プラチナ世代のマラソン旅行

時悠人chosan流処世術

★デイケア・サービスの変貌

2018-11-15 08:24:21 | 日記・エッセイ・コラム
 カラオケ・ルームやマージャン室、さらには、ゲームコーナーやフィットネス設備を備えている有料老人ホームは珍しくないが、これがデイケア・サービス施設だとなると趣が異なってくる。

 介護保険制度がスタートした2000年から右肩上がりで伸びて来たデイケア事業所が2016年から減少に転じた背景には、介護報酬の引き下げで、小規模事業所が採算割れして撤退に追い込まれる現実が垣間見える。

 カジノ型サービスを充実して、利用者を増やそうと業界が必死になるのも理解できるが、神戸市のように賭博や風俗営業を連想させる名称や広告を出す事業所を規制する自治体もあり、賛否が分かれそう。

 本来、デイサービスは、自宅から日帰りで通い、入浴や食事、体の機能訓練などを受ける目的で、公費や介護保険料が充てられている。

 目的にてらせば、「過剰で不必要な介護サービス」は、保険料の上昇につながるうえ、有料老人ホームなどとのバランスも崩れる。

 2025年には、団塊の世代が後期高齢者に突入し、介護問題は、より一層、深刻になる。今から対策を勧めないと間に合わない。

 財政健全化を無視した軽減税率や、移民政策を避けなし崩し的に外国人労働者を拡大するよりも、はるかに緊急を要する課題ではないのだろうか。
コメント

★病は気から

2018-11-14 09:16:30 | 日記・エッセイ・コラム
 「安全と健康」は、自らの注意で守りたいが、今の世の中では、車のあおり運転や通り魔的な犯罪に巻き込まれる可能性があるので、「安全」の方は難しい。

 しかし、健康に関しては、自己責任の比重が高く、ちょっとした注意を払えば、痛い目に合わなくて済んだのにと後悔することが何度もある。

 「一病息災」というが、糖尿病と30年以上も付き合っているので、合併症の発症を回避するために食事バランスと運動だけは欠かさない。

 すると有難いことに、暴飲暴食をすると、体が拒否反応を起こし、具体的な症状がすぐに表れるので、自省する。そして、しばらくするとまた、同じ愚を繰り返し、学習効果が上がらない。

 今は、血糖値は高値安定(HbA1c:6.8)と徐脈(41~43/分)と不整脈、肝機能と痩せすぎ以外、無視できる範囲内と割り切り、もう少々の無茶をしても良い年齢になったと気楽に構えている。

 現に、ここ数年、通い続けた整形外科のお世話にならず、5年ぶりに出場したフルマラソンを完走出来た。
★懲りない老人
 痔の症状は、運動できる状態ではないが、出血が止まったので、散歩を兼ねて30分間程、歩いてみた。 患部にあてたガーゼが煩わしく、違和感があったが、痛みは感じなかった。しかし、帰......
コメント

★軽減税導入の弊害

2018-11-06 08:26:09 | 日記・エッセイ・コラム
 政府は、消費税10%の実施時に「軽減税」を導入し、低所得層救済や景気減退対策を検討しているが、社会的混乱を招く愚策でしかない。

 本来、2015年10月に10%への引き上げ予定だったものを、政争の具に利用して、2017年4月に延期。さらに2019年10月まで延期した。

 その理由として、経済成長でGDPを押し上げ、税収を確保して財政収支を改善するとしたが、その達成時期もまた、先送りされた。

 あまりメディアは取り上げないが、今年4月に経済協力開発機構(OECD)のグリア事務総長が、麻生財務相に、日本の消費税率は将来的に、OECD加盟国平均の19%程度まで段階的に引き上げる必要があると文書で提言した。実に、現在の二倍以上だ。

 軽減税を導入すれば、財政健全化が遠のくばかりで、無責任極まりない。政府の本当の狙いは、軽減税実施に伴うツールの開発や、システムの切り替え等による特需ではないかと勘繰りたくなる。
 
コメント

★日本人の偏見

2018-11-05 08:14:14 | 日記・エッセイ・コラム
「HAFU TALK」は、ハーフや海外ルーツの人々が、情報を共有するWEBサイトで、メディアが作り上げたイメージと違った世界が見えてくる。

 厚生省調査では、親が日本人&外国人の子供が、毎年約2万人増加しているが、彼らに注がれる社会の眼差しは偏見に満ち、いじめの対象になったりする。

 政府の移民政策が、労働力確保の便法になっているために、移民に対する理解が得られにくい面もあるが、国際社会で活躍できる人材教育を標榜する国にしては、何ともお粗末な限りだと思う。

 ついては、5月に娘家族が来日した時、周囲の好奇に満ちた視線を間近に感じた。「お父さん似で色白ね」とか「ハーフっぽいけど、目が日本人ね」などは聞き流していたが、ある日、銭湯でトラブルが起きた。

 妻と娘が、孫(6歳男・未就学児)を女湯に連れて行ったら、番台で咎められた。大勢の前で、身長を測り、大きいからダメと言われたと聞き、唖然としたが、それ以降、私が孫を連れて行くことにした。

 一方、ニュージーランド人の夫君は、大の温泉好きだったが、箱根の温泉で腕の入れ墨を理由に入浴できず、それ以降、大きな絆創膏で隠すことにした。

 マオリ、アボリジニ等だけでなく、日本にもアイヌ・琉球民族問題があった。国民の心の底流に「日本は単一民族」との誤解がある限り、国際社会の中でイニシアティブをとれるはずがないと思っている。
コメント

★日本の移民政策

2018-11-04 09:14:10 | 日記・エッセイ・コラム
 政府は、「労働力不足の補完対策」として、外国人労働者の雇用拡大を図ろうとしているが、「移民政策」と真正面から向き合う時期が来ている。

 労働力不足は、何も日本だけの問題ではなく、諸外国でも深刻になり始めている現状を考えれば、供給源の奪い合いになりかねない。

 「移民」についての国際的に統一された定義はないが、一般的には、国連の「通常の居住地以外の国に移動し、少なくとも12ヶ月間以上、当該国に居住する人」のことを指す。

 しかし、日本では、「入国時に永住権を持っている者」(自民党の労働力確保に関する特命委員会)で、就労目的ではないとの位置づけをしていること自体が、国際的な認識とずれている。

 また、日本は、すでに、ドイツ・アメリカ・イギリスに次ぐ移民大国(250万人超)になっており、その数は増加の一途をたどっている。政府が、留学生(現在約31万人)や技能実習生(約27万人)の目的外就労の実態を利用するつもりなら、時代錯誤も甚だしい。

 人口が減少傾向にある中、高齢者の雇用拡大や子育てが終わった女性の社会復帰に加え、IT技術の活用による労働力不足の補完・効率化などを合わせても解消できるとは思えない。

 最も重要な視点は、国民自身がこれ以上、経済成長を望む意識を払拭し、身の丈に合う「縮小再生産」に舵を切ることだと思う。
★議会制民主主義崩壊の危機
 政府・自民党は、衆議院における与野党の質問時間の配分を見直す暴挙に出た。 従来、衆院予算委員会での質問時間は、与党2割、野党8割の割合で配分されていたが、これを議席数に応じた......
コメント