中島鳥山の猟(漁)日記

日本犬でヤマドリ猟をしてグレ・アオリイカ釣りも楽しんでいる自称田舎猟師もどきの日記です。H20年から猪の罠猟にも挑戦中。

振り返ると。

2015-12-31 15:57:09 | Weblog
今年一年を振り返ると我が家のお犬様達に振り回された日々でした。
まあ、家族同様の生活なので仕方が有りません。
好きな釣りは大物が釣れずに残念だったが海へ行くだけでも楽しい思いでした。
狩猟では狙うイノシシの大部分は獲れた様なので満足しています。
体調面ではたびたび起こしていた腸閉塞の手術を5月にしたおかげで現在は心配が無くなっています。
周りを見ると40年以上の付き合いの有った人が2人も亡くなったのが寂しいが年を取ると言う事はそう言う事が多くなります。
それでもまだまだ多くの好きな人たちが元気で居てくれるのでわしも頑張るつもりです。
一年が早く終わった感じですがくだらない日記代わりの書き込みを見て下さり有難うございました。
来年も相変わらず犬達との日常を中心の書き込みに成りますがまたよろしくお願いします。
皆さま良いお年を・・・・・・・。
コメント

今年最後の巡回も。

2015-12-31 11:14:32 | Weblog

(巡回途中でカルガモの群れが居ました)
今朝は良く冷えました。
今年最後の巡回に7時過ぎから出かけました。
西の谷の2カ所も気配は有りません、移動の途中で地元農家の知り合いが焚火をしていたので立ち話をする。
と、先日奥の方でこの谷へ来ている猟師がイノシシを獲った様子だったとの事です。
最近足跡も見られないのでおかしいとは思っていたのですが残念です。
それでもわしが他の猟師が狙うイノシシを多く獲っているのでその人たちの気分が分かります、競合する以上他の人に獲られる事も有って当然です。
後少し様子を見て罠の撤去も考えよう。
焚火で体を温めて遠くへ走る。
1カ所はウリ坊の足跡が有ったのみ、反対の山にはましな奴が歩いていたのだが罠を見切られている様で近くまで来ても踏みません、我慢比べか別な場所に移動設置も考えよう。
残りの罠も気配なし今年最後の巡回も虚しく終わり9時過ぎに帰宅犬達を裏山へ散歩に連れて行ってやる。
1時間余りウサギを追って居た様だった、11時前に帰宅。

(姫とトラ子を待つ間クマ子が日向で寝ころぶ)
コメント (4)

無理をせず。

2015-12-30 10:36:30 | Weblog
昨日痛めた右膝をかばいながら今朝も巡回に出る。
残念ながら今罠を設置している場所はイノシシが少なくて残っているのはスレタ利口な?奴の様で罠を踏んでくれません。
2カ所ほどには来ている様な跡も見られたのだが罠には異変なく巡回も無事に終わる。
今日は山の地主さんにも挨拶が出来て快く罠の設置の了解を貰えたのだが肝心のイノシシ君は何処へ行ったのでしょうね?。
少し山を登ると膝が痛いのでしばらくは午後からのヤマドリ猟も控えて足を直すことに専念します。
犬達にはかわいそうなのだが我慢をして貰おう。
今日は帰りに釣りの先生宅で今年最後のコーヒーとチョコを頂いて10時に帰宅。
午後はしばらく休息します。
コメント

年を感じる。

2015-12-29 16:09:43 | Weblog

(野イチゴはヤマドリが食べています、わしも横取りして食べました)
昼前に来た85歳の猟友に特製肉うどんを食べさせて猪肉を骨付きで15kgほど犬用に土産?に渡す。
ヤマドリ猟に走る前に仔犬たちに缶詰を開けてやっていると足元にまつわりついた奴を踏みかけて足を降ろす場所が斜めに成って歌舞伎役者ならトントンとカッコよく決められたものをわしは斜めにたたらを踏むように倒れる。
手で栗のイガを押さえる所だったがそれは避けられた、顔も地面の手前で止められた。
ただ、悪い右膝をひねりしばらく痛みが続く。
仔犬を踏まない代わりにひざを痛めてしまった、若ければあの体制でも足を傷める事も無かっただろうが年ですね。
それでもヤマドリ猟は諦めずに20km走り猟場に着く、最初の枝谷に入ろうとすると本谷からヤマドリが早立ちする、姿は見えなかったのだがデブ以外が谷を越えて走る。
しばらく待つが犬達が帰らないので先に行ったのかと思い枝谷へ入る、すると姫とトラ子が後ろから追いついて来た。
姫が左上を見ているのでわしも注視するとクマ子が本谷から斜面を横駆けして降りて来た、上出来である。
ヤマドリは下流へ消えた様だ。
その谷の奥でも気配は有ったものの追い詰められず出合いなし。
次の谷へ移動して歩いていると痛めた膝が痛くて力を入れられず飛び降りたりも出来ずに伝い歩きに成る。
若い3匹が匂いを追い崖の上へ消える、わしもデブと谷底を歩くが無理は出来ず、どうにか上空が見える所で首が痛くなるほどヤマドリを待つも姿は見えず。
犬達が追うのは獣だと分かり谷を出る途中で足がふらつく、後ろで大きな音がする、振り返るとデブが割れ目へ落ち込み前足2本で抱えついている、傍へ寄り上げようとする前にどうにか自力でデブが這いあがって来た。
わしもデブも足場の悪い谷を歩くのは要注意です。
犬達を谷の口に止めた車で待つ事20分、トラ子が帰り1分もしない内に姫とクマ子も戻る。
身体が濡れているので3匹とも谷で体を冷やした様だ。
十二分に運動は出来たので帰宅、しばらく歩くのは巡回だけにしないと膝が悪化したら大変だ。
ま、無理をしなければどうと言う事は無いでしょう。
犬達は猪肉の炊いたのには飽きて来たようだ、焼いてやろう。
あああ、罠で獲れないので夜間早朝にイノシシが出没しそうな道路を巡回して交通事故に遭ったイノシシでも探すとしようか?。

(谷の奥は歩き辛い場所が続きます、若いころならスイスイだったのになあ・・・・・・)
コメント (2)

今年はお仕舞の様です。

2015-12-29 11:05:21 | Weblog
今朝も7時過ぎから巡回に出たのですが近場も遠くの罠にも異変なく9時前には巡回を追える。
罠もこ一カ月前に設置したのに気配のない2個を撤去しました。
帰宅後に正月の食料の買い出しに行き犬達とわしの分を購入、これで正月が迎えられそうです?。
昨日夕方町内会の会長が裏山の入口の檻にイノシシの子が5匹入っていると言って来た。
聞いてみるとわしの把握していない檻の様でしたが持ち主らしき人を教えて置いた。
で、今日少し気になっていたので現地へ行って見るとなるほど檻にウリ坊のましなのが5匹は入っているが様子がおかしい。
傍へ行くと何と飼育しています、ドッグフードと水を与える設備が有りました。
檻も飼育用です、素人は捕獲用の檻との判断も出来ない様です。
人家近くでは臭くて飼えないので山へ持ってきたのでしょう。
我が家の裏山にはウリ坊も5頭もは居ません。
淋しい現状です。
さあ、午後はまたヤマドリでも見に行こうか?。

(檻の中で押し合いしていました)

コメント

姿を見ず。

2015-12-28 16:36:22 | Weblog

(若い3匹は先に行きデブだけが傍に居ます)
午後1時から西のヤマドリ猟場へ出かける。
車も通れない様に荒れている林道を奥へ行く。
手前では毎年イノシシを獲る谷です、昨期は良いイノシシを9頭捕獲しました。
その谷の奥です。
イノシシの足跡は大中小と3頭位ついていました、新しい堀跡も有るのですが4年前は20分も歩く所まで罠を設置して獲ったのですが今は歩くのが大層に成りました、ゆえに奥へは罠をせず。
歩ける詰めまで1時間余り歩いたが2度ほどヤマドリらしき臭いは有ったのだが姿は見えず。
野イチゴを食べながら歩いて行くも本格的に谷を歩くのは久しぶりなので疲れました。
逢えず仕舞いで谷を出る。
又出直します。
そうだ今日は御用納め?でした、サラリーマン時代を思い出します。

(ヤマドリが下ってきそうな場所だったのに・・・・・)
コメント (2)

簡単に終わる。

2015-12-28 10:23:01 | Weblog
今朝7時前の暗がりからY君が来てくれて子犬達と遊んでいた。
昨日のイノシシの肉が余っているので仔犬の父親岳君の餌にでもと連絡をしてあったのだが冷凍庫がお餅でいっぱいに成り肉が入らないと言い2塊だけ持って帰る。
そのあとから巡回に出るが罠の数が少ない上にイノシシも少ないので9時前には巡回が終わり戻る。
途中で土砂崩れ後の罠を切断して1部を持ち帰る。
次に西の谷へ行き知り合いの畑近くへ出てきている奴を狙う為に1個設置して来た、10時過ぎに自宅へ着く。
午後はヤマドリにでも行こうか?。
コメント

無届けで・・・・。

2015-12-27 17:58:58 | Weblog
今朝事故で死んだイノシシを拾ったのだが拾得物の届け出をせずに犬の餌にしてしまった。
ま、物が物だけに罪に問われる事も無いでしょう。(多分)
道路上に転げていて放置しておけば車の事故に成りかねないので安全上撤去?して持ち帰ったのだが厳密に言えばどうなんでしょう。
まあ、硬い事は言わずに黙認してください。
で、そのイノシシなのだが頭蓋骨の片側は皮の間に耳を中心に出血有り、それと骨盤が粉砕骨折していました。
そのせいで下半身両足も内出血が酷くて予想通り犬の餌にしか成りません。
ただ背ロースとバラは首に近い方にはダメージが少なくて人も食べられそうです。
4時間かかって剥きましたが我が家に保存できるのは10kg程に成りました。
それでも通報してくれた人に20kgと積み込みに来てくれたTさんに5kg程上げて来ました。
事故に遭った人の車は乗用車ならかなりのダメージが有ったと思います、その人が分かれば肉を上げるのに・・・・・・・。
残りは猟友と仔犬の父親にでも上げる事にします。
肉が好きな人なら少々の血も怖くないでしょうが普通の人に上げるにはチョットと言う肉でした、脂も最高に乗っていたのに残念です。
それでも思わぬプレゼントに成りました。
あああ、疲れました。
コメント (2)

横取り?・幸運?。

2015-12-27 09:55:03 | Weblog

(車に積めずに応援を待つ)
今朝も虚しい巡回に走っていると釣りの先生から電話が来る。
声が弾んでいる、「今、綱○さんから電話が有り、100kgのイノシシが交通事故で道路上で暴れているので現場へ行く」との事です。
丁度近くを走って居たので先生宅には3分で着く、すると先生作業服に長靴手袋姿で出て来たところでした。
直ぐに先生が先に走りわしも続いて走る。
5分もしない内に現場に付くが人は誰も居ない車も止まって居ません。
道路の端に大きなイノシシが寝そべっています、死んでいるのかと思うと首や足を動かしだしました。
大きなオスです股がプックリと膨れています。
直ぐに動かなくなったが車が通るので事故に成ってもいけないしせっかくの大物を埋めてしまうのは勿体ない。
先生と2人で積み込もうとするが自由に成らず。
大君に電話すると「権現さんの大掃除に集落全員で行く」ので手伝えないとの事だ。
次にTさんに電話をすると5分もしない内に来てくれる、3人でどうにか積み込めました。
作業中に何台もの車が通り驚いて見ていました。
急いで残りの罠を見て回りTさん宅にもよらずに我が家へ帰宅、血抜きは現地でしていたので水道水を流しっぱなしで気休めに冷やす。
猟友宅へ走るのも積み下ろしさえままならない大きい奴なので我が家で解体します。
半日掛に成るので犬達を散歩に裏山へ連れて行くと土砂崩れで流れた木の株が積み重なった場所で何かが光る。
傍へ行くとわしの罠です。
ただ下敷きに成っているのでパイプとバネだけの回収は出来そうですが撚り戻しや残りのワイヤーは無理です、夕方ワイヤーカッターを持って行きバネ止めの所で切断して回収します。
さあ、夕方まで拾いものの大きなイノシシの解体です。

(トラ子がイノシシの匂いを嗅いでいます)

(流された大木の根の下に偶然罠が見えました)
コメント (2)

辿ると。

2015-12-26 16:24:18 | Weblog

(足跡が丸木橋の方へ)
午後、従妹が2人来てくれて少し話をする盆以来でした。
姉は猪肉を食べてくれるが妹の方は苦手なので貰い物だがミカンにする。
2人が帰った後で犬達と散歩に行く。
駐車場所の近くに有る借りた檻に糠を入れて置く、入口までは中形が来ている様だが中まで入らず。
足跡が谷に架かっている5,6本の古電柱で出来た橋を超えている様なので跡を辿ってみると鑑札札が有る。
「ん、罠?」
近くを見てみると三生式の罠が有りました、名札は檻を15個も設置している猟師です。
「こんな所に設置して狙っていたのか」
悪くは無い場所です、これでわしの罠は別の場所に出来ます。
山から出て来る奥へ設置しようか?。
一つのイノシシを何人もが狙う有様です。
1時間ほどで帰宅、仔犬と今日も遊ぶ、全部性格は良さそうだ。
さあ、明日も何個か追加設置しようか?。

(足元へ来て離乳食を食べる子犬達)
コメント