625000番を踏まれた方、ご連絡を下さいませ。

うき特製のお菓子をお送りします♪



台湾に行って来たなり~






----------------

1日目
2014.1.8

ようやく旅行記に手をつける気になりました。(笑
また長くなるかもしれませんが、お付き合いの程よろしくお願いします。

とにかく旅立つ前にバタバタしておりまして、とりあえず荷物を詰めて出掛けたと今回の旅でありました。
パートナーのムラカミーチェに頼れないつうのは、なかなか厳しいもんがありましたわ。
飛行機・ホテルや保険、持参するお土産至るまで全て1人で手配して、あのバタバタの中我ながらよくやったと褒めてやりたいです。
不思議なもんでさぁ、いつも何かしらヤラかすのに、今回は忘れ物や事件と言ったものが皆無だったのよねぇ。
集中力が違ったのかしら。
ハハハ。

行きの飛行機は、台北まで3時間超。
ほんまにこの時間が、私にとっては一番苦痛なのよね。
台北には12時過ぎに着くから、いつもは機内食には手をつけずお昼は着いてから食べるんだけど、今回は頂きましたよ~。
もう元を取ろうとしてセコイでしょ?
これだから貧乏人はいやーよね。ホホホ。
私は飛行機の中で高カロリーのものを食べるのが嫌なので和食を選択。
いやー、これは見事に外しました。
メインが鯵?(とにかく青い魚)の南蛮漬けだったのよ。
ダメじゃーん。
お漬物でご飯を食べました。
何やってんねん!
ムラカミーチェは洋食を選択。
こちらは当たりでした。
メインの牛の頬肉の煮込みを一口もらったんだけど、美味しかったわ。
チッ、悔しいのう。
いつもなら断るのに、セコイ根性がムクムクと湧いて来てまたこんなもんまでもらいました。
飛行機でアイスクリームを食べるのは、たぶん初めてかも。
乾燥してるから、結構いいねー。
今度から断らずにもらうことにしよ。(笑

無事桃園空港に着いて、迎えの車に乗ったんだけどさぁ、同乗してたご夫婦がこれまた愛想がない人達でねぇ。
↑JALで飛行機とホテルを取ったら、迎えが付いていた。
何が気に入らんのか知らんけど、ええ歳をした(私と同じくらい?)おっさんとおばはんやねんから挨拶をくらい返せや。
めっちゃ感じ悪かったわ。
先に別の安ホテルに降ろしてもらった彼ら。
口の悪い我らに、後で散々なことを言われてたのは知るまい。
ハハハ。
ホテルに着いて荷物を解いて、いざ迪化街へ。
ここのお寺、縁結びのお寺らしいのよ。
日本のガイドブックを持ったお姉ちゃん達で、エライこと賑わってました。
我らは一応良縁に恵まれてるので、スルーして乾物屋へ。
ほんまに「どうかしちゃったの?」ってくらいテンションが上がったわ。
お店を冷やかしつつドライフルーツを山ほど買って、ハーブティー(これがめちゃウマだった!)なんかも仕入れて満足満足。
いやいや、帰りの荷物を想像してちょっぴり後悔。
2時間ほど遊んでたかなぁ、本当は布問屋街も見て回りたかったんだけど、ムラカミーチェが興味がなさそうだったので諦めましたわ。
↑毎回諦めてるよなぁ。

ホテルに戻って少し寛いだ後、りんパパ・ママ主催の食事会へ。
私が「『上海郷村』の東坡肉が食べたい」とリクエストしてたの。
ど厚かましいでしょ?ホホ。
何や、お店が移転してて、綺麗になってスタイリッシュな店内に変わってましたわ。
ただ変わったのは店内だけで、小姐は相変わらず怖いお姉さんでした。
あの無愛想さが台北に来た気がして、妙に落ち着くわ。(笑
それにしても!まぁ、お料理はすごかったですよ。
数えたら、デザートも入れて14品でした。
↑アニメーションになってます。5秒で次の画像に移ります。
りんママセレクトなんだけど、東坡肉もウマウマだったし、大好物の鮑も嬉しかった~。
ただ1つだけ、困ったのが「臭豆腐」
ずーっと前に一度だけ食べたことがあって、そのときの感想は
「食べられなくはないけど、あの臭いを我慢してまで食うほど旨くはない」
だったんです。
屋台なんかで売ってるものに比べたらマイルドで上品なんですけど、やっぱりあの臭いは気になるなぁ。
たぶん・・・またしばらく口にすることはないと思う。(笑
しっかし、美味しいもんが一杯あって、ほんまに台湾ええところです。
無理をしてでも来て良かった。
と初日から1mmたりともお腹に余裕がないほど食べちゃいました。
うーっ、苦しい。

そうそう。
笑っちゃうのが、チビりん(娘)を挟んでテンスアップちゃんケビン(彼女の夫)が座ってたのね。
久しぶりに会った私と話をするために、ケビンに娘の世話をお願いしたいところだったと思うんだけどさぁ。
まぁ、これが!私が見てても、彼は役に立たないのよ。(笑
テンスアップちゃん、目を三角にして怒っておりましたわ。
彼の影がどんどん薄くなっていってるような気がする。
大丈夫かしら?
ハハハ。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )