我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+コスメたまーに日記
12周年✨ありがとです❤️TBは受付送信共にやめました

ザ・ファイター/ THE FIGHTER

2011-03-27 18:17:30 | 劇場&試写★6以上

 

 

ランキングクリッ クしてね
please click

 

アカデミー賞作品賞ノミネートで話題の作品

実在のボクサー、ミッキー・ウォードと兄のディッキー・エクランドをモデルに映画化。

 

「俺なしで何ができる?」が口癖の兄と、マネージャー役の過保護な母親アリス、気弱な父、小姑根性の小うるさい姉妹たち。 

濃すぎる家族関係につぶされそうなミッキーが勝利を収めるには、街を離れ一人になることが必要なのか? 栄光と挫折、家族の絆を描いた実話。 

 

監督はデビッド・O・ラッセル

デビュー作、ベン・スティラー主演の96年のコメディ「アメリカの災難」、「スリー・キングス」「アダプテーション」

そしてジュード出演のコメディ「ハッカビーズ」と、どれもつまらなかったので正直期待はしてなかったんだけど、、、、

 

アカデミー賞助演男優賞受賞!クリスチャン・ベール!

麻薬常習犯で、だらしない性格、元は名ボクサーだった兄。

ガリガリに痩せて不眠症男を演じた「マシニスト」を思わせる

激痩せ&後ハゲ状態で、ディッキーを演じきる。

その素晴らしい変貌ぶりでオスカー受賞も納得☆

 

再起をかける弟、ミッキーには、本作のプロデューサーも勤めたマーク・ウォールバーグ。

ファイティングシーンもお見事。

 

そのミッキーの恋人になるイキのいいバーテン、シャーリーンにはエイミー・アダムス。

 

そして、マネージャー担当で小うるさいママには、

本作でアカデミー賞助演女優賞受賞のメリッサ・レオ。「フローズン・リバー」にも出てました

この方、名前と顔が一致していなかったから、誰!?このすごいハマり演技。

名前調べようと思って観ていたらこの人だったのね。こちらのオスカー受賞も納得。

 

あと、ディッキーとミッキーのやかましい異父姉妹たち

ただのオバさん連中に見えるけど、兄弟を応援するあまりにミッキーの恋人の家に母親と乗り込んで

取っ組み合いとか小姑みたいなキャラ、ウケる

 

 

1980年代のマサチューセッツ州ローウェル。米ボクシング界のスター、シュガー・レイ・レナードと拳を交わしたことのあるディッキーは街の英 雄だったが、

戦いに敗れたことから麻薬に手を染め、投獄される。

そんな兄の陰でミッキーは早くからアマチュアボクサーとして実績を積み、訓練するも

過保護な母アリスや兄に言われるがままに試合を重ねるが、一度も勝利を収められず………。

 

 

 

7/10(78点)

 

 

この監督史上いちばん面白かった♪

再起をかけて王者となる為に戦いに挑む男の姿はちょっとミッキー・ロークの「レスラー」とも

かぶる部分あるけど、こちらは周りの家族と恋人との板挟み状態なところが面白い。

そして、夢を叶えられなかった兄が弟に託す思い。

泣けるほどに感動というのではなかったけど、どんな時も兄貴を信じる弟の姿、

兄弟の絆にありきたりだけどやっぱりジンときちゃう。

兄は自分にとっての憧れのヒーローであり、シュガー・レイを倒したのだと、誰より信じている弟。

見事にハマり役の俳優たちが素晴らしい、特にはやっぱり

クリスチャン・ベールと、ママ役のメリッサ・レオ。

 

加えて、ガンガンかかるRock、エアロスミスや、レッチリ、レッド・ツェッペリンなどの選曲もなかなか。

70年代風に荒いホームビデオ風映像もいい感じでした~。

「ハッカビーズ」も「アメリカの災難」も

もしかしたら今見直せば面白いのかも?とちょっと思えて来た(笑)

それにしても初日なのに劇場、渋谷での夜の回ガラガラでした。大丈夫なのかなー。

気になる方はこの迫力是非劇場で♪

 

サントラ収録曲

1. On the Couch
2. First Kiss
3. Not Going to Help
4. Hand Beating
5. Jail
6. Detox
7. He Slipped
8. It's My Life
9. Ladies Day Out
10. Ward vs. Sanchez
11. Dickie Released
12. Mickey Fires Dickie
13. Cakewalk
14. Ward vs. Neary
15. Close Credit Alt. (Bonus Verison)

 

 

 公式サイト 

THE FIGHTER       2010年   アメリカ    116min

3月26日より、公開中~

 

アカデミー賞授賞式にて。クリスチャン・ベール演じた、本物のディッキー・エクランドと。


劇中にも、兄弟揃ってエンドロールで登場☆

 

プレミアにて。

ガリガリから元に戻って髭もじゃになったクリスチャン。マークはいつみても同じ顔

 

妻と。

しかしこれ もじゃすぎ

 

 

クリックして下さってる方々ありがとう

←please click

 

 


 

『映画』 ジャンルのランキング
Comments (40)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ビー・デビル /BEDEVILLED | TOP | ランナウェイズ / The Runaways »

40 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
ランキング (まっつぁんこ)
2011-03-27 19:32:41
クリッ クしといたよ~(笑)
これはみんな観に行った方が良い作品だと思います。
こんばんは。 (BROOK)
2011-03-27 20:11:19
クリスチャン・ベールとメリッサ・レオの演技は非常に素晴らしかったですね。
もちろんマーク・ウォルバーグも良かったのですが、2人を前に少し霞んでしまいました。

ボクシング映画というよりは、ヒューマンドラマで、
家族愛と兄弟愛を上手く描いていたと思います。
こんばんw (JUN)
2011-03-27 21:35:17
この映画の内容的には...よくあるパターンの映画なんですが。

作者の伝えたい「兄弟の絆」
シンプルなんですがとても大事な事。

表現方法はそれぞれあると思いますが、これはこれでとてもいい映画なのではないでしょうか。

レビュー「とても楽しく読ませて頂きました。」

次回の更新も楽しみにしてますね!
こんばんわ (にゃむばなな)
2011-03-27 21:38:40
オスカーを受賞した2人の憎たらしさは凄かったですね。
特にクリスチャン・ベイルは痩せ方といい、ハゲ方といい、気合入ってましたね。
EDロールのホンモノさんそっくりな仕草もお見事でしたよ。
■サントラ (えい)
2011-03-27 22:54:44
サントラに、
オスカー受賞ふたりが歌う「ジョーク」が入っていないんだ。
少し残念!
Unknown (KLY)
2011-03-28 02:18:17
新宿で夕方の回だったけど半分いってないかな。面白い作品だと思うんだけどねー、ハリウッドのボクシングモノなんで流石に食傷気味な人も多いかと思います。もっともだからこそ安定して面白いと思うんだけどねぇ。(笑)
それにしてもディッキーがミッキーより目立とうとする様子と、実際のマークとクリスチャンの立場が同じ位置関係になってるのが面白かったです。結果としてクリスチャンが喰い気味だったし。
クリスチャンの演技は私が今までこの人を見た中で1番だったと思います。
まっつあんさん☆ (mig)
2011-03-28 09:03:49
おはようです♪
クリック感謝♡
やっぱり地震のせいかな、どこもガラガラみたい、もったいないよね、、、
BROOKさん☆ (mig)
2011-03-28 09:05:22
うんうん、まさにその通りですね。
ボクシング映画としてというよりもドラマ、とりわけ兄弟愛を描いた作品。
過保護なママや姉妹達の存在も面白かったですね☆
☆JUNさん (mig)
2011-03-28 09:07:07
いつもありがとうございます♡ツイートまで☆
コメントしようと思ったら書き込み出来ないんですね、
そうありきたりな話でシンプルなんだけど、キャストがやっぱりいいんですよね。

☆にゃむばななさん (mig)
2011-03-28 09:08:25
ほんとクリスチャンベールの変わりようにはビックリ。骸骨みたいな顔になってるしー。
マシニストもまた観たくなっちゃったな!
ご本人、おじいちゃんだけどなんとなくにてましたしね☆
☆えいさん (mig)
2011-03-28 09:09:34
どんな曲だったかなぁ、覚えてないけど、、、
期待してなかったせいもあるかもだけど面白かった☆
最近つまらないのが多かったけど、、、
えいさん4月のオススメも教えて下さいね~
KLYさん★ (mig)
2011-03-28 09:13:02
うーん、どこもすいてるのね。。。
この震災で極力外に出ない人も実は多いようだしやっぱり影響してるんだろうな、アカデミー賞作品ノミニーだからもっと入るはずだもの、、、。
ボクシングシーンはそんなにないけど全編通してなかなか面白かった☆
まだまだ見逃してるの多いの~
イップマンも結局行けずだわ、、、
あらら・・ (**joy**)
2011-03-28 09:59:34
見に行こうと思ってシアター調べたら、大阪では梅田のシネコンとかではやっていない!びっくり。
ありえない、梅田って劇場多いのに。そんなマイナーな作品やの?
自粛ムードも長引くと危険だと思いますね・・。
こんにちは~♪ (kira)
2011-03-28 15:28:02
ありがちストーリーだったけど、
キャストの演技と演出が見事でした♪

書き忘れちゃったけど、ホント、音楽も良かった

地元シアターは半分ほどの入り、
計画停電の影響だと思うわ
**joy**さん (mig)
2011-03-29 09:25:34
おはようございます☆
ありゃ、、、そうなんですか?!
アカデミー賞作品賞ノミニーなのに、、、
今回の震災で拡大公開も難しいのかなぁ
☆kiraさん (mig)
2011-03-29 09:27:26
おはようございます☆

キャスト、音楽良かったですね、
ストーリーはそうでもないけど役者たちが皆ハマってたのでカバーかな。

停電の影響、夏迄続くらしいですね 大変だわ、、、、
確かに (rose_chocolat)
2011-03-29 23:56:19
公開初日に行ったんだけど、今一つ席の埋まり具合はよくなかったかな。
土日のレイトなしってのはシネコンにも痛手でしょうね。。
migさん♪ (mezzotint)
2011-03-30 07:49:54
おはようございます!
「マシニスト」観ました。随分前ですね。
あの作品で、彼を初めて知りました。
あれはかなりインパクトありましたね。
今回はそこまでではなかったけど、あの時の
ベールの姿が蘇ってきましたね。
お話はありそうなものでしたが、なかなか
面白かったですね。
roseさん☆ (mig)
2011-03-30 08:14:33
シネコンレイトショーってそんなに需要あるんだ~
大阪のほうにはいってないみたいだし
それはないわって感じだわ~
mezzotintoさん☆ (mig)
2011-03-30 08:18:39
おはようございます☆
観てましたか、クリスチャンの役者魂すごいですね
ジャレットレトの太った芝居もビックリだったケド
入り込んだ演技には魅了されますよね!
一発逆転 (有閑マダム)
2011-03-30 14:00:15
ボクサーの映画なのだけれど、意外なほどボクシングそのものよりも、家族関係に釘付けになってしまう不思議な映画でした。
クリスチャン・ベイルは、こういうちょっと病的な人物の役が上手いですね~
私もマシニストを思い出しましたよ。

映画館がガラガラだったというのは、やはり今の日本では、映画を観る気持ちになれる人が少ないということなのでしょうか。
色々と心配事が絶えないと思います。
でも、そういうときこそ、映画などが気分を変えて活力を養う役に立つと良いですね。
☆有閑マダムさん (mig)
2011-03-31 09:47:45
おはようございます☆

うんうん、本当そうですね。
ただの?ボクサー映画だと思って興味もってもらえない部分もあるのかな、でもやっぱり震災の影響はかなりあるでしょうね、、、
あ、でもシアターNなんかでやってる作品なんかはかなり混んでるけど、、、
劇場の大きさの差かな、、、
この監督史上!笑 (ノルウェーまだ~む)
2011-03-31 20:48:08
migちゃん、この監督史上最高っていうのが、笑えた~
アカデミー賞ノミネートされていただけのことはあったのかな☆
確かにクリスチャンベールの変貌振りはすごいよね。
話はそれほどでもないけど、役者の演技が素晴らしいのかしら。
やっぱり要チェックだわね。
それにしても、異父姉妹多すぎ!どんだけ生むの~!?
★まだ~む☆ (mig)
2011-04-01 10:32:43
こちらにもありがと!
だって~他のが面白くないんだもん!(笑)

クリスチャン、ほんとすごいよ、うん、観て欲しいな~。
DVDでもいいよ♪

そうそう、「ほぼトワイライト」観たんだけど途中で飽きちゃった
絵に描いた地味さ (クラム)
2011-04-02 21:20:54
いい映画だけにもったいないですよね。
何よりタイトルに個性がない。
思わず困った邦題かと思ったら、これは原題どおり。

C.ベールの病的なやせ方へのアプローチなんて、
相当なみどころだと思うけれど、
どうしても知ってる人までしか届かない。
小さめのマーケット狙いで打倒かなと思う次第です。
クラムさん☆ (mig)
2011-04-02 23:59:02
こんばんは☆
そうですね~、確かにタイトルもフツウ過ぎ。海外のって案外気にせずにそのまんまのつけることって多いですよねぇ、個性無いなぁ。

観た人の評価は概ね高いからほんと勿体ない。
こんにちは。 (オリーブリー)
2011-04-03 16:07:38
「スリー・キングス」だけは面白かったけど、これは、概ね評価良い作品でしょうね。
ベイルは良かったけど、マークの評価がもう少しあっても良かったかも(苦笑)
7点ね^^ (latifa)
2011-04-03 20:32:45
監督はデビッド・O・ラッセル。

migさん、こんにちは!
クリスチャン・ベール、ここまでやらんでも?って位のなりきり演技で凄かったですね。
私は、まあ普通に面白かったかな・・・って程度でした。

>「アメリカの災難」、「スリー・キングス」「アダプテーション」~~~と、どれもつまらなかったので正直期待はしてなかったんだけど、、、
 私も全部ダメだったの。
本作はその中では一番面白く見れたけど、でもやっぱりあんまり相性良くはないのかも(^^ゞ
オリーブリーさん☆ (mig)
2011-04-03 23:31:43
こんばんは☆
スリーキングスも私全くダメだったんですよね~。
今回、面白かった♡
今観たらハッカビーズも楽しめるのかなぁ??
☆latifaさん (mig)
2011-04-03 23:33:48
こんばんは☆

アハハ、latifaさんはこれ含め全部ダメ?
そりゃあもうこの監督のは間違いなく相性悪いんでしょうね、
って私もこれだけだな~。
あとでお邪魔します!

これ好き~♪ (tomoco)
2011-04-04 21:01:16
migちゃん☆7つだったか~(笑

映画の日のお昼間、渋谷の2階席はたった5人、
下のフロアの「高校デビュー」は激混みだったのにな~
実はクリスチャン・ベイルって今までまともに観たことなかったけど、すごくよかった!
体重落としたり髪の毛抜いたりって気合いもすごいけど、
ディッキー役を楽しんでるみたいな、そういう余裕も感じたわ♪

あれ?「レスラー」も大好きなんだけど、なぜか自分の中ではかぶらなかったわ、、
tomocoさん☆ (mig)
2011-04-05 16:07:15
ふふふ、でしょー。8つけた覚えはないなって思ったもの(笑)
8以上はまた観たいくらい相当好きな場合なの
これは思ったより良かった♪
そっか~、あそこの二階席はいつもけっこうすいてるのヨ★

クリスチャンベールが激痩せで不眠症男になった「マシニスト」そこそこ面白いから今度観てみて~私もまた観たくなっちゃった。

こんばんは (ノラネコ)
2011-04-05 22:56:48
何となく「レスラー」っぽいと思ってたら、これ元々アロノフスキーの映画だったんですね。
製作チームに名前残ってるし。
現実の取り込みかたなんて結構似たアプローチだなあと感じました。
やはり役者の映画ですけど、ウォールバーグもせめてノミネートはしてあげたかったなあ。
地味キャラですけど、受けの芝居は難しいものですから。
☆ノラネコさん (mig)
2011-04-06 12:26:45
こんにちは

えー、そうなんですか?
へぇ。。。どちらにしてもそういうファイティング系のが強いのかな。
お、ノラネコさんはマークを評価してるんですね☆
わたしはそこまでかなぁ~
ボクサー、頑張ってましたけどね☆
gooにもTBどうもです。 (rose_chocolat)
2011-04-15 16:00:08
楽天からインポートすると、gooと書式が微妙に違っちゃってて、それを修正するのに時間かかりまくり。。
ちゃんと動きだすまでには結構かかりそうです。
時間ある時にぼちぼちやりたいと思います。
あー疲れた。。

これは私も★3.5。同じですね。レスラーの方が好き。
☆roseさん (mig)
2011-04-16 23:54:05
こちらこそ、わざわざTBしてくれてありがとです☆
疲れるでしょうね~、
新しいブログに移転、、、
gooは慣れたかな?
使い易い筈♪
Unknown (SGA屋ゴールデン・グローブ一)
2011-06-06 21:59:31
こんばんばん。migさんはイマイチだったみたいだけど、わたし『スリー・キングス』好きだったな。あれももうかれこれ10年前の作品か。なつかし~

この映画で学んだのは薬の禁断症状を克服したかったら刑務所に入るのが一番ということね。あ? わたしはやってないよ?
ヤクのぬけたディッキーがム所仲間から祝福されるシーンを見ていて、刑務所もそう悪いところじゃないなあ、と思いますた
伍一君 (mig)
2011-06-07 09:54:17
おはよー☆
あ、スリーキングスはいまいちだったわぁ。
なんかジョージさんのってつまんないのが多い気がしてる、ソダーバーグの含め(笑)

えー、刑務所は悪い所だよ
法を破った悪人しかいないんだよ?入ってみる?

伍一くんはショートショート、24日になりそうなんだよね?
私、その日だけ仕事で行けないかも、、、
芹澤さんの写真載せたのでみてみて
ミッキーのためを思うなら"よそでメシ食ってこい"と言うべき! (zebra)
2012-09-12 22:02:55
友達と見ました。

今回は厳しいコメントに なります。

問題児な母親と兄貴でしたね。母親を演じたメリッサ・レオがアカデミー賞の助演女優賞と兄貴を演じたクリスチャン・ベイルが助演男優賞を受賞した演技力は さすが!

 ミッキーは家族に甘過ぎですよ!それが元で前の奥さんと別れて娘との親権も無いんでしょうし、トレーナーや恋人のシャーリーンにも散々迷惑かけて・・・・

 "家族は家族、ボクシング・ビジネスはボクシング・ビジネス"の区分けをしないと・・・・

 ボクの小さいときの知り合いのレストランのご主人とその息子さんも そうでしたが、息子さんが後を継ぎたいと言った時 父親であるご主人は・・・

 "よそでメシ食ってこい"と言ったそうです。身内がそばにいては しがらみや甘えが出て 腕を磨くのに妨げになるから よそで修業して一人前になってこいって事です。

 母親と兄貴は そう言うべき立場なんです!
zebraさん (mig)
2012-09-12 23:34:23
いつもありがとう。
なんだか今回わたしが怒られてるみたい

まぁそうなんですがそういうところが映画で、
そういう話だから、、、ですかね。
家族がうるさかったことは覚えてるけど
観てから時間がずいぶん経つのでこまかいことまで
覚えてないですぅ。
これ、アカデミー賞作品賞ノミニーでしたね。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics