我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+たまーに日記★
11周年迎えました✨いつもありがとうございます!

ザ・ファイター/ THE FIGHTER

2011-03-27 18:17:30 | 劇場&試写★6以上

 

 

ランキングクリッ クしてね
please click

 

アカデミー賞作品賞ノミネートで話題の作品

実在のボクサー、ミッキー・ウォードと兄のディッキー・エクランドをモデルに映画化。

 

「俺なしで何ができる?」が口癖の兄と、マネージャー役の過保護な母親アリス、気弱な父、小姑根性の小うるさい姉妹たち。 

濃すぎる家族関係につぶされそうなミッキーが勝利を収めるには、街を離れ一人になることが必要なのか? 栄光と挫折、家族の絆を描いた実話。 

 

監督はデビッド・O・ラッセル

デビュー作、ベン・スティラー主演の96年のコメディ「アメリカの災難」、「スリー・キングス」「アダプテーション」

そしてジュード出演のコメディ「ハッカビーズ」と、どれもつまらなかったので正直期待はしてなかったんだけど、、、、

 

アカデミー賞助演男優賞受賞!クリスチャン・ベール!

麻薬常習犯で、だらしない性格、元は名ボクサーだった兄。

ガリガリに痩せて不眠症男を演じた「マシニスト」を思わせる

激痩せ&後ハゲ状態で、ディッキーを演じきる。

その素晴らしい変貌ぶりでオスカー受賞も納得☆

 

再起をかける弟、ミッキーには、本作のプロデューサーも勤めたマーク・ウォールバーグ。

ファイティングシーンもお見事。

 

そのミッキーの恋人になるイキのいいバーテン、シャーリーンにはエイミー・アダムス。

 

そして、マネージャー担当で小うるさいママには、

本作でアカデミー賞助演女優賞受賞のメリッサ・レオ。「フローズン・リバー」にも出てました

この方、名前と顔が一致していなかったから、誰!?このすごいハマり演技。

名前調べようと思って観ていたらこの人だったのね。こちらのオスカー受賞も納得。

 

あと、ディッキーとミッキーのやかましい異父姉妹たち

ただのオバさん連中に見えるけど、兄弟を応援するあまりにミッキーの恋人の家に母親と乗り込んで

取っ組み合いとか小姑みたいなキャラ、ウケる

 

 

1980年代のマサチューセッツ州ローウェル。米ボクシング界のスター、シュガー・レイ・レナードと拳を交わしたことのあるディッキーは街の英 雄だったが、

戦いに敗れたことから麻薬に手を染め、投獄される。

そんな兄の陰でミッキーは早くからアマチュアボクサーとして実績を積み、訓練するも

過保護な母アリスや兄に言われるがままに試合を重ねるが、一度も勝利を収められず………。

 

 

 

7/10(78点)

 

 

この監督史上いちばん面白かった♪

再起をかけて王者となる為に戦いに挑む男の姿はちょっとミッキー・ロークの「レスラー」とも

かぶる部分あるけど、こちらは周りの家族と恋人との板挟み状態なところが面白い。

そして、夢を叶えられなかった兄が弟に託す思い。

泣けるほどに感動というのではなかったけど、どんな時も兄貴を信じる弟の姿、

兄弟の絆にありきたりだけどやっぱりジンときちゃう。

兄は自分にとっての憧れのヒーローであり、シュガー・レイを倒したのだと、誰より信じている弟。

見事にハマり役の俳優たちが素晴らしい、特にはやっぱり

クリスチャン・ベールと、ママ役のメリッサ・レオ。

 

加えて、ガンガンかかるRock、エアロスミスや、レッチリ、レッド・ツェッペリンなどの選曲もなかなか。

70年代風に荒いホームビデオ風映像もいい感じでした~。

「ハッカビーズ」も「アメリカの災難」も

もしかしたら今見直せば面白いのかも?とちょっと思えて来た(笑)

それにしても初日なのに劇場、渋谷での夜の回ガラガラでした。大丈夫なのかなー。

気になる方はこの迫力是非劇場で♪

 

サントラ収録曲

1. On the Couch
2. First Kiss
3. Not Going to Help
4. Hand Beating
5. Jail
6. Detox
7. He Slipped
8. It's My Life
9. Ladies Day Out
10. Ward vs. Sanchez
11. Dickie Released
12. Mickey Fires Dickie
13. Cakewalk
14. Ward vs. Neary
15. Close Credit Alt. (Bonus Verison)

 

 

 公式サイト 

THE FIGHTER       2010年   アメリカ    116min

3月26日より、公開中~

 

アカデミー賞授賞式にて。クリスチャン・ベール演じた、本物のディッキー・エクランドと。


劇中にも、兄弟揃ってエンドロールで登場☆

 

プレミアにて。

ガリガリから元に戻って髭もじゃになったクリスチャン。マークはいつみても同じ顔

 

妻と。

しかしこれ もじゃすぎ

 

 

クリックして下さってる方々ありがとう

←please click

 

 


 

『映画』 ジャンルのランキング
Comments (40)   Trackbacks (51)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ビー・デビル /BEDEVILLED | TOP | ランナウェイズ / The Runaways »

40 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
ランキング (まっつぁんこ)
2011-03-27 19:32:41
クリッ クしといたよ~(笑)
これはみんな観に行った方が良い作品だと思います。
こんばんは。 (BROOK)
2011-03-27 20:11:19
クリスチャン・ベールとメリッサ・レオの演技は非常に素晴らしかったですね。
もちろんマーク・ウォルバーグも良かったのですが、2人を前に少し霞んでしまいました。

ボクシング映画というよりは、ヒューマンドラマで、
家族愛と兄弟愛を上手く描いていたと思います。
こんばんw (JUN)
2011-03-27 21:35:17
この映画の内容的には...よくあるパターンの映画なんですが。

作者の伝えたい「兄弟の絆」
シンプルなんですがとても大事な事。

表現方法はそれぞれあると思いますが、これはこれでとてもいい映画なのではないでしょうか。

レビュー「とても楽しく読ませて頂きました。」

次回の更新も楽しみにしてますね!
こんばんわ (にゃむばなな)
2011-03-27 21:38:40
オスカーを受賞した2人の憎たらしさは凄かったですね。
特にクリスチャン・ベイルは痩せ方といい、ハゲ方といい、気合入ってましたね。
EDロールのホンモノさんそっくりな仕草もお見事でしたよ。
■サントラ (えい)
2011-03-27 22:54:44
サントラに、
オスカー受賞ふたりが歌う「ジョーク」が入っていないんだ。
少し残念!
Unknown (KLY)
2011-03-28 02:18:17
新宿で夕方の回だったけど半分いってないかな。面白い作品だと思うんだけどねー、ハリウッドのボクシングモノなんで流石に食傷気味な人も多いかと思います。もっともだからこそ安定して面白いと思うんだけどねぇ。(笑)
それにしてもディッキーがミッキーより目立とうとする様子と、実際のマークとクリスチャンの立場が同じ位置関係になってるのが面白かったです。結果としてクリスチャンが喰い気味だったし。
クリスチャンの演技は私が今までこの人を見た中で1番だったと思います。
まっつあんさん☆ (mig)
2011-03-28 09:03:49
おはようです♪
クリック感謝♡
やっぱり地震のせいかな、どこもガラガラみたい、もったいないよね、、、
BROOKさん☆ (mig)
2011-03-28 09:05:22
うんうん、まさにその通りですね。
ボクシング映画としてというよりもドラマ、とりわけ兄弟愛を描いた作品。
過保護なママや姉妹達の存在も面白かったですね☆
☆JUNさん (mig)
2011-03-28 09:07:07
いつもありがとうございます♡ツイートまで☆
コメントしようと思ったら書き込み出来ないんですね、
そうありきたりな話でシンプルなんだけど、キャストがやっぱりいいんですよね。

☆にゃむばななさん (mig)
2011-03-28 09:08:25
ほんとクリスチャンベールの変わりようにはビックリ。骸骨みたいな顔になってるしー。
マシニストもまた観たくなっちゃったな!
ご本人、おじいちゃんだけどなんとなくにてましたしね☆
☆えいさん (mig)
2011-03-28 09:09:34
どんな曲だったかなぁ、覚えてないけど、、、
期待してなかったせいもあるかもだけど面白かった☆
最近つまらないのが多かったけど、、、
えいさん4月のオススメも教えて下さいね~
KLYさん★ (mig)
2011-03-28 09:13:02
うーん、どこもすいてるのね。。。
この震災で極力外に出ない人も実は多いようだしやっぱり影響してるんだろうな、アカデミー賞作品ノミニーだからもっと入るはずだもの、、、。
ボクシングシーンはそんなにないけど全編通してなかなか面白かった☆
まだまだ見逃してるの多いの~
イップマンも結局行けずだわ、、、
あらら・・ (**joy**)
2011-03-28 09:59:34
見に行こうと思ってシアター調べたら、大阪では梅田のシネコンとかではやっていない!びっくり。
ありえない、梅田って劇場多いのに。そんなマイナーな作品やの?
自粛ムードも長引くと危険だと思いますね・・。
こんにちは~♪ (kira)
2011-03-28 15:28:02
ありがちストーリーだったけど、
キャストの演技と演出が見事でした♪

書き忘れちゃったけど、ホント、音楽も良かった

地元シアターは半分ほどの入り、
計画停電の影響だと思うわ
**joy**さん (mig)
2011-03-29 09:25:34
おはようございます☆
ありゃ、、、そうなんですか?!
アカデミー賞作品賞ノミニーなのに、、、
今回の震災で拡大公開も難しいのかなぁ
☆kiraさん (mig)
2011-03-29 09:27:26
おはようございます☆

キャスト、音楽良かったですね、
ストーリーはそうでもないけど役者たちが皆ハマってたのでカバーかな。

停電の影響、夏迄続くらしいですね 大変だわ、、、、
確かに (rose_chocolat)
2011-03-29 23:56:19
公開初日に行ったんだけど、今一つ席の埋まり具合はよくなかったかな。
土日のレイトなしってのはシネコンにも痛手でしょうね。。
migさん♪ (mezzotint)
2011-03-30 07:49:54
おはようございます!
「マシニスト」観ました。随分前ですね。
あの作品で、彼を初めて知りました。
あれはかなりインパクトありましたね。
今回はそこまでではなかったけど、あの時の
ベールの姿が蘇ってきましたね。
お話はありそうなものでしたが、なかなか
面白かったですね。
roseさん☆ (mig)
2011-03-30 08:14:33
シネコンレイトショーってそんなに需要あるんだ~
大阪のほうにはいってないみたいだし
それはないわって感じだわ~
mezzotintoさん☆ (mig)
2011-03-30 08:18:39
おはようございます☆
観てましたか、クリスチャンの役者魂すごいですね
ジャレットレトの太った芝居もビックリだったケド
入り込んだ演技には魅了されますよね!
一発逆転 (有閑マダム)
2011-03-30 14:00:15
ボクサーの映画なのだけれど、意外なほどボクシングそのものよりも、家族関係に釘付けになってしまう不思議な映画でした。
クリスチャン・ベイルは、こういうちょっと病的な人物の役が上手いですね~
私もマシニストを思い出しましたよ。

映画館がガラガラだったというのは、やはり今の日本では、映画を観る気持ちになれる人が少ないということなのでしょうか。
色々と心配事が絶えないと思います。
でも、そういうときこそ、映画などが気分を変えて活力を養う役に立つと良いですね。
☆有閑マダムさん (mig)
2011-03-31 09:47:45
おはようございます☆

うんうん、本当そうですね。
ただの?ボクサー映画だと思って興味もってもらえない部分もあるのかな、でもやっぱり震災の影響はかなりあるでしょうね、、、
あ、でもシアターNなんかでやってる作品なんかはかなり混んでるけど、、、
劇場の大きさの差かな、、、
この監督史上!笑 (ノルウェーまだ~む)
2011-03-31 20:48:08
migちゃん、この監督史上最高っていうのが、笑えた~
アカデミー賞ノミネートされていただけのことはあったのかな☆
確かにクリスチャンベールの変貌振りはすごいよね。
話はそれほどでもないけど、役者の演技が素晴らしいのかしら。
やっぱり要チェックだわね。
それにしても、異父姉妹多すぎ!どんだけ生むの~!?
★まだ~む☆ (mig)
2011-04-01 10:32:43
こちらにもありがと!
だって~他のが面白くないんだもん!(笑)

クリスチャン、ほんとすごいよ、うん、観て欲しいな~。
DVDでもいいよ♪

そうそう、「ほぼトワイライト」観たんだけど途中で飽きちゃった
絵に描いた地味さ (クラム)
2011-04-02 21:20:54
いい映画だけにもったいないですよね。
何よりタイトルに個性がない。
思わず困った邦題かと思ったら、これは原題どおり。

C.ベールの病的なやせ方へのアプローチなんて、
相当なみどころだと思うけれど、
どうしても知ってる人までしか届かない。
小さめのマーケット狙いで打倒かなと思う次第です。
クラムさん☆ (mig)
2011-04-02 23:59:02
こんばんは☆
そうですね~、確かにタイトルもフツウ過ぎ。海外のって案外気にせずにそのまんまのつけることって多いですよねぇ、個性無いなぁ。

観た人の評価は概ね高いからほんと勿体ない。
こんにちは。 (オリーブリー)
2011-04-03 16:07:38
「スリー・キングス」だけは面白かったけど、これは、概ね評価良い作品でしょうね。
ベイルは良かったけど、マークの評価がもう少しあっても良かったかも(苦笑)
7点ね^^ (latifa)
2011-04-03 20:32:45
監督はデビッド・O・ラッセル。

migさん、こんにちは!
クリスチャン・ベール、ここまでやらんでも?って位のなりきり演技で凄かったですね。
私は、まあ普通に面白かったかな・・・って程度でした。

>「アメリカの災難」、「スリー・キングス」「アダプテーション」~~~と、どれもつまらなかったので正直期待はしてなかったんだけど、、、
 私も全部ダメだったの。
本作はその中では一番面白く見れたけど、でもやっぱりあんまり相性良くはないのかも(^^ゞ
オリーブリーさん☆ (mig)
2011-04-03 23:31:43
こんばんは☆
スリーキングスも私全くダメだったんですよね~。
今回、面白かった♡
今観たらハッカビーズも楽しめるのかなぁ??
☆latifaさん (mig)
2011-04-03 23:33:48
こんばんは☆

アハハ、latifaさんはこれ含め全部ダメ?
そりゃあもうこの監督のは間違いなく相性悪いんでしょうね、
って私もこれだけだな~。
あとでお邪魔します!

これ好き~♪ (tomoco)
2011-04-04 21:01:16
migちゃん☆7つだったか~(笑

映画の日のお昼間、渋谷の2階席はたった5人、
下のフロアの「高校デビュー」は激混みだったのにな~
実はクリスチャン・ベイルって今までまともに観たことなかったけど、すごくよかった!
体重落としたり髪の毛抜いたりって気合いもすごいけど、
ディッキー役を楽しんでるみたいな、そういう余裕も感じたわ♪

あれ?「レスラー」も大好きなんだけど、なぜか自分の中ではかぶらなかったわ、、
tomocoさん☆ (mig)
2011-04-05 16:07:15
ふふふ、でしょー。8つけた覚えはないなって思ったもの(笑)
8以上はまた観たいくらい相当好きな場合なの
これは思ったより良かった♪
そっか~、あそこの二階席はいつもけっこうすいてるのヨ★

クリスチャンベールが激痩せで不眠症男になった「マシニスト」そこそこ面白いから今度観てみて~私もまた観たくなっちゃった。

こんばんは (ノラネコ)
2011-04-05 22:56:48
何となく「レスラー」っぽいと思ってたら、これ元々アロノフスキーの映画だったんですね。
製作チームに名前残ってるし。
現実の取り込みかたなんて結構似たアプローチだなあと感じました。
やはり役者の映画ですけど、ウォールバーグもせめてノミネートはしてあげたかったなあ。
地味キャラですけど、受けの芝居は難しいものですから。
☆ノラネコさん (mig)
2011-04-06 12:26:45
こんにちは

えー、そうなんですか?
へぇ。。。どちらにしてもそういうファイティング系のが強いのかな。
お、ノラネコさんはマークを評価してるんですね☆
わたしはそこまでかなぁ~
ボクサー、頑張ってましたけどね☆
gooにもTBどうもです。 (rose_chocolat)
2011-04-15 16:00:08
楽天からインポートすると、gooと書式が微妙に違っちゃってて、それを修正するのに時間かかりまくり。。
ちゃんと動きだすまでには結構かかりそうです。
時間ある時にぼちぼちやりたいと思います。
あー疲れた。。

これは私も★3.5。同じですね。レスラーの方が好き。
☆roseさん (mig)
2011-04-16 23:54:05
こちらこそ、わざわざTBしてくれてありがとです☆
疲れるでしょうね~、
新しいブログに移転、、、
gooは慣れたかな?
使い易い筈♪
Unknown (SGA屋ゴールデン・グローブ一)
2011-06-06 21:59:31
こんばんばん。migさんはイマイチだったみたいだけど、わたし『スリー・キングス』好きだったな。あれももうかれこれ10年前の作品か。なつかし~

この映画で学んだのは薬の禁断症状を克服したかったら刑務所に入るのが一番ということね。あ? わたしはやってないよ?
ヤクのぬけたディッキーがム所仲間から祝福されるシーンを見ていて、刑務所もそう悪いところじゃないなあ、と思いますた
伍一君 (mig)
2011-06-07 09:54:17
おはよー☆
あ、スリーキングスはいまいちだったわぁ。
なんかジョージさんのってつまんないのが多い気がしてる、ソダーバーグの含め(笑)

えー、刑務所は悪い所だよ
法を破った悪人しかいないんだよ?入ってみる?

伍一くんはショートショート、24日になりそうなんだよね?
私、その日だけ仕事で行けないかも、、、
芹澤さんの写真載せたのでみてみて
ミッキーのためを思うなら"よそでメシ食ってこい"と言うべき! (zebra)
2012-09-12 22:02:55
友達と見ました。

今回は厳しいコメントに なります。

問題児な母親と兄貴でしたね。母親を演じたメリッサ・レオがアカデミー賞の助演女優賞と兄貴を演じたクリスチャン・ベイルが助演男優賞を受賞した演技力は さすが!

 ミッキーは家族に甘過ぎですよ!それが元で前の奥さんと別れて娘との親権も無いんでしょうし、トレーナーや恋人のシャーリーンにも散々迷惑かけて・・・・

 "家族は家族、ボクシング・ビジネスはボクシング・ビジネス"の区分けをしないと・・・・

 ボクの小さいときの知り合いのレストランのご主人とその息子さんも そうでしたが、息子さんが後を継ぎたいと言った時 父親であるご主人は・・・

 "よそでメシ食ってこい"と言ったそうです。身内がそばにいては しがらみや甘えが出て 腕を磨くのに妨げになるから よそで修業して一人前になってこいって事です。

 母親と兄貴は そう言うべき立場なんです!
zebraさん (mig)
2012-09-12 23:34:23
いつもありがとう。
なんだか今回わたしが怒られてるみたい

まぁそうなんですがそういうところが映画で、
そういう話だから、、、ですかね。
家族がうるさかったことは覚えてるけど
観てから時間がずいぶん経つのでこまかいことまで
覚えてないですぅ。
これ、アカデミー賞作品賞ノミニーでしたね。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

51 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
ザ・ファイター (あーうぃ だにぇっと)
3月26日(土)@丸の内ピカデリー1。
劇場鑑賞「ザ・ファイター」 (日々“是”精進!)
「ザ・ファイター」を鑑賞してきました「ディパーテッド」のマーク・ウォールバーグが自ら製作・主演を務め、実在のアイルランド系ボクサー、ミッキー・ウォードの波瀾のボクシング...
ザ・ファイター (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★☆【2,5点】(18) クリスチャン・ベイルの初オスカー作品ということで
ザ・ファイター (シネマDVD・映画情報館)
ザ・ファイター 異母兄弟のディッキーとミッキーは、共にプロボクサー。兄のディッキーは才気溢れるボクサーだが、短期で怠惰な性格から破綻した毎日を送っている。一方、弟のミッキーは、真面目な性格ながら才能に恵まれず、一度も勝利を収めることが出来ない......
ザ・ファイター (悠雅的生活)
ローウェルの誇り。ヘッド&ボディ。一発逆転。
『ザ・ファイター』 (こねたみっくす)
ボクシングもチームプレイ。ボクサー、セコンド、恋人、家族それぞれが自分の役割を果たした時、全員がファイターとなる。 第83回アカデミー賞でクリスチャン・ベイルとメリッサ・ ...
ザ・ファイター (to Heart)
頂点へ。 原題 THE FIGHTER 製作年度 2010年 製作国・地域 アメリカ 上映時間 116分 脚本 スコット・シルヴァー/ポール・タマシー/エリック・ジョンソン 監督 デヴィッド・O・ラッセル 音楽 マイケル・ブルック 出演 マーク・ウォールバーグ/クリスチャン・ベイ....
『ザ・ファイター』(アカデミー賞特集第一夜) (ラムの大通り)
(英題:The Fighter) 「よし。 今週は、アカデミー賞関連の作品について喋っちゃおう。 まずは、この『ザ・ファイター』」 ----でも、これって想像ついちゃうよね。 いわゆる、ダメ男のサクセス・ストーリーでしょ? 「うん。それはそうなんだけど、 この映画がこれま...
ザ・ファイター (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
マーク・ウォルバーグ自ら製作と主演をして本格的なトレーニングをしているし、クリスチャン・ベイルにいたっては元ボクサーと薬物中毒という役になりきっている。試合のシーンはボクシング中継を見ているようだし、ウォードの家族の物語はドキュメンタリーのような現実感...
ザ・ファイター (LOVE Cinemas 調布)
実在したアイルランド系ボクサー、ミッキー・ウォードの半生を描いたスポーツ伝記ドラマだ。主演に『ディパーテッド』のマーク・ウォールバーグ。共演のクリスチャン・ベイルとメリッサ・レオは今年のアカデミー賞助演男女優賞を受賞し、全体でも6部門にノミネートされた...
ザ・ファイター (晴れたらいいね~)
アカデミー賞の映画紹介を観てて、観たくなった作品。クリスチャン・ベールの怪演と「フローズン・リバー」の記憶も(わたしは)新しいメリッサ・レオの困った母ちゃんぶりは、評 ...
ザ・ファイター (SUPER BLOG.JP)
公開初日に観に行きました。 これも事前に情報を入れずに。 クリスチャン・ベイルが出てる、だけを知っていたのと助演男優賞獲ったこと、これだけ。 基本、ボクは「スポ根」にめっぽう弱い。 自分もアスリートの端くれだと思っているし。 スポーツの辛さ、とか、...
『ザ・ファイター』(2010)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:THEFIGHTER監督:デヴィッド・O・ラッセル出演:マーク・ウォールバーグ 、クリスチャン・ベール 、エイミー・アダムス 、メリッサ・レオ 、ジャック・マッギー鑑賞劇場 ...
ザ・ファイター (銅版画制作の日々)
凄いわあ~!何が、、、?クリスチャン・ベールです。この作品のためでしょうね。かなり減量したその顔は凄く目が奥に引っ込んでいました。昔観た「マシニスト」で眠れない男を演じた時と同じです。正直ちょっと気持ち悪いし怖い。 今回はドラッグ中毒者の元プロボクサ...
■映画『ザ・ファイター』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
相変わらずのカメレオンぶりのクリスチャン・ベールの怪演と、メリッサ・レオのモンスター・マザーな演技でアカデミー賞助演男優&女優賞獲得の本命とも言われている映画『ザ・ファイター』。 ちなみに、アカデミー賞6部門にて7ノミネートされています。 メリッサ・レ...
このクリスチャン・ベイルを観よ!!~『ザ・ファイター』 (真紅のthinkingdays)
 THE FIGHTER  1993年、マサチューセッツ州ローウェル。父親の違う兄弟、ディッキー・エ クランド(クリスチャン・ベイル)とミッキー・ウォード(マーク・ウォールバーグ) は、ボクシングとい...
映画* ザ・ファイター (有閑マダムは何を観ているのか? in California)
クリスチャン・ベイルとメリッサ・レオが、アカデミー助演俳優賞ダブル受賞したことで注目を浴びたこの映画は、実在するボクサーの話をを元に作られたのだそう。 舞台はアメリカの田舎町。 主人公ボクサーのミッキー(マーク・ウォールバーグ)の...
12.ザ・ファイター (映画コンサルタント日記)
上映スクリーン数: 60オープニング土日動員: 1万4655人オープニング土日興
■『ザ・ファイター』■ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2010年:アメリカ映画、デヴィッド・O・ラッセル監督、マーク・ウォールバーグ、クリスチャン・ベール、エイミー・アダムス、メリッサ・レオ、ジャック・マッギー、フランク・レンズーリ出演。
★ 『ザ・ファイター』 (映画の感想文日記)
2010年。アメリカ。"THE FIGHTER".   デヴィッド・O・ラッセル監督。マーク・ウォールバーグ製作・主演。  いまだにあれが一体何だったのか、よくわからない社会科学コメディ、哲学コメディ映画、『ハッカビーズ』の監督...
ザ・ファイター / The Fighter (勝手に映画評)
実話に基づく物語。第83回アカデミー賞と第68回ゴールデングルーブ賞で、どちらにおいても助演男優賞(クリスチャン・ベール)・助演女優賞(メリッサ・レオ)受賞。 実は、観に行く直前まで、この話が実話だとは知りませんでした。ミッキーがチャンピオンになったの...
「ザファイター」 (Con Gas, Sin Hielo)
家族なのに。家族だから。 ボクシングを扱う物語は、ハングリー精神と一体で書かれることが多い。 不遇な幼少時代、一攫千金を夢見て厳しいトレーニングに耐え、ついに掴み取る栄光の座。 アメリカンドリーム、夢と希望が世界を明るくするという図式はまさに王道。 ....
ザ・ファイター (心のままに映画の風景)
低所得の労働者階級が暮らすマサチューセッツ州、ローウェル。 兄ディッキー(クリスチャン・ベイル)は、天才ボクサーとしてスポットライトを浴びたものの、ドラッグで身を崩し、かつての栄光にしがみつ...
『ザ・ファイター』お薦め映画 (名機ALPS(アルプス)MDプリンタ)
家族と別れて成功したとして、果たして彼は幸せになれるだろうか? 勝利の瞬間、そこに喜びを分かち合う家族はいないのだ。家族を選ぶか、成功を選ぶか、それとも両方を手にするか? 兄弟愛に泣く、お薦め作品だ。
ザ・ファイター (風に吹かれて)
勝つために 公式サイト http://thefighter.gaga.ne.jp実話の映画化監督: デヴィッド・O・ラッセル  「スリー・キングス」マサチューセッツ州ローウェルに住むプロボクサーのミッ
「ザ・ファイター」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
過去の栄光にすがるヤク中の兄ちゃん演じるクリスチャン・ベールが凄い。
『ザ・ファイター』 (まいふぇいばりっと ゆる日記)
   ここ最近で一番観たかったのがこれ。 上のポスターにもあるように、作品賞こそ逃したものの、 ゴールデングローブ賞に続きアカデミー賞でも助演男優、女優賞共に受賞  あんまり前情報には触れないようにしてたけど、 実話ベースってことでだいたいは予想つ...
ザ・ファイター (晴れたらいいね~)
アカデミー賞の映画紹介を観てて、観たくなった作品。クリスチャン・ベールの怪演と「フローズン・リバー」の記憶も(わたしは)新しいメリッサ・レオの困った母ちゃんぶりは、評 ...
ザ・ファイター・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ボクシングの元スーパーライト級の名選手、ミッキー・ウォードと兄のディッキー・エクルンドの半生を描く、実話ベースの人間ドラマ。 複雑に入り組んだ家族の葛藤を、マーク・ウォールバーグ、クリスチャン・...
ザ・ファイター (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  貧しい家庭に育った兄弟がボクシングに挑戦して、世界チャンピオンにまで昇り詰めるという、よくあるアメリカンドリーム物話だが、これは実話であり現在も伝説の兄弟は健在だという。 兄ディッキーは才能に恵まれていたが、短気で自堕落な性格のため、途中で...
「ザ・ファイター」 愛情からの自己投影、または自己投影からの愛情 (はらやんの映画徒然草)
本作はボクシングを題材にした作品ですが、「ロッキー」のようなサクセスストーリーで
ザ・ファイター (映画的・絵画的・音楽的)
 『ザ・ファイター』を渋谷シネパレスで見てきました。 (1)本作品のようなボクシング物は、これまで随分とたくさん制作されています。つい最近では、見てはおりませんが『あしたのジョー』がありますし、古くはシルヴェスター・スタローンの『ロッキー』(1977年)とか....
ザ・ファイター (映画鑑賞★日記・・・)
【THE FIGHTER】 2011/03/26公開 アメリカ PG12 116分監督:デヴィッド・O・ラッセル出演:マーク・ウォールバーグ、クリスチャン・ベイル、エイミー・アダムス、メリッサ・レオ、ジャック ...
やっかいな家族というもの (笑う学生の生活)
6日のことだが、映画「ザ・ファイター」を鑑賞しました。 実在のプロボクサー、ミッキー・ウォードが世界チャンピオンを目指すが トレーナーでもあり 麻薬に溺れる兄、過保護な母がおり・・・ ボクシングものともいえるのだが それ以上に家族ドラマといった感じが強いで...
ザ・ファイター (ダイターンクラッシュ!!)
2011年4月1日(金) 18:30~ 丸の内ピカデリー1 料金:1000円(映画サービスデー) パンフレット:700円(買っていない) 『ザ・ファイター』公式サイト ロッキーみたいにホワイト・トラッシュな感じの連中の話は実話がベースだ。実際にはチャンピオンになっていな...
『ザ・ファイター』 (2010) / アメリカ (Nice One!!)
楽天ブログ「Nice One!!」2011年3月26日日記のコピー記事です。 TBはこちらにお願いします。 原題: THE FIGHTER 監督: デヴィッド・O・ラッセル 出演: マーク・ウォールバーグ 、クリスチャン・ベール 、エイミー・アダムス 、 メリッサ・レオ 、ジャック...
ザ・ファイター (小部屋日記)
The Fighter(2010/アメリカ)【劇場公開】 監督:デビッド・O・ラッセル 出演:マーク・ウォールバーグ/クリスチャン・ベール/エイミー・アダムス/メリッサ・レオ 歓声と怒号の中、 兄貴の声だけが聴こえていたーー。 実在のアイルランド系ボクサー、ミッキー・ウ...
ザ・ファイター THE FIGHTER 劇場パンフレット 映画チラシ クリスチャン・ベイル (映画鑑賞&グッズ探求記 映画チラシ)
●『ザ・ファイター THE FIGHTER』2011年3月26日公開。クリスチャン・ベイルとメリッサ・レオの同時受賞 アカデミー賞はボクサー映画は取れやすいんだなぁと 映画チラシ評 ...
映画『ザ・ファイター』を観て。。。管理人「ぴあ」に4度目の登場! (kintyre's Diary~Goo Version)
11-26.ザ・ファイター■原題:The Fighter■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:116分■字幕:林完治■鑑賞日:3月26日、新宿ピカデリー(新宿)■料金:1,800円スタッフ・キャスト(役名)□監督:デヴィッド・O・ラッセル□脚本:スコット・シル...
[映画]映画って、良いな。 (タニプロダクション)
あの日から50日近く経ったけれど、相変わらず「言葉」というものの難しさを感じています。 4月30日の昼教育テレビで、辺見庸さんがこの震災に関して、言葉について、を中心に語られていました。 観ていて、少しだけ、背中を押された気がしました。 キネマ旬報最新号で川...
「ザ・ファイター」 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
クリスチャン・ベールといえば、「ダークナイト」とか「ターミネーター4」とかで主役を張るものの、どうも押しに欠けて脇役に食われてしまう感があったんだけど、こんどの映画は、これまでの弱腰イメージを打破して、とうとう脇役でありながら主役を食う側に回った。 脇...
明るい家族拳闘 デヴィッド・O・ラッセル 『ザ・ファイター』 (SGA屋物語紹介所)
アカデミー賞作品賞にノミネートされた作品も『127時間』『ウィンターズ・ボーン』
ザ・ファイター (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
実在のプロボクサー、ミッキー・ウォードをモデルにリング上での熱き戦いや、家族との葛藤、絆を描くヒューマンドラマ。監督は「ハッカビーズ」のデヴィッド・O・ラッセル。出演は ...
ザ・ファイター (C'est joli~ここちいい毎日を~)
ザ・ファイター'10:米◆原題:THE FIGHTER◆監督:デヴィッド・O・ラッセル「ハッカビーズ」「スリー・キングス」◆出演:マーク・ウォールバーグ、クリスチャン・ベール、エイミー・アダム ...
ザ・ファイター (銀幕大帝α)
THE FIGHTER/10年/米/116分/伝記スポーツ・ドラマ/PG12/劇場公開 監督:デヴィッド・O・ラッセル 製作:マーク・ウォールバーグ 製作総指揮:ダーレン・アロノフスキー 出演:マーク・ウォールバーグ、クリスチャン・ベイル、エイミー・アダムス、メリッサ・...
ザ・ファイター (The Fighter) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 デヴィッド・O・ラッセル 主演 マーク・ウォールバーグ 2010年 アメリカ映画 116分 ドラマ 採点★★★★ よその家族って、とっても奇異な感じに映る事ってありますよねぇ。たまに遊びに行ったりすると、習慣の違いなり考えの違いなりに「うわぁ」ってなるこ...
ザ・ファイター (A Day In The Life)
DVDにて観賞 解説 実在する伝説のプロボクサーと異父兄の家族愛、さらにはリング での熱き戦いを描く感動作。 ゴールデン・グローブ賞をはじめ、2010年度の各映画賞を席巻。 監督は『スリー・キングス』のデヴィッド・O・ラッセル。 主人公を『ディパーテッド...
ザ・ファイター (A Day In The Life)
DVDにて観賞 解説 実在する伝説のプロボクサーと異父兄の家族愛、さらにはリング での熱き戦いを描く感動作。 ゴールデン・グローブ賞をはじめ、2010年度の各映画賞を席巻。 監督は『スリー・キングス』のデヴィッド・O・ラッセル。 主人公を『ディパーテッド...
ザ・ファイター (こんな映画見ました~)
『ザ・ファイター』---THE FIGHTER---2010年(アメリカ )監督:デヴィッド・O・ラッセル 出演:マーク・ウォールバーグ、クリスチャン・ベイル、エイミー・アダムス、メリッサ・レオ 、ジャック・マクギー ミッキー・ウォードとその兄でかつての名ボクサー、....
ザ・ファイター : よい意味で題名に裏切られたよ (こんな映画観たよ!-あらすじと感想-)
 昨日のオールスター、阿部慎之助のモノマネにはしらけたなぁ。いくらなんでも、プレー中にあれはないでしょう。あんなだったら、ピンチランナー井出らっきょの方が、盛り上がる
「ザ・ファイター」 (或る日の出来事)
この映画、興味なくて忘れてたけど…エイミーちゃんが出てたんだっ!