中島鳥山の猟(漁)日記

日本犬でヤマドリ猟をしてグレ・アオリイカ釣りも楽しんでいる自称田舎猟師もどきの日記です。H20年から猪の罠猟にも挑戦中。

アオリイカ釣行OK ?

2007-05-30 07:06:38 | Weblog
師匠・名人予定どうですか?1日から2日でも良いですよ。
日曜が町内会の旅行(日帰り)なので引率会計を任されています。人ごみより海や山を一人で楽しむのが好きなのに気が重い。
所で昨日、話題の”眉山”を見てきました(勿論一人で)。
奈々ちゃん良かったですよ。(西ビルのマドンナを思い出しました)。
コメント (3)

エサの準備OK?

2007-05-29 07:12:03 | Weblog
アオリイカ釣りの生きアジの代わりにアユ・死んだアジ・冷凍エビ(3種)の他にエギ3色5個準備完了。天候の具合で31~1日が良いのでは?。
後は現地調達が出来るかどうかです。今シーズン最後?のアオリイカ釣りになるでしょう。
コメント (4)

餌は現地調達すべえ

2007-05-28 07:25:10 | Weblog
アオリイカと釣る生きアジが無いので31日昼ごろから現地でアジ・サバ・コグレ・ベラ・オセン等を釣ってエサを確保しよう。大西名人の言うレクの宴会を波止の上でやる?。
ピンクのエギを持って行き、冷凍アジ、奥の手に車えびもどきも用意しよう。
コメント (1)

アオリイカ中止、アジ何処にも無し

2007-05-24 16:23:39 | Weblog
甲浦も鞆浦もすべて秋までアジ入る予定無し。前日早朝鳴門でアジ釣ってみる、それでだめなら冬まで中止やむなし。残念です。あきらめましょう。
コメント (2)

まるでさっぱりダメでした

2007-05-22 16:58:33 | Weblog
22日、亀浦グレ一箇所のみわきそれ以外はまるでダメ、情けなかった、久しぶりに敗者の気分です。これで巨人が負けでもしたら最悪。
木曜に町内会の人と行く約束しているが、期待持てそうに無い。
亀浦はもう終わりだろう。
今朝、犬たちと山を散歩していたら親犬がウリ坊(イノシシの子供)を咥えてきたかわいそうな事をしてしまった?。猟師のくせに変な奴。
コメント (6)

同窓会

2007-05-21 11:43:55 | Weblog
土曜・日曜と漁を休み、のんびりした。日曜の夕方から高校のクラス会が淡路のホテルであった。先生を入れて17人参加(東京から福岡まで)有り。久しぶりに会った奴から40年ぶりの女の子?まで、夜中まで賑やかな事で楽しかった?。月曜に送ってくれた友が3人我が家へ帰りに寄ったため冷凍してあったアオリイカとグレを土産に持たしてやる。在庫0になった。グレは明日(火曜日)釣りに行こう。
コメント (3)

見せつける

2007-05-18 16:44:09 | Weblog
18日亀浦へコグレ釣りに行く。町内会の人とその親戚親子と4人のバトルです。親父さん1匹、息子18匹、町内会の人は0、3人で19匹。私は23cm~33cmまでを55匹と40cmのウマズラ1匹。息子は若いだけありまあまあの腕ですが親父2人はお粗末な腕前でグレの習性を知らない。サシエとマキエが同調していない。あれでは釣れないだろう。しかし一般的な釣り人は皆あんなものだろう。見せつけて釣るのは技術向上を教えるためなのです。ぐうの音も出ない悔しい思いをして腕が上がるものです。今日は3人に技術伝授してあげたとしておこう。
コメント (5)

35cmのコグレ?

2007-05-15 16:37:10 | Weblog
15日再度亀浦港の離岸堤へコグレを釣りに行った。グレ釣り人は3人。2人ずれは例のヌカによる煙幕釣り。一人上手いのが居ました。かなり釣ったようです。私は今回は53匹しか釣れませんでした。しかし30cmオーバーが5匹いて、その内の1匹は35cmありました。干底だったので、いきなりテトラの中へ引き込まれそうになり少々慌てましたが、そこはグレ釣り名人を自負する私です。上手くワカメもかわし、取り込み出来ました。今日はこの前より大きいのが来たので結構面白かった。2匹塩焼き、3匹さしみで夕食に食べた鳴門のグレ(他の魚も)は最高に美味い。
コメント (2)

コグレ65匹なり

2007-05-12 18:01:02 | Weblog
アオリイカを4.5日休み、この頃確実にコグレの釣れる鳴門亀浦の一文字波止へ渡る。渡船は7時半、お客は8人ほど、10日まえに釣れたと話す人あり。その人はヌカの煙幕釣りである。その10m横で(鳥山スペシャル)釣る。8時頃からボチボチ釣れて10時には入れ食い状態である。勿論私一人ですよ。調度其の時見たことある人が来た。高田のヤッチャンです。来るのが遅い。東側50m程離れた所で釣るらしい。隣のヌカ釣りは20匹程釣った様だ、まあ上手いほうだろう。しかし私の相手にはならない。1時まで思い切り釣ってやった。と言うのも。着いた途端テトラでバランスを崩し、胸の携帯ラジヲを暗い海の中へ落とし込んだ。甲浦、佐喜ノ浜での釣りやヤマドリ猟時の友として大切にしていたラジヲでした。自分のミスだがやり場の無い腹立たしさをグレにぶつけた。その結果23cm~28cmまでのを65匹釣った。その気なら100匹釣れたでしょう。後1ケ月位はコグレは確実に釣れるでしょう。山(池田方面)の人に安く売る商売は生活に困窮してからにしよう。とわ言え年金生活の身、新品の携帯ラジヲ7000円は痛かった。
コメント (1)

アオリイカに釣られる

2007-05-10 12:01:04 | Weblog
水温が低い上にアオリイカの数が少ないがいつものようにテントを張り夜釣りするも引きに会わず、午前2時ABCラジヲの(もうすぐ夜明け)聞きながらテントをたたむ、1時間早いのだが強風でテントが飛ばされそうでおちおち寝ていられなかったのが現実でした。外側は波が高くて風も強い、最悪である。追い風の内側で釣っていたら4時半に外の竿のアジが頭だけになつていた。しまった最近は外のポイントが良いのに風と波で釣り難いため内側に重点を置いていたのが裏目に出た。再度アジを投げていると中りがきた。少し間を置いて掛け合わせる。ヨシ、掛かった、まあまあの大きさだ。1.5kgでした。アオリイカはメスの引きがねばり強いのでオスは割りとやり取りが楽です。5時でした。そこで竿じまいすれば良かったのにもう1匹と欲を出したのが悪くほんの少しの間に強風とカミナリの土砂降りになる。簡易のレインコートなんか役に立たず、全身ずぶぬれでお泊りセットまでわやくちゃになった。他の釣り人が帰るのに便乗して仕舞う。散々でした。前日の昼と夕方に釣った1.5kgのメスを2匹を合わせて計三匹の貧果で終わる。
コメント (3)