中島鳥山の猟(漁)日記

日本犬でヤマドリ猟をしてグレ・アオリイカ釣りも楽しんでいる自称田舎猟師もどきの日記です。H20年から猪の罠猟にも挑戦中。

足腰の老化?。

2008-01-31 20:42:53 | Weblog
今日も気合を入れてヤマドリの調査に行きました。
しかし、何時もの様に出合いの無い淋しい山歩きに終始しました。
何時も行く猟場はその辺り一円で過去にヤマドリを400羽以上捕獲した場所なのですが私が獲りすぎてしまいこれ以上獲ると絶滅の危機です。
それが分かっているので獲る気の無い山歩きです。
雪が硬く固まり歩きにくい所が多く、疲れが違う。
おまけに谷を渡るときに濡れた岩の上は滑りそうだと思いながら足を置くと案の定スッテンコロリと転倒する。危ないと分かっていながらコケマシタ。
「アイタッ」もう少しで水の中に落ちるところでした、左の腰と腕を岩で打つ、鉄砲もおもいきり岩に打ち付け銃身にキズがつき中を覗くと凸凹が分かる。
「ま、俺様の銃は撃てば中るので少し位イガンデモ大丈夫だろう?」。
普通は昼過ぎに仕舞うのだが今日は帰りに以前雄ヤマドリを二羽見ていた谷へ行く。
しかし、そこでもヤマドリに合えず虚しく帰りました。
犬達にエサをやり、私も昼夜兼用の食事をする(半額セールで買い冷凍保存してあった牛シャブ)デザートに愛媛より送って頂いたイヨカンを食べる。(満足!)
今夜は早寝しようか、今になって打った腰が痛いハハハハ歳だなあ。
写真は雪に立つ娘のトラ子チャンです。
コメント (1)

何処へ行こうか?。

2008-01-30 14:04:39 | Weblog
昨日は、一日中小雨状態で山歩き出来ずにテレビの守で終わるが、昼、夜と食べ過ぎたようで、今日の山歩きが重かった。山奥は雪がまだまだ多くありヤマドリは出歩かないようで匂いが無い。
イノシシの跡も無く昼過ぎまでの半日猟だったが何の成果もなし、ただ最近に無く暖かい山歩きでした。
イカ釣り名人は手に職を付ける為植木職人を目指すとかで頑張っている様だが私はどうすれば良いのだろう、今後、猟や漁で生計を立てる事が無理と判った以上、何か生きるための手立てを考えなければいけないのだが。
剥製店の看板を出すのも獣の製作は厭だし、猟犬(甲斐・柴)の繁殖販売なら少しは名前で売れるだろうが、それとて何かスッキリしないし迷うな。
まあ、後しばらくは現状維持してノンビリ?行こうか。
おっと今日はロト6を買いに行こう。(今回は4億円だぞー)
今朝の釣りだよりでは男女群島で八ちゃんが64cmのグレをはじめ爆釣したらしい。グレもイカも釣りに行きたいがヤマドリ猟は後半月しかないのでその間は真面目?にヤマドリと遊ぼう。さて明日は何処へ行こうかな?。
コメント

ヤマドリは何処へ?。

2008-01-27 21:44:53 | Weblog
今日は日曜日なのでダンプの走らない近くの猟場へ行く、イノシシの足跡が有る、でも此処のイノシシは高いところに居るようだ。
ヤマドリを探して奥へ行くとすでに二匹が走り出し羽音がして上流へ飛んだようです。犬達はヤマドリを追うが遠くまで逃げられたようでヤマドリは下ってこず仕舞い。
次の谷で猿の屍骸をトラが咬むのを叱った所、車まで先に帰る始末。(馬鹿め!)
昼前に御所まで走るが目的の沢には先行ハイカーが居て奥から帰って来るのと出合う、こんな山の中まで来る事ないのにと思うが物好きな人も居るようです。
別の谷でヤマドリを出すが木に何度も止まり飛び出さない、いつものメスの様だった。二時半に帰り買い物を済ませコタツで寝転んで本日も無事終わる。
コメント (1)

楽しいひと時でした。

2008-01-26 23:41:53 | Weblog
今朝は近所の谷へヤマドリの調査に行く。犬達が一気に走り対岸のかなり上からメスを出す。今期はこの谷で雄を見ていないが、帰りにトラが何かを匂っているので見てみると雄ヤマドリの朝の糞です。雄が居るのが確認出来ました。(良かった)
午後から予てより招待されていたイカ釣り名人宅の天然温泉付き別荘(那賀川)へ行きました。
午後3時過ぎには全員集合、家主のO名人と私のイカ釣りの先生Tさんと勝浦の猟師Hさんに延野出身の香○君の男性5人と西ビルのきれいどころYさんFさんの合計7人です。
料理はアオリイカのサシミ、てんぷら、グレの煮付け、イノシシの焼肉とレバーに湯どうふ等で、勿論ビール、酒もあり豪華なメニューでした。
そして何よりも天然温泉ブロが名人宅の一番の売り物です。温泉好きの人は何回も入浴を楽しんでいる。
私は風邪気味なので入浴は次回の楽しみにさせてもらうが、先生が何故だかしきりに入れ入れと勧める。(先生じいさんの裸に関心があるのだろうか?)冗談でーす。なお温泉は地下1500mも掘削しているらしく効能が素晴らしい様です。(女性にお勧め)
そして、料理を食べながらの談話は楽しいものでした(特に他人の悪口?と、自慢話は)ハハハハ。
良い気分転換が出来ました。宴会を設定してくれた名人に感謝です。
写真は両手に花の先生(半分隠している)です。


コメント (1)

寒いより痛い?。

2008-01-25 18:41:48 | Weblog
本日最高気温5度の雪山の風は寒いより冷たいを通り越し痛い感じです。
おまけに凍った雪は歩きにくく跳ねた雪の塊が長靴に入り込み冷たいことこの上ない。ヤマドリも余り出歩かない様で一羽も出合いなし。
犬達の足も歩くのが痛そうなので半日で仕事を終える。
明日はイカ釣りの師匠達と那賀川の名人宅で遅い新年会?をするので昼には出発しよう。
コメント

あああ寒い寒い!

2008-01-24 17:35:29 | Weblog
昨日は、定期健診の後で元の職場へ寄り久しぶりに皆の顔を見る。
全員が忙しそうに?していた。
邪魔をするのも悪いので早々に引き上げる。雨模様だったので一日犬も私も休息した。今日も寒いし、小雪が舞っている、コタツでテレビの守でもするのが一番なのだがそこは猟師の私です勿論山へ行きました。
現地でしばらく、吹雪が止むのを待ち犬に付いて谷沿いを登りました。
風は強いし、谷の水は増水して流れが強い、雪はそこここに残り太い木が雪のため折れたり根こそぎ倒れたりして行く手をさえぎり歩きにくい事この上ない。
疲れ具合が倍になる。「ええい、もうやめた、いのや」と帰る。
ヤマドリにもイノシシにも合えずじまい。ああ寒かった。
写真は通り道上に倒れた木。
コメント

イノシシが二頭。

2008-01-22 18:33:13 | Weblog
昨日は、珍しく大雪の中ヤマドリを探しに御所の奥へ行くも途中で雪のため木や竹が道路上まで傾いたり倒れていたりで前進出来ず、前方から知り合いの罠師の立○君が来て奥はもっとひどいので無理だと言い、檻にイノシシが二頭入っているので手伝って欲しいと言われて、同行する事になったが引き返すときに車のアンテナが木に掛かり折れる。
立○君の軽トラで山の上の方へ行くと檻に約60kgと50kg程のイノシシが入っている。近付き写真を撮ろうとするとイノシシが暴れて顔から服やズボンまで泥まみれになる。(ワヤクチャです)
軽トラックに二人で積み込み山を降りた。
お礼にシシ肉をくれる。帰りに雪の無い山へ入るもメスのみの出合いに終わる。
今朝も雨の前に近くへ行くがやはりメスを一羽見ただけで仕舞い、車の6ヶ月点検に行くとアンテナの修理費約9千円掛かるそうで部品の都合上月曜に予約する。
明日は病院で定期問診検査?を受ける日なので帰りに西ビルへ寄ろうかな。
のどがいがらっぽく少し痛いのでジキニンを飲んだ、今夜は早寝しよう。
コメント (3)

アオリイカ釣りで死亡事故が発生した。

2008-01-21 12:50:28 | Weblog
私が年間50回弱グレとアオリイカを釣りに行く、高知佐喜浜の離岸堤で日曜の早朝に転落死亡事故が起きました。土曜日からイカの夜釣りに勝浦町から三人ずれで来ていたそうです。亡くなられた方は常連客で福○名人や美○君の知り合いの人で私も3度程現地でイカ釣り時に逢った人です。当日は二手に別れてイカを釣っていた様で、朝方まで灯りが見えていたと別の二人が証言しているようです。
距離が離れているので昼間でも声は届きません。もし夜中に転落したら誰かが傍に居てくれなければ大変危険です。今回その危険が現実になってしまいました。
御本人もまさか自分が転落死するなどとは夢にも思わなかったでしょう、また同行の二人の方も辛い立場に立たされるし船頭さんは警察や海上保安庁の事情聴取や事後処理で大変です。
私もよく一人で泊まりイカを釣るので他人事ではありません。
海の漁も山の猟も獲物を獲るために行くのですが、ゆとりを持ち獲物に拘らず楽しむ気持ちになれれば事故も避けられるが、人間なかなか悟りを開くまでには成れません。私自身、海も山もただガムシャラに挑戦してきましたが最近は少し心にゆとりが持てるように成りました?。
釣り好きの皆さん危険を冒してまで釣りをするのは考え直しましょう。
この事故は私をはじめ無謀な釣り師への警鐘だと思います。
亡くなられた久保さんのご冥福をお祈りします。(合掌)
コメント (3)

猪鍋。

2008-01-20 15:49:14 | Weblog
今日、日曜日は雨の振り出す前に犬達と近くの山へヤマドリを見に行くが気配なし二谷覗いた頃に雨になり帰る。
キョウエイへ食料品(牛乳、パン等)を買いに行き、昼に頂いた野菜を使い先日まぐれで獲れたイノシシ肉で猪鍋を作り珍しく一ヶ月振りに一合のご飯も炊いた。
見た目は良くないが味は結構活けました(一人で食べるのはおしいが、かと言って食べさせて上げる人も無く、侘びしい食事ですが満足、満腹しました)。
本日は少々風邪気味なので良い休息日になりそうだ。
コメント

ビックリしました。

2008-01-19 18:16:06 | Weblog
今日はアオリイカ狙いで佐喜浜港へ午前4時30分着、道具を下ろしていると、先人が一人声をかけて来る。見るとドコモのK君である。「よう、久しぶりじゃな」と挨拶する。彼とは10年位前にグループで何度かイカ釣りに同行していて気心は知れている。場所も別々に分かれて釣る事にした。
今朝の渡船は特別で何と4時50分と言う早さでした。船頭さんに感謝。
5時のサイレンに合わせて釣りを開始、ところが、こんなこと過去10年で記憶に無い程、状況が悪かった様で、初アタリは何と7時でした、それも止まらず何処までも引っ張るので待ちきれずダメでした。次のアタリでどうにか坊主は免れましたがイカは本日も?ダメでした。早めにグレを狙うも釣れたのはシログレの35cmとアオブダイの48cmのみであと2号ハリスを15回程切られる。魚とのやり取りはチョットだけ楽しめました。
昼過ぎに船が来る、「ンン、今頃どしたん?」と見ていたら、波止に上がって来たのはなんと我等おじさんアングラー達のマドンナT子さんである。那賀町からわざわざ自家栽培の無農薬野菜を届けてくれる。
釣りをしないのにこんな遠くまで申し訳ない。(頂いた野菜で明日は猪鍋だ)
風も強くグレが釣れそうに無いので1時に仕舞う。K君は水道側で7杯釣っていました、たいしたものです。
帰り道120KMは不漁だったのにルンルン気分で走れました。
今、テレビでは鹿児島の磯で50cmクラスのグレを釣るのが放映されている。
いつかあんなの釣りたいものですね。
コメント