中島鳥山の猟(漁)日記

日本犬でヤマドリ猟をしてグレ・アオリイカ釣りも楽しんでいる自称田舎猟師もどきの日記です。H20年から猪の罠猟にも挑戦中。

師匠(先生)。

2015-09-30 19:43:26 | Weblog
何かを始めるときに教えて貰う人が居るのは習う者にとって幸運である。
8年前にわしがイノシシの罠猟を始めるときに一からいやゼロから教えてくれた先生の命日が今日です。
師事して丸一年と1か月余りで別れる事に成ったのだが今でも教えて貰った事を思い出して罠を設置しています。
一年目にイノシシを大小35頭捕獲したので先生が喜んでくれました。
今はそれ以上の腕に成っている筈?なので先生が健在なら褒めてくれるでしょうか?。
わしがそうであったように新しく始める人や情熱のある人にはわしの元気なうちに教えてあげたいと思っているのだが・・・・・・・・。
亡くなって7年に成るが教えて貰ったのがこの前の様です。
そろそろ涼しく成ってイノシシの動向が気になる時期に成り先生を思い出しています。
明日は荒れた天気に成りそうだが今日伊島まで泊まり込みで釣りに行っているSさん無事に帰れるでしょうか?。
アオリイカは釣れただろうか?。
また情報を聞いてみよう。
コメント

予定変更。

2015-09-30 15:42:58 | Weblog
2時過ぎに山の中で最後の栗を拾っていると電話が有り84歳の猟友からだった。
今近くに居るので行くとの事だがわしは山の中なので30分後に帰ると答えておく、急いで帰るが来ていない、犬達と簡単な散歩に裏山北へ走り短時間で切り上げて帰宅。
猟友の食事に特製肉うどんを準備しているがまだ来ない、5時を過ぎれば犬達のために再度山へ行こう。
所でついに半月楽しんだ栗拾いも終了です、十分楽しめました、また来年までお休みです。
今日の昼は釣って来たコグレの煮付けと炊きたての新米で腹いっぱいに成った、夜は抜いても良いだろう?。
コメント

コグレ釣りを楽しむ。

2015-09-30 11:49:29 | Weblog

(荒れて外向きは釣れず)
今朝思い付きで20km走り香川県の相生漁港へコグレを釣りに行く。
餌はこの前由岐へ磯釣りに行った時の残りで少ないが様子見です。
8時前に海へ着くと風も強いがうねりと波が高くて特別席には行けず、仕方なく湾内の内隅で釣りはじめる。
濁りが強くて魚は見えないが1m位の浮下で試すと、直ぐに浮が斜めに引き込まれて小気味よい引きを楽しめる。
23cm程だがそれから2時間で20匹ほど釣れたし80cmの赤目ボラが掛かり面白かった、ただ大きすぎて持参のアミに入らずテトラまで降りて
乗せて陸へ上げる。
家族連れで来ていた人が大騒ぎで写真を撮りに来る。
小学1年生くらいの女の子が魚の横で記念撮影をしていた。(母親のスマホで)
ダンナはさっぱりで連れの人もまるで釣れないのにわしだけが釣るものだから名人に見えたでしょう?。
帰りにコグレを10匹ほど上げて来る。
女の子が嬉しそうに「有難う」と照れながら言ってくれる、11時に帰宅。
海で料理をして来たので今煮付けています、ご飯も間もなく炊けるでしょう、上手い筈です、腹が減りました。
近場でも30cmまでのコグレなら昼までに30匹くらいなら当分釣れるでしょう。

(細仕掛けで80cmの大物?を釣って掬うのに困る)
コメント

ついに終わる。

2015-09-29 16:06:43 | Weblog
昼間北と南を開けて風を通せば涼しいのだが2時過ぎの山は暑かった。
最後の栗を拾う、小さいがバッカンに半分くらい拾える。
昨日やらせに失敗した大粒の栗の木の下にも5個位しか無くていよいよ栗も終わりの様です。
一旦帰宅後に犬達を乗せて裏山北へ散歩にでる、犬達は暑そうで舌を出している、山の中腹の木には1個も落ちていなかった、大粒を結構拾えた秘密の場所だったがついに終わりました。
今年はいつもより早いと思ったのだがトータル的に見ると例年と変わらなかった様です。
崖の上には猪道が出来てイノシシは毎晩来ている様で足跡も見られました。
トラ子が暴走しない様に注意して散歩をする。
暑さのせいか犬達がわしについて山を降りて来てくれる。
この山で罠を設置する場所をそろそろ決める様にしよう。
早い帰宅に成るが犬達には鳥とバラをやる、わしは貰い物の美味いパンにしようか。

(崖の上のイノシシ道です、栗を拾いに来ている様です)
コメント (2)

昨夜の月。

2015-09-29 12:05:09 | Weblog
昨夜は綺麗な大きな月でした。
今日は近所2軒からメロンやブドウを頂く、有難い事だ。

(愛用のデジカメで撮るもスーパームーンと言うのに大きさまでは分からず)
コメント

物々交換?。

2015-09-29 07:43:17 | Weblog
昨夜9時過ぎにY君が電話をくれたらしいのだがわしは9時に電源を切るので連絡できず。
今朝、連絡が付き岳君を連れて裏山北へ散歩に来ているとの事なので昨日の栗を持って行く。
止めていた車の助手席にジャーキーとベビーカステラに栗の渋皮煮?等沢山置いてくれていました、栗と物々交換で貰って来て犬達を放すと北の山へ3匹が走って行き待つ間デブ子と栗を見るが水溜りに落ちていたのが2個有っただけでここも終了です。
山を降りてY君の車の横へ戻ると丁度散歩を終了して帰る所でした。
沢山の犬用のおやつを貰いかえって悪かった、奥方に宜しくと言って置く、20分後にクマ子・トラ子・姫が揃って東から走って戻る。
早速カステラとジャーキーをやると奪い合う様に食べる、わしもやっているのに余程美味いのだろう。
さあ、今朝は余り待たされずに帰宅出来ました。
昼は罠の部品でも作り直そうか?。
コメント

作戦失敗。

2015-09-28 16:37:05 | Weblog
今朝、犬の散歩の後で西の山へ3日程拾い貯めていた大粒の栗を100個程撒きに行く。
何故かと言うと今日の11時頃Y君が奥さんを連れて栗拾いに行くと連絡が有ったのでテレビで問題に成る やらせ の工作をしてきました。
奥さんが初めて山の中で栗の大きなのが落ちているのを見付けたら喜ぶだろうと思っての事でした。
所がわしの作戦は見事に失敗しました、午後Y君に電話が繋がらないので現地へ行って見ると山の中には朝わしが撒いた栗がそのまま残って居ます。
夜に成ればイノシシが食べに来るので仕方なく撒いた栗を拾う、三文芝居は駄目でした。
何度かY君に電話をするとやっと掴まる。
聞けば2時前には全部拾って帰ったと言う。
それならなぜあれ程の栗を見付ける事が出来なかったのかと聞くと道に迷い奥方が引き返そうと言ったので帰ったと言う。
何のことは無いY君わしが2度も連れて行っていたのに単独で行って迷い、今日は奥方と行って迷ってしまいわしが撒いた大粒の栗の木の下までたどり着けずに戻ったのが原因でした。
わしにすれば通い慣れた山の中の猪道でも普通の人には分かり難い道です。
そんなわけで奥方を喜ばせる作戦?は大失敗に終わりました。
で、再度拾った栗を持ち帰ってから犬達と午後の散歩に行ってきた、暑かったが姫が遠くへ行かない様に見ていたのでトラ子も遠くまで離れずに無事?車に戻る事が出来ました。
所で世の女性が嘆く様なニュースが飛び込んできました、かの福山君が吹石一恵さんと結婚したとの事です。
明日会社を休む女性が出るだろうと芸能レポーターが行っていましたよ。
まあ、吹石さんの父は元プロ野球選手だったので彼女の事は以前から知っていて祝福してあげたいニュースでした。(平和ですねえ)
コメント (3)

仕込み(やらせ)。

2015-09-28 08:34:45 | Weblog
良い天気です、今朝も2時過ぎから目が覚めて録画を見て5時過ぎに起きる。
裏山北へ散歩にでる。
犬達も元気だ。
何時もの坂道を登る、障害物を乗り越えるのに足が上がらない、最近左足首の古傷と膝の裏が腫れて痛いので左足は完全でない。
斜面を登るのに雑草の根元を掴むと割と強いのでロープ代わりに成る?。
大きな実が拾える栗の木は終わった様です、枝に少しイガは残っている様なのだが落ちていない、相変わらずイノシシは来ている様で斜面の繁みでクマ子が吠え出す。
わしが野犬と勘違いして姫が見えなかったので「姫、戻れっ」と声を出すと右前で姫が「ワン」と体をくねらせて返事する。
「姫と違うんか、クマ子か?」そこでクマ・トラと呼ぶと30m上から2匹が降りて来た。
クマ子が吠えた相手が分からない、イノシシにしてはトラ子が吠えなかったし、タヌキならもっと追う筈なのだが呼ぶと直ぐに戻ったのが不思議でした。
で、降りて来て反対斜面へ姫とトラ子は行ってしまう。
何時もの様にデブとクマ子とわしは1時間待たされたが8時前だったので犬達を小屋に入れて西へ走る。
今日昼前にY君が奥さんと栗拾いに来るようなので様子を見に行ってきた、大粒が有る場所に仕込みをする?。
帰宅後髭を剃り開店セールと市役所に有害許可書の返納をし飲み薬をかかりつけ医院まで貰いに行く準備をする。

(やらせでうす暗い山の中へ栗拾いに来るY君の奥方用に保存していた栗を撒いて来る)
コメント (2)

早1年が。

2015-09-27 18:29:20 | Weblog
去年、御嶽山の噴火で多くの犠牲者がでた、噴火で噴石が無数に飛ぶ映像を見て身の毛がよだつ恐怖を感じたものです。
時速300kmで飛ぶのなら銃で撃たれるのと同じ威力なので頭や腹に当たれば助からない。
亡くなった人たちもまさかそんな事態になるとは想像も出来なかったのでしょう。
早、一年が経ちました今日はその時のニュースが流れています、何度見ても怖い場面でした。
地震・水害・火山等日本の国は何時自然が牙を剥くか分からない状態なのでそのことを頭の隅に入れて置こう。
さて夕方の散歩は娘の所へ栗を届けてからに成る、薄暗くなった山でデブ以外は北の山へ走り上がる。
10分後にクマ子だけが戻りデブと車の横に居たら下手から町内以外の2人連れが健康のために歩いているのか横まで来た。
デブが挨拶に行くと怖がって来た道を引き返して行く、クマ子も気付き遠くから吠えていたので今後この山のこの時間帯は敬遠するかも?。
トラ子と姫は20分後に成った、帰るときに車の中から先の2人連れにクマ子が吠えていたので叱りつけるが効果は無いようだ。
6時半に帰宅、バンドも出来ずボールに手を出す下手くそ集団では無理だろうなあ。

(足元から離れないデブ子)
コメント

待ちぼうけ。

2015-09-27 10:16:31 | Weblog

(クマ子だけは傍を離れずにわしを気にしてくれる?)
今朝も早朝から西へ走り小さい栗を拾う。
一旦帰り犬達を乗せて裏山北へ散歩に走る。
急坂を登って行くうちに姫とトラ子が先に登って行く。
クマ子も何処かへ行ってしまうがデブ子と栗を探していると戻って来た。
適当に歩いて山を降りて姫達を待つ。
帰らないので待つ間道路を歩いて車までの往復を繰り返す。
8時半に成った、今朝は月一の資源ごみの収集日なので積み込みの手伝いにデブ子とクマ子を連れて帰る。
タイミングよく大形トラックが来たので2匹を小屋に入れてから積み込みを手伝う。
そのあとで直ぐに山へ引き返すが姫とトラ子が戻ったのは10時でした、先にトラ子が、10分後に姫が帰る。
老い先短いのに時間の無駄?が多いなあ・・・・・・・。
今朝の栗は積み込み当番のおばさんに全部あげる、喜んでいました。
コメント