東京里山農業日誌

東京郊外で仕事のかたわら稲作畑作などをしていましたが、2012年4月に故郷の山口県に拠点を移して同活動をしています。

遅ればせながら、モロッコインゲンを収穫

2019年09月11日 | 野菜:豆類ほか

 なかなか涼しい秋になりません。ちょうど今は、夏野菜と秋野菜の端境期です。昨日、秋冬野菜の種まきを済ませたと思っていたら、初夏に種をまいたモロッコインゲンが収穫時期を迎えました。残暑の影響でしょうか、9月になってからの収穫です。夏が9月に食い込んでいます。もはや、9月は秋ではなく夏ではないでしょうか。

           手を伸ばしてモロッコインゲンの鞘を収穫


 とは言え、日没はどんどん早くなっています。午後7時によくゴミ出しをするのですが、8月は明るかったのに今は懐中電気が必要になりました。また、あちこちの草むらでコオロギなどの虫がさかんに鳴いています。虫は気温ではなく日の長さが長くなるのを感じて鳴いているのでしょうか?それとも体内時計で秋が来ると知るのでしょうか?不思議です。

   収穫したモロッコインゲンの鞘    美味しそうな今晩のおかず
 

 モロッコインゲンが絡みつく支柱は、春に収穫を済ませた絹さやインゲンやグリーンピースを再利用したものです。枯れた絹さやインゲンやグリーンピースを刈り取った後、根本にモロッコインゲンの種をまきました。それがどんどん育ち、今や手の届かないほど高く育ちました。そのため、三脚に乗らないと実ったモロッコインゲンを収穫できません。今週の間は続けて収穫できそうです。

       手が届かないほど、支柱の上に育ったモロッコインゲン

コメント

早朝小豆と枝豆の除草と間引き、午後は雨

2019年08月15日 | 野菜:豆類ほか

 早朝、小豆と枝豆の株回りの除草と株を二本に減らす間引きをしました。耕耘機を使った畝間の耕耘除草は昨日済ませています。最初は平クワを使って小豆と枝豆の株回りの除草をしました。小石混じりの畑ですので、株回りを除草しているとゴツゴツと小石が当たります。石のない畑ならば削るように除草できるのですが、平クワを打ち込み掘るようにしないと除草できません。カラカラに乾いている硬い畑のため、クワを使うにも力が要ります。朝の作業とは言え、疲れる除草作業でした。

            小豆の株と株の間を平クワを使って除草


 株間や株回りの除草が終わると、間引きをしました。小豆は4粒程度、枝豆は3粒程度の種を蒔きました。そのため、多めに発芽していました。1株2本になるように、余分な茎を間引きしました。もったいないような気がしますが、多い茎のままだとそれぞれの茎がひ弱に育ちます。結果として収量が少なくなります。これは小豆や枝豆に限りません。どんな野菜,野草,木々も同じことが言えます。ところでお昼頃から雲行きが怪しくなり、雨が降り始めました。台風はまだ、九州沖にあるようです。雲が急ぐように空を移動しています。

    株と株の間の草を掘り取る       株間除草が終わった小豆
 

 子供の頃に教わったことがあります。それは、雲が来る方向に立って両手を広げます。すると、右手の方角に台風又は低気圧があるとの知識です。今朝の雲は東から西へと動いていました。つまり、東に向かって両手を広げると右手は南を差します。つまり、台風は南側にあるのです。台風が通過する時、雲の動く方向がどんどん変わります。およそですが、雲が北から南へ動くようになれば台風は東に去り、西から東に動くようになれば、台風が北に去ったことを示します。

  間引きする前の枝豆(4~5本)        間引き後の枝豆(2本)
 

 さて、台風はどこに上陸するのでしょうか。天気予報だと、我家がある田布施町の真上を通過するかも知れません。ちなみに、明日勤務する予定だった田布施町郷土館は臨時休館日となりました。我家ではポリタンクに水を溜めたり、懐中電気の電池を新品に交換しました。さらに、アルミサッシの窓もピッタリ閉めました。

   株回りの除草後に1株2本になるよう間引きした枝豆、この直後に雨

コメント

小豆と枝豆の種まき

2019年07月25日 | 野菜:豆類ほか

 和綿畑の隣に小豆と枝豆の種を蒔いておきました。小豆は冬に羊羹にしたりお汁粉にしたりします。枝豆は秋に収穫して友達にさしあげたり、畑で茹でてでて皆さんと食べたりします。晩秋に収穫するには今頃が種まきの適期です。遅くてもお盆までには種まきを済ませなければなりません。ただし、お盆に種まきすると十分に成長しないまま実がなります。そのため、かなり収量が減ることは覚悟しなければなりません。なお8月初め、時間があれば小豆と枝豆の隣にソバの種を蒔いてみようかと思います。

          ビール箱に腰を下ろして小豆の種まき


 最初に小豆の種を50cm間隔で、続いて枝豆を1m間隔で種を蒔きました。枝豆の間隔を空けたのは単に種の数が少ないからです。今後、草取りなどをして世話をします。小豆は豆の中に虫が入ります。また、枝豆はカメムシなどの害虫が飛来します。これら、害虫の退治をする仕事もあります。枝豆は元々は大豆です。一部を大豆として収穫して豆乳を作ってみるのも面白いかも知れません。さて、この秋、ちゃんと収穫できるでしょうか。

※25~31日まで東京に行きます。ついでに八ヶ岳に登ってきます(台風が心配)。

    小豆の種        枝豆の種       そろそろ種まき終了
  

コメント

グリーンピース、絹さやエンドウ豆の収穫がピーク

2019年05月14日 | 野菜:豆類ほか

  晩秋に種まきをして、2月につるが巻き付けるように支柱を立てた絹さやエンドウ豆とグリーピースが収獲のピークを迎えました。絹さやエンドウ豆はすでに先週から収穫し続けています。ところが、綿の種まきやその準備のために収穫が中断してしまいました。そのため、絹さやエンドウ豆は鞘が大きくなり過ぎてしまいました。さらに、鞘の豆がグリーンピースのように膨らんでいるものがありました。今回、急いで全数を収穫しました。

           すべての絹さやエンドウ豆を急いで収穫


 同じ支柱の北半分にはグリーンピースが茂っています。これまたたくさんの鞘ができていました。丸々と太った鞘を一つ割ってみました。すると、美味しそうなグリーンビスが綺麗に並んでいました。今すぐにでも食べることができそうです。これまたたくさん収穫しました。絹さやエンドウ豆は収穫がピークですが、グリーンピースは来週がピークのようです。

 グリーンピースの鞘      ボールに収穫     綺麗に並んだ豆
  

 絹さやエンドウ豆もグリーンピースも、婆様と二人だけでは食べきることができません。そのため、友達に差し上げることにしました。ところが、この季節になるとどこも同じようにたくさん収穫しているようです。差し上げる方を探すのに一苦労します。夕方近くなってようやくもらっていただける方を見つけました。私の欠点なのですが、我家の食べる量に合わせて作物を栽培することができません。食べきることができず廃棄する野菜が少なくないのです。

    収獲中の絹さやエンドウ豆    あふれるばかりの絹さやエンドウ豆
 

コメント

時期が遅れた余剰春ジャガイモの種芋を植え付け

2019年04月07日 | 野菜:豆類ほか

 先日ジャガイモの種芋を植え付けたのですが、種芋がいくつか余ってしまいました。だいぶ遅れましたが、その種芋を植え付けました。植え付けた場所は、綿や紅花の種を蒔く予定の畑の隅です。このところの晴天続きで畑はカラカラに乾いています。しかし、数日後には雨が降る予報です。その雨の前に種芋を植え付けておきました。

    カラカラに乾いた畑に、ジャガイモの余った種芋を植え付け


 種芋を植え付ける前に耕耘機で丁寧に耕耘しました。雑草が少しでも出ないように何度も往復しました。麦を青刈りした後に一度耕耘しているため、枯れた麦の株が散乱しています。浅い筋の窪みに50cm間隔で種芋を置きました。来月初めには芽が出ると思います。摘芯した後に除草を兼ねて二度ばかり土寄せします。そして、7月には美味しいジャガイモを収穫できると思います。とても楽しみです。

  種芋を植える場所を丁寧に耕耘      約50cm間隔で種芋を置く
 

コメント

去年しいたけ菌を植え付けた木、伏せ場に移動

2019年03月13日 | 野菜:豆類ほか

 去年の冬にしいたけ菌を植えた木を伏せ場に移動しました。4本と少なかったため、とある1本の木に寄りかかるように置きました。しかしながら、菌を植えた木は太い幹でしたので重くて運び出すのに苦労しました。この1年の間に蔓などの草が生えていました。そのため、脚が引っかかって転ばないように気をつけながら運びました。

       しいたけ菌を植え付けた木を、木に寄りかかるように置く


 運び出す前に、日陰用に被せた網を外しました。外すと、菌が順調に育っているか見て分かります。順調の育つと菌のこまの周りが白くなっています。つまり菌が成長しているのです。順調に育てば、この秋には最初のしいたけが出ると思います。幹が太いので、今後4年位はしいたけが出続けると思います。
 ※13日東京に行きます。文科省に出張したり,息子の披露宴に出たり,秋葉原に電子部品を買いに行ったり,八王子近辺の史跡を散策したりします。18日夕方田布施に帰ります。

          しいたけに被せた日陰用の網   日陰用の網を取って場所を移動した木
 

コメント

しいたけの収穫真っ盛り、廃棄するしいたけも

2019年03月10日 | 野菜:豆類ほか

 3月に入ってから暖かい日が続き、しかも雨が降る日が続きました。そのせいか、しいたけがどんどん生えて収穫が追いつきません。笠が広がりすぎて変色したしいたけは、山に投げ捨て廃棄するありさまです。仕事が忙しくてしいたけの圃場に行く時間がありません。無駄にしているしいたけが少なくありません。計画的に収穫できるゆとりの時間が欲しいものです。

           笠が広がりすぎたたくさんのしいたけ

 食べられそうなしいたけは、どんどん収穫して大きな籠に放り込みます。我家に持って帰ったしいたけは、毎日のおかずにしています。しかし、さすがに飽いできました。食べきれないしいたけは、親戚や知っている方々に配って歩いています。

    笠が開いていないしいたけ    取り切れないしいたけが残った榾木
 

コメント

絹サヤえんどう豆、グリーンピースの支柱を立てる

2019年02月27日 | 野菜:豆類ほか

 春に備えて、いろいろな野菜の準備をしています。今回は、秋に種まきした絹さやエンドウ豆とグリーンピースに支柱を立てました。両社共に春になると、どんどんと蔓をだして上に登っていきます。その時に支柱がないと横に広がります。すると、せっかくできた豆を収穫できません。ほどよい高さで収穫できるように支柱に登らせるのです。


        支柱として立てた枯れた竹、この支柱に豆を登らせる


 ところで、支柱を立てる前に草取りをしておきました。草取りをしておかないと、豆の代わりに雑草が支柱を登ってしまいます。すると、雑草に遮られてエンドウ豆が枯れてしまうことがあるのです。また、その頃に除草しても豆と雑草が絡みついています。そうなると、雑草を取る代わりに、間違えて豆を取ってしまうことがあるのです。雑草が小さい今頃が除草のチャンスなのです。

     雑草が生えた豆の周辺        雑草を取り除いた豆の周辺
 

 除草のついでに豆を間引きしておきます。私は一つの株に二つの豆を残すようにしています。まだまだ小さな豆ですが、暖かくなる4月にはどんどん大きくなり、5月初めには、食べきれないほどの絹さやエンドウ豆の鞘が収穫できます。少し遅れて、グリーンピースが収穫できるようになります。自分で作ったこれら旬の野菜を食べることは一種の贅沢だと思います。

  支える棒を打ち込む    棒を紐で結ぶ       枯れた竹の枝を結束
  

コメント

小豆の刈り取りと天日干し

2018年12月05日 | 野菜:豆類ほか

 霜が降りたためか、小豆の葉がいっせいに枯れ始めました。これ以上成熟を待つ必要がないため、小豆の刈り取りをしました。実際には、根こそぎ抜いて天日乾燥しました。お盆頃に種まきしたため、それほど収穫量を期待できません。ぜんざい1回分か、小さな羊羹を作るか、あんこを楽しむ程度の収穫量になりそうです。

          根こそぎ抜いた小豆を、天日乾燥のため吊るす


 小豆の鞘を見ると、1割程度が青いままでほとんどの小豆は成熟しているようです。試しに一つの鞘を開いてみると、美味しそうな小豆が顔を出しました。一週間程度天日乾燥した後、くるり棒で小豆を取り出し、唐箕でゴミと豆を選別しようと思います。今年も美味しいぜんざいか羊羹を作ることができるでしょうか。

    成熟した小豆の鞘          美味しそうな小豆が顔を出す
 

コメント

絹さやエンドウ、グリーンピース、そら豆の種まき

2018年11月23日 | 野菜:豆類ほか

 春に収穫する豆類の種をまきました。種をまいたのは、絹さやエンドウ豆、グリーンピース、そしてそら豆です。今回は一度使った黒マルチを再利用することにしました。一度使用した黒マルチなのであちこちに傷があります。その黒マルチを耕した畝に被せ、種をまく穴を開けました。

        一度利用した黒マルチを再利用、種をまく穴を開ける


 最初絹さやエンドウ豆の種をまき、続いてグリーンピースの種をまきました。豆類の中では一番好きで最も多く食べます。穴の中に三粒まきました。発芽後に一番元気が良いものを春までに残します。絹さやエンドウ豆とグリーンピースは春先の作業が大変です。蔓が巻き付くように支柱を立てたり竹の枝を立てなければならないためです。

 エンドウ豆の種袋     絹さやエンドウ豆の種   一つの穴に三粒播種
  

 絹さやエンドウ豆とグリーンピースの種を蒔き終わると、そら豆の種をまきました。そら豆はエンドウ豆とは違い、支柱を立てる必要がありません。ただ、背が伸びすぎないように摘心したりします。また、アブラムシが大量発生するため世話がかかせません。私が毎年そら豆を栽培する理由は、そら豆ご飯や塩ゆでしたそら豆が大好きでからです。
 ※今日から5日間東京の我家に行きますが、忙しい日々になりそうです。

  そら豆の種袋       大粒のソラマメ種子    一つの穴に二粒播種
  

コメント

この秋も美味しいシイタケを収穫

2018年11月18日 | 野菜:豆類ほか

 シイタケが収穫できるのは春と秋です。今の時期に雨が降って原木が湿ると、すぐにシイタケが出てきます。数日前に雨が降ったため、シイタケの原木が置いてある林に行ってみました。すると、期待どおりにたくさんのシイタケが出ていました。1番多く出ていたのは、2年前にシイタケ菌を打ち込んだ原木です。一昨年シイタケ菌を打ち込んだ原木はあまり出ていませんでした。

         美味しそうなシイタケがたくさん出ている原木


 スーパーなどで売っているシイタケはどれも同じ大きさです。しかし、我家のシイタケはどれも大きさが違います。今回一番大きかったのは直径が20cm位あって、手のひらより大きいのです。シイタケのステーキができそうです。明日、去年と同じ平生町T邸のフリーマーケットにお店を出します。野菜と一緒にシイタケを出してみようと思います。

   とても大きなシイタケの傘        たくさん生えたシイタケ
 

コメント

遅まきした枝豆や小豆が発芽

2018年08月17日 | 野菜:豆類ほか

 収穫ギリギリ、8月になってからの枝豆の種まき。気になって畑をまわってみると、ちゃんと発芽していました。一昨日からの小雨も手伝って元気に芽が出ていました。嬉しくなります。最も遅い種まきのため、収穫するのは10月末以降になると思います。その頃は、小麦の種まき時期と重なります。枝豆収穫パーティーを開くとすぐに、小麦用の畑に転換しなければなりません。

  枝豆(黒大豆)の発芽   枝豆(白大豆)の発芽      小豆の発芽
  

 枝豆と同じように小豆も元気に発芽していました。小豆は、ソバと同じように短い期間で収穫できる貴重な豆です。枝豆と同じように10月末から12月にかけて豆を収穫できます。他の豆と違って、あんこやぜんざいなどの甘い材料に使います。そして、たまに失敗しますが自家製水羊羹にもします。豆を数時間煮てトロトロにし、少々砂糖を入れて、寒天を入れて冷まします。それだけで、美味しい自家製水羊羹のできあがりです。

           元気に発芽した枝豆、今後は間引き


 枝豆、小豆、そして藍の隣で、春に種を蒔いていた和綿が育っていました。あまり除草せず、しかも肥料を蒔いていないため背が低いまま花を咲かせていました。今回種をまいた和綿は、種を絶やさないための種取り用です。

   アオイに似た和綿の花           背が伸びつつある和綿
 

コメント

遅れに遅れた、小豆と枝豆の種まき

2018年08月09日 | 野菜:豆類ほか

 7月中に種を蒔こうと思っていた小豆と枝豆。遅れに遅れて今日種まきをしました。小豆は多少遅れても収穫を見込めますが、枝豆は収穫できるかどうか微妙です。実際8月になると枝豆の種を売っているお店はありません。8月に枝豆の種を蒔く人はいないのでしょう。今は、白菜,大根などの秋まき野菜の種しか売っていません。

          早朝、小豆と枝豆の種まきをする畝を耕耘


 種まきをする前に畝を耕耘しました。耕耘機を何度も往復して耕しました。少し雑草が生えていたため何度も同じ畝を耕しました。雑草は根ごと掘り出されるため、この猛暑ですぐに枯れると思います。耕した後、いよいよ種まきです。後で除草しやすいように小豆も枝豆も株間を1mにしました。

   耕した後の小豆・枝豆畑          最初、枝豆の種をまく
 

 最初、枝豆の種を蒔きました。豆が黒い品種と白い品種の種をまきました。豆の色の違いは味にどう影響があるのか興味があります。ただ、この猛暑で畑はカラカラに乾いています。夕立でも降らないと、芽が出ないのではないかと思います。続いて小豆の種を蒔きました。小豆はあんこにしたり羊羹にして食べます。私は羊羹が好きです。今年の冬も羊羹を作ってみたいと思います。このカラカラの猛暑、少しでも雨が降って欲しいところです。こんな時、昔は雨乞いをしたそうです。その気持ちがよく分かります。

          暑くなった朝10時頃、枝豆に続いて小豆の種を蒔く

コメント

遅れてしまった、ジャガイモ(品種:シンシア)の収穫

2018年08月02日 | 野菜:豆類ほか

 このところの猛暑で、ジャガイモの収穫が遅れに遅れています。しかし、いつまでも伸ばすわけにはいかないため今回収穫をしました。台風が過ぎ去ってやや涼しくなったような気がします。しかし、実際にジャガイモ(品種名:シンシア)を掘る作業に入ると、汗が滝のように降ってきます。タオルで汗を拭きながらのジャガイモ収穫となりました。

   スコップで土を掘り起こす       掘り上げたジャガイモ
 

 予想はしていましたが、少ない収穫量でした。猛暑のためでしょう、1/3位のジャガイモが腐敗していました。もともとジャガイモは寒い地方に向いた作物です。今年は特に猛暑なので収穫量が少ないのだと思います。でも、我家で食べる分には困らない量を収穫できたので、まあまあの出来できないかと思います。なお、ジャガイモ(品種名:メークイン)を植え付けた畝の収穫が残っています。数日後に収穫しようと思います。ところで、カボチャをすべてタヌキに食べられてしまいました。ほんとうにがっくりです!

      今回収穫したジャガイモ、暗く涼しく風通しのよい場所に保管

コメント

サツマイモ畑の除草とツル直し

2018年07月20日 | 野菜:豆類ほか

 連日の猛暑のため、午後4時頃から農作業を始めています。今回は、5月初めに苗を植え付けたサツマイモ畑の草取りをしました。カマを使っての草刈りは時間がかかります。草刈機で草を刈りました。ただし、間違えてサツマイモを刈っては元も子もありません。面倒くさいのですが、サツマイモの茎や葉を片側に寄せながら草刈機で草だけを刈りました。


  2列目畝の草刈り     3列目畝の草刈り     全ての畝の草刈り完了
  

 最初に草刈りしたのは、秋の麻郷公民館祭りに出す焼き芋用のサツマイモ畑です。4列の畝にサツマイモを植えています。この季節になるとツルがだいぶ伸びてきます。葉が混んでくるためツル直しが必要です。どの葉にも太陽の光が均等に当たるように直すのです。ついでにサツマイモ畑の端っこに植えているサトウキビも除草しておきました。

      除草とツル直しが終わったサツマイモ畑、左端はサトウキビ


 もう1ヵ所のサツマイモ畑は、葉が見えないほど雑草が生い茂っていました。どこにサツマイモがあるのか分からないほどでした。草刈機を注意深く動かしながらの除草です。雑草に埋まっていたため、やはり葉や茎は育っていませんでした。この場所は一番日当たりが良い場所なので、雑草の方が成長が良かったようです。成長の遅れを取り戻すため肥料をまいておこうかと思います。ただし肥料をまきすぎると葉ばかり茂ります。ほんの少しだけにします。

    雑草に埋まったサツマイモ畑      除草後のサツマイモ畑
 

コメント