東京里山農業日誌

東京郊外で仕事のかたわら稲作畑作などをしていましたが、2012年4月に故郷の山口県に拠点を移して同活動をしています。

茨城県 ひたちなか市~御岩神社~日鉱記念館などを楽しく散策(1/3)

2019年10月10日 | 家族関連

 元々の目的は人間ドックでしたが、10月4日から8日まで東京に行ってきました。その間、茨城県内をいくつか巡ってきました。今回は息子夫婦が連れて行ってくれました。茨城県は息子の嫁の出身ですので、嫁が知っている場所を中心にいくつか回ってきました。私はどちらかと言うと、史跡巡りが好きですが、今回は食べ物道楽と史跡道楽の二つを楽しんできました。早朝、息子たちが住む東京練馬区から車で、茨城県ひたちなか市の那珂湊漁港を目指しました。

          茨城県ひたちなか市の那珂湊漁港


 息子がJR水戸駅と近くの千波湖の間に住んでいた今から二年前、ひたちなか市に来たことがあります。その時、大洗町とひたちなか市を延々と一人で歩いて史跡巡りをしました。最初大洗町の道並みを散策し、神社や水族館などを楽しみました。続いて、大洗町から隣のひたちなか市まで歩いて、水戸藩が作った反射炉跡や登窯跡を見学しました。今回は、そのひたちなか市の那珂湊駅前を通って那珂湊漁港に行きました。すると、魚を買うためでしょうか都心からたくさんの人々が来ていて、右往左往の大賑わいでした。

 那珂湊漁港に到着   魚市場(いろんな魚を販売)   回転寿司店に入店
  

 漁港なので、魚を荷揚げするたくさんの船が間近に見えました。その中を、まるで魚の市場のような何棟もの広い売り場を散策しました。魚が好きな人にはたまらない場所です。魚を買わなくても、魚の種類を覚えるにはいい場所です。子供達にも勉強になると思います。

   握り寿司を楽しむ息子夫婦      いろんな魚の切り身もどっさり
 

 その魚市場の二階にある回転寿司店に入りました。最初にだし汁を頼みました。そのだし汁がこれまた美味しい事!また握り寿司は具が大きすぎてごはんが見えません。ごはんは、おまけ程度にちょこんと付いているのです。満腹しました。今回息子達にお世話になるので、寿司代は私が出しました。

          今回散策した茨城県内のルート

コメント