中島鳥山の猟(漁)日記

日本犬でヤマドリ猟をしてグレ・アオリイカ釣りも楽しんでいる自称田舎猟師もどきの日記です。H20年から猪の罠猟にも挑戦中。

自然の脅威。

2016-08-31 12:23:15 | Weblog
台風が岩手へ上陸し大雨の被害が北海道まで広がっています。
台風銀座?の高知・和歌山・九州に徳島等も含めた住人は川の氾濫には注意もするし避難対策も取っていますが台風の直撃を受けたことも無く大雨での河川氾濫や洪水等を経験していない人たちには今度の災害は想定外だったのでしょう、しかも、台風の直撃は初めてだし横の川が氾濫する等とは夢にも思わないでしょう、いくらテレビやラジヲで警戒するようにと周知しても経験が無ければ人間は想像が出来ません、まさかと誰もが思いも付かない事が起きるのが自然の驚異なのだが・・・・・・・・・。
介護施設での弱者は誰か知識知恵のある職員が居れば隣の3階建てへ移動出来て犠牲に成らなかっただろうに残念です。
東日本の大震災でも地震の後の津波の知識さえ有れば多くの人が助かっただろうにと傍目で思っているのだがいざ自分がその時その場にいたら安全に避難で来ただろうかと思いめぐらせている、一日も早く水が引き元の生活に戻れることを遠くから願うのみです。
改めて災害対策には気を配りたいものです。(自身の反省も込めて)
所で午前中先輩の仏前へお参りに行って奥方と在りし日の話を懐かしんできたが帰りに鳴門・松茂のブランド芋を一箱頂いて来た、反って気を使ってもらった気がします、帰宅途中で卵に天ぷら粉と油を買って来て早速イモ天を鍋に一杯作りました。
得意の冷凍保存です、当分芋三昧と行こう。
コメント

確実に。

2016-08-31 07:42:19 | Weblog
昨日猟友会会長が狩猟登録申請書を持参してくれる。
今度の日曜日が申請日です、写真が2枚しか無くて自動撮影所まで撮りに行く。
大きさが不要なのが6枚有り使えるのは3枚です、所が猟関係の写真は2枚セットが多いので中途半端ですが早くて便利なので止む無し。
ただ不自然だが残りも使えない事は無い。(顔だけが大きすぎるが)
今日申請書等に必要記載事項を書き込んで置こう。
さて、今朝は新聞を取に外へ出た時秋でした、一瞬身震い❓した程ヒンヤリした空気です。
気持よく山の近くを歩いてきました。
南斜面でクマ子が走ったので「イノシシ?」所が吠えません。
代わりに、「ジュルジュル?」とコジュケイが飛び上がり木に止まって警戒鳴きをしました。
珍しいなあ、ここにコジュケイとは・・・・・・・・。
所が今度吠え出したのは大分上です、姫も吠えています。
どうもイノシシの跡を追う途中にコジュケイが居たようで驚いて飛んだのでしょう。
犬達は5分弱吠えただけでクマ子・トラ子・姫の順に山から降りて来ました、我が家の犬達はウサギは必死で追うのだがイノシシにはあいさつ程度で直ぐに逃げて帰ります。
以前は全犬が合同で20kg以下のイノシシなら噛みついてやっつけていたのだが代替わりでトラ子とクマ子が小型化したのでウリ坊以上のイノシシには無理な様です。
そんなわけで今朝も顔見知りのイノシシに朝の挨拶をしただけで散歩はお仕舞です。
さあ、今日は昨年亡くなった好きだった先輩の命日なので午前中に訪ねて来よう。

コメント

姿は見せず。

2016-08-30 18:35:34 | Weblog

(右上から前方へ移動するイノシシを覗っています)
夕方裏山へ行くと遊び相手のイノシシが南斜面から東へ移動する。
犬達(デブ子以外)はイノシシの動きに合わせて脇道を吠えて移動する。
詰めまで行くと3匹が走り上がって行き吠えている。
そして何時もの様に順番に戻って来る、それでもイノシシが近くに居るので諦めずに吠えている方向を睨んでいます。
再度3匹が入って行き吠えだしたが段々手前へ移動して来る。
犬の様子からイノシシが少しずつ近づいて来るのが分かったのでカメラを構えて先日姿を現した近くを見ていたのだが今日は姿を見せず。
最後までイノシシを警戒していた姫も口笛で呼ぶと山から降りて来た。

(先に帰ったトラ子が見ている繁みで姫とクマ子が吠えていたがイノシシは姿を見せず)
コメント

今朝は秋?。

2016-08-30 06:40:56 | Weblog
昨日の雨のせいなのか今朝は秋の空気?のような心地よい天気です。
6時ごろから山道を歩くと風が気持ち良い、ただ予報では昼間の気温は33度との事なのでまだまだ日中は夏でしょう。
今朝は山まで走る間に昨日のウサギの焼き肉を後ろの食器に入れて行く、直ぐに山へ着くが美味かったのか骨も無い、4匹が競争で食べたようです。
今朝はクマ子が東の斜面で少し吠えていたが5分ほどで出て来る、姫は南斜面へ軽く吠えただけで執着せず。
トラ子も南へ上がったのだが3分ほどで降りて来た。
犬達わしから離れず、散歩が楽でした。

(道端の雑草でも綺麗です)
コメント

ウサギ美味(追)裏(彼)山。

2016-08-29 17:19:04 | Weblog
夕方日差しが有る中東の山で姫がウサギを持って帰る。
ヤマドリやキジさえ捕まえるのでウサギ等は夕飯前でしょう?。
トラ子が傍へ行き怒られたようでトボトボ後から付いて戻る、親方が貧しく肉を食べさせてくれないので自給自足と孝行な犬です、すき焼きにして明日食べさせ様。

(意気揚々と帰って来る姫)
コメント (1)

待望の雨。

2016-08-29 15:20:16 | Weblog
昨夜からの雨は当地にとっては恵みの雨に成りました、の山の木々も生き返る事でしょう。
昼頃雨は上がりそろそろ犬達と出かけようかなと思う頃Y君が岳君の散歩のついでと言う事で家へ寄ってくれる。
今日も犬用の肉を沢山持って来てくれたので直ぐにすき焼き風味で炊いて置く、これで2日分の食量確保。
雨後は山が生き生きしています?。
ただ枯れ掛けていた雑草までが息を吹き返したのは予定外ですが。
この雨で暑さが終わりはしないだろうが9月の声を聞くと多少はしのぎよく成る筈です、そうなれば来たる猟期に向けてイノシシの捕獲予定場所を調べて回りますが来期は望み薄でしょう、多分今まで行っていなかった場所まで足を延ばすことに成るはずです、近所に居なくなったので止む無し。
さあ、後少しすれば山を歩け歩けです、腹回りの贅肉も少しは取れると有難いのだが・・・・・・・。
コメント

ゴルフ。

2016-08-28 17:59:40 | Weblog
野球が駄目ならゴルフでもと昼間見る。
遼君が久しぶりに勝った、腰痛で体調不良だったようだが小技が冴えていました、女子は熊本の笠さんが今季2勝目でボミちゃんに勝った。
夜はGが負けるのは見たくないので24時間のクライマックスを見よう。
今夜も風が有れば涼しそうです。
夕方の散歩はイノシシに出合わず。

(全員集合)
コメント

24時間テレビ。

2016-08-28 10:19:25 | Weblog
昨夜から今朝もずっと24時間テレビを見ているが笑ったり泣かされたりお爺さん大変です。
苦難にめげず頑張っている姿を見ると応援したくなるしわしも負けずに生きて行こうと思わされます。
今年のテーマは 愛 です。
色んな愛が有りますが愛って無限ですね。
コメント

台風か低気圧か。

2016-08-28 06:52:01 | Weblog

(先日ツクツクボウシのメスが死んでいました、卵は産みつけたのだろうか?)
24時間テレビを見ていて余り眠らず。
朝は曇り空です、台風なのか日本海側の低気圧なのか不明ですが暑くないので有難い。
山に着くなりクマ子が西へ走り南側を見上げて吠え出す、姫とトラ子も続き同じように見上げている。
姫も吠えてトラ子も少し吠えていた。
何時も居るイノシシ君です、これだけ出合うのも珍しい事です。
畑など一つも無くて痩せた?山で尾根筋は太陽光の県下一大きい広い発電広場に成っています、以前は結構イノシシが居たのですがわしが獲って仕舞い今は数えるほどしかいないのに毎日犬と合っても移動せずに近くに居る様です。
ま、クマ子の遊び相手なので猟期までそのままいて欲しいものです。
イノシシは南斜面に居る様なので脇道を何度か往復するたびに犬達が其処を睨んで警戒しています。
ただ、追ったら逆襲されるのが経験から分かっているので走り込んで追う事はしません、用心深いのか臆病なのか意気地なしには違いなし。
今朝位涼しいとそろそろ西の山へ行き山の中を歩けるかも?、まイノシシも少ないので焦る事も無いだろう。(獲れないので)
さあ、今朝は月一の資源ごみの回収日なので積み込みを手伝おう。

(左の用水の南側にイノシシが居るので吠えていました、中腰はトラ子)
コメント

年が行くと。

2016-08-27 17:53:22 | Weblog
会社勤めをしていた関係でOB・OG等の動向が分かる情報誌が定期的に送られてくる。
今日見て驚いた、同期のAが亡くなって居る様だ、同期の中で一番長生きをして120歳くらいまでは生きるだろうと誰もが思っていたのだが分からないものです。
昭和38年に会社に入った時にA・K・I・WとNのわしで5人が3カ月の初期訓練を一緒に受けた仲間です。
以後40年余り付かず離れずで5人共同様の仕事をしていました。
Aは気楽で能天気な性格だったので退職前までマイペースを貫いた、50歳の時に虫歯が1本も無く魚などは頭から丸かじりでした、仕事をしないのでストレスも無く一番長生きをすると思っていました。
Kは偉丈夫で適当なところも有ったのだが管理職にまでなって今も健在である。
Iの父親はわしの初めて務めた場所の局長だった、Iは若いころから血圧が高かったので70歳まで生きられず亡くなる。
Wは大人しい勤勉家だったが線が細かった、それでも管理職には成ったのだが身体が弱くこいつも70歳までに亡くなった。
同期入社5人で3人が亡くなっています、会社の同期だけで無くて先輩や後輩にも亡くなった人が多くなりました。
人生って何なんでしょうね?、ある程度働いた後は自分の好きな事をのんびりできれば良いのにと誰しも思うのですがままならない様です。
わしは贅沢は出来ないがある程度好きな事が出来ているのは幸せな事だろう、これから先何年生きられるか分からないが今を楽しんで暮らして行こう。
同期の仲間が亡くなって寂しさを感じています。
さて夕方山へ行くとバイクを止めて警官が一人歩いているのを追いこす、何でこんな家も無い処へ何の用件で来たのだろう?。
帰るときにまだバイクは止まっていました・・・・・・・。(?)
今夜は熱帯夜には成らないでしょう。
コメント