中島鳥山の猟(漁)日記

日本犬でヤマドリ猟をしてグレ・アオリイカ釣りも楽しんでいる自称田舎猟師もどきの日記です。H20年から猪の罠猟にも挑戦中。

大分はかどる。

2016-03-31 16:41:51 | Weblog
今日は昼ご飯を食べずに罠の整理作業をする。
頑張った?ので一応、再用出来るワイヤーと部品を除けて洗い乾かして油を吹き付ける。
傷んでいるワイヤーは危険なので全部処分する袋に放り込む。
大事なバネも20本程は再用出来そうなので明日以降洗って油をして新しいワイヤーを購入して撚り戻しから上部作り直そう。
イノシシ等に壊されたり傷むのは上部が殆どで下部側のワイヤーは4年も使っているもある。
それでもサビが出たりワイヤーに癖が付いたりしたものは取り換えている。
まだ細かい修理は有るのだが7カ月半も有るのでボチボチします。
で作業を終えて買い物に行き吹き付ける油を買って来た、洗って乾かしたものに油を吹き付けて置いて犬達の散歩が終了して仕舞う。
どうにか在庫は50セット出来ました。
残り30セット程は再用品と新品を使い早めに完成さそう。
コメント

山は気持ち良し。

2016-03-31 07:55:23 | Weblog

(ここでは何も出ず)
今朝も6時半から山を歩く、この時期天気なら小鳥の声を聞きながらぶらぶらと歩くのは心地よい。
西の谷の奥へ行く、こちら側は道が悪くて歩くのに長靴が居る場所が有るので普通の人は来ないため人に吠える困ったクマ子でも安心です。
途中で林道わきの谷の東で先に行っていた姫が吠えた、その声を聞いたトラ子とクマ子が走り込む。
対岸の雑木の中を歩き回る音が聞こえるのだがその後吠えもせず。
平行に歩いて50m位行くとトラ子が先にこちら側へ渡って来た、続いてクマ子も帰って来る。
最初に何かを見付けた姫は少し遅れて戻る、何か臭う、イタチの最後っ屁だ、姫はイタチに吠えた様で3匹のどれかが臭いを付けて戻る。
独特の強烈な臭さだが直ぐに消えた、さしずめイタチは日本のスカンク?でしょう。(逃げるときに)
少しの間姫とトラ子は本谷に居たがクマ子とデブ子を連れて枝谷を登っていると間もなく合流して来た、奥は何も出ずに山を降りる。
姫以外が谷に浸かり体を冷やしている、もうこの気温に成れば山を走れば身体が焼けるのでしょう。
車の近くでコジュケイを出して少し姫とトラ子が遅れたが無事に?戻る。
犬達の運動が出来たので帰宅、昨日少し罠の整理が出来たので今日も作業を頑張ろう?っと。

(暑くて?水浴びをする犬達)
コメント

連れが居て良かった。

2016-03-30 08:21:44 | Weblog

(もう1羽は後ろで写らず)
今朝は6時半から山道を歩く。
山池に今朝もマガモが居ました、昨日は1羽だったので仲間から外れた可哀想なカモと思ったのだが間違いでした、今日は彼女を連れていました、それも2羽も居てうらやましい限りです。
大きな池を3羽でのんびりと泳いでいました、知らぬ顔で奥へ通り過ぎて行く。
今朝も姫とトラ子は脇道へ逸れて行くへ不明に成る。
頼りのクマ子とデブ子を連れて昨日ヤマドリを出した場所まで行くが今朝は反応なし。
下まで降りて本谷の奥のヌタ場を見ると最近使っています。
何時もは其処まで入らずに引き返していたので久しぶりに覗いてみるとやはり奥にはましなのが居るのが分かり良かった。
ただ奥の方に泥は見えずに手前で小尾根沿いに羊歯を分けて上方へ登っている形跡が残っていたのでその上に寝屋が有るのでしょう?。
奥を見たので下手へ引き返すがトラ子と姫は帰らず、池の土手でしばらく待つが帰らないので東の栗が有る山裾を回って車に戻る。
途中落ち葉をかいた跡は見られたが新しくは無い、ついでにワラビを見るがまだ芽も出ていません、もう少し先の様です。
車の方向転換をしてデブ子とクマ子を乗せて残りの2匹を待つ、ラジヲを聞きながら待っていると3分もしない内に2匹が車の前に居ました、よそ見をしていて気づかず、すぐに乗せて帰宅。
トラ子は走り疲れたのか助手席で寝ころぶ。
わしは膝が痛い、やはり減量が必要の様だ、一応心がけて行こうか・・・・・・。
8時過ぎに帰宅、今日こそ罠の整理をしよう?。

(使っているヌタ場です)

(羊歯を分けて登っています)

(この奥で昨日ヤマドリを出すが今日は出ず)
コメント

クマ子頑張る。

2016-03-29 08:40:57 | Weblog

(取り残された青首が池の隅で・・・・・・)
昨夜は3時間ほど熟睡出来た様で5時前に目覚めた時は頭がすっきりしていた。
7時には山を歩いていたが山池に1羽だけはぐれのマガモの雄が居ました、もう殆どが北へ帰って行く途中だろうに1羽だけ残っていたのは体調不良のためでしょう。(多分)
わしに驚いて林道側から東の隅へ逃げて警戒していました、そのまま横目で見て奥へ行く。
見えていたトラ子と姫が居なくなる。
何時もの様にデブ子とクマ子を連れて左の枝谷へ入る、途中で2カ所古いがイノシシの泥付け跡が有ったので奥の尾根近くに居るのかも?。
道が無くなった所まで登った時に前を歩くクマ子が少し走り一端立ち止まった後で今度は一気に走り上がる。
ヤマドリの這うのを見付けた様だ、直ぐにブルブルと小気味よい羽音がして右横方向へ雑木を縫って飛んできて着地した様だ。
直ぐにクマ子が猛スピードで2度出しに走って来る、降りたと思しき場所から右上へ飛び上がる、最初にメスと確認出来ていたのでカメラを構えてシャッターを押すも撮影は0・5秒遅れになるのでカメラを振らなければ飛ぶ鳥は写せない、丁度頭の上を越えたので振り返ると朝日がまともに写りヤマドリは何処にも見えず。
ま、飛ぶ鳥を写すのは射撃より難しいので止む無し、大きなメスでした。
戻ったクマ子を大袈裟に褒めてやりジャーキーをやる。
ヤマドリは下ったのでわしが降りかけるとクマ子は未練なのか再度最初出した所まで行っていたが直ぐに戻った。
クマ子単独でヤマドリ猟に使えば理想的な猟が出来るだろう、良い犬に成った、わし以外の人に吠えるのが玉に瑕だ。
池の横まで帰り笛を吹いて姫とトラ子を呼ぶ、5分後に姫が帰り、2分遅れてトラ子も戻り全犬が揃ったので帰宅。
以前、謎?のまっ黄色の花が木全体を覆うほど咲いていたのだが今朝Y君がアカシアと教えてくれる、菜の花の黄色より濃い黄色が見事でした。
さあ、今日こそは少しだけでも罠の片づけをしよう?。


(イノシシの形跡有)

(ヤマドリは太陽の中?)

(トラ子の帰りを待つ3匹)
コメント

大物捕殺?。

2016-03-28 07:51:31 | Weblog

(この奥でヤマドリを出した様だ)
今朝も気持ちの良い山を歩く。
途中でサルが居たのでトラ子はそれを追って下流から戻らず、帰って来た姫とクマ子を連れて奥へ進む。
デブ子は何時も足元に居る。
クマ子が草むらでジャンプしながら鼻を突っ込んでいる。
野ネズミかモグラだろうと見ていると咥え出したのは大きなモグラです。
我が家の犬達はイノシシには向かないしヤマドリは身勝手に動くしウサギや鹿を追うと長時間戻らないと言う猟犬としては疑問が多いのだがモグラを獲るのは上手です。
クマ子は咥えて放り投げまた咥えてと遊んでいる、哀れなのは被害に遭ったモグラさんです。
取り上げて奥へ進む。
トラ子も追いついてきました、中腹の斜面をデブ子がいきなり走り上がる、太り過ぎでもたもたしながら。
それに3匹が続いて走り上がる。
デブ子が突っ込む時は確実に獲物が居ます。
全犬が羊歯の上の雑木の斜面を探す音が聞こえる、上流へ行っている様なのでわしも奥へ歩く。
50m位行ったところでデブ子が降りて来た、奥で音がした様な気がしたが姿は見えず、直ぐに姫とトラ子が上流から走り降りて来た。
確認できなかったのだが動きからヤマドリを出した様です、褒美に上等のジャーキーをやる、デブ子に多目に。
小尾根に来た時に弟子のY君から電話が有り西北20kmの谷の状況を聞いて来る。
甲斐犬の岳君を連れて山の散策をするそうだ、電話で県南の日和佐では蕨が出ているとの事で鳴門はまだだろうかと言う。
多分後少しで出るだろうがまだ今年は見ていないので有る場所(秘密?)を探してみよう。
ワラビにタラ芽、サクランボに木苺、グミと来てヤマモモになる、季節季節の物を採るのは楽しみだ。
8時過ぎに帰宅、今日は罠の整理でも少ししようか・・・・・・・・・?。


(手はスコップの様な大きさです)

コメント (3)

順調過ぎるG.

2016-03-27 17:47:52 | Weblog
高校野球は間もなくクライマックスになるが、相撲はあっけなく?終り、琴バウワーも浮かれ過ぎからしぼんでしまい2人ほど頑張ったがまた元の木阿弥に戻ってしまう。
開幕したプロ野球も開幕前に不祥事があかるみに成り熱が冷めるかと思ったがどっこい頑張っている。
Gも今日は負けたと思ったが助っ人の1発で逆転勝ちをした、開幕から3連勝とは思わぬ?進撃だ、明日は雨なのか?。
大勢が決まるころは次の猟期の準備がはじまのだがしばらくはやきもきしながら推移する事でしょう。
今日は朝の内にわか雨が有ったが直ぐに止み良い天気でした、夕方の散歩も犬達は山から短時間で出て来てくれたので無駄に待たずに帰宅出来ました。
犬達にはイノシシの脂身と大量に購入した卵で卵焼きを作ってやりフードとやる。
よく食べていました。
さあわしは何を食べようか?。
コメント

緊張感なし。

2016-03-27 08:02:09 | Weblog
猟期中は少ないがイノシシが罠に掛かっている事も有るので朝の巡回には緊張感が有りました。
所が猟が終わった今は犬達とのんびり山を歩いています。
これからはメタボ解消のため?の山歩きです。
犬達は何の不満も表さずに山へ付いて来てくれます、と言うより犬達が主役でわしが従属して居る様な生活が次の猟期まで続きます。
今朝もヒンヤリして気持ちの良い山を歩いてきました、イノシシの調査はするまでも有りません、近所には殆どいません。
足跡を見付けたら大喜びをするような状況です。
我ながらイノシシを沢山獲ったものです、近所で捕獲された檻に入らない大きなイノシシの8割はわしが獲ったでしょう。
来期からは猟場を遠くまで広げるつもりです、色々と困難が有るのだが山を知っているので機動力?を活かして巡回に1日80kmくらい走るように成るかも知れません。
ま、イノシシを獲る気が薄れて来たら話は別ですがその時に成らないとわしにも分かりません。
今朝も西の山は前日の足跡以外は見当たらず、落ち葉をかいた跡も以前のままです、竹やぶへ入れば堀跡が見られるので少しは残っています。
犬達は2カ所ほど何かを探すが深追いせずに足元に戻る、今日は月一の資源ごみの搬出日なので手伝うために早目に帰宅。

(昨年は大きなヤマドリを出した谷だが最近は出合うことが無い)
コメント

シャキッとする。

2016-03-26 08:08:47 | Weblog
朝は冷たくて山へ入るとシャキッとする。
周りは新芽の匂いが漂っています、まだタラの芽は形も有りません、だいぶ先の様です。
犬達は元気です、デブ子も一応歩いてくれますがジャンプ力が落ちていて車に飛び乗るのがやっとこさです、メタボの典型です、一番多く食べて一番走らないので必然的にデブ化します、今のわしとおんなじ状態だ。
他の3匹も少し丸目に成っているがこれ位なら悪くは無い。
で、山へ入ると姫とトラ子にクマ子は西の枝谷の奥へ行く、わしはデブ子と本谷を上流へ歩く。
6合目でクマ子が追いついて来た、姫とトラ子は8合目になる。
小尾根で北の大きな山へ3匹が入りかなり探すが獲物は出ず。
山を降りるときにトラ子だけが先に行き、吠え出す、急いで他の犬も走るしわしも行くが何も姿は見えず、あれだけ吠えるのは何かを見て吠えたはずなのだが、相手は何だったのだろう、クマ子と違いトラ子は人にはそんなに吠えないしこんな早朝に山奥へ来る人も居ないだろう、トラ子は100m下手でいました。
対岸を見ていたのでイノシシが居たのかも知れません、先日も脅されて逃げて帰った場所でした。
トラ子に合流して帰宅。
今日は娘の○○歳の誕生日なので連絡して何かしてやろう。

(帰りの様子)
コメント

首輪を紛失。

2016-03-25 16:45:02 | Weblog
午後の散歩に行き犬達を山で遊ばせたのだがクマ子だけが北山を半周して帰る。
何かおかしい、首輪が無い、赤い大きな首輪を付けていたのだがそれが無くなっている。
多分高速道の管理地と個人所有の境界に3カ所ほど鉄条網が張られているのだが山の上でイノシシが通る道を作り一部壊れている場所を犬達も潜るので首輪が掛り外れてしまったのでしょう。(多分)
また今度探しに登って見ても良いが斜面が急なので大層だなあ。
どうにか全犬が戻り帰宅。
良い天気が続いて気持ちが良いが明日夕あたりから曇りそうだ。

(山から降りて来るトラ子)
コメント

鹿の足。

2016-03-25 08:15:53 | Weblog

(足跡発見、横に姫の足跡も)
今朝もヒンヤリするが7時前から西の西へ久しぶりに出かけてみる。
林道の柔らかい泥に足跡が有りました、歩幅と大きさから2年生くらいと思うのだがまだいくら見ても確実には言いきれず。
結構捕獲して足の比較等はしているのだが難しいものです。
その奥へ歩く途中で3匹が消える。
デブ子と尾根を目指して歩いているとクマ子が追いついて来て直ぐにトラ子も来た、3匹と尾根の手前の道が崩れた所まで登った時にやっと姫が追いついて来た。
獲物を追って遅れた様だ。
これ以上登っても足場が悪いので山を降りて行く。
林道へ出て来たところで谷の方からトラ子が何かを咥えて来た、棒状のものだがよく見ると小さい鹿の足です。
当地、徳島県北東部は鹿が一番少ない場所なのですがわしも今期罠で捕獲したしこの谷にバンビが居たのなら確実に鹿が増えてきています。
今の所鹿の被害は当地辺りでは話題にも上がりません、県西部や県南とは大違いです、他所はイノシシより鹿の方が多くなっている様ですが当地も後10年すれば生息数が変わって来るかも?。
どちらにせよ鹿は見た目に可憐でも山の笹や木を枯れさせる張本人なので繁殖は押さえたいのだが・・・・・・・・。(どうなるか心配です)
トラ子から足を取り上げて帰る途中で羊歯の中へ3匹が走り込み15mほど上で何かを押さえたのか羊歯が長い間揺れていた。
鳴き声等は聞こえず、犬達を強制的に呼び戻すと姫は降りて来たがトラ子とクマ子は降りてこない。
デブ子はわしの怒る声で車の方へ50m位逃げている?。
クマ子は林道と平行に山を歩きやっと出て来たがトラ子は最後に戻る、少し怖いのか呼んでも直ぐには寄ってこず。
悪い事をしたら怒られると言う事を教えて置かないといざと言う時に効果が無いので時々は怒る事も有ります。
で、全犬大人しく車まで帰り無事帰宅。
山登り?をしたので膝が痛い、メタボ検査の結果から体重を6kg落とす様に昨日来てくれた市の健康管理師の若い女性に言われました。
ダイエット?しようと思うも去年の術後腹の調子がよく成り腸閉そくの恐れが無いので幾らでも食べられる胃腸に成ったので難しいなあ・・・・・・・。

(子鹿の足を咥えて来たトラ子)
コメント