千恵子@詠む...................

リンクにて開く世界は万華鏡 あれやこれやと交差の果てへ

「村九分」忘年昼食会のみの 年に一度の福利厚生

2013年12月27日 | 詠む

村というと懐かしい響きがあるが...村八分とは、なにか。

   葬式と火事いがいは仲間はずれ、という昔の「いじめ」。

   葬式しないと死体が腐って伝染病が蔓延する。火事は消さないと延焼する。

   をを、合理的な理由のついた冷酷な共同絶交。

30人規模の某事務所の仕事納め。

昼食忘年会の費用を出すから出席するよう言われた。

来年からの新人弁護士の挨拶があるからなんだって。

だいじな行事なのに某部門の出席率が25%では格好わるいので員数合わせか。

(けなげに咲く、そばの花)

というしだいで、柏餅東京湾クルーズ船ケーキも排除された一年の労働は終わった。

Comment   この記事についてブログを書く
« ゆるゆると酒くみかわす..... | TOP | 仮想敵つくるのは 奴らの手... »
最新の画像もっと見る

post a comment