中島鳥山の猟(漁)日記

日本犬でヤマドリ猟をしてグレ・アオリイカ釣りも楽しんでいる自称田舎猟師もどきの日記です。H20年から猪の罠猟にも挑戦中。

修理は終わる?。

2019-04-12 17:32:59 | Weblog
今日も罠の再用可能なバネの修理をする、どうにか全部できました。
次は部品や材料を買い加工制作が残っていますがこれは注文品が来てからぼちぼち作ります。
4月一杯で作り上げたいのだが・・・・・・・。
さて今日も腰というより背中?のアタリが痛いので何か嫌な気がするが寝ていたら痛みは薄まる、夕方西日が当たる山へ散歩に行く、わしの失敗角煮は犬達にやると山へ行くまでに全部食べていた。
犬達は各々山へ入り遊んでいたがトラ子・クマ子・姫の順に戻り帰ろうと言ってきた、好きな干し芋をやると競争で食べに来る。
干芋の柔らかいのはわしも好きなのでたまに犬達の分を貰っている。
今日も無事どうにか終わる。

(先に帰ったトラ子とクマ子)

(姫が帰って来て飛びついて来る)
コメント

こじつけの数字?。

2019-04-12 08:30:30 | Weblog

(奥の広場にイノシシの堀跡が)
記憶に残る数字が有る。
昨年12月14日に亡くなった50年来の猟友が居たのだが、14日と言えば赤穂浪士の討ち入りと言う事で古い日本人にはなじみ?の日です。
で、わしの今期のイノシシの捕獲数が47頭ときたら浪士の人数なのでなんか因縁じみた数字に思える。
こじつけだがわしの記憶に残る事でしょう。
で、今朝は腰の痛さが薄れているので西の山へ走る。
農道に詰めまで歩いて軽い散歩をする。
駐車広場の地主が芋のつるや泥を棄てた場所をイノシシが掘り返している、昨夜の跡です、犬達が腰を落として恐々臭いを嗅いで居たので朝方まで近くに居たのでしょう。
ただ近くでは吠えることなく奥へ行く。
道が無くなった奥の尾根の方まで姫とトラ子が行って消える。
クマ子としばらく待つが帰らないので先に山を下りる、途中で気になる猪道を見ると足跡が有ったので来期は考えよう。
車で待つ事20分、姫が帰り2分遅れでトラ子も帰る。
これで帰れます。


(足跡も結構大きい奴です)

(姫とトラ子が尾根へ行くがクマ子は行かず)

コメント