東京里山農業日誌

東京郊外で仕事のかたわら稲作畑作などをしていましたが、2012年4月に故郷の山口県に拠点を移して同活動をしています。

夏の使者カブトムシが二匹、今年もやって来る

2020年07月30日 | 生き物

 夜中、窓の外が騒がしい季節になりました。蛾やコガネムシなどの虫が、電気の光に誘われて窓ガラスに当たるのです。窓に当たる音で、だいたいどの昆虫が来ているのか分かります。一方で、蛾などを狙ってたくさんのヤモリが窓ガラスにやってきます。ヤモリの腹側に私がいるので、ヤモリは私に気が付かないようです。昨日、その窓ガラスにひときわ大きな音でぶつかる昆虫がいました。カブトムシです。

    夜中、私の部屋の窓ガラスに当たってきたカブトムシ


 去年やって来たのと同じ位の大きさのオスのカブトムシです。捕まえると怒ります。そして、鋭い足の爪やトゲを私の手に引っ掛けて抵抗します。次の日、木の幹に止まらせて山に返しました。カブトムシがやって来るのは、まだまだ自然が豊富な証拠でしょう。来年も来て欲しいと思います。ところで、クワガタはまだ来ていません。そのうち窓ガラスに当たるようにやって来ると思います。

   精悍な顔つき      立派な二つの角      山に返す
  

追記
 昨日やって来たカブトムシの事をこのブログに書いていると、窓ガラスに当たる同じような音が聞こえてきました。窓を開けると、雌のカブトムシが勢いよく入ってきました。じゃじゃ馬娘のようで、部屋内を飛び回りました。捕まえると、グーグーと音を鳴らして怒ります。そして、足を動かして逃げようとします。その爪の痛いこと。また摘まんだ指を少しでも離すと、羽を広げて飛び回ります。部屋内を飛び回って埃が立つため、窓の外に追い出しました。何とも元気な雌のカブトムシでした。

  入ってきた雌のカブトムシ       飛び立とうと羽を広げる
 

コメント

赤手ガニの子供を捕まえて観察

2020年07月02日 | 生き物

 一年ぶりに、我家のカニを捕まえました。体が少し小さくうっすらと両手が赤いため、赤手ガニの子供ではないかと思います。雨が降って湿気が強いので、餌を求めて歩いていたのではないでしょうか。ところで、ここ数年赤手ガニの数が減ったようように思います。昔は溝や土管にたくさんのカニがいたものです。カニを餌にするタヌキ,アナグマ,アライグマなど獣が増えたからでしょう。たまに赤手ガニを見ても、すぐに穴の中に逃げてしまいます。カニにとって暮らしにくい世の中になりました。

      体が小さくうっすらと両手が赤い、赤手ガニの子供   


 カニがいなくなった一番の原因は、獣の増加以外に海岸の堤防整備だと思います。卵を産みに海に出られなくなり、逆に子ガニが海から陸に戻れなくなりました。田布施町麻郷八海地区に蟹守様の伝承が残っておりその祠もあります。これは、かつて海沿いの八海地区に足踏みできないほどのカニが住んでいた言い伝えです。堤防や防潮堤が無かった昔は、八海地区はカニの天国だったのです。まさに、インド洋のクリスマス島のようにカニが溢れた時代があったのでしょう。

  赤みをおびたハサミ          雄のカニ(腹の模様から)
 

コメント

保護した伝書鳩、元気になり大空に帰る

2020年04月16日 | 生き物



 10日ほど前に保護した伝書鳩、大空に放つ日がやってきました。保護した当初は、胸骨を手で触れるほど体が細く痩せていました。最初に紅花の種子を与え、次に小麦の種子を与えました。さらに、鳩の好物であるトウモロコシの種子も与えました。三つ共、私が収穫したものです。保護してから10日後の今日、丸々とした健康体に回復し元気になりました。いなくなるのは寂しいですが、飼い主の元に返さなければなりません。放つと一気に飛びたち、南の空に去っていきました。

       解き放つと、南の空に向かって飛び去る


 鳩に詳しいY君の話では、保護した鳩は去年生まれたのではとのこと。足環で分かるようです。そして、初めて伝書鳩レースに出場したのではないかとのことでした。長距離のレースの場合、伝書鳩の能力差が顕著に表れるそうです。疲れたりすると、途中で舞い降りて餌を食べた後にレースに戻るようです。
 Y君によると、よその伝書鳩が厩舎入ってきたり、自分の鳩がよその厩舎に入ることが少なくないそうです。例えば、Y君の鳩が新潟県で見つかったことがあったそうです。また、沖縄県の鳩が自分の厩舎に入ったこともあったそうです。伝書鳩は、気楽に空を飛んでいるわけではないのですね。

 好物のトウモロコシ     体調回復を確認    元気になった鳩
  

コメント

郷土館に現れた珍客(痩せこけた伝書鳩)を保護

2020年04月05日 | 生き物

 午後、干していた布マスクを取りに郷土館の外に出ました。すると、一羽の鳩が何やら駐車場で地面をつついていました。何か食べているのかなと思いその鳩に近づきました。野生の鳩ならばすぐに飛んで逃げるのに、2~3mの距離を保ちながら逃げません。その鳩の足を見てピーンときました。伝書鳩でした。レース途中にお腹がすいたのか力尽きて舞い降りたようです。試しに紅花の種を与えると、食べるではありませんか。保護するため、食べているところを捕らえました。

        人間が持ち上げても怖がらない伝書鳩


  伝書鳩は20年前にも救出したことがあります。その時も、お腹が空いたのでしょう田んぼの網に絡まっていました。稲に実ったお米を食べたかったのだと思います。足を見ると標識番号と電話番号が書かれていました。早速、伝書鳩の飼い主に電話をかけました。すると、数日後に伝書鳩を入れる箱が送られてきました。面白い事に、宅急便でその箱を飼い主の元に送り届けることができました。今、そのような鳩を送るサービスは宅急便には無いとのこと。思い出しましたが、ボーイスカウトとガールスカウトで通信の歴史をお話しをしたことがあります。その時、伝書鳩を紹介しその役割について解説したことがあります。

  駐車場で保護     最初紅花の種を給餌    捕らえた籠と鳩
  

 私は鳩の飼い方をよく知りません。伝書鳩を飼ったことがあるY君に電話すると、嬉しいことに早速郷土館に来てくれました。彼の話では、レース中に力尽きた伝書鳩とのこと。痩せこけていても餌を食べる元気は残っているので、回復する見込みがあるとのこと。このまま外で保護すれば猫などに襲われます。そのため、数日間、郷土館で保護しようと思います。水を入れた皿を籠(実はビール箱)に入れておきました。体重が増えて体調が回復すれば、すぐにでも大空に解き放とうと思います。私に捕まって幸運だった伝書鳩でした。 

  よく見れば、可愛い目        数日間保護する籠(ビール箱)
 

コメント

農作業小屋に住むアカテガニ

2019年08月02日 | 生き物

 農作業小屋で探し物をしていると、陰で何か動くものがいました。そっと近づくとアカテガニでした。手をそのまま差し出すと、大きなハサミで挟まれて痛い思いをします。そのため、たまたま近くにあった軍手で掴み、カニの両脇を指で掴みました。捕まえたアカテガニは怒ってハサミを振り回していました。そのアカテガニ、顔に近づけて久しぶりによく観察しました。

          両脇を指で挟んで捕まえたアカテガニ


 最近このアカテガニを見かけることが無くなりました。理由は海岸の堤防や護岸工事です。アカテガニは幼生時代を海で過ごします。その後、海から陸に上がるのですが、高い堤防に遮られて上陸できないのです。また、堤防に遮られて親のアカテガニは卵を産むために海に行けないのです。カニにとって住みにくい世の中になってしまったようです。

 赤く立派なハサミ      壮観な面構えで      お腹を見ると雄です
  

コメント

真夏の使者、カブトムシ現われる

2019年07月07日 | 生き物

 夜中本を読んでいると、窓ガラスに何度も当たる黒い影と音が聞こえました。この季節多いのはカミキリムシです。しかし、音の大きさなどが違うので、もしやと思って窓に行ってみました。すると、案の定カブトムシでした。去年は雌のカブトムシでしたが、今回は雄のカブトムシでした。中くらいの大きさでした。カブトムシは、手で掴むとお腹を動かして低い音でグウグウ鳴くことがあります。しかし、今回捕まえたカブトムシは鳴きませんでした。

          我家に飛び込んできた雄のカブトムシ


 子供が小さい頃、カブトムシを養殖していました。大きな箱に腐葉土を敷き詰めます。そして、あらかじめ捕まえておいた雄と雌をカブトムシを入れておきます。すると、雌が卵を産むのです。冬の間に幼虫が腐葉土を食べて大きくなります。幼虫の数が多いと、小さなカブトムシが出てきます。少ないと大きなカブトムシが出てきます。ところで、カブトムシは夏から秋にかけて死んでしまいます。しかし、カブトムシより人気があるクワガタは数年間も生きて冬越しします。カブトムシは腐葉土を食べて育ちますが、クワガタは腐った楢の幹などを食べて育ちます。

  黒光りする立派な角    壮観な面構え       足先の鋭い爪
  

コメント

あちこちの草むらに幼いカマキリ

2019年06月17日 | 生き物

 この季節になると、草むらにいろいろな虫を見ることができます。バッタの仲間、チョウの幼虫、そしてカマキリなどです。秋のカマキリは堂々としていますが、今の時期のカマキリはみな幼い姿をしています。生き残って大人になれるのは数%もいないとのこと。動物の世界は過酷です。虫を見るたび、つい応援してしまいます。

         今日見かけた幼いカマキリ、秋には大人になってね!

コメント

たくさんの思い出をありがとう、リンちゃん

2018年07月11日 | 生き物

 18年近く一緒に暮らした猫のリンちゃんが逝きました。ここ数日危篤状態だったのですが、少し餌を食べ始めたので持ち直したかなと思っていました。しかし今朝、静かに静かに逝っていました。寝ているかなと思って声をかけても顔を上げません。それで気が付きました。

 数日前のリンちゃん     花束と一緒に       上に思い出の石を
  

 リンちゃんには申し訳ない事をたくさんしたように思います。家の中で暮らしたかったろうに、ほとんど外で飼いました。室内で飼えば20歳までは長生きしたに違いありません。また、成猫になった頃、子猫ができないようにしてしまいました。子猫を産んで育てる母猫の喜びを奪ってしまいました。他にもたくさんあります。
 今頃、亡き犬のロミが迎えに来ているに違いありません。そして、ロミと一緒に我家の思い出を語り合っているかも知れません。・・・・そう言う年齢になったのでしょうか、一人静かに涙腺が緩むことが多くなりました。

          私をじっと見つめる子猫時代のリンちゃん

コメント

夕方、我家に飛び込んできたカブトムシ

2018年07月09日 | 生き物

 小雨の中、今年もカブトムシが我家にやって来ました。夕方、窓にガンガン当たる虫がいました。いつもはカミキリムシが窓に当たるのですが、今回はその音が大きいのです。もしやと思って窓を開けるとカブトムシが部屋に入ってきました。電灯の光に誘われて飛んできたのに違いありません。手で持つと、嫌がってグーグー鳴きました。実はカブトムシは鳴きません。羽を擦ってその音がグーグーと聞こえるのです。カミキリムシは、もう少し高い音で同様にギューギューと鳴きます。

        1年ぶりに部屋に飛び込んできたオスのカブトムシ


 カブトムシの足先にはカギ爪があるため、持つとその爪でひっかかれます。ひっかかれて痛いので、次の朝まで箱に入れておきました。そして次の日、箱から出してよく観察しました。とても元気で、私の方を向いて威嚇してきます。観察した後、山に逃がしてやりました。カブトムシが育つ自然が残ってることに感謝です。来年も来て欲しいものです。

 正面から見たツノと顔    艶がある背中       切り株に放す
  

コメント

長雨の中、小さなカタツムリ

2018年07月06日 | 生き物

 このところの長雨で、草刈りも農作業も滞りがちです。雨の中、畑を散策していると葉の先に小さなカタツムリを見つけました。殻をそっと摘まんで指先に載せてみました。最近小さな命を見ると心なしか癒されます。
 今、我家の猫リンちゃんが危篤状態です。先日道端で動けなくなっているのを見つけました。抱いて連れ帰りましたが思わしくありません。ほとんど動きません。いつも食べているカリカリの餌はたべません。ゼリー状の餌はなんとか食べてくれます。名前を呼ぶと、悲しそうな目で私を見るのです。18歳くらいの老猫なので、もうそろそろなのかと思っています。埋める穴の場所を決めました。

             透き通るような小さなカタツムリ

コメント

幼いカマキリの旅立ち

2018年06月08日 | 生き物

 草刈りをしていると、偶然に小さなカマキリが手に乗りました。ふりほどこうと手を動かすと、だんだん指の先に移動するのです。この春に生まれたばかりのようです。その姿をよく覗き込んで見ると、小さいとは言え精悍な面構えです。厳しい生存競争の中、無事に育って欲しいものだと思います。

          指先に移動した小さく幼いカマキリ

コメント

我家の玄関にマムシ、ごめんなさいね。

2018年05月09日 | 生き物

 夕方用事があって玄関を開けて外に出ました。何か左側に気配を感じて振り向くと、何とマムシがいるではありませんか。しかも、尾を激しく振って威嚇しています。おお怖!マムシを見たのは3年前に平生町佐賀地区を下見ウォーキング中以来のことです。玄関で出会うのは初めてです。

    突然ドアが開いてマムシも驚いたことでしょう。私を威嚇するマムシ


 私も驚きましたが、マムシもびっくりしたことでしょう。このところ、雨が続いています。獲物のカエルなどがたくさん出てくる季節です。マムシもつられて出てきたのかも知れません。マムシに近づくと、口を180°開けて飛びかかってきます。いきなり口が飛んでくるかんじです。・・・・生き物の殺傷は気がとがめたのですが、ごめんなさいねマムシさん。

 マムシの怖そうな頭     マムシのうろこ模様    ごめんなさいね
  

コメント

畑の土からアマガエルが飛び出る、危うく耕すところ

2018年04月06日 | 生き物

 春の種まきに備えてどんどん畑を耕しています。春によくあることなのですが、耕耘機に驚いて土の中からカエルがよく飛び出してきます。今回は冬眠から目が覚めたのかアマガエルが飛び出してきました。横に逃げればいいのに、耕耘機の進む方向に逃げるのです。このままでは、このアマガエルを土と一緒に耕してしまいます。やむなく、耕耘機を止めてアマガエルを草の方に逃がしてやりました。

    カエルとは言え人間と同じ血の色、惨事は避けたいものです


 アマガエルを逃がすと、再び耕耘機でどんどん畑を耕しました。今は雑草が小さいので耕耘はとても楽です。しかし、もう一ヶ月もすると雑草はだいぶ育ってしまいます。そうなると、耕耘する前に草刈機でいったん刈り取ってからでないと耕耘することができません。雑草が育たないうちに耕耘除草することが大切です。

   耕耘を始めた頃の畑            半分近く耕耘が終わる
 

 こうして我家前の一番広い畑を耕耘し終わりました。東京から帰ったらこの畑に種を蒔こうと思います。何の種を蒔こうか考え中です。種を蒔くときは、連作障害などのことを考えなければなりません。去年とは違う作物を育てる予定です。

           あと1畝耕せばこの畑の耕耘は終了

コメント

工作した巣箱を裏山の桜に取り付け

2017年12月13日 | 生き物

 10月の少年少女発明クラブで、私がサンプルとして作って子供達に見せた巣箱があります。その巣箱を裏山にある桜にセットしました。裏山にセットした理由は、私の部屋から観察しやすいためです。2月頃になると、我家の裏山あたりを小鳥たちがうろうろし始めます。窓をつついたり、間違って我家の部屋に迷い込むこともあります。小鳥(シジュウカラなど)たちの、巣作りのための場所探しの始まりです。場所が決まると巣作りが始まります。

 桜の下を綺麗に草刈り    幹にハシゴを掛ける   太い枝に巣箱を固定  
  

 裏山にある桜の大木に巣箱を掛けることにしました。最初に根本に生える笹などの下草を刈り取りしました。そして、幹にハシゴを掛けました。続いて、所定の場所に巣箱を固定しました。少しぐらいの風ではぐらぐらしないように固定しました。ぐらぐらするようでは、小鳥が不安がって巣作りしてくれません。うまく行けば、4~5月にかけて小鳥の巣作りと子育てを部屋から観察することができます。

           私の部屋の窓から見た巣箱

コメント

なんとなんと!元気だったリンちゃん

2017年11月27日 | 生き物

 畑を整備するために道を歩いていると、一匹の猫に呼び止められました。よく見ると、なんとリンちゃんではありませんか。何ヶ月もいなかったので、てっきり山の中にでも迷い込んで死んでいるのかと思っていました。思いのほか、毛のつやも良く丸々していました。耳もだいぶ治っていました。この近くの家でお世話になっているようです。我家は婆さんが大の猫嫌いなので困っていました。安心しました。リンちゃん、たまには我家に顔を見せてくださいな。お世話している方、ありがとうございます。

           意外にも、元気そうだったリンちゃん

コメント