中島鳥山の猟(漁)日記

日本犬でヤマドリ猟をしてグレ・アオリイカ釣りも楽しんでいる自称田舎猟師もどきの日記です。H20年から猪の罠猟にも挑戦中。

鈍いのかさどいのか?。

2016-11-30 16:24:11 | Weblog
西の谷へ夕方の散歩に出る。
先日来放鳥キジの雄によく合う。
今日も車を草むらに乗り込むと車の2m前で何かが動く、雄キジと分かる、ドアを開けて体を乗り出し逃げる雉を撮影する。
雉が直ぐに斜面へ逃げたので犬達を降ろす、姫だけが反応してわしを見る、行けと指図すると直ぐに斜面へ入る。
カメラを構えて飛び立ちを待つも直ぐに出ずに30m上から鳴きながら枝谷の奥へ飛び出す、素早いのか鈍いのか>、ただ姫から逃げたのだからタヌキ等にはヤラレないだろう・。
鳴き声を聞いたトラ子とクマ子が南から走って来て飛んだ方向へ行く。
その時ノスリが同じようにキジが逃げた谷へ飛んで行き高い木に止まる、先日メスを捕殺して味をしめた奴の様だがあのオスの逃げ方なら大丈夫かも?。
犬達が戻って来たので奥へ行きムカゴを採っていると対岸でクマ子が吠え出した、様子を見について行くと吠えながら尾根まで行った、イノシシです。
罠を設置していない山側に居る様です、過去に捕獲した場所を今度見てみよう。
5分余りで全犬が戻って来たので褒めてやり乗せて帰宅。
今日もこれで仕事は終わりました、今から作って置いたトンカツでも食べます。

(体は思ったより小さく見えたが色合いは綺麗な雉です)
コメント

大変な病友。

2016-11-30 14:50:03 | Weblog
今日は病院で3カ月ぶりに18年来の病友に逢う。
前回は奥さんが入院したとの事で会えず仕舞いだった、今朝奥さんの様子を聞くと玄関先で転倒し後頭部の陥没骨折で前頭部に内出血が有り開頭手術をしたとの事で現在はリハビリ中だが今後介護が必要になりそうで病友も大変な事になりました、78歳と76歳なので老老介護が現実になってきます。
無理をせずに奥さんをお大事にと別れて帰る。
病友がそんな状況なのにわしは帰宅後すぐに山へ罠の巡回に出る。
近場にも2頭居る筈なのだが罠は異常なし。
北へ走り先生宅屋敷裏を見るとイノシシの気配が有ったので2カ所とも小さいのを獲った場所だが1個づつ設置してきた。
作業が終わり、別荘に昨日の釣の結果を聞きに寄る。
何時もの様にコーヒーとお菓子を頂ながら話を聞くと、昨日もグレは他の人より多く釣ったそうでした、今回は40cmてまえだったらしい、水温が下がったので全体的に食いが悪かったようです。
グレと裏のイノシシの話を1時間弱して帰宅。
今から犬達を連れて散歩に出ます。
今夜から雨模様なので明日以降チャンスかも?。

コメント

放鳥キジ。

2016-11-29 16:12:04 | Weblog

(かりんの実って不思議な生り方をしています)
少し早いが用事もないので2時過ぎから犬達と西の東へ行く。
駐車場所に止めて犬達を降ろすとクマ子とトラ子は南の来た道を走っていく。
姫が前へ回った時に大きな雉が「ケケッーケケッー」と鳴いて西へ飛ぶ。
車で轢いたのかと思うくらい近くです。
飛んだ方向へ姫が追う、トラ子も鳴き声で引き返して西へ走る。
昨日も巡回中にY君が同じ場所で「何かが走った、ガサガサ音がしよるだろ」とわしに言ってくれたが年寄りには聞き取れず。
多分この雉が走ったのでしょう。
先日も同じ場所から飛び立ったのだがその時は羽音のみで多分放鳥した雄だろうと想像したのだがその通りでした。
そんなことを考えていると羽ばたきもせずに山の斜面をキジが下って行き50m位南へ降りた様だ。
姫とトラ子が上から降りて来た、飛び込んだ先を見付けて2度出しをしたものです。
中々我が家の犬達は優秀です。(本当ですよ)
わしはムカゴの残りをバラの中へ潜りこみ採っていた、まだまだ残っているのだが今のキジの餌になるので残りは置いて置こう。
奥でクマ子が吠え出した、イノシシです、クマ子は絡まずに遠くから吠えます。
この谷に居る1頭だと思うので罠は暫く残して置きます。
十分散歩は出来たので帰宅、犬達柔らかいイノシシの肉をあまり食べてくれない、アバラの骨付きを焼いた物はデブ子以外が咥えて行く。
さあ、今日もどうにか終わった、明日は10時まで病院で脳の問診です、巡回はそれからになるが獲れそうにないので急ぐことも無いだろう。

(エースの姫)

(イノシシを50m手前から見つけて吠えるクマ子)

(猟欲が強いトラ子)

コメント (2)

蘭夢2カ月。

2016-11-29 11:44:54 | Weblog
まだ枯れてしまうには早いので?薄い頭に話題の育毛剤蘭夢をつけだして2カ月が過ぎました、1カ月使った頃から産毛らしきが生え出したように感じていたのだが細いし短いので実感はそれ程感じなかった、先日残っている髪が白く目立ってきたので染めてみた。
すると頭頂部の新たに生えた産毛も染まりバーコードの下が黒く見えます、これは完全に無かった毛が生えてきています。
ただ、産毛のまま終わるのか少しは太く長く伸びるのかはまだわかりません、一応半年を目安に使ってみるつもりです。
乞うご期待?。
で、肝心のイノシシの罠猟ですが知人からは大きいのが獲れた(獲った)と次々に連絡をくれるのですがわしはさっぱりで今朝の巡回も虚しく終わりました。
ワイヤーを出されていたのが2カ所有り修正。
北の谷で1頭捕獲後2週間近くイノシシの気配が無い罠を撤去して釣りの先生の地元へ走る。
残念ながらここも罠は異常なし、ただ中形の足跡が有ったので谷の左右に1個づつ設置して以前から有った罠を撤去、この谷は小さいのが2匹掛かったのだが親が居る筈なのでそれを狙います。
そこ以外にも来ている可能性が有る場所が有るので様子を見よう。
今日先生は磯釣りに出かけている様だった大きいグレが釣れると良いのだが・・・・・・・・・。
コメント (2)

何処かへ追加を。

2016-11-28 16:23:47 | Weblog

(絵心が無くても描きたくなるようなイチョウの黄色)
昼過ぎから小さいのを剥いて、3時前から犬達を連れて西方面へ散歩に行く。
ぶらぶら散歩をしながら犬達と遊ぶ。
どうしてもムカゴに目が行く、わしは食べないのだが好きな人に上げている、今日は貯めていたのをY君が全部持ち帰る、料理のレパートリーが多い様です。
1時間ぐらいして帰ろうとしたときに岡山のあっちゃんが100kg超えと70kgを獲ったと電話をくれる、蜂の作業でイノシシのスタートが遅れたのだが連日うれしい報告をしてくれる。
若くて熱心な彼は直ぐに名人になる事でしょう。
銃を持っていないので止め刺しには十分気を付けて対処してほしい。
電話中に姫とトラ子が何かを感知して一気に走る、結局30分待たされたがどうにか帰宅出来ました。
剥皮した皮と骨を新聞にくるみ生ごみで出せるように3袋に入れる、これで今日の仕事は終わりです、明日以降獲れそうな場所に追加設置を考えます。

(我が家の犬達・デブ子は後ろからついて来ています)
コメント (2)

応援が来るも。

2016-11-28 11:41:39 | Weblog
今日が休みのY君が巡回の応援に来てくれる。
昨期は10回あまり手伝いに来てくれて5頭位罠に掛かったのを手伝ってくれたが今期は2度目なのに1度もイノシシに会えず。
今日も10カ所くらい見て回るがイノシシの気配なし。
10時過ぎに釣りの先生の別荘により昨日柿畑の上で1匹退治した報告をする。
Y君共々コーヒーを頂き釣りやイノシシの話をする。
その時に先生がわざわざ何件も店を回りワイヤーカッターの良いのを買って来ていてそれをプレゼントしてくれる。
この前わしが使っている工具が罠を作るときのワイヤーの切断部がささくれ立つようになって困ると話していたのを気にしていてくれたようです。
このワイヤーカッターで作業がやりやすくなります、有難く頂きました。
先生宅から帰り、Y君に剥製の要らない奴を上げる、古いのは30年以上たち虫食いが多くなった、そろそろ処分しなければ衣服に虫が付きそうだ。
Y君も帰ったので午後昨日のコビンチャを剥いて柔らかい肉を保存して置こう。
当分大きいイノシシは獲れそうにない、まいずれはそうなるのが分かっていたのだが、現実になると寂しい気もします。
それでも獲れるように頑張ろう・・・・・・・・。
コメント

風邪心配。

2016-11-27 17:06:59 | Weblog
午前の巡回でびしょ濡れに成り冷たかったので昼に熱い風呂で全身を温めて炬燵に潜りこんでいたが夕方犬達を高速下へ散歩に連れて行く。
小雨の中を姫とトラ子が山へ走り込み1時間帰らず。
デブ子とクマ子を先に連れて帰り再度駐車場所へ行き車で待つと帰って来たトラ子が「ウオーン」と鳴き声を上げて合図をする。
2匹ともびしょ濡れだがわしと違い風邪など引かないでしょう?、わしは頭が痛い様な感じだ、炬燵で温まろう。

(魚が高い昨日20cmのマル禿が2匹で600円以上、半額でも買う人居るのだろうか?)
コメント

ずぶ濡れ。

2016-11-27 11:08:59 | Weblog
今朝の朝刊に先生の釣ったグレは載らず、由岐自体が無かったので明日乗るのでしょう。
今朝は予報通りに昨夜半からの雨が降り続いています、それでも罠の巡回には行きます。
西で地元の農家の人が先日上げた肉が柔らかくて美味かったと言ってくれる。
駆除で喜ばれ肉が美味いと言ってくれればこの上なし。
ただイノシシは2頭居る筈なのだが罠は異常なし。
北へ走る途中で梨畑にキジが居ました、10mの距離です、鳥猟師なら慌てて撃とうとすることでしょう。
わしは撃つ気が無いのでカメラで撮る、雨模様の時には田園地帯を車で走りながら雉を探すと案外無警戒に畔等に出ています、そんな流し猟?をする人も居る様です。
北では先生宅の柿畑の上で小さいのが掛かっていたが雨でドロドロでした、頼まれているので駆除をする。
これも雌なのでイノシシは生息数が少なくなると生む子の雌雄の率は雌が多くなるのでしょうか?。
びしょ濡れでパンツまで濡れたので先生宅へもよらずに11時前に帰宅したが今から風呂に浸かり全部着替えよう、ああ寒。

(車の中からとサル避けネット越しなのでハッキリ映らない)
コメント (2)

イノシシで無くムカゴ。

2016-11-26 17:03:24 | Weblog
午後2時過ぎから犬達を連れて西の谷へ行く。
2頭居るイノシシは両方とも行動範囲が広いようで駐車場所にも泥が付いている、昨期は小さいのが掛り逃がしてやったイノシシ道を通っている。
奥で獲れなければこちらへも考えよう。
姫とトラ子はウサギでも追ったのか姿を消す。
デブ子とクマ子を連れてムカゴを探す、何度探しても見落としがあるようで直ぐにズボンのポケットがパンパンになる。
十分収穫出来たので車へ戻ると姫とトラ子が南から帰って来たので帰宅。
途中岡山から電話が有り今日も獲ったとの朗報が来る、少しでもアドバイスした若い子が腕を上げるのは嬉しい事です。
問題はわしです、イノシシが獲れません、まボチボチ行きましょうか。
コメント

良い場所だったのに。

2016-11-26 11:46:32 | Weblog
昨夜は珍しく熟睡出来たので気分は良い。
イノシシが少ないので余り期待は出来ないのだが罠を設置している以上毎日の巡回は義務である。
殆どの罠に異変は無く、タヌキが指で罠を確認しているのが2個有ったがイノシシが近くへ来ていたのは釣りの先生の柿畑の上だけでした。
巡回後に海の際で1個設置してきました、昨季は80kgの大きい奴が掛かった近くです、獣道に通った跡は有るのですが毎日では無い様です、良い場所なのでしばらく様子を見ます。
帰る途中で先生の別荘へ寄り、昨日の磯釣りの結果をコーヒーを頂ながら話してもらう。
釣り人25人位でグレを見た人が少ない中、先生40cmを2匹と30cmを3匹釣り竿がしらだったそうです、同行のYさんは大きいのに切られたが釣果はゼロで水温が下がったのが食いが悪かった原因らしい。
明日の新聞には先生がテグスで釣った記事が載るでしょう、週2回目だったので気乗りのしない釣行だったが結果は最高に気分の良いものになったと言っていました。
先生宅から帰る途中で過去3期連続で大きいのを捕獲している場所を見に行くとイノシシの堀跡はまるでみられない、山へ入ると草ぼうぼうに成りイノシシは少ないのが分かる、それでも獣道を調べると何かが通った形跡が見られる場所も有ったが泥は全然なくはっきりしたイノシシの足跡は無かったので3個の罠と掘削道具はそのまま持ち帰りです、今期は要請が有るまで設置してもダメでしょう。
11時過ぎに帰宅、今日は日向では気持ちの良い天気です、明日は雨なので月曜日以降少ないイノシシが掛かってくれる事を願おう。(情けないが神頼みです)
コメント (3)