我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+たまーに日記★
11周年迎えました✨いつもありがとうございます!

ぼくのエリ 200歳の少女 /LAT DEN RATTE KOMMA IN

2010-07-08 10:25:10 | 劇場&試写★6以上

ランキングクリックしてね
←please click



タイトルから分かる通り、これ、純粋無垢なフツウのラブストーリーではありません
恋した相手はヴァンパイア!


スウェーデンのスティーヴン・キングこと
ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストのベストセラー小説を映画化した異色ラブストーリー。

トライベッカ国際映画祭グランプリはじめ、シッチェス映画祭で金賞、
ブリュッセル国際映画祭グランプリ、ほか60の賞を受賞


ヒューマントラストシネマ渋谷で行われた試写にて鑑賞。


孤独な少年が、偶然隣に越して来た謎めいた少女と恋に落ちる。
そして、次第に明らかになる少女の秘密。
それは、時を超え今を生き続けているヴァンパイアだった。
戸惑いながらもその現実を受け入れていく過程と、その周辺の出来事が丁寧に描かれる。

またまたネタ切れハリウッドがリメイクに飛びつき、
既に全米で秋公開予定!タイトルは「Let me in」
クローバーフィールド」のマット・リーブス監督がメガホン!

主人公オスカーを、先日絶賛した「ザ・ロード「ザ・ロード」のヴィゴの息子役、コディ・スミット =マクフィが
謎めいた少女エリを「(500)日のサマー」のクロエ・モルツがそれぞれ演じ、
「扉をたたく人」のリチャード・ジェンキンスも出演が決定してる。


スウェーデンのヴァンパイアものというと、3年前に日本でも公開した「フロストバイト」がある。
あれは正統なヴァンパイアホラーだったけど本作はそうじゃない。



最近、ゾンビ映画だけでなくヴァンパイアものも凄く増えて嬉しいなー。
ここ1、2年でも数本あるほど。
「トワイライト」では青年ヴァンパイアに恋する普通の人間の女の子だったけど、
こちらは普通の少年と、ヴァンパイアの少女。


孤独なもの同士。ふたりしか知らない場所を持ち、ふたりだけの合図を送り合う。
二人のセリフのやりとりが切なく、あたたかい。
オスカー役がぴったりのカーレ・ヘーデブラントと、大きな瞳が印象的なエリ、リーナ・レアンデションは共に新人。今後も期待☆

北欧スウェーデンの冬が舞台とあって、寒々しい空の下
はかなげな少年の存在が余計に脆くはかなく感じる。この空気感がまたいいんだよね。
いくら子役が良くてもハリウッド版なんてどうなることやら。




8/10(84点)


ネタバレ部分小文字



こういう今までになかった感じがする作品、大好き
スウェーデンのキングと言われているだけあって、静かに迫り来るような恐怖の描写が素晴らしい!
とくにオープニングすぐの、静かな雪の夜、現れた男が突然とる行動。
残酷ながらもビジュアル的に美しいカット。

いじめっ子たちの存在はありがちなんだけど、
まだ恋を知ったばかりの少年とヴァンパイアの少女というのが
これまでにない新鮮さを持って惹き付けられてしまう!



少女がなぜたった一人だけヴァンパイアなのか?
父親と言ってたあの男は本当に父親なのか?
答えは最後まで明かされない。

直接的に怖いシーンはそんなにないから、ホラーという一つのジャンルではくくれない。
ホラー×淡いラブストーリー。

途中、やりすぎじゃって言うシーンもいくつかあって、
噛まれた後のおばさんが、沢山の猫たちに飛びかかられるシーンは思わず笑っちゃった。
おなじくおばさんが病院のベッドで火だるまとか。

二人の距離と心情をじっくりと静かに描きながら、血に飢えると突然豹変するエリの姿が怖い。
子供が人間に飛びついたり、ゾンビもそうだけど子供がやるとエクソシスト的な怖さがある。
この辺りはホラー苦手な人にはぞっとするのかな?

淡い恋のシーン、全身や目からの流血、いじめっこたちへの復讐。


そこまでやらなくてもと思う人もいるだろうけど後半のシーン。
かなりあそこで遊びが効いてて驚いた!タランティーノもびっくりの残虐さ(笑)

無音の水のなか、切り落とされるもの。

そこで終わっていたらつまらなかっただろうけど、
オスカーが旅に出るラストがまた良かった。ぼくだけのエリとともに。

あ、途中にある、エリの着替えの時に下半身チラ見してオスカーどっきりするシーンでのボカシ。
違和感だけど仕方ないかって思っていたら
輸入版DVD観た方の話によると、あれ、セックス封印のためにあそこを縫っていたんだとか。
☆追記☆(エリは原作では実は男の子らしい!!)

しかし、最近じゃ映倫でもボカシはずしててOKな映画もあるけど
これじゃやっぱりNGだったのか~ ちゃんと出して欲しかったな。



恐さと少年の恋の微妙なバランスが素晴らしく、独特な雰囲気が魅力の作品!

感動のホラー「永遠のこどもたち」の時にも言ったけど、
こちらもホラー苦手な人にも是非観て欲しい珠玉の作品




いじめられっこの少年オスカー。
友達が欲しいという孤独な少年の願いは、同じ12歳のエリが父親と共に隣の家に越してきた事で、叶えられた。
しかし青ざめた顔をした少女の外出は夜だけ。チョコレートも食べられない。
そしてエリが現れた頃と、街では不可解な失踪や殺人が次々と起きはじめる...。
12歳の体に永遠の命を閉じ込められたまま生きるエリは、常に旅をし続けなければならない。
ふたりの幼い恋が終わるかに見えた時、オスカーに悲劇が襲いかかる...。




それにしても、日本では出来る限りホラー色を消したポスターの仕上がり。
うまいけど、オリジナルはもっと怖くてステキ

※予告篇、見せ過ぎなので要注意!

公式サイト
LAT DEN RATTE KOMMA IN /Let The Right One In  2008年  スウェーデン  115min
7月10日より、銀座テアトルシネマにてロードショー



この監督トーマス・アルフレッドソンの新作に、ゲイリー・オールドマンの出演が決定
「ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ」(原題)
これ、「テイラー・オブ・パナマ」や「ナイロビの蜂」の原作者として知られるイギリスの人気作家ジョン・ル・カレの同名小説の映画化。
脚本は「フロスト×ニクソン」のピーター・モーガンというから、今から楽しみです♪








クリックして下さってる方々ありがとう

←please click


『映画』 ジャンルのランキング
Comments (62)   Trackbacks (61)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« レポゼッション・メン /Repo Men | TOP | ★☆告知☆★ Nekome Film「くらげく... »

62 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (movieguytex)
2010-07-08 20:28:25
この映画、数ある最近のドラキュラ映画の中では間違いなく傑作です。ゴアも適当にあるし。あのボカシの秘密をここで知って見ても大丈夫。アメリカ版のリメイクが心配です、だって殆ど同じみたいなんですから(笑)。
白夜は大変 (ノルウェーまだ~む)
2010-07-08 22:32:50
migちゃん、こんにちは♪
この映画、気になって予告を見たら、余計観たくなったよ☆
やっぱり良い作品なんだね。
migちゃん、久々の8点だ!

スウェーデンといえば、ノルウェーとほぼ同じくらいの緯度。
ヴァンパイアも冬は楽勝だけど、夏は白夜で大変だろうなぁ~
こんばんわ! (タケナカ)
2010-07-08 23:13:58
これ、今月公開の映画リストで知って気になってたんですよね。
レビュー読んだらますます気になってきました、あ、でも小文字は飛ばしましたです^^
上映は銀座だけなんですね、時間みつけて行きたいです。
弟さんの映画沢山ノミネート凄いですね
おめでとうございます!これから期待ですね。^^
すごく観たい! (562_1992)
2010-07-08 23:40:41
migさん、こんばんは。

この映画すご~く気になってたんです。
公式サイトで予告は見ちゃったんだけど、
migさんのレビュー読んでたらますます
見たくなりました!

大阪は8/21からだし、少し遠いんだけど
なんとか都合つけて観たいです~♪
リメイク (ともや)
2010-07-09 01:03:31
こんばんは、migさん♪
大作以外の試写会って、あまり外さないんだけど、これは外しちゃったなぁ。
残念。
リメイク版の予告編を観たけど、これはこれで何となく面白そうかな?
movieguytexさん☆ (mig)
2010-07-09 08:52:00
おはようございます♪
ぼかしの中身、教えて下さりありがとうございました

米版はぜったいダメでしょうね~
この雰囲気は絶対でませんよね。
特にエリなんかもすごくハマってる子でしたし。
気にナルから一応観ますけど(笑)
まだーむ☆ (mig)
2010-07-09 08:53:50
おはよう♪

これ、まだーむにも観て欲しい!
高得点は間違い無しだよ☆
明日からもう公開するからちょうど日本で観られるね♪

まだーむ帰国してるうちに観てもらいたいのがいっぱいあるなー(笑)
あっ、そうだよね、北欧のヴァンパイアは大変だね~
タケナカさん☆ (mig)
2010-07-09 08:55:26
おはようございます☆

オススメですー、銀座しかやってないけど
見に行く価値あると思いますヨ♪
感想ぜひ
翔のもいつも応援ありがとございます
562_1992さん☆ (mig)
2010-07-09 08:57:27
おはようございます♪
またまたblogのほうにまでありがとう

これ、期待裏切らないと思いますヨ。
派手じゃないけど、ふたりの交流が
しっかり描かれたいい映画です☆
おお、大阪は8月末なんですね~
お楽しみに!

ともやさん☆ (mig)
2010-07-09 09:00:15
おはよう♪
え?リメイクの予告篇もう出てるの!?

貼付けておこうかな?
わたしはダメ駄目だと思うケド
一応観たいよね♪

あとでみてみようっと
Unknown (hino)
2010-07-09 09:09:47
migちゃん、
試写で、もう観たんだね!

私も気になっていた作品でしたが(ちょっとだけ、はちみつリリィに似てない?黄色がっ)
こんなに好評価とは期待しちゃう。

私のこのペースの劇場観だと、DVD待ちになるとは思うけどさ。原作本はあるんだね!

ジュードのか、恐怖か、migちゃんとまだ~むと行けるの楽しみにしてまっす。

PC直ったのかな。これから出すのかな。

↑ 翔くんのグランプリ、おめでとう!!!

ボカシは・・・ (エリ)
2010-07-09 19:44:48
ちょっと違うみたいですよ。
ここに書いちゃうとネタバレになるから書けないけれど、セックス封印ではなくて・・・
「私が女の子でなくても好きでいてくれる?」というセリフにかかってくるわけです。
ゆきえちゃん☆ (mig)
2010-07-10 10:35:55
おはよ☆ありがとう~:)
これから、ぴあがどうなるか!?

はちみつリリィとは全然違うけど、オススメ♪
「恐怖」は今日公開だけど感想語り合いたいのでまだ~む来るまでとっておくから、もちろんゆきえちゃんも一緒に

あ、Macは昨日直ったヨ♪バッテリーだめになってて交換一万ちょっいとられちゃった
今から英語
エリさん (mig)
2010-07-10 10:39:15
あ、そうなんですね~!
コメント欄ネタバレOKです
ということは なるほど 閉経を意味するのかな?ならば余計あそんでますね (笑)
おひさしぶりです! (kazupon)
2010-07-10 19:48:48
migさん3ヶ月くらいブログをほったらかしに
してしまってました・・。
これ東京で公開されたんですね!DVDでしか
観てないので劇場で観るのが楽しみです。
この監督センス抜群だと思ってるんですよねー。
リメイクはうーんですが、リチャード・ジェンキンスさんはあの役なんだろうなって思うと
ちょっとだけ見たいかも!
また伺います!
自分もちゃんとツイッター始めようかなぁ・・。
Kazuponさん★ (mig)
2010-07-11 00:05:49
こんばんは!!
三ヶ月?!半年くらい話してない気が、、、

あれー?kazuponさんこれ観てたんですね!!
今日から銀座でやってて、試写で観たの☆
そうそうセンス良かった!
あのおじさん(父?)役確かにリチャードあってるけど。。。
ハリウッドリメイクはダメだよね~。

あ、kazuponさんもやってるの!?
ぜひ繋がりましょ~♪

Unknown (Unknown)
2010-07-11 23:29:14
migさん
エリはカストラートですよ
Unknown (mig)
2010-07-11 23:37:19
あれー??
そうか、、、、、なるほど。。。
話がどんどんずれて考えてたかも(笑)
ありがとうです!
Unknown (別のUnknown)
2010-07-12 10:40:46
この邦題、設定とズレてますよね。
しかし、あそこにボカシ入れちゃうと邦題の間違いが正当化されちゃうんですが
配給会社が「そういうことにしたかった」んでしょうか?
腐女子ウケする話なのに何考えてるんだろう
Unknown (mig)
2010-07-13 01:53:36
こんばんは、コメありがとうございます。
今度もし書かれる時はお名前入れて下さいね。(もちろん仮名でも)
タイトルは蛇足だし
かといって200歳のがなくてもただのラブストーリーに思えるし。

原題、「招かれたら入れる」って意味ですよね。原作本は「モールス」ってモールス信号のあの合図ですしね。
雰囲気がいい (KLY)
2010-07-17 11:15:32
こんにちは。^^
ヴァンパイアとしての設定はステレオタイプで別にどうということもないんだけれど、何てミステリアスなんでしょうね。スウェーデンの雪の中ってシチュエーションももちろんあるんでしょうけど。
ぼかしに関して、あれで原作と意味が変わると仰ってる方をあちこちで見かけましたが、私は変わっていてもそれはそれで仕方ないと思います。別にぼかしがあろうがなかろうが、原作と変わってしまった映画なんて幾らでもありますし、むしろ原作通りの作品の方が少ないですから。映画ってそういうもんですもん。
☆KLYさん (mig)
2010-07-18 00:06:35
こんばんは♪

ごめんなさいーKLYさんのつぶやき見る前に
シャマランの続編いらないー!とか言っちゃった

で、こちらそうそう雪の中っていうのもあるし、北欧ならでの息づかいとか、
寒さがこっちにまで伝わるの、

ぼかしはまあシカタないことだからなー。うん。
ただ、原作と変わるのはいいんだけど、
監督の意図ではもしボカシなしで見せて欲しかったとしたら
意味がないってことかなと。

監督の意見聞きたいな(笑)
Unknown (漁火)
2010-08-03 13:07:55
誤解されてる方がいるような・・・
ボカシが入るのは日本だけですよ。
映倫の圧力です。
漁火さん (mig)
2010-08-04 10:36:59
わたしは誤解してませんよー
映倫でって言うのはさすがに皆さんわかってると思いますよ。
エリが男だと思ってる方はいるようですけど。。。
原作の加減は? (クラム)
2010-09-10 02:20:55
遅ればせながら観ました。
あいかわらず原作を読まずに勝手に解釈しちゃいました。

怖さの裏の美しさよりも、はかないロマンスの裏の恐ろしさ
をとりました。
巷の評価とはおそらく違うんだろうなーと思いつつ。

オスカーがプールから顔を出したときに視界に入ったエリのアップ。
ほほの筋肉の動きだけで笑顔が読み取れるのですが、
全体が笑っていないように見えてすごく怖かったですね。
クラムさん☆ (mig)
2010-09-10 11:14:53
こんにちは、

すごい人気でずっとしばらく劇場満席だったみたいですよ~
都内で1館だけですしね☆
試写では渋谷の単館でだったんですが反応良かったです。

プールのシーンやベッドで炎は、タランティーノか?ってくらい残虐で
ブラックジョークでした
ネコが飛びつくシーンも面白かったなー
、原作読みます★

Unknown (lackdog)
2010-10-17 21:07:24
エリは本当に男の子らしいですよ。声変わりさせないために去勢させられた歌手の男の子だったみたいです。
lackdog☆さん (mig)
2010-10-18 14:59:03
lackちゃんかな??

へぇ~、そしたらやっぱりタイトル(邦題)からしておかしいし、
ハナシが全然変わって来るような。
今全米公開中のリメイク版ではどうなってるのかなぁー
Unknown (漁火)
2010-10-18 17:30:13
歌手ではありませんよ。
上で「カストラート」という表現がされているために生じた誤解でしょうか?
エリは本名「エライアス」。
貧しい家庭の末っ子の美少年で、ある日城主(?)の許に村の子供達が集められ、その中から選ばれた彼は裸にされ拘束され性器を切断され血を……(原作での描写)
はっきりとは書かれていませんが、どうやらその城主(?)がヴァンパイアだったらしいのです。

リメイク版では、どうやら最初から女の子という設定の模様。
migさん☆★ (mezzotint)
2010-10-19 01:47:37
お知らせありがとうございます!
早速来ました。エリが男の子?!
本当のところどうなんでしょうか?
微妙ですね・・・。
さてリメイク版、あちらでは公開された
ようですが、、、。オスカー役の男の子は
「ザ・ロード」の男の子だそうで、、。
ロードの印象が強いとオスカー役に影響
しそうな気もするけどね。とりあえず
公開しないと何ともいえませんね
漁火さん (mig)
2010-10-19 23:15:07
こんばんは、あ、そうなんですね~

原作読むつもりなので自分でも確認してみます。
ありがとうございます。

なんだかんだいって、リメイクは観ようと思ってますよ☆
mezzotintさん★ (mig)
2010-10-19 23:16:36
こんばんはー、
わざわざありがとです。

そうです、ザ・ロードの男の子ってかなり前から決まってたみたいで。
TVでたまたま予告篇観ちゃったら、かなりリメイクはホラーな仕上がりですね。
どう違うか確認したいです。
同じく。 (オリーブリー)
2010-11-18 18:19:34
私もあの女性がああなるのは別に要らなかったんじゃないかな~と思います。
噛み付いたの見てるんだし、エリに目星付けたんなんらサッサと行けよ、おっさん、、みたいな(苦笑)
と、ちょっと残念な箇所はあるけど、丁寧で雰囲気のある良い映画でしたね。
リメイクはジェンキンスだし、少し掘り下げられてるのかも。
☆オリーブリーさん (mig)
2010-11-18 22:34:46
こちらにもありがとです、
ね、なんだかちとやりすぎのような。

リメイクかなり気になってますよ~ホラーチックによりなってるし評価も上々のようで☆
僕のエリを見て (はじめまして)
2010-12-09 03:15:10
初めまして、今日僕のエリ見ちゃいました、私の感想は病院でエリの血を飲ませて落ちていく老人がオスカーの行く末だと考えて見てました。うーん、エリの部屋の殺風景さとか首に飛びつく野犬的な襲い方などの野卑さを見ていますと、
とても少女として愛せず、私的な見方によれば道を踏み外した少年の心の悪のカタチが吸血鬼の少女なのかなと、、とても初恋として見れなくて、、あのブラインドを下ろしてと言って太陽の光りで死んでいくオバさんのほうが好き。
この映画、たぶん、みなさんと違ったイメージで心に残りました。。
知りたい事が (僕のエリをみて2)
2010-12-09 03:36:48
オスカーが教室にいる前半のシーンに、

教室のドアに寄りかかるような、
教室の外から覗いてるような少女の陰が見えてたんですけど、あれエリが覗いてたのかな?

もう一度誰かと見に行くしかないかな、、

もの映画どのように感じていいかわからず
書かせて頂きました。
Unknown (mig)
2010-12-09 08:37:24
はじめまして☆

コメントありがとうございます、
これはなかなか評価されてる作品でハリウッドでも既にリメイクされ、
スティーブンキングが今年の1位に選んでるんですよね。
私もオリジナルのこちら、好きです。
Unknown (mig)
2010-12-09 08:40:47
お名前がないので同じ方かな??
一応
分けて書きますね、
私が観てからは随分経ってて全部のシーンをきちんと覚えてませんが、その状況で覗いてるとなれば
エリしかいませんね。
今原作を読んでるところなんですが、ちょこちょこと違うんですよね。
「モールス」読んでみられること、オススメします。
文庫本で上下ですよ☆

でも映画、DVD来年2月に出るので私もまた観るつもりですー♪

懐かしさでいっぱい♪ (ノルウェーまだ~む)
2010-12-11 06:09:32
migちゃん、待ちきれなくて見ちゃったyo
すっごく良かった♪
あの北欧の真っ白で、真っ暗で、キン・・・と静かな景色が、懐かしかったわ☆
オスカーの純真無垢なところが、穢れの無い北欧の景色と重なって、本当に忘れられない映画になったな~
わーん、今年はいい映画がいっぱいで、ベストは迷うね~
まだ~む☆ (mig)
2010-12-12 23:04:39
観ちゃったね♪
字幕ありで観たあとの感想も是非聞きたいから日本来たらぜひレンタルしてねー☆
ってあれ?DVDは2月だったかな?
おお~まだーむももしやこれベストに入る?
私もよ♪
こんばんは! (kenko)
2011-01-08 23:50:20
migさん、ご挨拶が遅れましたが今年もよろしくお願いします!

たぶん私もベストに入れる予定の一本。
ヴァンパイアものって好きな方ですが
去年はとくにいっぱいありましたね。
『デイブレイカー』観られなかったのが残念!

私も原作トライしてみます
★kenkoさん (mig)
2011-01-09 23:03:49
こんばんは♪
こちらこそ今年もよろしくです~
ベスト今拝見しました♪

ぼくエリ、面白かったですよね☆
あ~、「デイブレイカー」はkenkoさんお好きだと思いますヨ、ぜひDVDで♪

原作今止まってて下巻の半ばです☆
こんにちは! (latifa)
2011-02-05 13:27:44
migさん、こんにちは。
昨日からレンタル開始で、速攻借りて来ました^^
私も面白かったですー。
ハリウッド版の方、予告編をちょっと見たら、雰囲気はこれと似た感じで、でも少女が個人的にはハリウッド版の方が好きかも(^^ゞ

migさんは原作も読んでいる最中?終わった?のかな。
私もあのボカシの処とか、オッサンがロリコンだったとか、映画を見終わった後、え!って事が多くて、がぜん読みたくなってきてます。
latifaさん☆ (mig)
2011-02-06 01:24:37
こんばんは☆
私は購入したのでもうすぐ届きます♪
楽しみ~。

もうすぐ読み終わるとこです(笑)

明日お邪魔しますね★
美しい‥。 (koji of the dead)
2011-02-07 02:40:11
またまたこんばんは。

さっき観終わったんですが、コメントせずにはいれなくて(笑)
確かにショッキングな映像も少なからずありましたが、終始映像的にも美しい感じがあって、
芸術的な感じが強かったなぁ。
音楽も良かったと思います。
とにかく、この雰囲気がたまりません(笑)

アメリカでリメイク‥。この雰囲気を出すことができるのかな?なんか無理なような気がしますが。

エリのお父さん的な方。きっとオスカーのように若い時に出会い、長い間一緒に暮らしてたのかなぁ~。(エリは外見、12才のままなんですよね?)
☆kojiさん☆ (mig)
2011-02-07 17:39:06
こんばんは♪

ありがとう!コメ。
いいでしょいいでしょ?
ベスト10入りも納得でしょ?(笑)

アメリカ版の方はもうちょっとホラーっぽい感じがしますよ、
kojiさん好きそうかも。
エリ役は「キックアス」のクロエちゃんよ。

お父さんについては原作読むと完全にエリを愛するオヤジって描かれ方なの、
映画はちょっとお父さん、にも思えるような描かれ方だったね。

うん、外見は12歳のまんま。
こんにちは♪ (yukarin)
2011-02-09 12:52:23
やっと観たよう♪
最近はゾンビとヴァンパイアの区別がつかないような作品が多かったんだけど、これは良かったですねー。
「トワイライト」よりずっと良かった^^

エリよりオスカーのほうが色白でヴァンパイアっぽい(笑)

リメイクはかなり普通っぽいものになってるみたいね^^;
yukarinちゃん★ (mig)
2011-02-10 00:53:19
あ、ありがとうーTBくれてたのね☆
このあと伺うね!
おー、あのトワイライトよりハマった!?
yukarinちゃんが!

リメイクはフツウなの!?
原作今読んでるからお会いしたとき貸せるけど(笑)
こんばんはー。 (minori)
2011-03-24 21:25:22
migさん、こんばんは。
毎日Twitterでアクセスランキング、これ気になってしょうがなかったです(笑)というわけでようやく遊びにきました。

私は何の予備知識もなく、モザイクなしのやつを見たんですが(外国じゃモザイク、そうそう見れないですよね)「ああ、なるほど、事情があってオンナノコにされちゃったのね」と普通に流しておりました…。あとでこんなに話題になっていることを知り、驚き、もう一度見たくらいです…。

そっか、リメイク版は最初から女子なんですね。うーん、そうなんだ。これも最近レンタルになったはずなので見てみます。私も今は地震のことで(海外にいますが)いっぱいいっぱいで映画から離れておりましたが、こんなときこそ見ないとね。明日はブラッドリィの新作、みてきまーす。

長々と失礼いたしました。
minoriさん (mig)
2011-03-25 20:26:16
こんばんは☆
twitter で一応RTかけましたがあんなんでいいのかなぁ、

ありがとうございます、久々のコメント嬉しいです☆
あら?海外行ってらっしゃるんですね、
私も来月NY予定してましたがこの分だと家にいようかなと逆に思ってます、、、、
ブラッドリーの新作いいなぁ。
ありがとうー。 (minori)
2011-03-25 23:12:34
migさん、ありがとうございましたー。
助かります!!

そうそう、わたしもう結構長いこと
ここパースにいるんですよー。
田舎町で飲んだくれが多い町です(笑)
NY、残念…でもまたすぐ行けますからね!
いいなぁ。私も行きたいなー。
ブラッドリィ君見てきましたよー。
なかなか楽しめました。是非是非。
minoriさん (mig)
2011-03-27 00:16:28
こんばんは☆
えー、長いこといるんだ!?
うわ~そうなんですね。

私も海外(NY)に永住が夢です☆

ブラッドリーの記事読ませて頂きましたわ♡ニホンには当分こなさそう、、、、泣
朝からこんな話・・・・ (SGA夜ゴイ血)
2011-03-29 07:35:49
migさん、おはよう。ツイッターでこちらのアクセスワード見ると、未だに「ぼくのエリ ぼかし」が上位に来てるよね・・・ きっとみんなぼかしがきになってきになってしょうがないんだろうなあ(笑)

怖いもの苦手なわたしでも、この映画はそんなに怖くなかったよ。うん、『永遠のこどもたち』の方がよっぽど怖かった
ハリウッドの映画と違って音楽が最小限だったのが印象的だったけど、リメイクではもっと普通のホラーになってそうだね・・・・

ひとつ許せなかったのはおばさんが猫をぶんぶん投げ飛ばすシーンかなあ。かじられても猫を投げたらいけません!
夜伍ゴイ血くん (mig)
2011-03-29 09:58:01
おはよう☆
そうね、皆知りたいのね~、
しかし 「ぼくのエリ、 ぼかし」って連日上位でほんと笑っちゃうよね
うん、これは怖くないでしょう
ホラー風な雰囲気あって監督もキング作品好きらしいんだけどその北欧版な感じも。

あー、あのネコちゃんたち凄かったよね!しつこくかぶりついてCGだろうけどびっくり、あのシーンとベッドで炎はギャグみたいだった(笑
Unknown (風情♪)
2011-08-15 15:47:32
 こんにちは♪

子供のヴァンパイアって子供特有の残酷性が
垣間見れて大人と違って何時も以上にゾクゾ
クさせられるものがありますよね。
あのボカシは頂けませんでしたね~、話の捉
え方が全く違って来ちゃいますからね。
オリジナル&リメイクとどちらも甲乙つけ難
しだけど、先にリメイクを観てしまったこと
で気持ちリメイクに分がありと言ったところ
です♪ (゜▽゜)v
風情♪さん (mig)
2011-08-15 21:28:02
こんばんは、
ほんとそうですね。
ぼかし、意味不明です。
いまだに検索ワードの1位になってます、
皆気になるんでしょうね~(笑)
最初わたし女の子がしちゃダメだから縫われたかと思いましたよ、
原作読まないと映画だけだととても少年同士の愛だなんて分からないんですよね~。
コメントで教えてもらった後、原作読みましたもん。
それと邦題がダメ駄目ですね。
作品はそっか~
先に見た方と、クロエ好きさんならリメイクの方が、、、になるんでしょうね。

コメあとでいきますー
こんばんわ (にゃむばなな)
2011-09-04 19:53:54
ホラーというよりも切ない初恋の映画って感じがしましたよ。
特にエリがオスカーを助けに戻ってくるあのプールでのラストシーン。
あぁ~、切ない!
☆にゃむばななさん (mig)
2011-09-05 08:21:27
おはようございます。

そうですね、ラストといい初恋に重きおいてて

恋する二人がヴァンパイアと人間の少年少女だったという

プールでの残虐事件、スカっとしちゃった.原作よりもどうでもいいことダラダラしないで省いてていいです。
やっと観たわ~ (tomoco)
2011-10-21 12:55:48
migちゃんおはよー☆
周りからおススメされてたけど、
ホラーだしグロいらしいし、ってちょっと敬遠してたのよね。
でもそこは全然大丈夫だった

ここで1年以上たってもずっと検索ワード上位にきてる「ぼかし」笑
最初観た時は全然気にならなくて、
別にそんなこだわることでもないじゃない、なんて思ったんだけど
意味知っちゃって、そのシーン観ちゃったら
これもう全然別物になっちゃうね!びっくりよ~

にしてもリメイクのキャストが3人とも魅力的すぎる!
『モールス』観たいわ
tomocoさん☆ (mig)
2011-10-21 20:23:47
ハロウ♪
グロくもないでしょ♪

検索ワード ぼかし、笑うよね。

最初女の子なのに出来ない様に縫ったのかと思ったら男の子だしー
邦題おかしいしー

モールスもぜひぜひ。
あ、まだ出てないのか??

明日また話そう☆
玄関 (辻)
2014-09-06 22:44:25
今晩は、はじめまして。この映画先日二度目を見ました。以前はあまりぱっとしない印象でしたが、時間が経つにつれて「よかったな~」とこの何年か見てきた映画の中で五本指には入りそうです。タイトルは今回少し調べましたが、let the right one in (正しき者を招き入れよ)の感じの方がいいですかね。ホラーが好きでよく見ますが、悪霊…クロユリ団地とかでもドア、玄関を開けるか、「入っていい」というか、ここに境がはっきりあるのだな、なんて一人合点しています。それで玄関の掃除をした次第です。さて、最後に日本語の起源、言霊百神というサイトから短歌短歌を一首ご紹介させて頂きます。

なかきよの とおのねふりの みなめさめ なみのりふねの おとのよきかな
辻さま☆ (mig)
2014-09-07 21:23:30
こんばんは。
北欧映画なのでタイトルはあれだけど
ハリウッドリメイクのほうはlet me inでしたよね。
やっぱり北欧版のこのオリジナルの方が好きです。
原作も読みましたが、うまく映画としてまとめてるし雰囲気もうまいですし

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

61 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
ぼくのエリ 200歳の少女 (あーうぃ だにぇっと)
7月5日(月)@ヒューマントラストシネマ渋谷で鑑賞。 この日は某所で「瞳の奥の秘密」を観てから会社にとんぼ返り。 戻りは土砂降りに近い雨に降られて少しめげた。 会社に戻って一所懸命お仕事を片付けてから再び渋谷へ出発。 大車輪の活躍で、自分で自分を褒めて...
ぼくのエリ 200歳の少女 (ともやの映画大好きっ!)
気になる映画。 ともやの琴線に激しく触れる映画を発見しました。 ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト原作の小説「モールス」を映画化。 2008年に公開されたスウェーデン映画「ぼくのエリ 200歳の少女」(原題:LAT DEN RATTE KOMMA IN/英題:LET THE RIGHT ONE IN)。...
Let The Right One In (It's a Wonderful Life)
せつなきヴァンパイアムービー "Let The Right One In" 2008年スウェーデン映画  原題・Låt den rätte komma in official site (Sweden) http://www.latdenrattekommain.se/ 2年前の「ホット・ファズ」の感想にチラっと書いたんです けど、エドガー・...
MORSE モールス (セガール気分で逢いましょう)
昨年、一つのスウェーデン映画が欧米をはじめ世界中に衝撃をもたらした。そのタイトルはLet The Right One In。日本では『ぼくのエリ/200歳の少女』という邦題で今週末より順次公開となる。
『ぼくのエリ 200歳の少女』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容(ネタバレ)、ラストに触れています。鑑賞後にお読みください。スウェーデンのスティーヴン・キングこと、ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストのベストセラー小説『モールス』を映画化した『ぼくのエリ 2
ぼくのエリ 200歳の少女【試写会】 (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:ぼくのエリ 200歳の少女 制作:2008年・スウェーデン 監督:トーマス・アルフレッドソン 出演:カーレ・ヘーデブラント、リーナ・レアンデション、ペール・ラグナー あらすじ:ストックホルム郊外で母親と暮らす12歳のオスカー(カーレ・ヘーデ...
「ぼくのエリ 200歳の少女」(試写会) (ドゥル的映画鑑賞ダイアリー)
お勧め度:★★★☆☆ 製作年 : 2008年 製作国 : スウェーデン 配給 : ショウゲート 上映時間 : 115分 監督 : トーマス・アルフレッドソン 原作・脚本 : ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト 出演 : カーレ・ヘーデプラント 、 リーナ・レアンデション 、 ペール・ラ...
ぼくのエリ 200歳の少女 (LOVE Cinemas 調布)
スウェーデンの人気作家ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストのベストセラー小説『モールス』を本人の脚本で映画化。ヴァンパイアと孤独な少年の恋愛を描いたラブストーリーだ。主演はカーレ・ヘーデブラントとリーナ・レアンデション。監督はトーマス・アルフレッドソン。...
[映画][2010年]ぼくのエリ 200歳の少女 (タニプロダクション)
銀座テアトルシネマ LET THE RIGHT ONE IN スウェーデン映画 監督:トーマス・アルフレッドソン 原作・脚本:ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト 出演:カーレ・ヘーデブランド リーナ・レアンデション他 撮影:ホイット・ヴァン・ホイットマ 音楽:ヨハン・ソーデル...
『ぼくのエリ200歳の少女』(2008)/スウェーデン (NiceOne!!)
原題:LATDENRATTEKOMMAIN/LETTHERIGHTONEIN監督:トーマス・アルフレッドソン原作・脚本:ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト出演:カーレ・ヘーデプラント、リーナ・レアンデション、ペール...
《 ぼくのエリ 200歳の少女 》 (映画 - K'z films -)
おすすめ度:4.0 ヴァンパイアと少年の淡い初恋という、一見、かけ離れたジャンルを見事に融合させたスウェーデン映画。とても切なくとても奥深い、雪景色を背景にどことなく哀愁の漂う作品です。物語の主人公は、金髪に透き通る様な白い肌、少年にも少女にも見える...
ぼくのエリ 200歳の少女 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
北欧特有の冷気と幻想の中で繰り広げられる残酷で美しいメルヘン。孤独な少年とヴァンパイアの少女の結びつきを、ポエティックに描いていく。12歳のオスカーはストックホルム郊外の街で暮らす繊細で孤独な少年。学校で深刻ないじめにあっているが、親も教師も彼の状況に気...
『ぼくのエリ 200歳の少女』 現代の民話 (Days of Books, Films )
映画の最初と最後。暗闇にしんしんと降る雪の映像が映し出される。はじめは何かがうご
「ぼくのエリ 200歳の少女」 (或る日の出来事)
この感じ、好きだよ!
『ぼくのエリ 200歳の少女』は恐ろしき純愛映画だよ。 (かろうじてインターネット)
 いつの頃からか、音楽も映画も古典ばかり愛するようになってしまい、新作に興味が失せてしまっておりました。このブログをはじめた理由の...
ぼくのエリ200歳の少女 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
孤独な少年が初めての恋に落ちた。その相手の謎めいた少女は12歳のまま、時を超えて生き続けるヴァンパイアだった。スウェーデンのベストセラー小説「モールス」を映画化した禁断の恋の物語。トライベッカ映画祭で最優秀作品賞を受賞。監督は、トーマス・アルフレッドソ...
ぼくのエリ 200歳の少女 (とりあえず、コメントです)
ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト著『モールス』を映画化した作品です。 12歳の少年を主人公にヴァンパイアを題材にした初恋の物語と聞いて気になっていました。 さらさらした雪に覆われた世界の静けさと、じんわりと伝わってくるぞっとするような怖さが印象的でした。...
『ぼくのエリ 200歳の少女』 カメラの秘密 (映画のブログ)
 『ぼくのエリ 200歳の少女』の原作者であり、脚本も担当したヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストは、公式サイトに短い会話を書きだした。 ...
映画「ぼくのエリ 200歳の少女」 (Andre's Review)
  Låt den rätte komma in スウェーデン 2008 10年7月公開 劇場鑑賞 スウェーデンのベストセラー小説「モールス」を本国で映画化した作品。ハリウッドリメイクも決定しているらしいです。北欧関係の仕事をしている友人がオススメしていたので楽しみにして観に行きま...
ぼくのエリ 200歳の少女 (to Heart)
怖ろしくも、哀しく、美しい12歳の初恋 原題 LAT DEN RATTE KOMMA IN/LET THE RIGHT ONE IN 製作年度 2008 製作国・地域 スウェーデン 上映時間 115分 映倫 PG12
ぼくのエリ 200歳の少女 (ダイターンクラッシュ!!)
2010年8月17日(火) 18:50~ 銀座テアトルシネマ 料金:1000円(Club-C会員料金) パンフレット:700円(買っていない) 『ぼくのエリ 200歳の少女』公式サイト 200歳の少女などというからヴァンパイアねただと一発で判る。 いじめられっ子の12歳の少年と、隣に越...
ぼくのエリ 200歳の少女 (映画三昧、活字中毒)
■ テアトル銀座にて鑑賞ぼくのエリ 200歳の少女/LAT DEN RATTE KOMMA IN 2008年/スウェーデン/115分 監督: トーマス・アルフレッドソン 出演: ...
『ぼくのエリ 200歳の少女』・・・ (~青いそよ風が吹く街角~)
2008年:スウェーデン映画、トーマス・アルフレッドソン監督、ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト原作&脚本、カーレ・ヘーデプラント、リーナ・レアンデション、ペール・ラグナル出演。
ぼくのエリ 200歳の少女 (シネマ大好き)
一人きりの部屋で、オスカーは「ブタの鳴きマネをしろ」と口ばしる。冬なのに上半身に服を着ず、手にはナイフを持って、少年のたたずまいは謎めいて不穏。少年が言ったのは、同級生が彼に放った言葉で、彼は毎日のように彼らにいじめられていたのだ。同じアパートに女の...
「ぼくのエリ 200歳の少女」 (Con Gas, Sin Hielo)
生への執着力に吸い取られるぼく。 「200歳の少女」とはとんでもないながら頭にこびり付く副題である。 しかしいくら注意して観ても劇中でエリが200年生きているという証はついに出てこなかった。 いじめられっ子の主人公・オスカーと吸血少女のエリ。明るさとは無縁...
ぼくのエリ 200歳の少女 (ひばなのシネマの天地)
ジャンル : ホラー 製作年 : 2008年 製作国 : スウェーデン 配給 : ショウゲート 上映時間 : 115分 監督 : トーマス・アルフレッドソン 原作・脚本 : ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト 出演 : カーレ・ヘーデプラント リーナ
ぼくのエリ 200歳の少女 (だらだら無気力ブログ)
スウェーデン人気作家ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストのベストセラー 『モールス』を原作者自らの脚色で映画化。 同級生のイジメにあう孤独な少年がヴァンパイアの少女と出会い、ひょんな ことから恋に落ちていくも彼女の正体を知った少年の戸惑いと、彼女を受け 入...
ぼくのエリ、200歳の少女(2008) (銅版画制作の日々)
原題:LAT DEN RATTE KOMMA IN(スウェ―デン語)、LET THE RIGHT ONE IN(英語)怖ろしくも、哀しく、美し...
10-210「ぼくのエリ 200歳の少女」(スウェーデン) (CINECHANが観た映画について)
殺してでも生き残りたい  ストックホルム郊外の小さな町。集合住宅に母親と2人で暮らす12歳の少年オスカー。同級生のイジメに苦しみながらも、誰にも助けを求めることが出来ず、ただ復讐を夢想してはじっと堪え忍ぶ日々。  そんなある晩、彼はひとりの謎めいた少女と...
『ぼくのエリ 200歳の少女』:これは、直前に読んだ本が悪かった @ロードショウ・ミニシアター (りゃんひさ MyBlog~映画レビューなど)
スウェーデンのスティーヴン・キングといわれるヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストのベストセラー小説の映画化。 これは、直前に読んだ本が悪かった。 内容に共通するところが多々あって、ちょっと集中力が殺がれてしまいました。
「ぼくのエリ 200歳の少女」 LET THE RIGHT ONE IN (俺の明日はどっちだ)
12歳のオスカーはストックホルム郊外の街で暮らす繊細で孤独な少年。学校で深刻ないじめにあっているが、親も教師も彼の状況に気付かない。ある日、アパートの隣に引っ越してきたエリという少女に出会う。一方、街では、残虐な殺人事件が...
ぼくのエリ 200歳の少女 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】 北欧というお国柄ゆえ、詩的情緒あふれる作品に。
ぼくのエリ 200歳の少女☆独り言 (黒猫のうたた寝)
スウェーデンのヴァンパイア映画・・・なんだか童話のような感覚でした。ヴァンパイアといえば、ホラーだと思うのですが、確かに血は流されるし、スプラッターなシーンはありますがでも、全編を通してホラーという感覚は希薄です。いじめられっこの少年オスカーが出会った...
『ぼくのエリ 200歳の少女』 (Matthewの映画日記?)
映画館のポイントが貯まっていたので、県内では、その映画館でしか上映されないので気になっていた、スウェーデン映画の『ぼくのエリ 200歳の少女』を観てきました。 あらすじは ストックホルム郊外に母親と2人で暮らす12歳の少年オスカーは苦痛に満ちた毎...
ぼくのエリ 200歳の少女 (心のままに映画の風景)
ストックホルム郊外の小さな町。 集合住宅で母親と暮らす12歳の少年オスカー(カーレ・ヘーデブラント)は、学校で同級生にいじめられていた。 ある晩、隣の部屋にエリ(リーナ・レアンデション)という...
『ぼくのエリ200歳の少女』 (purebreath★マリーの映画館)
怖ろしくも、哀しく、美しい 12歳の初恋。『ぼくのエリ200歳の少女』監督・・・トーマス・アルフレッドソン原作・脚本・・・ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト出演・・・カーレ...
「ぼくのエリ 200歳の少女」静寂と気高さ (ノルウェー暮らし・イン・London)
ヴァンパイア映画の続いた今年。 群を抜いて存在感のある作品となったこの映画は、さすがハリウッド版でスピードリメイクされるだけのことはある! 透き通るような肌の、透き通るほど純粋な少年の初恋は、息を呑むような透き通る大自然の北欧の、誰の足跡も無い真っ白に...
■映画『ぼくのエリ 200歳の少女』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
いわゆるボーイ・ミーツ・ガールな少年の成長物語かと思っていたら、大きく裏切られる北欧ヴァンパイア・ムービー『ぼくのエリ 200歳の少女』。 いじめられっこの孤独な少年とエキゾチックでミステリアスなヴァンパイア少女の切なくも美しい恋…というような表現は、こ...
ぼくのエリ 200歳の少女 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:LAT DEN RATTE KOMMA IN、英題:LET THE RIGHT ONE IN。スウェーデン映画、ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト原作、トーマス・アルフレッドソン監督。カーレ・ヘーデブラント ...
ぼくのエリ 200歳の少女 (C note)
今年もあと3日! クリスマスとかおかまいなしに、たまった映画レビュー立て続けにU
「ぼくのエリ 200歳の少女」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
将来を想像すると・・・・(++)
ぼくのエリ 200歳の少女 (いやいやえん)
ああ、そうなんだこれは邦題が間違っていますね。 エリはある部分でオスカーに聞くんです「もし女の子じゃなくても好きだと思うの?」と。 少年期の孤独感や疎外感、不安などをバンパイアに絡めて恋愛めいた関係にもっていくところが非常に繊細で切なくて良かった。永...
ぼくのエリ 200歳の少女 (映画鑑賞★日記・・・)
【LAT DEN RATTE KOMMA IN/LET THE RIGHT ONE IN】2010/07/10公開 スウェーデン PG12 115分監督:トーマス・アルフレッドソン出演:カーレ・ヘーデブラント、リーナ・レアンデション、ペール・ラグナ ...
ぼくのエリ 200歳の少女 (銀幕大帝α)
LAT DEN RATTE KOMMA IN/08年/スウェーデン/115分/ヴァンパイア・ホラー・サスペンス・ロマンス/PG12/劇場公開 監督:トーマス・アルフレッドソン 原作:ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト『モールス』 出演:カーレ・ヘーデブラント、リーナ・レアンデショ...
ぼくのエリ 200歳の少女 【何もかも キミさえいれば 怖くない】 (猫の毛玉 映画館)
『ぼくのエリ 200歳の少女』 Låt den rätte komma in / 英題:LET THE RIGHT ONE IN 2008年・スウェーデン ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト著『モールス』映画化。  原作者自らが脚色し映画化され...
ぼくのエリ 200歳の少女  監督/トーマス・アルフレッドソン (西京極 紫の館)
【出演】  カーレ・ヘーデプラント  リーナ・レアンデション  ペール・ラグナル 【ストーリー】 ストックホルム郊外に母親と2人で暮らす12歳の少年オスカーは苦痛に満ちた毎日を送っていた。学校で陰湿な苛めにあっているのに誰も気づかない。それほど孤独だった。あ...
ぼくのエリ、200歳の少女 (晴れたらいいね~)
冬景色もなんのその!切ないというのか、刹那的というのか…。これはねぇ、観に行くつもりだったんですよ。私とミニシアのスケジュールがまったく合いませんでした。さぁ、い ...
ぼくのエリ 200歳の少女 (Some Like It Hot)
■「ぼくのエリ 200歳の少女/Lat Den Ratte Komma In」(2008年・スウェーデン) 監督=トーマス・アルフレッドソン 主演=カーレ・ヘーデブラント リーナ・レアンデション ペール・ラグナー  いじめられっ子の少年オスカーは友達もなく、夜な夜なナイフを...
ぼくのエリ 200歳の少女 (Låt den rätte komma in) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 トーマス・アルフレッドソン 主演 カーレ・ヘーデブラント 2008年 スウェーデン映画 115分 ラブロマンス 採点★★★★★ 初恋の思い出ってのはさっぱり覚えていないんですが、初めての彼女の事は意外とまだ覚えているもので。未練とかそんな感じのは全然ない...
ぼくとエリの闇の列車旅 (Akira's VOICE)
「ぼくのエリ 200歳の少女」 「闇の列車,光の旅」 
ぼくのエリ 200歳の少女 (Recommend Movies)
恐ろしくも、哀しく、美しい、12歳の初恋。 世界中の映画祭で60の賞を受賞した禁断の恋物語! ハリウッドでも早々にリメイクされたみたい いじめられっこで繊細な12歳の少年オスカーは友達が欲しい...
ぼくのエリ 200歳の少女(LAT DEN RATTE KOMMA IN)/悲劇の少年たち (映画感想 * FRAGILE)
ぼくのエリ 200歳の少女LAT DEN RATTE KOMMA IN/2008年/スウェーデン12歳のいじめられっ子・オスカーは、アパートの隣の部屋に越してきた少女・エリと知り合う。 それが、悲劇の始まりだった。 透き通るような肌のオスカー少年と、ぎょろっとした目付きで年齢不詳...
ぼくのエリ 200歳の少女 (RISING STEEL)
ぼくのエリ 200歳の少女 / LAT DEN RATTE KOMMA IN 2008年 スウェーデン映画 監督:トーマス・アルフレッドソン 脚本・原作:ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト 撮影:ホイテ・ヴァン・ホイテ...
エリ MY LOVE SO SWEET トーマス・アルフレッドソン 『ぼくのエリ 200歳の少女』 (SGA屋物語紹介所)
太郎を眠らせ 太郎の屋根に雪降り積む エリーを眠らせ エリーの屋根に雪降り積む
「ぼくのエリ 200歳の少女」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
スウェーデン映画って見たことあったっけなーー?? しかもホラーだよ。
モールス / Let Me In (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click この20年のアメリカでNO.1のスリラー。とにかく劇場に駆けこめ。 観終わった後にお礼を言ってもらえればいい。 とまで言わしめた、ホラー小説の巨匠 スティーブン・キングが選ぶ2010年のベスト1 これはあ...
『ぼくのエリ 200歳の少女』 (こねたみっくす)
12歳の少年が経験するにはあまりのも切なすぎる、舞い散る雪と飛び散る血が紡ぎだす哀しくも美しい初恋。 この微妙な邦題からは想像しにくいスウェーデン発のヴァンパイア映画に、 ...
『ぼくのエリ 200歳の少女』 ('11初鑑賞143・WOWOW) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 10月21日(金) WOWOWシネマの放送を録画で鑑賞。
ぼくのエリ 200歳の少女 (こんな映画見ました~)
『ぼくのエリ 200歳の少女』---LAT DEN RATTE KOMMA IN  LET THE RIGHT ONE IN---2008年(スウェーデン )監督:トーマス・アルフレッドソン出演:カーレ・ヘーデブラント、リーナ・レアンデション、ペール・ラグナー、ヘンリック・ダール、カーリン・バーグ....
『ぼくのエリ 200歳の少女』 (La.La.La)
JUGEMテーマ:映画 制作年:208年  制作国:スウェーデン  上映メディア:劇場公開  上映時間:110分  原題:LAT DEN RATTE KOMMA IN  配給:インターフィルム  監督:トーマス・アルフレッドソン  主演:カーレ・ヘーデブラント      リー...
ネタ元を訪ねて 第一弾 『ぼくのエリ 200歳の少女』 (映画部族 a tribe called movie)
監督:トーマス・アルフレッドソン出演:カーレ・ヘーデブラント、リーア・レアンデションスウェーデン映画 2008年 ・・・・・・ 7点リメイク版・・・『モールス』2010年