675000番を踏まれた方、ご連絡を下さいませ。

うき特製のお菓子をお送りします♪



少しずつ回復しておりますなり~







今回の旅は肉体的に非常に疲れまして、昨日は一日薄らぼんやりしておりましたわ。(笑
なんと言ってもキツかったのが、2人分の荷物を引き摺らなきゃいけなかったことよ。
ムラカミーチェ「キャリーケースを引いてちゃんと歩けない。エスカレーターに乗れない」ゆうんですぅ。
ええーっ!?なんですとぉぉ?
それはつまり、私に引けってことですか?
それならそうと何で事前に言ってくれなかったかなぁ、そしたら、大きいスーツケースに2人分の荷物を詰めて来たのにぃぃ~。
あなた、お忘れかもしれませんが、わたくし、椎間板ヘルニア持ちの上にバセドー氏病患者でめっちゃ疲れやすいんですけどぉぉ。
なんて言ってもしょうがないよね。
お年寄りの悪いところは、自分より年齢の若いもんは元気だと思い込んでいるところなんだよね。
ハハハ。
体のあちこちに痣を作りながらよく頑張ったよ、私。

空港へはが迎えに来てくれていました。
助かったよ~。
家に帰ったら、キレイに掃除もしてあって嬉しかったわ。
ありがとう。
疲れて帰って家が散らかってたら、ブチキレてたかも!?(笑
お礼に戻った日の夕飯に、近所の生パスタ屋で奢りましたよ。
外食続きでお互い野菜不足だったので、(シーザーサラダのドレッシングを抜いてもらってオイルを掛け)のサラダを注文。
↑シーザーサラダに一度中ってからあのドレッシングがダメになったの。
ドレッシング抜きって、もうそれシーザーサラダじゃないじゃん。
ハハハ。
パスタはいつもの渡り蟹のクリームソース。
もうアホの一つ覚えですな。
そのうち店員さんも私の顔を見たら作り始めるかも、って感じ。(笑

昨日は本当に動けなくて、お昼は近所のつけ麺屋に行って来ました。
そろそろ家でご飯が食べたい~。
夕飯は頑張って、北海道で買って来た銀ダラを焼きましたよ。
「さざ浪漬」というのを食べたことがなかったので買って来たんだけど、私ゃ、鈴波の粕漬けの方が好きかな。
何やら米麹で漬けてあるようですが、塩がキツイ。
まぁ、ご飯が進むと言えば進むよね。
ふふふ、買って来たお米を早速炊きましたの。
登別で食べた「ゆめぴりか」がピカピカ光って美しいし、また美味しかったからつい買ってきちゃいました。
そんなもん入れてるから余計に荷物が重くなるんだって!
本当にねぇ、おバカさんです。
でも、重いのに持って来た甲斐のあるお米でしたよ。
これで不味かったら、きっと暴れてたね。
ハハハ。
そして、大好物のアスパラも白と緑を買って来ましたよ。
白はちょっと茹ですぎてシャキシャキ感が損なわれてしまった。
あーあ、もったいない。
それにしても(気のせいじゃなくて)、スーパーで買うのとは味の濃さが違う。
つうか、そもそもウチの近所のスーパーには(値段が高いせいか)、太いアスパラが売ってないんだよね。
青臭いアスパラ、これよこれよ、という感じ。
持って帰って来た甲斐がありましたわ。
うん?こんなものを買ったから重くなったんでしょって!
きょうび、NETで何でも注文出来るのにアホだよなぁ。

今晩はムラカミーチェに買ってもらったホタテが届いたので、お刺身にして食べます。
ふふふ、楽しみ~。
ムラカミーチェはね、「私に迷惑を掛けてる」と思ってるから、何かの形で返したいのね。
確かに手配は全て私がやったし、旅行中も負担は私の方が大きかったんだけど、全然迷惑じゃなかったの。
いくら私が「いいのよ、気にしないで」と言っても、やっぱりさぁ、自分は何もやってないから気詰まりじゃない?
だから、彼女が私のために何かしたい、と思ったときは素直に好意を受けるようにしてるのよ。
相手に「何かしてやった」って気が楽になるでしょ?
と鞄も買ってもらったし、ホタテも甘えたの。
↑私だって、自分で買えないわけじゃないんだよ。(笑
ど厚かましい!?
ハハハ。
まぁ、こっちももらってばかりつうのも気になるから、最後に彼女に内緒で買ってたスカーフをあげたの。
そしたらまぁ!喜んで・・・。
早速着けてましたわ。
迎えに来た「先生、ネッカチーフ(!)見てくれた?」と言ってんの。
はいきさつを知らないからきょとんよ。
それにいつもムラカミーチェの服装に興味を持ってるわけじゃないからねー。
そんなん知らんがな、って顔をしてました。
ハハハ。
男性は女性が何か目新しいものを着けていたら、とりあえず褒めなきゃいけないらしいわ。
それが70に近いおばあちゃんでもね。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



帰って来ましたなり~







無事、戻って来ました。
づかれた~。

そうそう。
帰りの飛行機で隣りに座ったご婦人が、「和喜智」でご一緒した方だったらしいの。
↑お医者さんとお嬢さんとは別に4人グループがいらした。
向こうから「あそこにいた人ですよね?」と声を掛けられたのはいいんだけど、思い出せないのよ。
うん?どこで会った?
まずどこで会ったか、それを言ってくれよぉ。
暫く話を聞いてたら、どうやら「和喜智」だということが判明。
こんな偶然ってあるのねー。
つうか、ほとんど話していなかったのに、よく覚えてたよね。
「飛行機に入っていらしたときに、すぐにあそこにいた人だ!と思ったの」って!
どんだけ記憶力がいいんだ!?
私ゃ、「こんな人だったっけ?」と最後までピンと来なかったよ。
ハハハ。
で、暫くそのご婦人の話を聞いてたんだけど、自分の旅自慢を散々したら気が済んだのか、突然断りもなく持っていた本に目を落とし始めてさぁ。
こういうおばちゃんいるんだよね。
自分の話を聞いてもらおうと思ったら、興味がなくてもとりあえず人の話も聞いてあげようよ。
ああ、私が顔を覚えていなかったのは、この人、和喜智さんで私の「あかんセンサー」に引っ掛かったからなんだな、きっと。(笑)
そういや、私、「あかんセンサー」に引っ掛かった人には無関心だし、冷たかったんだ。ホホホ。

とベットに入りながらiPadで打ってたら、そのまま記憶を失ったようで・・・
気が付いたら朝になってたみたい。
今iPadを開いたら、編集画面のままで記事はwebに上がってなかったわ。
あーあ。


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )



北海道に何をしに来た!?なり~







いよいよこの旅も明日が最終日となりました。
今日は羊ヶ丘展望台に行く予定だったんだけど、雨が降っていたので断念。
疲れていたので却ってよかったかなぁ。(笑)

午前中は大丸をウロウロしながらお買い物。
何で札幌でこんなもん買ってるねーん。
ムラカミーチェに買ってもらっちゃったよ。
あまり興味がなかったんだけど、iPadminiと財布がちょうど入るサイズだったし、ムラカミーチェ「お揃いで買おうよ」ゆうもんですから、これもお付き合いね。
↑もちろん自分で払うつもりだった。
ちっちゃいゾウがいるのよ。
ふふふ、めっちゃ使い倒したりしてね。

お昼は大丸のレストラン街で、何やら安全・安心・健康的たらいうのが謳い文句のお店で、ナス田楽定食を食べました。
雑穀米にとろろを掛けます。
うーーん、健康的なんかぁ、それだけやね。(笑)
夕飯のために軽く済ませたかったからよかったかも。

昼食後はホテルに戻って、また温泉に浸かってダラダラ~。
それにしても、ムラカミーチェは心配症でねぇ。
「早く荷物を詰めないと!お土産、入るかなぁ」と煩い煩い。
あのぅ、帰るのは明日だし、しかも飛行機は16時だよ。
きっと今詰めても、「あれ、どこにやったかなぁ」と下から掘り出さなきゃいけなくなると思うよ。
ハハハ。
まぁ、詰めて心配が一つ減るなら、と詰めてやりましたよ。
入れてみたら楽勝だったので、安心したようですわ。
「入るもんだねー」だって。(笑)
やれやれ。
何で行きの時点であんなに一杯にしてたんだ!?
あんたの足は何本あるんだ?ってくらい履いてない靴下が出て来ましたよ。
いくら予備が必要でも、倍の日数分はいらんでしょ。
何だか安心のツボがちょっとズレてるぞぉぉ。
たぶん自分の親ならイラッとするところだけど、ムラカミーチェなら笑って許せるわ
ハハハ。

今日は夕飯を食べたあと、北海道贅沢旅行の締めくくりにSPAに併設されてるエステに行って来ました。
「私、ええニオイのするオイルでマッサージして欲しいのよ~。そのコースの予約をお願いします」
と受付のお姉さんに言ったら、笑われてしまったわ。(恥
ほほほほっ。
自分ではあまり凝ってないと思ってたんだけど、エステティシャンのお姉さんに
「随分お疲れですねー。首肩背中がすごいことになってますよ」と言われてしまったよ。
確かに、首や背中を揉んでもらってるときに、ゾゾワーとサブイボが立ったくらいだもん。
そら、67歳のおばあちゃんを肩に背負ってるから、凝り凝りは当たり前だよね。

希望通りええニオイのするオイルでマッサージ(笑)をしてもらって、今夜はゆっくり眠れそう。
明日は朝早くに市場に行くそうです。
ハイ、どこまでも付いて行きますよ、いや、連れて行きますよ。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



無事には終わらないのね、なり~







北海道に来てから、チームリーダーとして頭を使ってるせいか、何だか急に白髪が増えた気がする私です。(笑)
日頃ママのような自分勝手に好き放題する年寄りに慣れているので、1人では何も出来ない箱入りばあちゃんつうのにも調子が狂いますな。
ハハハ。

今日は朝から予定通り、小樽に行って来ました。
雨こそ降らなかったものの、お天気はイマイチで寒かったわ。
ま、歩くのにはちょうどよかったかのう。
ガラスのええサラダボールを買おうと思ってたのに、また買いそびれてしまった。
↑本当は作家モノが欲しいんだー。
あーあ、見て回ってるとどうでもよくなっちゃうんだよね。
疲れて六花亭の前で座ってたら、台湾人(北京語を話すオシャレさんだったから)の若いお嬢さんが看板の前で写真を撮ろうとしてたの。
「撮りましょうか?」と声を掛けて撮ってあげたまではいいんだけど、「あんた達も撮ってやる」と言うのよ。
私達、六花亭の看板の前で写真なんか撮らなくてもいいんだけどなぁ。(笑)
何故か嬉しそうな写真が残ってます。
ちゃんと断れってね。
ったく、何をやってんだか。
ハハハ。
一通りブラブラ見て回って、ピザを食べて帰って来ました。
ハイ、わたくし、何一つ買いませんでした。
ホテルに戻ってから、「あのピアス、買えばよかったなぁ」と後悔しております。
アホだー。

本日の夕飯は「和喜智」さんでした。
いやー、美しく、美味しいお鮨でしたわ。
穴子が食べられないムラカミーチェが穴子を食べててビックリ。
あんた、ええもんだったら食えるんかい!
そう言う私も淡路島産のアジを食べてたんですけどね。
ホホ。
お隣に座られた美味しいもの好きのお医者さんと若いお嬢さんのカップルともお話したりして、楽しゅうございましたわ。
笑っちゃうのが、ご主人がお医者さんに「洋食ではどこが美味しいですか?」と聞いたら、「マガーリ」と答えてたの。
うん?その名前、どっかで聞いたぞ。
明日の夜、予約してる店じゃん。
お医者さんは日曜日にも行って来たらしい。
しっかし、札幌にだって、美味しい店は沢山あるだろうに、何で隣同士に座った者が同じ店に行くんだ?(笑
ま、最後の晩餐が当たりみたいでよかったわー。

食後は、タクシーを呼んでもらって、もいわ山に夜景を見に行ったのよ。
本当は明日行く予定だったんだけど、明日はどうやら雨らしいのよね。
だから予定変更。
と万事物事が進んでいるように思えたの。
ところが!わたくし、やっちまったのよ~。(泣
ロープウェイのチケットを買おうと思ったら、財布がないのぉぉ。
↑事前にお金を徴収して、2人の共同の財布を作ってたの。
ええっ!タクシーに忘れて来た!?
支払いの時に、共同の財布に一万円札しかなくて、自分の財布から立て替えたのね。
だから、共同の財布を出しておきながら、共同の財布への意識がすっかり飛んでしまって、財布を座席に置いたまま降りたみたいなのよ。
キャー!どうしよう。
頭をフル回転させたわよ。
幸い、「和喜智」さんで呼んでもらったタクシーだったから、運転手の特定はすぐ出来るはず。
「和喜智」さんに電話して、呼んだタクシーの会社を教えてもらって、慌ててタクシー会社に電話しました。
ほんと、流しのタクシーを拾わなくてよかったよ~。
普段、運転手の名前はおろか、タクシー会社の名前だって覚えてないもん。
いやー、脇から嫌な汗が出るぅ。
必死に落ち着こうとするんだけど、なかなかね・・・。
そんなに気にするな、万が一、出て来なくても現金のみでカード類が入ってないんだから、それほど落ち込むことはないよ。
と自分に言い聞かせて、タクシー会社からの返事を待ちましたよ。(笑)
10分ほど経って電話があり、確かにお財布はある、しかし、その後客を乗せたのでもしかしたらお金を抜かれているかも、ということでした。
とにかく運転手さんがタクシーを降りた場所まで財布を届けてくれるという。
なんと!親切なこと!共同タクシーさん。
ハイ、お財布もお金もちゃんと戻って来ました。
あとに乗った方もええ人で良かったよぉぉ。
もし出て来なかったら、お金の損害より精神的ダメージが大きいじゃない?
せっかくの旅行が台無しになっちゃうところだったよ。
あー、よかった。
皆さんに迷惑を掛けてしまったけど、この旅では事件らしい事件が起きてなかったからいいエスプリになったかも。
なーんて言えるのは、財布が出て来たからだけどね。
ハハハ。
皆さん、ありがとう。

そんなことがあったのに、もいわ山の夜景は見に行きました。(笑)
フツー、中止にせえへんか?でしょ。
ハハハ、自分でも何やってんの?って思う。
やはり帰るべきだったのかなぁ、山頂に着いたらモヤって何も見えませんでしたわ。
↑中腹までのロープウェイの中が一番見えた。
何だろ、こういう巡り合わせだったのかな。
万事上手くいくことより、最悪の事態を逃られたことの方が大きい。
ということにいておきましょ、ねっ。
ちなみに28階のホテルの部屋から見える夜景がコレ。
わざわざ夜景を見に行く必要ないじゃん。
よく考えたら、部屋からの眺めだけで充分だったわ。
ハハハ。

今晩も温泉に入ってええ感じ。
明日のためにそろそろ寝ますね。
おもろいことがなくても、平和な一日になりますように。


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )



札幌に移動なり~







朝の4時半から温泉に浸かってる私です。
何故にそんな時間に!?
ムラカミーチェったら!10時に寝て4時に起きるのよぉぉ。
うむむ、我が親友は年寄りだったのだー。(笑)
またそんなに早く起きてんのに、出掛ける前に「薬がない」と大騒ぎしてバタバタよ。
何でそうなるねん。
ハハハ。
↑ホテルの兄ちゃん、ほんまに写真撮るのが下手だわ~。

登別のホテルのバスに送ってもらって、無事札幌に到着しました。
ホテルに荷物を預けて、お昼を食べ、また乗ってます。
確か去年乗って、「もうええかな」ゆうてたやん!
そこはほれ、お付き合いちゅうもんで。(笑)
何だろねぇ、ある一定の年齢になると、乗り物に特別な思い入れを抱くもんなのかねー。
まぁ、乗ってる間は歩かなくていいし、静かだから楽チンよ。
と、ついでにこんなもんにも乗りましたわ。
どないやねん。
私は人にジロジロ見られて恥ずかしかったんだけど、ムラカミーチェは上機嫌。
そないに好きですか、珍しい乗り物。
ハイハイ、どこまでもお付き合いさせて頂きます。

一通り遊んでホテルにチェックイン。
札幌のホテルは「JRタワーホテル日航」ですわ。
駅に直結してて便利、ちゅうだけで選びました。
我が親友、私以上に歩くのが嫌いなのよねー。(笑)
お部屋はこんな感じ。
お風呂は洗い場が付いてるのがいいね。
と言っても、このホテル、温泉があるのよ。
都会の大きな駅に直結してる所謂シティーホテルに温泉があるだなんて!
初めて聞いたわ。
ええ、もちろん入りましたがな。
22階のお風呂に入りながら見る夕焼けもええもんですなぁ。
入泉料は宿泊者割引きで1500円也。
プチ贅沢ですな。
あとでわかったんだけど、同日ならもう1回入れるみたい。
ええ、もちろん寝る前に入って来ましたよ。
ハハハ、貧乏性でしょ?

夕飯をは、去年も行ったサッポロビール園の「ガーデングリル」
2人でたらふく食べて、また動けません状態よ。(笑)
このままホテルに戻って温泉に入ったら、絶対にヤバイ。
つうわけで、ホテルの上(?)にJRタワーの展望台へ夜景を見に行きましたよ。
ここもなかなかええですなぁ。
ふふ、おばはん2人で来るところじゃないけどね。

さ、温泉にも入ったし、明日はまた4時起きだから、もう寝ますね。
明日は小樽に行く予定です。


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )



登別におりますなり~







最大の難関である飛行機を何とかやり過ごしました。
ふぅ~、毎回嫌な汗をかくわ。
いつになく無口な私に、相棒は戸惑ってるようでした。(笑)
飛行機を怖がる私がそんなに意外かい!
ハハハ。
無事千歳から着き、ドキドキだった移動もスムーズに出来、只今登別におります。
今夜のホテルは、「望楼NOGUCHI」
いくつか候補を挙げて、ムラカミーチェ「どこがいい?」と聞いたら、ここを選んだの。
ムラカミーチェの希望はベッドの部屋がいいこと、部屋にお風呂が付いていること、そして、私の希望は部屋食じゃないこと。
お互いの希望をクリアしたので、予約したのよ。
ちょっとコンセプト負けかな、ゆう気もしますが(笑)、団体客もいないし静かでええところです。
しかーし、部屋に源泉掛け流しの温泉があるのはいいのですが、ベッドルームの隣りにしかもガラス張りなのよ。
一応、ブラインドで目隠し出来るようにはなってるんだけど、もしかしておばはん2人で泊まるホテルじゃなかった?
うむむ~。
立派な大浴場もあって、ムラカミーチェは夕飯前に一風呂浴びておりましたわ。

夕飯をたらふく食べて、ええ感じです。
ボタン海老が美味しかったなぁ。
ちと食べ過ぎて、リビングでトドのようになっております。
せっかくなので、私も温泉に入って来ますわ。


コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )



遠足の前日・・・なり~







今朝、新聞を読んでたら、橋下さんと石原さんが仲直りしたゆう記事と笑顔で握手してる写真が載ってて、仰け反りそうになったわたくしです。
石原さん曰く、
>体張って物事を変えていこうという仲間は仲たがいできるものじゃない。私たちは大きな使命がある。
ええーっ!
あんたぁ~、つい何日か前に、橋下さんのことを「終わったね…、この人」ゆうてましたやん!
私ゃ、てっきり泥舟からさっさと降りるんかと思ってましたがな。
いやはや、なんと申してよいのやら・・・
ただただ、この人達、気持ち悪いわ。

さて、北海道行きを明日に控え、今日はのんびりと過ごしておりました。
去年も25日から北海道に行ってるんだよねー。(笑
何で今年も行くことになったかと申しますとですなぁ・・・
去年、さんざっぱらムラカミーチェに旅行の話をしたんですよ。
そしたら、ムラカミーチェ「ええなぁ、私も行きたい」ゆうてたんです。
私も調子がええもんやから(笑、「じゃ、来年の今頃一緒に行く?」とつい言っちゃったのね。
そんなもん言うた方は忘れてますわな。
ええ、私はすっかり忘れておりました。
今年に入ってからムラカミーチェ「北海道はいつ行く?」聞かれまして、ああああぁ~、そう言えばそんな約束しましたなぁ。
忘れてはおりましたが、約束は約束。
自分の言ったことには責任を持たなきゃね。
アホだ~。
まぁ、あれから1年、叔母のええ供養にもなるだろうしね。
ってんで、3ヶ月ほど前から飛行機やホテル、レストランを手配しましたよ。
どうせ行くなら、と豪華なツアーを組んでやりましたわ。
ハハハ。
擬似親娘、1泊だけ登別で、あとは札幌でただただ食べる4泊5日の旅に行って来ます。

旅行と言えば・・・。
先日、修学旅行で沖縄に行って来たRAY(従姉妹の娘)がお土産を送ってくれました。
2cmもないんじゃないかなぁ、ちっちゃいちっちゃいペアのシーサーでございましたわ。
小遣いもあげてないのに、私とにと買って来てくれたのよ。
ありがとう。
お勉強はとにかく(笑、とりあえず気遣いが出来る優しい子に育っているようで、うきちゃんは嬉しいよ。
それにしても、笑っちゃうのが、ママよ。
「あんたら何をもらった?私は何やフワフワしたカステラみたいなお菓子やったわ。5千円もするお菓子やで」
↑小遣いに5千円あげたらしい。
も~、嫌らしいこと言わんといてよ。(笑
ったく、しょうがないばあさんだよ。
ハハハ。

そうそう。
午後から毎月送ってもらってる福島の野菜が届いたんですよ。
今月はさくらんぼ、蕪、キャベツに玉ねぎ、トマト2種、生きくらげに大根の甘酢漬け、人参ジュースに刻み海苔。
海苔は、「ほっと悠」で障がい者の方達が加工をされたものらしいです。
何やら梅風味らしくてめっちゃ興味が湧くけど、食べたらあかんよな。
素麺なんかと一緒に食べたら美味しいんだろうなぁ。
残念。
ふふふ、そして、「今月は入ってるかなぁ、入ってたらいいなぁ」と思ってたさくらんぼ、入っておりました!
と2人で秒殺でしたわ。(笑
北海道から戻ったら、また注文しよ。
考えてみたら、福島からいろいろ取り寄せるようになってから、さくらんぼもグッと身近になりましたわ。
ありがたいのう。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



タイムマシーンに乗った!?なり~







昨夜は帰りが遅くて、更新出来ず失礼しました。
朝10時過ぎに家を出て、帰って来たのは夜の11時前でした。
もう疲れてヘトヘトなのに、なみちゃんと別れ難くて(恋人かよ!)フルコースをこなしてきちゃったわ。ホホホ。

まずはランチね。
なみちゃんが選んだお店は、車道の「Mirabelle」というフランス人がやってるビストロ。
行ってみたかったんだって。
店内はカフェみたいでカジュアルな感じね。
ランチはABCと3種類あったかなぁ。
私達は前菜にパテ・ド・カンパーニュか鴨のリエットが付いているコース(2400円)にしました。
なみちゃんが選んだパテ・ド・カンパーニュ。
もう、この量にびっくりよ。
とりあえず鴨のリエットと半分ずつシェアしましたよ。
コレ、ちょっとお酒がないとシンドイのう。
って!飲めないじゃーん。(笑
スープはトマトで、温かいのと冷たいのとを選べました。
私はもちろん冷たいのね。
ガスバッチョみたいなものを想像してたんだけど、まんまトマトでした。
それにしてもデカイぞ。
リエットでちとパンを食べ過ぎてたので、早くもお腹がヤバイ感じ。
メインは食べられるか心配してたんだけど、何とか大丈夫でした。(笑
チーズとパン粉を掛けて焼いた白身魚の下にマッシュポテトがおりました。
コレはねー、さして珍しいお料理じゃないけど、私が大好きな味だった。
たぶん皆さんが想像する味だけど、何だろ、バランスが良かったのかな。
デザートはキャラメルとストロベリーのアイスクリームを選びました。
これはまぁ、可も不可もなくかな。
なみちゃんが選んだレモンタルト。
3,4種類あって、タルトが充実してましたな。
クッキー生地じゃなくて、パイ生地だった。
レモンクリームを少し味見させてもらったんだけど、アーモンドプードルのザラザラした舌触りがね、ちょっと気になった。
ムースにするとか、もっと滑らかな方がレモンに合うと思う。
何だかんだ積もる話をしながら、2時間くらい掛けて食べたわ。
お店はそれほど混んでなかったからいいようなもんの、おばちゃん達、話し始めたら止まらないんだよなぁ。
んでもって、私ったら!なみちゃんのことをムラカミーチェとつい呼んじゃってねー、「ねぇ、ムラカミーチェ、最近どう?」って!
オイオイ、失礼極まりないでしょ。
あかんあかんとは思うんだけど、何故だか呼んじゃうの。
この頃ムラカミーチェとしかお出掛けしないからかなぁ。
ねぇやんにも「ジン(夫)ちゃん」と呼ぶときがあるんだよねー。
途中から、「申し訳ないけど、私、相当ウロが回ってるから、今日はムラカミーチェで通してもいい?」
ええ人のなみちゃん「ええよ。今日は私ムラカミーチェになるわ」ですって。
ありがたい!
って!ほんまにあんた何とかせいよぉぉ。

そうそう。
お店に行く途中にね、「いろは菓子舗」という歴史のありそうな和和菓子屋さんがあったのよ。
つい気になって入ったら、「そら豆のささ餅」なるものがあって、試しに買ってみました。
お餅の中にそら豆餡が入ってるの。
「豆ご飯みたい」と言っておりました。
そうなの、何だろ、餡というよりまんま豆なのよ。
だから少しモサモサするのね。
試して気が済みました、ハイ。(笑
せっかく車道まで来たということで、大塚屋さん(布地屋)でテーブルクロス用の布を買いました。
しっかし、手芸ゆうか、自分で何かを作る人って結構いるのねー。
会話を聞いてたら、「コレは、何ちゃら(イギリスの有名なメーカーらしい)風のプリントね。やっぱり本物とは違うから、私は何ちゃらを買うわ」
とか言ってるのね。
あんたら、その「何ちゃら」を一目見てわかるんかい?
見たら、その「何ちゃら」ゆうメーカーの布がさぁ、1m5千円くらいするのよ。
しかもその生地は、コットンだよ、コットン。
んなもん買って作るってさぁ、既製品を買った方がよっぽど安いし、縫製もちゃんとしてるし手軽でええやん。
と思うんだけど、違うんだろうねぇ。(笑
場違いなところに足を踏み入れたみたいでしたわ。ハハハ。

名古屋駅に戻って、高島屋の地下や富沢さんをウロウロした後、お茶。
さっきさんざっぱら食べておいて、フォートナム&メイソンでスコーン。
久しぶりに食べてみて、私が目指してたのはコレ?という気がした。
うん?私がこの間から作ってるスコーンの方が美味しいじゃん。
オイオイ。
確かに私の方が美味しいとは思うけど(笑、このパンっぽいのにボソボソした感じ、コレはどうやって出すかなぁ。
↑私の作るものはもっとバターの香りがしてしっとりしてる気がする。
うーん、ちょっとまた考えてみる。
それにしても、紅茶を2杯も飲んでお腹がタポタポ。
アホだ。ハハハ。

さ、メインの映画「グランド・マスター」ですよ、ようやく辿り着きました。
シネコンと言われてるところは、どこも雰囲気が同じですなぁ。
困るのが天井の高さのせいか、アナウンスが聞き取れないのよ。
あれ、皆聞き取れてるのかなぁ・・・。
いつ受付が始まるのはわかんなくて、ドキドキしたよ。
あ、映画の感想?
ふれこみは、ウォン・カーウァイ監督が初めてカンフーを題材に取り上げ、ブルース・リーの師匠のイップ・マンの物語を描く、ちゅうもんだったんです。
うーん、これがやなぁ、ストーリーそっちのけで「こんなん出来まっせ」ゆう映像の見本市なの。
これでもか!ってワイヤーアクションと細かいカット割り・・・
ウォン・カーウァイ監督なのよ。(笑
中途半端なままクレジットが流れ始めて、ええーっ?もうお終いかよ~。
チャン・ツィイーは、なんで死んだんや?アヘンか?病気か?
一線天(カミソリ)は必要な配役やったんか?
トニーレオン、奥さんを中国に残したままって、んな殺生な。
いやいや、それよりトニー・レオンとチャン・ツィイーのロマンスは、どないなってんのや?
好き同士やったんちゃうんか?
あー、モヤモヤするわ。
また馬三役のマックス・チャンさんがさぁ、桑名正博さんにもめっちゃ似てるし、小澤征悦さんを細身にさした感じでもあるし・・・
とそれも気になって気になって。(笑
といろいろモヤモヤがありつつも、我らはトニー・レオンさんを見られただけで良かったわ。
相変わらず男前でした。
ふふふ、結局はミーハーなのよ。
人の事は言えんけど、トニー・レオンさんも歳を取りはったわ。
円熟を通り越しておじいちゃんに見えてしまった。
失礼!
我々はおじいちゃんになろうと何になろうと、死ぬまであなたのファンよ。
というときます。
ハハハ。

映画が終わったのは8時半、お腹は空いてないけど、ちょっと小腹に入れておきますかと「鼎泰豐」で汁そばと小籠包とシュウマイを食べました。
さすがに食べてばかりで苦しいぞ。
汁そばをすするくらいなら・・・と思ったのが百年目。
もう動けん。
私もヤキが回ったのう。
トホホ。

そして、最後はマリオットホテルに移動して、ラウンジでコーヒー。
椅子ではなく、ソファになみちゃんと並んで座り、コーヒーを2杯。
ちょっとカフェインも摂り過ぎたぞ。
喋り倒して笑って、脳みそがトロッとなった気がする。(笑
なんだかちょっとだけ時間が20代に戻ったような・・・
の奥さんではない、私が私に戻った、そんな1日でした。
あー、楽しかった。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



欲張り!?なり~







雨ですなぁ、明日はお出掛けするのにかなんなー。
しかも梅雨前線と台風が合体だって?
この間まで空梅雨と大騒ぎしてたのに、何でよりにもよって明日なの?
私、雨女なのよね。(笑
4月に上京したときにも嵐が来てたし、5月にスカイツリーを見に行ったときにもやっぱり雨だった。
そういや、自分の結婚式のときにも雨だったなぁ。
まぁ、これで少しは水不足が解消されたらええけど、雨ちゅうやつは限度を知らんのだよねぇ。
ったく、適度に降ってくれってね。
そんな勝手な話はないか。
ふぅ~、これ以上酷くならないといんだけど・・・。
もうさぁ、雨でかなわんのは洗濯物なんだけど、部屋干しにしておくのが嫌で乾燥機をかけたらの靴下がキューと縮んでしまった。
子供の靴下かよ!ってね。
あーあ、またやっちゃったよ。

さて、昨夜、が私の大好物を持って帰って来ました。
ホホホ、「大口屋」の餡麩三喜羅です。
卒業生が手土産に持って来てくれたそうです。
ありがとう~、めっちゃ嬉しい。
一昨日だったかなぁ、「PON」で誰かが「新食感のめっちゃ美味しいお菓子」ゆうて紹介してたんですよ。
スタジオで試食をしてたんだけど、皆さん普通に「美味しい」言うだけで、これが特別な麩まんじゅうであることが全然伝わってこなかったのね。
私の愛する餡麩三喜羅を普通の麩まんじゅうと一緒にすな!
違いのわからんヤツらめぇ。
わたくし、大いに不満でプリプリしておりましたの。(笑
そのタイミングで届いたから、余計に嬉しかったわ。
ハハハ。
またこれが笑っちゃうのがさぁ、が帰るコールのときに
「卒業生が大口屋の餡麩三喜羅を持って来てくれたよ。研究室の学生が『食べたい』ゆうてるけど、うっさんの好物だから持って帰るね」
と言ってたんですよ。
あんたもさぁ、そんなに欲張りなことせんでも・・・
「1個くらい分けてあげなよ」と言ったんですよ、言ったんですけど、は学生にあげすに全部持って帰って来たのよ。
ウチの、誰に似たんだかこういうセコイところがあるのよ。
「1個くらいあげたらよかったのに。食べたがってたんでしょ?」
「『この麩まんじゅうは、君の価値とうっさんの価値とは違う』と言って、研究室にあった何ちゃらラスクいうのをあげといた。それを喜んで食べてたよ」
だって。
まぁ、確かに私の餡麩三喜羅に対する思い入れは半端じゃないけど、あの食いしん坊(研究室の学生)には可哀想なことをしてしもたわ。
ええ、彼女の分まで美味しく頂きました。すまん。
今度また何かお菓子を作って埋め合わせをするよ。

お菓子と言えば・・・。
今日は抹茶あずきのシフォンケーキを作っておりました。
なみちゃんと会うので、手土産用にね。
彼女はシフォンケーキが好きらしいのよ。
楽なんだけど、つまんない。(笑
ま、準備万端整いました。
明日はウォン・カーウァイ監督の「グランド・マスター」を観に行って来ます。
そう、私の大好きなトニー・レオン主演の映画なのよ~。
めっちゃ楽しみ。
ウォン・カーウァイ監督とトニー・レオン「ブエノスアイレス」以来かしら。
そういや、あの映画はレスリー・チャンも出てたんだよなぁ。
彼はもういないのよねー、寂しいのう。
なみちゃんと彼の映画を何本観たかしら。
明日は積もる話が一杯出来そうだわ。
ワクワクしています。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



顔より髪!?なり~







先程、Yahooのトピックスを見たら、「ジョニデ 事実婚破局を語る」とあってさぁ、この「ジョニデ」っていったい何?
たった3文字を略してどうしようと言うのさ。
どうやら文字数制限のためでもなさそうだし(もっと長い見出しもあった)、万人がジョニデをジョニー・デップのことだとわかると思ってんのかね?
それとも記事に誘導するため?
この略語、強烈にあったま悪そうだわ。
私は言葉なんて時代と共に変わっていくもんだと思ってるし、若い人が仲間内で言い合ってるのもいいと思うのよ。
ま、私たちもそうであったしね。
でも、老若男女、万人に発信しているああいう場で、変な略語を使うのは止めてもらえんかのう。
前にさぁ、「モンペ」つう言葉を出てきたときには、しばらく何のことだかわからなかったよ。
モンスターペアレントのことだったのね?
天然過ぎるかもしれんけど、田舎もんのことを指すのかと思ったよ。(笑
実は「リフレ」もリフレクソロジーを指すのか、リフレッシュを指すのか未だによくわかってないんだー。
うん?これがおばさんになったってこと?
ふふふ、おばさん上等ね、ただでさえ頭が悪いのに、それ以上悪そうに見えたらあかんから、一生使わないでおくわ。
ええ、かなりイラッとしております。ホホ。

さて、今日は美容院に行って来ました。
パーマも伸び切ってボサボサもええところだったのよ。
「INOUE君(美容院)のところへに行って来い」と毎日のように言われておりました。(恥
何だろ、私にとって、美容院は出来れば行きたくない場所なのよねー。
だって、2時間近く鏡の中の自分と向き合わなきゃいけなんだよ?
しかもその姿をずっと他人に見られてるんだよ。
考えてみたら、おかしな場所でしょ?(笑
またその場所は、わざわざ予約を入れなきゃいけないところときたもんだ。
↑レストランの予約はホイホイするくせにね。
INOUE君がいくらいい人でも、なかなか足が向かないんだよねー。
と言い訳して早1ヶ月、本日遂に観念しました。
何故か?
それは・・・金曜日はなみちゃんと名古屋で映画を観る予定が入ってて、月曜日からはムラカミーチェと北海道に行く予定だからです。
私だって、友の前では一応見苦しくない程度にしていたいわけですよ。
現金でしょ?ホホホ。
暑くなって来て髪が首にまとわり付いて気持ち悪かったので、
「とにかく短くしてちょうだい」10cmほど切ってパーマをかけてもらいました。
あー、さっぱり。
これで当分行かなくてもいいと思ったら、まだ白髪染めが残ってるんですな。
ハイ、1ヵ月後に予約をして来ました。
出来れば自然のままにしたいんですけど、それにはまだ若過ぎるんだよね。
ただ手入れをサボってる人にしか見えない。
って!サボってるんですけど。ハハ。
とりあえず60歳くらいまで染め続けなきゃいけないのかなぁ。
面倒くさっ!
夫ハハは今75歳かなぁ、それなのにまだ髪は黒々してて(ある意味気持ち悪い(笑)、私より白髪が少ないのよ。
↑彼女に「自然が一番」とか言われるとイラッとする。
確かママも60過ぎまで染めずにいられたはず。
2人の母共髪の量も充分あるし、何だか不公平だよねー。
考えてみたらさぁ、不細工な顔って、会う度に慣れていくじゃない?
だけど、人の白髪って、会う度に気になっていきません?
不細工な顔を見て「直したらいいのになぁ」とはなかなか思わないけど、白髪は「染めたらいいのになぁ」と思うでしょ?
歳を取ったら、やっぱり顔より髪なんだね。

なんてことを考えながら帰って来たら、福島からトマトが届いていました。
今月はいつものプチトマトが品切れになっていたので(植え直してるのかな)、中玉フルーツトマトカンパリを注文しました。
めっちゃ美味しそうでしょ?
今冷蔵庫で冷やしてるので、デザートに齧り付こうかしら。
これで私が留守中ののビタミン補給も大丈夫そうだわ。(笑


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



運命って何だろ・・・なり~







蒸すねぇ、暑いねぇ、昨日は8月上旬の気候だったって?
この調子で3ヶ月続くと思うと・・・滅入ります。
今晩から雨が降るのかなぁ、ベタベタと嫌な風が吹いてますわ。
はぁ~、どよーん。

さて、今朝、「コレ、読んでみ」と新聞の投稿欄を指さしたのよ。
まぁ、それが涙ナシでは読めない「満州から引き揚げた人の話」だったの。
84歳のおじいちゃんの満州に渡った兄家族の話でね。
兄はソ連軍と交戦中に流れ弾に当たって死んで、兄嫁は5人の子供を連れて逃げるんだけど、途中「足手まといになる」と周囲に言われ、幼子3人を川に流しちゃうの。
その後、兄嫁は路上で病死、残された11歳と9歳の娘は中国人に引き取られるんだけど、11歳の長女は逃げ出して他の日本人に紛れて命からがら日本に戻ってくるのよ。
その長女も中国であったことを親族に話した後すぐに死んで、親族は中国に残った次女を捜してるんだけど、未だに消息不明と。
私は幼子を川に流しちゃうってのがショッキングで、何でそこで皆で死ななかったの?と思っちゃったのね。
でも、上の2人を生かすためにはそうするしかなかった。
何かさぁ、私の想像をはるかに超えた状況がそこには存在したんだよ。
ただ生きるだけのことが、唯一の価値感みたいな。
だからって、単純に今の私ののほほん生活に感謝しなくちゃとは思わないし、安っぽい同情するのも嫌だけど、考えてしまう。
極限状態に置かれたら、私はどんな行動をするんだろ。
私はよく「大事なものを守りたい。人として最後まで生きたい」と言ってるんだけど、たぶんめっちゃ甘ちゃん発言なんだろうね。
このパンを食べなきゃ死んじゃう、だけど、隣りに私と同じようにこのパンを食べなきゃ死んじゃう小さい子供(もちろん赤の他人)がいる。
どうするんだろ、私。
子供を払いのけて、きっと自分で食べるんだろうな。
私はそういう業の深い人間だもの。
あー、ヤダヤダ。

やはり人は衣食足りて礼節を知るもんだと思う。
確かに私の生活は恵まれているから、キレイ事も言えるし、人に恨みや妬みを持つことなく生きていける。
↑「恵まれている=お金」だけじゃないよ。
なーんにも考えずに好きなこと(全てじゃないけど)が出来る。
もちろん私自身の努力もあるけど(笑、運も大きく左右していると思うの。
どこで生まれ、誰に出会うか。
多少欠陥はあったものの情の深い両親の元に生まれ、イラッチながらも私のことを最優先に考えてくれるとまずまずな生活。
あまり自分で選択した気がしないんだよねー。
そう考えると、不思議なもんだねぇ。
10年後20年後は、どうなってるのかな。
今と変わらなかったりして。
流れるように生きていきたいわ~。
ふふふ、7月にまた上京して歌舞伎観劇しますのよ。
昨日、ペロンと郵便受けに入っておりましたわ。(笑
今の環境に感謝しつつ、その環境を楽しまなきゃ損よね。
オイオイ!ウチの財政規模じゃかなり贅沢だっつうの。
ハハハ。


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )



悲しみはいつまでも同じ形で続かないなり~







昨日は父の日だったのよね。
実家にも夫チチにも何もしなかったよ。(恥
でも、先月亡くなったおじさん(私を本当の子供のように可愛がって下すった方)にお花と好物のさくらんぼを手配しておいたの。
そしたら、今日の午後、おばさんからお礼の電話が入ったの。
話を聞いてたらさぁ、もうダメなのよ。
今度の土曜日が49日の法要で、納骨はまだ済ませてなくておじさんのお骨はまだ家にあるそうなのね。
おばさんは出掛けるときには骨壷を向って「行って来ます」と言い、今日一日あったとこを骨壷を撫でながら報告するんだって。
「今年もうきからお花と大好きなさくらんぼが届いたよ」って。
もう・・・あきません。
私もが先に逝ったら同じことをするのかなー。
1人残されるのは嫌、絶対に先に逝きたいわ。
と言っても、残されてしまったら、私はおもろいことがあったら笑うし、美味しいもんを食べて幸せな気分になったりするんだろうな。
私は生きて行くのよ、きっと。
この頃、よく思うの。
悲しいことって忘れはしないけど、本当に薄れるもんだって。
おばさんには、もう残された時間があまりない。
痛みが少しでも薄れるといいなぁ。

さて、そんなことをつらつら考えながらも、私の日常は過ぎていきます。
昨日のスコーン作って、余った生地で栗あんパンを作りました。
以前、miwaukeさんにもらった栗かのこが少し余っていたので、包んで焼いてみました。
焼きたてはめちゃウマッ!よ。
いや~、贅沢なパンだったわ。(笑
うん?パン?元はスコーンちゃうかったか?
ええ、完全にパンでした。
パン以外の何物でもありませんでした。
おっかしいのう。
とパンを焼いたら、変なスイッチが入ってしまってねー。
別に好きでもないし、思い入れもないものを作っちゃったよ。
へーゼルナッツのマカロンです。
ちょっと焼き色が付いたのは残念だけど、ピエもちゃんと出てマカロンっぽくないですか?
もしかしたら、マカロン、いつ作っても作れるようになるかも!?
忘れないうちに記録しておきます。
卵白35g(砂糖18g)・アーモンドプードル37g、純粉砂糖61g。
アーモンドプードルと粉砂糖は3対5、オーブンは2段でセットして鉄板を2枚重ねて200度で6分、上段だけで140度10分。
今回は焼き色が付いてしまったから、次回は130度で15分を試してみる。
次回って!?あんた、これだってどう消費するつもり?
そうであった、私の周り(近所)の人間は皆マカロン嫌いであったな。
うむむ~。
クリームはナシでこのままでもいい、と思われる方がいらっしゃるかしら?
いたら、送るんだけどなぁ・・・。
えっ!?クリームは付けてくれんのかい?
だって、クリームは別に実験したいわけじゃないし(笑、作るのも面倒だし、クリームがあると送るのも大変なんだもん。
クリームは自分で作るかジャムでも挟んでおいて下さいな。
オイオイ、めっちゃ無責任やなー。
ハハハ。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



実験台!?なり~







何やらアイドルのなりすましメールで詐欺に遭ったゆうニュースをやってたんだけど、こんなんに引っ掛かる人がおるねんなぁ。
「相談に乗って下さい」って、だいたい何でアイドルがあんたに悩みの相談をしてくると思えるねん?
なんであんたのアドレス知っとると思えるねん?
私、そこのところが不思議なんだよねー。
ファンクラブとかに入ってて、そこからアドレスが漏れたとか思ったのかなぁ。
AKBやから、何度も握手会とかに行ってて、自分の顔や名前を覚えてもらってると思ったんかな。
こう考えると身近に会えるアイドルゆうのも、良し悪しやな。
まぁ、詐欺をするような人達は、次から次へと考えるからねぇ、巧妙やったちゅうことなのかしら。
ほら、よくある投資の話とか、還付金やら、遺産をやるとかは大丈夫だと思うけど、もっと尤もらしいものが来たら・・・
私も「絶対に引っ掛からん!」とは言い切れんわ。
もし万が一、引っ掛かっても、絶対に言わないけどね。(笑
だってさぁ、言うたところでお金なんか返ってこないでしょ?
周りから、だた「アイツ、アホや」言われるだけやん。
そんなん絶対に嫌やわ~。
騙された上に、馬鹿にされるなんて耐えられん。
こんな人がおるから、きっとこの手の詐欺の被害が広がるのよね。
ハハハ。
ふと気になって、携帯を見たら、鞄の中で充電切れで放置されてました。
いつから放置されてたのか!?
たぶん木曜日にお出掛けして、そのままだったと思うな。
あんたの携帯電話、ほんまに携帯用の電話なのね。(笑

さて、今日は朝から昨日に引き続き、キリ番のお菓子を焼いておりました。
朝の涼しいうちに、と思ったんだけど、やっぱりダメね。
冷凍してあったパイ生地を使って、ピティヴィエを作ろうと思ったのよ。
焼きあがったら、うん?層が出来てないじゃん。
コレ、パイじゃなくて、クッキーだよぉぉ。
暑さでバターが溶けて、層が結合してしまったんだなぁ。
ピティヴィエとは違うお菓子と思って召し上がって下さい。
↑幸いリクエストのものじゃなかったのだー。
あんた、こんなん送るんかい!ハハハ。
申し訳なかったので、スコーンをもう1種類作ることにしました。
私がここのところ実験してる発酵するスコーン。
じゃじゃーん。
あんた、コレ、パンやん!
ハイ、間違いなく蜂蜜パンでございました。(笑
フォートナム&メイソンみたいなスコーンは、どうやったら作れるのかのう。
私が考えられる方法は試してみたで。
って!?人様に差し上げるもので実験するかぁ~?
ホホホ。
失礼ついでに、先日作って冷凍してあったマカロンも送ることにしました。
私の作るマカロンがどの程度か、判断してもらいたかったのよ。
溶けにくい「クレーム・ブール・ア・ラ・ムラング・イタリエンヌ」ゆうバタークリームを作って挟んでみました。
↑クリームナシのマカロンを冷凍してあった。
舌を噛みそうな名前のクリームでしょ?(笑
簡単に言えば、バターに卵白をシロップで固めて加えた軽くてムースのような食感のクリームなんです。
さ、どうでしょうなぁ。
もし、売ってるものに近かったら、もう少し実験を繰り返してマカロンに執着してみようかな、と思っています。
ふふふ、人を実験台にするなって!


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )



ダレダレであきませんなり~







朝からジメジメだったけど、とりあえず夕方まで雨は降らなかったお陰で洗濯物は何とか乾いてよかったわ~。
私、雨は嫌いだけど、夏の夕方の雨のニオイ、結構好き。
何だか土のニオイがしません?
あのニオイ、子供の頃の雨の中でずぶ濡れになりながら遊んだ思い出が蘇るニオイなんだよねー。
いつまで子供の感覚でいるねんって!
そうそう。
昨日、復興庁の例の職員のことを「おっちゃん、おっちゃん」ゆうてたんだけどさぁ、考えてみたら彼の方が年下なんだよね。(笑
「あんたに『おっちゃん』と言われる筋合いはないわい!」って怒られるで。
私、口では自分ことを「おばちゃん」ゆうてるけど、正直自覚はないんだ。
だって、従姉妹の子供にも、友の子供にも「うきちゃん」呼ばせて呼ばれて、「おばちゃん」って言われたことないのよ。
そういや、面と向って、「おばちゃん」と誰からも言われたことないかも。
↑もし言われたら、怒るだろうね。(笑
そら、自覚も生まれんわな。
ハハハ。
ほんまはこういうの、あかんのやろね。
若いんじゃなくて、「成長してない」って言うんだと思う。
今更直せはしないけど、自分が「アカンタレ」やいうことだけは自覚しておかなあかんわ~。

さて、今日も朝からはお出掛けで、私は引き篭もっておりました。
休日なのに、いつもと変わりない1人遊びの一日でしたわ。
指の傷も治って来たので、そろそろシュガーさんにキリ番のお菓子を送ろうと思って仕込みをしてたの。
もうこう気温が上がるといけませんな。
ちょっと厳しいね。
めっちゃブッ細工でしょ?
ヘーゼルナッツのガレッドブルトンヌを作ったんだけど、作業中から生地がダレてダレて飾りを入れるどころじゃないのよ。
ちゃーちゃーとやったつもりが単なる手抜きになってしまったみたい。
味見をしたら、味も食感もサクサクでいいんだけど、見た目が・・・いかんともし難いのう。
本来なら、人様(初めてだしねー)に差し上げるものなんだからやり直したいところだけど、こう暑いと何度やっても同じ結果になると思う。
「いつもはもっと美しく出来るのよ~」ということで許してもらおう。(笑
しょうがない、夏ですもん。
タルトも作ろうと思ったんだけど、この調子だとちと厳しいのう。
どうしましょ、と今悩んでいるところです。
リクエストのスコーン(仕込むだけは仕込んだ)は大丈夫かなぁ、かなり不安になってきました。
うーん、うーん。
かなーりピンチです。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



つい気になっちゃってなり~







もうどこが悪いとか痛いとか書きたくないんだけどさぁ(笑、昨夜久しぶりに眩暈に襲われたのよぉぉ。
あまりの気持ち悪さに吐きそうなんだけど、吐けなくてシンドかったわ。
グルグル回る眩暈じゃなくて、横揺れの、特に左を向くと激しく揺れる。
朝も起きたとき少し残っていたんだけど、じきに治まったのよねー。
何だったんだろ?
どんなときに起こるか、もしかしたら法則つうか、条件があるかもしれないので、いつもと違うことをした記録だけして残しておきます。
・前日に強烈なストレスが掛かるようなことがあった。
・6月7日から抗生物質(フロモックス)を飲み、ゲンタシン軟膏を塗っていた。
・昨日は朝からお出掛けしてた。
・急に暑くなって、気温は30度を超えてた。
・コーヒーを6杯ほど飲んだ。
・トイレにいつもの3倍くらいは通った。

こうやって挙げてて思ったんだけど、もしかして、熱中症だった!?
コーヒーを飲みすぎて(利尿作用)、脱水症状を起こしてたのか?
そういや、寝る前に水を飲んで寝たけど、トイレには起きなかったなぁ。
ああ、そういうことだったのか。
気を付けないとねー。

さて、騒がれている「復興庁幹部のツイッター暴言」ね、私とっても気になることがあるのよ。
昨日見たYahooのトピックスニュースでは
>左翼のクソどもから、ひたすら罵声を浴びせられる集会に出席。不思議と反発は感じない。感じるのは相手の知性の欠除に対する哀れみのみ
と記載されてたの。
うん?「欠除」って、ニュースをUPした記者が変換ミスでもしたんかなぁ、と思ってたのよ。
ふふ、細かいことが気になるのよ。
そしたら、今朝の新聞にも「欠除」ってあってさぁ、もしかして、ツイッターの原文が「欠除」になってたんか?
もしそうなら、人に「知性の欠如」なんて言うたらあかんわなぁ。(笑
まぁ、だいたい「クソども」って表現が知性の欠如だよな。
私はね、確かに「おっちゃん、こんな話、飲み屋で同僚と愚痴りなよ」とは思うけど、同情するのよ。
↑飲みに行く時間もないんだろうけど。
やっすい給料(官僚って、仕事量の割に給料は安いのよ!)政治家に無理難題押し付けられて、住人には叩かれて・・・
シンドイ立場やと思うのよ。
せやけどね、人に「知性の欠如」なんて言うなら、「クソども」なんて表現を使ったらあかんわ。
「あんたはどんだけ知性があるねん!」と突っ込まれるやろー。
ええ、私は突っ込みましたよ。(笑
ほら、新大久保とかでヘイトスピーチを行ってる人達が「向こうもやってる」と言い訳してるんだけどさぁ、あれも不思議でしょうがないのよ。
だって、自分達より下やと思って蔑んでる相手となんで同じことをするの?
何で出来るの?
私やったら、そんなもんプライドが許さんけどなぁ。
何で向こうより賢いことをしたろ、と考えへんのかなー。
ま、考える人がおったら怖いか。
ハハハ。
よく人に「デリカシーがない」と言う人いるんだけど(私もよく言う(笑)、だいたいデリカシーを持ってたら、人に「デリカシーがない」って言えないよね。
まぁ、つまり相手は自分の鏡だってことよ。
相手に投げてる言葉は自分に投げてる、鏡を通して自分に跳ね返ってくる。
おっちゃんも一所懸命やってたはずなのに、いちいちショッキングな言葉尻を捉えられて残念だねぇ。
今後は穴を掘って、そこに向って愚痴らなきゃね。
ホホホ、「あんたもね!」と自分に突っ込んでおきます。

と病み上がりにどうでもいいようなことを考えておりました。
つまりヒマジンってことね。
それより、大変つうか、気の毒なのはよ。
毎日睡眠時間3時間くらいじゃないのかなぁ、ここのところ休日も何かしら仕事が入ってるし、ゆっくり出来てないのよ。
今日も自宅研究日で家にいるはずだったんだけど、午前中は講演が入ってて午後から調査よ。
明日も明後日も会議やら、調査やら・・・。
体、大丈夫なんかなぁ。
ゆうても、私は何も手伝ってやれないしねー。
せめての好きなものでも作ってやりましょ、とひさーしぶりに「うき夫ケーキ」を焼きましたの。
この時期、大抵のお菓子はダメなんだけど、バターを使ったお菓子だけは扱いやすくていいわね。
1ヶ月くらい作ってなかったけど、まぁまぁな出来だと思うわ。
喜ぶかなぁ。
さ、指もそろそろ大丈夫そうだし、そろそろ動き出しますか。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




« 前ページ