中島鳥山の猟(漁)日記

日本犬でヤマドリ猟をしてグレ・アオリイカ釣りも楽しんでいる自称田舎猟師もどきの日記です。H20年から猪の罠猟にも挑戦中。

キス子のフライを・・・・・。

2011-06-30 20:56:04 | Weblog
昼過ぎにお隣の娘さんが10cm余りのキスを20匹くれた。
手間は掛ったが腹とウロコと背骨を除ける。
この暑いのにテンプラを作る。
扇風機を背中から回しても油が弾くので長袖で調理?する。
出来上がりの温温を半分隣へ持って行く。
汗がたっぷり出ました。
夏場に揚げ物をするのは大変なのが分かる。
中途半端な時間だが夕食にした4時過ぎだった。
汗をかいたまま山へ行ったので尚暑かった。
順番に犬達のダニ取りをしてやる。
この暑さが続いたので犬達も食欲無し。
ところがわしは何ぼでも食べれる。
夏太りしているようだ。
今夜も暑そうだ・・・・・・。
コメント (4)

早朝から・・・・・。

2011-06-30 09:55:33 | Weblog
今朝は、イノシシならぬヤマモモ狩をしようと早起きする。
犬達を連れて山へ5時過ぎに行く。
登る山で無い南の山へ犬達が走る。
しばらくして3匹が帰ったので目的の山を登っていると対岸の小尾根で姫とトラがイノシシに吠え出した。
もうわざわざそこまで行く気も無く様子を見ていたら10分ほどでフラフラしながらこちらの山へ戻って来た。
2匹はこれだけで十分運動に成っただろう。
ヤマモモは低い場所の木に生っているので尾根まで行く必要は無いのだがわしの足腰の鍛錬と犬達の運動のために登る。
下りかけて少ししか生っていない実を苦労して採る。
1時間弱掛けても1kg余りしか採れず。
今年は昨年の30分の一しか実が無い。
採れたのをヤマモモジュースにするつもりだ。
酸味が有って乙な味だ。
冷えた水で薄めて飲めばこの夏の楽しみになる。
今朝は姫がヤマモモ採り中に消えて5分遅れたがどうにか全員が帰宅。
頭からシャワーを浴びて洗濯をしている。
大仕事完了。
採れたヤマモモ。
コメント

夜になっても・・・・・・・。

2011-06-29 21:36:10 | Weblog
山を歩くのが昔と違い苦痛?に成りかけてきた。
全てがこんな筈ではなかったのにと思うくらい体力が落ちた。
それと共に気力までが・・・・・・・。
夕方もわずか30分で参ってしまう。
意地を張らずに帰宅。
頭の芯まで暑い。
扇風機の前で大人しくしていよう。
夜になっても暑さが続く。
コメント

朝から大汗・・・・・。

2011-06-29 10:13:30 | Weblog
早朝、と言うより3時前に目覚め繰り返し同じニュースを見ていたらいつの間にか2度寝をしてしまい6時前の起床になる。
もう日は高くなっている、急いで犬達と山へ登る。
トラと姫が南の山へ走ってしまう。
残りの3匹を連れてエッチラエッチラ登るが今朝は凄く暑い、尾根まで登れば汗がダラダラ流れた。
今朝はヤマモモを採ってやろうと準備していたのだが誰か先に採ったか?鳥が食べたか良く熟れたのが確かにあったのに見当たらず。
周りの木の色づいたのをとるも片手に収まる量しかない、今年はダメだ。
昨年は、朝採り、夕方に再度採る事も多く有ったのに裏年なのでしかたがないか。
帰りかける頃姫が追い付いて来た。
車に戻ると馬鹿トラが待っていた。
何を追って走ったのか?役立たずな犬だ。(まあ、ええとこも有るけんどな)
帰宅後シャワーを浴びていると見慣れんところにほくろ?が有る。
「えっ、こんなとこに・・」
何のことはない大きなダニが食いついている。
ただ時間が早かったので直に取れる。
今年はことのほかダニが多く、足、わき腹、肩、背と春先から8ヶ所ぐらい噛まれて蚊と違い直りが遅く1ヶ月近くかかるのでたまったものでない。(ダニに弱い体質なので)
と言って山へ行かないわけにはいかず困ったもんだ。
今日も暑くなりそうだ。
ゴザの上で転げとこや。
コメント

早速刺激が・・・・・・。

2011-06-28 20:57:44 | Weblog
平凡な毎日なので何か刺激があればと思い夕方の散歩に出るために犬達を小屋から出す。
ところが車に飛び乗ったのは2匹で3匹が猫屋敷方向へ走っていない。
呼び返すと2匹は戻るがトラが戻らない。
呼びに行くと山際からバツの悪そうな顔をして出てくるが来いと呼ぶと恐れて山へ逃げ込む。
そんなに怒る気は無いのだが目が合って怖気たようだ。
仕方なく4匹で西の山へ行く。
車を止めて200m位進んだらクロと姫が消える。
しばらくして姫が太い声でワンワンと吠え出す。
何時もと違い迫力が有る声だ。
ところがチビと幸は走り込まない。
クロも逃げるように奥から帰ってくる。
姫単独でしばらく吠えていたが歯が立つ相手では無かった様だ。
相手が瓜や小さいイノシシなら昨夏だけで20頭以上有害駆除で銃要らずだったのだが今のは大きい奴の様だった。
谷の向こうなので姫を呼ぶ。
直に帰るが走りもしないのに舌を出している、やはり興奮したのだろう。
散歩中にイノシシに出会えば刺激が有って緊張する。
これでなければ散歩も面白くない。
ただ山はやぶ蚊だらけで歩くのが厭になる。
トラも気に成るので帰宅。
犬小屋にもトラは居ず。
夕食後に恐る恐る帰って来た、小屋へ入れようと扉を開けるのより早く中へ入ろうと焦っている。
自分で悪かったと理解しているようだ。?(多分)
本日終了。
ほなけんど暑いなあ。
コメント

同じ事の繰り返し。

2011-06-28 09:25:42 | Weblog
今日も昨日と同じ生活パターンになるだろう。
最近は刺激も無ければ緊張感も無い、ただ時間を浪費?するのみだ。
年を取るとこれで良いのだろうか?。
サラリーマン時代には昨夜から今日の仕事の予定、目標を決めてそれに励んで充実した日々を過ごして来たのに今のていたらくはどうだろう。
ただ目標も無く希望も夢も無い?日が続いている気がする。
これでは被災した人々に申し訳ない生き方をしている。
毎日が極平凡な生活なのだがしばらくはこの繰り返しになるのか。
今朝も山から帰ったのは6時半、シャワーを浴びてパソコンの前に座る。
1日中誰とも話をしない日がある。
犬に話しかけても独り言に過ぎない。
今日は誰かと話が出来るだろうか?。
コメント

1日おきに・・・・。

2011-06-27 20:06:55 | Weblog
今日は1日晴れていた。
蒸し暑いのは同じだが昨日は大雨で3日前は快晴が2日続くと言う梅雨には珍しい天気だ。
夕方の散歩も蚊の餌に成るだけの山歩きになる。
犬達も乗り気でない、意見が合ったので早々に帰宅。
夕食は何にしようか?。
コメント

誤射?。

2011-06-27 13:45:32 | Weblog
昨日、和歌山県でヤマモモを採っていた人が地元の下手な猟師に猿と間違えられて射殺された事故(事件)が有った。
その猟師?は有害駆除で猿を目的にしていた様だが、幾ら猿の顔が年寄りに似ていても人間と猿の見分けが付かない事はないだろう。
何が原因かと言えば一番にその猟師?には猟をする資格が無くて銃の所持も不適格者だったと言う事です。
銃を取り扱う者は安全かつ慎重に取り扱わねば成らないのは当たり前なのに肝心の獲物の確認をしていない。
下手な猟師の中には木が揺れたので猿だと思い、草むらが揺れたのでイノシシと思う様な慌て者が多いのが現実です。
下手な者ほど獲物を獲りたいと言う焦りが強いので影や動くものは全て獲物だと言う思い込みが激しい。
上手い猟師は撃つ前に獲物を確認する。
普通レベルの猟師でも獲物を見てから撃つものなのに事故を起こした猟師は後悔しても人を射殺した事実は一生消える事が無い。
60過ぎなら猟の経験も長いだろうに・・・・・・・・・。
それより被害者やその家族の事を思うと同じ猟に携わるものとして人事では無い。
毎年起こる誤射事故の原因は100%銃を撃った者が悪い、銃を持つ資格が無い者である。
ところが今のわしの周りの猟界を見てみると射撃場で銃の扱いを常にしているような人は極一部でこの度法規的に射撃訓練が義務付けられる要因になった。
銃を所持出切る事は信頼が出来る人間だと認められたのだからその信頼を裏切るような事は絶対にしてはならない。
わしも今一度獲物に銃を向ける時には確認を怠らないように肝に命じよう。
今回の事故を同じ猟師としておおいに反省したいものだ。
コメント

まだ注意報が・・・・・・。

2011-06-27 10:20:31 | Weblog
県の西部や南部の一部地域にはまだ大雨注意報が出ているのだが当地は今朝雨は上がっている。
昨夜遅くまでテレビを見ていたので山を登り始めたのは6時だった。
最近は体重増加で体が重い。
坂道が続く長い登り道はふうふう言う。
猟期なら気力を込めて山を歩くのだが、今はダラダラした運動に成る。
犬達も鳥の少ない裏山は出合いも匂いも少なくてかわいそうだがしかたがない。
今朝もイノシシの跡は見つからず無事?山を降りてくる。
人も犬もこの夏を乗り切れるだろうか?。
年寄りにはきつそうです。(ほんでもわしは頑張るぜぇ)
コメント

かろうじて勝つ。

2011-06-26 20:08:05 | Weblog
今日は清掃伐採作業が中止になって以降雨が降り続き大雨状態でした。
ところが西のゴルフは出来て1ホールのミスで遼君優勝できず。
野球も甲子園は、にわか雨程度で薄日さえ差していた。
大雨はこのあたりだけなのか?。
夕方の散歩で裏山へ行くも犬達が車から降りるのを嫌がる。
仕方なく気分転換に西の山まで走る。
そこではどうにか降りるも早く帰ろうとばかりの顔をする。
「もうしゃあないなあこんな雨じゃけんいぬか」帰路に着く。
ところがこの大雨の中、3組も犬を散歩させている人達に会う。
大事に世話をしているのだろう。
犬達の食欲無し。
あああ、今日は1日中雨だった。
コメント