中島鳥山の猟(漁)日記

日本犬でヤマドリ猟をしてグレ・アオリイカ釣りも楽しんでいる自称田舎猟師もどきの日記です。H20年から猪の罠猟にも挑戦中。

明日もまた登山を・・・・・・。

2011-01-31 19:06:58 | Weblog
明日もまたイノシシの渡りルートを探して別の山の尾根まで登る事になった。
大層なのだがイノシシのこの時期の動きを確認するためなので行く事にした。
ただ現地の条件で罠をするかどうかは?である。
毎日、1時間かけての巡回はためらわれる。
それよりもっと確実な場所を見切るほうが確率が高い様にも思うのだが。
どちらにせよ明日登ってからの事にしよう。
今日も寒かった。
今からテンプラを揚げよう。
コメント

イノシシは尾根を歩く?。

2011-01-31 14:47:19 | Weblog
今朝の巡回の後で猟友とイノシシを探して山の尾根まで登る。
途中にも何本も獣道が有り、イノシシはかなり高い位置を移動している様だ。
尾根へ着くとイノシシがランデブー(古う)する場所が有り落ち葉が一つも無いくらい綺麗な広場になっていた。
周りの太い木にも皮が無くなる位擦った跡も有る。
尾根から周りへ何方向へも降り道(登り道)が張り巡らされている。
罠をこんな場所へ設置すれば今の時期(繁殖行動)なら獲れる率は高くなるが無線でも付けねばとてもじゃないが毎日の見回り等出来そうにも無い。
例え無線を付けていてもタヌキやアライグマが多い場所ではワイヤーをめくられていたらお手上げである。
見え見えの罠にはイノシシも掛らないだろう。
イノシシが掛り無線が発信しなくても土に馴染み人間等の匂いが消えるまでは何度か確認が必要に成る。
ほこまでしてイノシシを獲りたいとは今のところ思うとらんのでわしは出待ち猟ええと思うとる。
後少し辛抱すれば又餌を求めて低い場所へ出てくるだろう。(多分)
それを待とう。
コメント

雪のふる中で・・・・・。

2011-01-30 19:10:37 | Weblog
今朝家を出て帰宅したのは3時過ぎになった。
何時もは昼前に1度帰るのだが今日は罠を10個撤去したのと昨日足跡の有った谷の左右に2個ずつ計4個を新設して来た。
終盤戦になり新たに見切り直しをして最後の頑張りをしてみよう。
ほなけんど今日も山の中は冷えて冷たかった上に雪まで降り出してミズバナ垂らして半泣き状態だった。
ほんでもよその県(岐阜・福井・新潟等)では雪が2mも積もった所もあるとの事、ほれに比べたら楽なもんじゃけんどやっぱり寒かった。
夕方の犬達の散歩も済ませて食事を与えた、後はわしの餌だけじゃ。
ご飯を炊いて塩サバか鳥のから揚げでも食べよや。
ああ寒う、一人暮しは尚寒いわ。
コメント (2)

寒さで頭が痛い?。

2011-01-29 19:10:19 | Weblog
寒いと言うまいといっても山は寒かった。
後3日位が今冬最低の気温らしいのでそれを乗り切れば春まで生きられそうだ。
昼過ぎの散歩兼調査で山の中のヌタ場の横をイノシシが昨夜通った足跡を発見。
我が家の犬の足跡と見間違いする所だった。
割と大きい様なので2月からその谷へ罠を設置しよう。
次の谷では犬達がグルグルひつこく茅場を探すので例の5年物の雄キジの彼女だろうと想像できたが中々辿れずに100m離れた下手から犬が行かない内に飛び去る。
その後をクロと姫が追い10分も帰らず。
国道が近いのでハラハラしたがどうにか戻る。
姫はそれでも立ち後から逆に匂いを辿りまだまだ探して言う事を聞かず。
ひつこい性格だ。(出した場合はそんな事は無いのだが)
4時過ぎに帰宅犬達は食欲旺盛で安心した。
ほなけんどわしは寒さで頭が痛いわ。
晩飯はテンプラの冷凍をチンして食べよや。
コメント

思い道理には・・・・・。

2011-01-29 13:46:54 | Weblog
西の山で良い場所が有り1週間で獲る?予定だったのだが罠の設置が10日遅れた様だ。
イノシシが今の時期高い場所に根城?を移し罠は里近辺の畑際より尾根筋の方が掛る確率が高いのだが発信機も付けていない罠の巡回に毎日其処を見るだけで小一時間掛る様な場所では大層になる。
ただイノシシだけでなく物事はまめな方が良い結果になる率が高い。(女性に対しても?)
大層がっていては獲得出来ない。
まめに行動しないと駄目だ。
分かっていてもそれが行動に出るかどうかが問題です。
わしも年を取ったんで無理をせん様になった。(無理しょうにも体が動かんわ)
もう少しして盛りが終れば又里山へ出てくるのを待とう。
今日も冷たいので腰に桐灰カイロ貼って山を歩いている。
昼から犬達と山歩きに行こうか?。(寒うて大層じゃけんどな)
コメント

今度は火山の噴火。

2011-01-28 19:39:30 | Weblog
宮崎の都城や三股は何度も行った場所なので今回の火山の噴火による被害は人事ではない。
まして昨年の口蹄疫に最近の鳥インフルエンザと宮崎は何か不運が付きまとう様で気の毒である。
こんな時にクダラナイ個人の趣味を書くのも気が引けるが割り切るしかないだろう。
午後予定道理罠の材料の購入と長靴3足(6週間分)を買い少ない髪を泣く泣く切って来た。
薄くなった分、週末の冷え込みで風邪気味が本調子になるかも?。
夕方の犬達は元気に走っていた。
来月になれば再度山の調査をして終盤に頑張ろう?や。
コメント

大作業を終える。

2011-01-28 14:25:07 | Weblog
今朝は犬達が割りと言う事を聞き?どうにか全犬が帰宅。
それから巡回に行くもワイヤーをタヌキかアライグマにめくられたのが2箇所有っただけで異変無し。
猟友に頼まれて昔世話になった日本コムシスのUさんに無理を聞いてもらい電柱の運搬をして来た。
殆んどUさん一人で作業をしてくれて申し訳なかったがこれで一安心だ。
帰宅は11時半になった。
所で昨夜埼玉のSさんより予約を頂いたがイノシシが獲れそうに無い。
しばらく待ってもらう事になるだろう。
午後はワイヤー止めのオーバルスリーブを買いに走ろう。
帰りには散髪もしなければ・・・・・・。
それとコウナンへ寄り長靴と罠の部品も買わねばならない。
コメント (2)

オオタカとヤマドリ。

2011-01-27 18:51:15 | Weblog
昼から40km走りヤマドリ猟に行く。
大谷を少し入った所で後付けをさせていた犬達の中でクロだけが右の谷へ降りる。
「ん、何ぞ居るか?」
クロが行く前にブルッと軽い羽音でヤマドリのメスが繁みの向こうへ逃げる。
やはりクロは感度良好だ。
その奥へ進み100mも行ったら左斜面から羽音も出さずに鳥が出た。
肩の灰色がはっきり見えた。
ノスリより2周り程小さいがオオタカである。
普通オオタカは雑木林が点在する里山を拠点にするのだがこんな奥山にも居た。
オオタカが飛び上がった場所へ犬達を行かすと直ぐに何かを奪い合う。
犬達を制止させて傍まで登ると案の定雄ヤマドリの両足が付いた胴体部分をクロが咥えている。
取り上げると両羽根もついている。
おかしなことにその近辺に尾羽根も他の羽毛も見えない。
尾を諦めて奥へ進み詰め近くでクロとチビが消える。
姫が慌てて後を追う、幸とトラは少し送れて後を追った様だ。
100m前方を黒い物が横切る。
「ん、ヤマドリか?」
左の方向を見ているとヤマドリの雄が山の中腹を巻いて枝谷の奥へ飛び去る。
後70m奥へ歩いていたら・・・・・・。
老いを感じるなあ。
帰りに胴体が有った手前50mの谷へ姫とクロたちが降りる。
見るとクロがヤマドリの尾を咥えている。
なんな殺害現場は此処だったのか。
現場検証の結果上空の見透視の良い川原状の場所なので目立つオスヤマドリが狙われたのだろう。
尾羽も他の羽毛も水に浮いたりその辺り一面に散乱していた。
オオタカは現場で少し食べた後で50mもヤマドリを掴んで飛んだ様だ。(多分)
そこでゆっくり食べていたのだろう。
残りの胸肉少々と足は我が家の犬達のおやつになった。
下手なハンターより鷹類の方がヤマドリを獲るのが上手い様です。
コメント

またまた戻らず・・・・。

2011-01-27 13:05:53 | Weblog
朝の散歩は1時間を見て裏山を歩いているのだが今朝も幸とクロが獲物を追い帰らず。
巡回後に迎えに行くか自分で帰宅しているので別に心配は無い。
今日も家へ帰る前に山へ行くと調度隣の娘さんから犬が帰っているが小屋に入らないと連絡が来る。
すぐに帰るとクロがウロウロしている。
警戒心が強いので他人には触らせない犬だ。
逆に幸は誰にでも抱きつく様な犬なのに、その幸が居ない。
昼に罠の場所をチェックしにいこう。
コメント

寝込みそう?。

2011-01-26 19:10:22 | Weblog
夕方の散歩時にも寒くて参る、これが続けば寝込みそうだ。
2谷目で若犬達がキャインキャインと鳴きながら獣を追う。
イノシシではない。
10分で帰るが何か小物でしょう。
其処は11月で罠を引き上げたのだがその後に山芋をイノシシが深く掘った跡が何箇所も有った。
まあ割り切ったのだからこう言う事もまま有ります。
2月に考え直します。
それにしても今日は体を壊しそうだ。
(大袈裟なんです)
今夜は鳥とイノシシのバラとカボチャのテンプラの夕食でーす。
テレビで瓜坊を2匹保護して山へ返している場面を見ながら・・・・・・。
コメント