中島鳥山の猟(漁)日記

日本犬でヤマドリ猟をしてグレ・アオリイカ釣りも楽しんでいる自称田舎猟師もどきの日記です。H20年から猪の罠猟にも挑戦中。

言葉を忘れそう?。

2013-07-31 19:08:28 | Weblog
もう何年も一人で居る上に山か海の人が居ない場所へ行くのが趣味?なので人と話しをする事が少ない。
3日位なら「おはよう」とか「暑いな」「冷えるな」の挨拶すらしない事がある。
その分犬達に単語で話しかけているのだが一方通行なので会話にならず。
後、何年かしたら文章は書けても呂律・カツレツじゃなくて活舌が悪くなり言葉が出なく成りそうです?。
まあ、年と共に隠れ脳梗塞も出てくることだろうしなあ。(平均寿命まで頑張っても後10年少し)
今日も昼間はエアコン点けて水分摂って乗り切り夕方遅くに山へ行く。
麓のヌタ場を覗いている内に姫とクロは先に行ってしまう。
鼻黒だけが付いて来て入らんでもええのに泥沼の中を歩く、その泥足で飛びついてくるし車の座席の肩の部分を汚してしまうので堪ったもんでない。
薮を潜って調査に行ったのにイノシシが来ている気配なし、おかしいなあ、近くに付いている泥は何所で浴びたんだろう?。
そんな事を考えながら奥へ行くとクロが降りて来た車へ帰るとチビが待っていたので全員?で姫さんを待つ。
薮蚊をかわしながら20分待つと慌てた様子も無く姫が帰る。
水を飲まし車に乗せる、鼻黒乗り込む、無事帰宅。
クロと鼻黒食欲あり(わしも)。
今日は昼間にイノシシの肉を冷凍保存するビニール袋(フードセーバー・パックロール)の安売り?案内が来ていたので
多目に注文して置く。(近所ではイノシシが減って少ないのに獲らない内から準備しています)
さあ、明日は誰かと話しをしよう?。
コメント

明日から減量を。

2013-07-31 07:27:35 | Weblog

(山池で遊ぶチビ)
蒸し暑くても山を少々歩いてもそんなに息切れする事は無かったのに今朝等林道の詰めまで僅かの距離を歩いただけで
ゼーゼー言う。(誇張)
犬達が池の浅い所で座り込み体を冷しているのを見ていたらわしも中へ入りたい誘惑にかられたが止めて置く。
姫とクロが何箇所か山の斜面へ出入りしたがヤマドリも出ず、ウサギも追わず。
イノシシは小さいのが路肩を掘っていたが少し古いし多くは棲息していない。
途中で顔見知りの散歩中の男性に合うが犬達吠えもせず知らぬ顔だったので安心。
膝下が濡れてしまったので谷を出る。
車の横で鼻黒が先に立ち何かの跡を追い山へ走り込む。
「んん、居るか?」
コジュケイ位を出すのかと思ったのだが割りと早く全犬が出て来た、鼻黒最後まで未練げな素振りを見せるので猟欲は有る。
呼ぶと帰り車に飛び乗ったので帰宅。
30分だけ草むしりをして頭から水を浴びてさっぱりする。
明日から8月に成る、腹回りの浮き輪を取る様に努力しよう。(夏痩せする人が羨ましい)

(イノシシがこの奥から出て来る)
コメント

かえって蒸せる。

2013-07-30 19:02:26 | Weblog
待望?の雨が朝から音を立てて降ったのに止んでから蒸し暑い事、降る前以上の様な気がする。
わしは嫌なのに犬達は一応外へ出せと言う。
仕方なく山へ走るが一旦乗った鼻黒がまた降りてしまう。
交通量が少ないとは言え道路を走るので車にはねられそうになる、このままだとどうしようも無い。
山の作業道を歩いていると犬達は余り乗り気ではないのにクロが何かの匂いに付き斜面を探して降りて来ないが他の犬が関心を示さないので降りて来いと呼び返す。
クロ諦めて降りて来る。
車の横で老夫婦が軽四を止めて雄犬の散歩に来ている。
我が家の犬達が交互に挨拶に行く、鼻黒まで雄犬に愛嬌を振りまいて摺り寄っている。
この夫婦と雄犬は我が家の犬達仲が良いので安心である。
鼻黒帰りもランニング。
犬達全犬食欲なし、鼻黒は別だが・・・・・。

(甲浦の大型アオリイカ、イカの先生と)
コメント

くわばら桑原。

2013-07-30 06:43:04 | Weblog
夜中に水泳とゴルフを見ていて寝そびれる。
4時過ぎに起きて新聞を見て山へ行くが、今朝はカミナリ注意報が出ていて空も所々黒い雲が有り、ポツリポツリと小粒の雨も降る。
作業道を登っていたが雲行きからカミナリが鳴りそうな気配も見えたので尾根の広場まで上るのは止めた。
山の上の何も無い運動場の様な場所をウロウロしていたらカミナリを呼んでしまうかも知れないので危険です。
カミナリでなくてわしはどうも罠に掛ったイノシシの反撃に遭い命を取られそうな気がしている。
2年連続でメスらしき奴に跳ね飛ばされているので大きな雄なら多分まともで居られなく成っていただろう。
ワイヤーを捻じ切るのは雄よりメスの方が多いように思う。
雄とメスではワイヤーの傷み方が違う様な気がします。
メスが多く捻じっています。
これはアオリイカも同じで同じ体重なら引きはメスが数段粘って強い。
瞬間のパワーは雄が強くても粘り強いのはイノシシもメスが上です。(まあ、経験の浅いわしが思うだけですが)
所で今朝は早目に帰るつもりが姫が何かを追い遅れてしまう。
低い場所で待つ事20分、何時の間にか帰って手を舐められる。
全犬が乗って帰宅。
途中で大回りしてローソンで松井君の出ている新聞を3部購入。
今日の写真は以前も借用したのだがこれは幼馴染で同じ会社に勤めていた上板の稲井さんの撮った衝撃のスクープ写真です。

(カエルがヘビを飲んでいる様子)

コメント (2)

確認?。

2013-07-29 18:52:54 | Weblog
夕方、蚊が居るがたまには南側も見てみようと草ボウボウの短い林道を歩いてみるとイノシシが歩いて所々に泥が白く
付いている草が目に付く。
「おぅ、歩いとるな」
跡をつけて行くと100m程道を歩き谷へ降りて北方面から上へ登っている様だった。
ヌタ場は下の古田跡に有るのでそこで泥浴びをしたのだろう。(現地確認していないが)
犬達は谷と反対の羊歯の斜面を探しに上るが呼ぶと直に降りて来る。
やはり、蚊の猛攻を受けて降参する。
急いで道を降りて車に帰る。
まあ、イノシシが南東に生活圏を移動しているのを確認できたので良しとしよう。
鼻黒行き帰り共同乗。
姫が鶏肉を食べずに食器に残していたのを鼻黒が食べようとして「ワン」と威嚇される。
鼻黒が逃げた時に工業用扇風機がずれて他所へ風を送る、水の入れ物もひっくり返す。(馬鹿め)
今夜もしばらくエアコンを点けよう。
(夕方道路から谷筋へイノシシが降りた形跡を見つける)
コメント

一雨欲しい。

2013-07-29 17:24:55 | Weblog
曇ったままで蒸し暑い昼間を乗り切ったので夕方の散歩に後少しで出かけよう。
一雨欲しい重態です。
犬達も暑さで不調なのか救急車が3回もサイレンを鳴らして走って行ったのにそれに呼応して甲高い声で鳴く事もしない。
声を出すのも大層なようだ?。
散歩は他人の犬が終わった頃を見計らって遅めに行こう。
どうせ山へ入ってもろくな?動物にしか合えないのだから。
ろくでないと蔑まれた動物(ウサギ・タヌキ・ハクビシン・テン・イタチ等)が怒っているだろうなあ?。
まあ、ヤマドリとイノシシ以外は出合っても嬉しくないのが本音です。
今夜は野球もないしどうしよう録画でも見ようか。
(1年前前猟期に捕獲した100kg超えの雄イノシシ、狙い通りに獲れたので嬉しかったが一晩現地の谷に浸けて置いて
翌日ジャッキ2台と運搬車を使い三人掛りで搬出した大物)

コメント

望み薄。

2013-07-29 07:25:09 | Weblog
どうも雨は降りそうにない。
したがって草むしりも中止だ。
今朝は鼻黒が車に乗ったので西方面へ走る。
下流の谷沿いを歩いていくと前方に白い物が動く、犬の散歩なら引き返そうとしたのだが丁度クロがウサギ?を追い出して
キャンキャン鳴き声を上げる。
すると白い奴も山へ入る。
直にワンワンと何匹もの犬達の威嚇しあう吠え声がする。
様子を見ていると鼻黒が一番に出て来た続いて白い紀州犬の末裔の野犬が3匹鼻黒を追って現れる。
わしを見て吠えながら逃げるが直に立ち止まりこちらを覗っている。
そちらへ歩いて行くと野犬が右方向へ逃げる、鼻黒が追う。
クロが出て来た、野犬は50m程逃げている。
姫が出て来たので奥へ行く事にする。
野犬は立ち止まったままこちらを見ている。
相手にせず奥へ進む。
あの野犬達は次の猟期には罠に掛るのだろうなあ?。
大池の横で姫が消えたがまた小動物を追ったのだろう。
残りと奥の枝谷へ入るとイノシシがミミズを探して林道上の落ち葉を広範囲に掘り返しているがコビンチャだろう。
姫が追い付いて来た、クロと共に詰めの方まで行くが5分もしないうちに引き返して来た。
昨夜ヘソ天で窓を開けて寝て冷えたのか腹具合が不調なので帰宅。
鼻黒、泥足をわしの肩に乗せおまけにくしゃみをしてわしの顔につばを掛ける。
帽子を脱いで「ちゃいこら」と鼻先を叩いてやるが効果なし。
行儀の悪い奴だが載せる事に気を使い強く叱らなかった悪影響か我が物顔で態度がでかい。(困ったもんだ)
帰宅後一応汗をかいたのでシャワーを浴びる。
今朝は開店セール狙いでキョーエイまで行こう。
コメント

今夜位から。

2013-07-28 18:25:04 | Weblog
山口・島根・秋田・山形などでは大雨が続いて大変な事態に成っているのに自然とは不公平な事をするものだ。
当地は雨が降らずに困っています。
今夜位から明日にかけて雨模様の予報が出ているので期待します。(普段は雨を望まないが)
夕方薄暗く成りかけてきた、曇っているので早目に散歩に行く。
タイミングが良かったもう少し早く行っていたら犬猿のメス犬(相手が吠え付いてくる)をおばあさんが車で連れて来ていて散歩が終わり帰るのとすれ違う。
これで安心だ、我が家の犬たちは単独なら大人しいのだが目標物?があれば総勢で攻撃する様な性格も有る。
複数飼育をしていて外へ出すとやはり身内・仲間意識が有るので複数飼いの他の飼い主も同じ様に思っている事でしょう。
犬達に山道でブラシを掛けて古い毛を抜いてやる。
姫もクロも嫌がる。
擦り寄って来るのはチビだけで鼻黒も割りと平気である。
適当に遊ばせたので帰宅。
鼻黒帰り便には飛び乗る。
明日雨が降ってくれたら草抜きをしようか?。(予定はしばし変更なるが)
(1猟期前、10mの崖の上に設置していた罠に掛った80kgの雄)

コメント

知らぬが仏?。

2013-07-28 07:20:17 | Weblog

(山への途中に咲いているレンコンの花)
日曜だがわしには曜日は関係なし。
何時もの様に山へ出かけるが今朝は鼻黒が車に乗り込んだので西の山へ行く。
車を止めて林道を奥へ歩いていくが途中から草ボウボウに成っていてズボンが濡れる。
姫は既に何かの獣を追い山の中だ、クロがあちこち探し回る様子はヤマドリかもと思うが最期までは突き止められず。
谷のヌタ場近くに乾いていない泥が付いていたのでイノシシは居るようです。
泥を辿って新しい猪道を見つけるが罠を設置しても巡回に時間を要すので少し考える場所です。
以前捕獲した幾つかの猪道は廃道?状態でイノシシが歩いた形跡が見られない。
数は確実に減少している。
姫が降りて来たので山を下る。
途中で煙を見つけて現場へ行くと知り合いの2人が居る。
イノシシの話しに成り、昨日直横で親子連れが檻に入ったそうで親は50kg程だったとの事で銃の音に西の山で猿が吠えたと教えてくれる。
中形が居るのは分かっていたが獲られてしまったのを知ると淋しくなる。
まあ、これは他の猟師にも言えるのだが今度とは逆にその人が狙っていたイノシシをわしが獲る場合も有るのでこればかりは仕方が無い。(お互い様です)
とは言え知らなければ良かった気もします。
今日は俄か雨が降りそうです?。

(ヌタ場と山へ続く猪道)

(2年前に現地で捕獲した100kg雄)
コメント

ウサギのみ。

2013-07-27 19:09:53 | Weblog
夕立を期待したのに空振りに終わる。
釣り番組を見ているのにクロがキューキュー鳴く。
仕方なく出かけるがまだ暑い、夜になっての散歩でも良いのだが・・・・・。
クロは車の前を走るので轢きそうになる。
山で車から降ろすなり横の山へ姫とクロが走り上がる。
多分ウサギかハクビシンかの小動物の様で奥へゆっくり歩いて行くとクロがこちらへ戻って来る。
姫はそのまだ奥の北の山から降りて来た。
山の中を300m位横に走って奥の方へ行っていたようです。
鼻黒途中まで追うが引き返して来た、チビはもう散歩で山を歩くのが苦痛に成っている様に見えるが食欲は旺盛で餌を待ちかねて食べに来る。
帰りの便には鼻黒乗り込みヨダレを垂らしてくれる。
何時もの様に水撒きをして鶏肉と鳥皮をやると競争で食べている。
わしは昼が中途半端だったのでアイスと葡萄で済まそう。
(写真の撮り方で大きく見えるのだが実際に100kgオーバーの大型と84歳の猟友)

コメント