中島鳥山の猟(漁)日記

日本犬でヤマドリ猟をしてグレ・アオリイカ釣りも楽しんでいる自称田舎猟師もどきの日記です。H20年から猪の罠猟にも挑戦中。

早速磯釣りに。

2019-04-01 17:09:18 | Weblog
市役所へ有害駆除の期限切れを返納し担当者に4kg程猪肉をとどけて会長の所へ狩猟報告等の書類を届けて帰宅すると釣りの先生から電話があり、「明日磯釣りの誘いが船頭さんから有ったので2人で行くと返事してある」との事です。
急いで吉田釣具店までエサを買いに走ります。
エサ等〆て4800円、帰宅後アカアミのレンガを8個位に割って解かす様にしたが生憎寒波周り?なので冷たくてすぐには解けず、明日の朝まで解けないかも?、港へは5時半に着くように言われているので遅くとも4時には出発です。
まだ寒いのでグレは望めないがサヨリ狙いで行ってきます。
昨日イノシシが終わったばかりというのに今度は海です、お爺さん少し腰が痛いのだが頑張って来よう。
夕方Y君が愛犬の墓参りの帰りに寄ってくれたので借りていたシートと投光器を返す、さあ今から犬達を長めに散歩させて来よう。
明日海の上は寒そうだなあ・・・・・・・・・。
コメント

終わっても。

2019-04-01 08:16:41 | Weblog
今日からは罠の点検も無くのんびり山を歩こうと思って居たのだが、いざ山へ行くと猟期中に見て居ない尾根が気になり車を止めた場所から北の竹藪の上へ登る。
イノシシ道を確認しながら急な斜面を小尾根まで登る、途中はイノシシの堀跡や糞が有り通っているのは確実です。
尾根から下の高速道が小さく見える、10年前はソーラー発電の開拓も無くて罠を設置していたのだが有力者の括り罠反対で禁止区域に成ってしまう、おまけにソーラー発電で大規模な伐採や開発が3年くらい続いて、それ以来余り尾根付近には行かず下ばかりで罠をしている。
今朝見て見たら小さいが足跡も有り東で増えれば西へも来ることでしょう?。(多分)
ただ尾根から車まで降りる道が無いので石積の急な斜面で滑って転ぶ、危ない危ない、気を付けて降りる。
途中でタラの木が大分有り新芽が沢山出たり出かけていたので、今度採りに行こう。
約1時間ほどの山歩きに成ったが猟が終わってもイノシシが気になるのは仕方なし。
犬達も満足した様だが朝の散歩に小屋から出るとき戸惑って居ました、4カ月半の間早くて昼前の散歩が今朝は何時もと違い朝起きてすぐに出かけるのが不思議そうな顔をしていました、明日からも早いのですぐに慣れるでしょう。
今日は有害・狩猟の返納に行って来よう。

(尾根から見た鳴門インター)

(寝転ぶトラ子の前に小さなイノシシの足跡が)

(駐車場所はこの谷の底です)
コメント