-08-28 07:03:19 | Weblog
朝夕が少しましに成って来た、そろそろ歩く距離を長くして行かなければ猟期になって歩けなくなる。
今朝も人に会わない西の奥へ行く。
池への坂道でクマ子が左を見て止まる。
既に姫とトラ子は斜面へ入っている様だ。
クマ子が入る、直ぐにコジュケイの小さい鳴き声がして何羽かが出たのだがこちら側へは出てこず。
3匹は降りてこないのでデブと池の土手まで行き、様子を見ていると「ワンワン」と吠える声が聞こえたがトラかクマかは分からず。
イノシシでは無くてコジュケイの追い返しで姿を見たのでしょう。(多分)
暫くしてクマ子が戻り、姫も戻ったが猟欲の強いトラ子は長く獲物にこだわり帰るのが遅くなる。
4匹が揃ったのだが今朝は奥へ行かずに下流へ下がり犬達を遊ばせる。
トラ子がが西の斜面へ上がり単独で何かを探してしばらく出てこなかった。
5分後に農道へ出て来たトラ子はまだ下流へ行きそうな素振りなので引き留めて車に戻る。
農道には毎晩出歩いているイノシシの一家が掘った新しい跡も見られるので完全に居付いている奴達です。
10月に成れば確実に獲れる場所を探して罠を掛ける所も決めよう。
帰宅後録画していたモンゴルの山岳地帯に住む幻のユキヒョウを見ている、自然界の動物の生態を見るのは好きなので。

(デブが降りた方を見ているクマ子(手前)と姫)
コメント