東京里山農業日誌

東京郊外で仕事のかたわら稲作畑作などをしていましたが、2012年4月に故郷の山口県に拠点を移して同活動をしています。

稗(ヒエ)などの雑穀が出穂時期を迎える

2019年08月22日 | 麦,穀類,雑穀

 夜になるとコオロギなどの秋の虫がさかんに鳴くようになりました。それは虫に限りません。畑を見回ると、植物も秋への準備をしていることが分かります。それが一番良く分かるのが雑穀類です。稗(ヒエ)は握りこぶしほど大きさの穂が出ています。普通の人は、稗(ヒエ)と言うと田んぼに生えている雑草の稗(ヒエ)を思い出すでしょう。しかし、私が栽培しているのは、かつて田んぼができないような山間地域で栽培されていた食用の稗(ヒエ)です。15年位前まではまだ稗を栽培している家がありました。今では幻に等しい栽培植物ではないかと思います。

          大きな穂を出した、食用のための栽培稗(ヒエ)


 稗以外にも、粟(アワ)、黍(キビ)、シコクビエ、陸稲、穂モロコシなども栽培していました。粟,黍,そして陸稲はそう珍しい雑穀ではないため、今は栽培していません。30年位前、雑穀の調査のため山梨県など山間地域を巡りました。そして、その栽培や収穫をを手伝ったりしました。しかし、栽培する古老がだんだんいなくなると共に、栽培しなくなったりソバなどへの転換が進みました。古代から明治期までさかんに栽培されていた雑穀が無くなるのは寂しい限りです。それは一つの文化が無くなるのに等しいと思います。

  穂の形が特徴的なシコクビエ      穂モロコシ(餅のようにして食す)
 

コメント

西九州域 史跡&観光地巡りウォーキング(5/6)

2019年08月21日 | 歴史探訪他ウォーキング

 7月に西九州を史跡探訪した記録の続きです。早朝に武雄のホテルを出ると、午前中は隠れキリシタン関連の史跡を中心に巡りました。長崎市を避けて半島の海側をどんどん進みました。やがて、右手へ曲がる道を進むと高台に教会が見えてきました。最初に訪れたカトリック黒崎教会です。駐車場を降りて教会を見学することにしました。急な石階段を登ると、レンガ作りと思われる重厚な教会が目の前に現れました。

           ゴシック建築を思わせるカトリック黒崎教会


 この付近は平地が無いためか、集落の中心と思われる高台に目立つように教会が立っていました。この教会の一番の特長は、ゴシック建築を思わせるような天井構造です。そして、教会に多いステンドグラスが左右の窓に並べられていました。日が当たると、彩色がとても見事です。今では珍しくないステンドグラスですが、当時に暮らしていた人々は目を見張ったのではないでしょうか。続いて、隠れキリシタンの方々が祈っていたと言われる枯松神社に行きました。

  急な石階段を登る   現れたレンガ作りの教会  左右の窓にステンドグラス
  

 カトリック黒崎教会は江戸時代が終わってから建築されました。キリスト教が禁教であった250年近い江戸時代は当然教会はなく神父もいませんでした。当時の人々は、枯松神社と呼ばれる神社を信仰しているように装ったようです。枯松神社のすぐ近くに雨をしのげる巨大な岩があります。その岩の下に信者の方々が集い信仰を守ったとのことです。ちょっとした油断で信仰が見つかることがあります。そのため、信者たち同士で結婚してひっそりと秘密に信仰を守り伝えたのでしょう。

  枯松神社へ行く途中の長い猪垣     雨宿りできるほどの巨大な岩
 

 日本では在来の神道と外来の仏教が併存しています。家の中に、神棚と仏殿があることは珍しくありません。もしかして、禁教前は神道も仏教もキリスト教も仲良く併存していたのかも知れません。一神教は通常、一つの神しか認めていません。その点、日本人は神道からして複数の神を認めています。当時も今も、たくさんいる神の一つとしてキリスト教を受け入れているように思えます。考え方によっては、日本人はどの神を受け入れる懐が深い民族と思えます。

  静かな枯松神社     遠藤周作文学館     遠藤周作文学館からの海
  

 枯松神社を見た後、少し先にある遠藤周作文学館に行きました。遠藤周作はキリスト教の考えに基づいた文学をたくさん書いています。私も読んだことがあります。海に面した高台に文学館があります。素晴らしい夕日を見ることができる場所です。なお、文学館内を見学する時間的余裕がなかったのはとても残念でした。いつか再訪したいと思います。次に、文学館から遠くに見える、外海歴史民俗資料館や出津教会に向かいました。

         訪れた、武雄~長崎~キリシタン史跡などのルート

コメント

古いSONY製トランジスタラジオ TRABSISTOR-8の修理(1/x)

2019年08月20日 | 古ラジオ修理工房

 ここ最近、郷土館,少年少女発明クラブ,放課後子供教室,農作業,田布施コットンクラブなどの仕事やボランティアが忙しいため、本来の私の趣味である電子回路やラジオ修理などをすることができません。今日は朝から雨が降って何もできなかったため、久しぶりにトランジスタラジオの修理をしてみることにしました。たまたま手元にあった古いSONY製トランジスタラジオ TRABSISTOR-8です。ラジオ放送を聞くことはできるのですが、症状が二つあります。一つは音が小さい事です。音量を最大にしても耳を澄まさないと聞こえません。二つ目は音量調節のダイヤルがグラグラするのです。ラジオを落とした時に壊れたようです。

    古いSONY製トランジスタラジオ TRABSISTOR-8の回路基板


 ラジオの筐体を外して回路基板,電源スイッチ,音量つまみ,選局ダイヤルなどを露出し、回路基板を取り外しました。すると、基板構造がとても古いことが分かります。そもそも裏蓋を外すと、回路基板の裏側が見える珍しい構造です。基板の表側が見えるのが標準です。一時的に裏基板が流行ったのでしょうか。測定などのメンテナンスは裏基板が良さそうですが。能動素子であるトランジスタも古い物でした。JISの2SAxxxや2SBxxxなどではなく、SONY固有の2Txxxです。昭和30年代初期製造のトランジスタラジオではないかと思います。

  ラジオの表側      裏蓋を外すと裏基板    能動素子を記録
  

 使われているトランジスタは8個でした。周波数変換用の2T73,IF増幅用の2T75と2T76 2個,電圧増幅用の2T65 2個,電力増幅用の2T66 2個です。計8個のトランジスタが使われていました。これらのトランジスタは全てNPN型です。ちなみにSONY以外はPNP型です。ところで、音量つまみを固定する基板部分が破損していました。部品は無いので、この破損をどう直すか知恵の使いどころです。電源電圧は9Vです。安定化電源で9Vを供給しましたが、音量を最大にしても小さな音でしかラジオ放送が聞こえませんでした。気長に直そうと思います。

  壊れた音量つまみの基盤部分        9Vを供給した安定化電源
 

コメント

田布施町少年少女発明クラブ 夏休みの工作が佳境に

2019年08月19日 | 子供の育成関連

 8月の夏休みの期間、田布施町少年少女発明クラブは一年で一番忙しい時です。4月から考えてきたアイデア工作を8月末までに完成します。さらに大変なのがチャレンジ創造コンテストです。全体的に工作が遅れています。8/30にコンテストをする予定でしたが、予備日である8/31に変更しました。子供達は予定がぎっしりの夏休みのようですが、保護者の方々も仕事に,学校行事に,クラブ活動に,帰省に,家族旅行に、と忙しいようです。ご苦労様です。昔の夏休みは自由時間がたっぷりありましたが、今は子供も保護者も予定がぎっしりの夏休みのようです。

           8月末までに仕上げるアイデア工作


 4月から続けてきたアイデア工作、すでに完成した子供達がいます。そのような子供達は、完成したアイデア工作の説明書を書きます。工作の名前,何の役に立つのか,苦労した所などを書きます。そして、使い方を図でも説明します。これは、自分の考えを他の人に理解してもらうための大切な勉強だと思います。まだ完成していない子供達、完成まで2週間程度しかありません。全員が完成できるように指導員がアドバイスします。

  糸ノコで板を繰り抜く   もうすぐ完成かな    図入り説明書を書く
  

 さて、大変なのはチャレンジ創造コンテスト作品の工作です。6チーム出場予定です。しかし、今回は学校行事と重なったため工作に来たチームは4チームでした。コンテストに出場する必須条件は、作った動力車と山車の2台が連結動作しなければなりません。このままでは4チームしか完成できず、2チームは出場条件を満たすことができないかも知れません。工作を指導する立場としては、やきもきする8月になりそうです。

 もうすぐ動力車完成の男の子チーム   ギアの組立てに苦労する女の子チーム     
 

コメント

西九州域 史跡&観光地巡りウォーキング(4/6)

2019年08月18日 | 歴史探訪他ウォーキング

 7月に皆さんと西九州の史跡巡りをしたお話の続きです。天草の殉教公園近くで昼食を取ると、天草下島の西南方面に向かいました。目的地は崎津です。去年ユネスコの世界文化遺産に登録された崎津教会を中心とした集落です。平日だったためそれほど混んでおらず、集落をのんびり散策することができました。島原の乱の地から遠く離れていたためそれほど迫害は無かったようです。しかし、ここの住民の中で隠れキリシタンの方々は、江戸時代を通じて小さな漁村であるこの崎津でひっそりと暮らしていたようです。お話を聞くと、今この崎津地区でも少子高齢化が進みキリシタン文化を守っていくのが大変とのことでした。

       崎津地域を代表するカトリック建築のキリスト教会


 最初に崎津教会を見学後、元々は旅館だったみなと屋に行きました。みなと屋の展示室で隠れキリシタンに関わる資料を見学しました。隠れキリシタンの方々は、表向き仏教か神道の信者となって幕府に見つからないようにしていたのでしょう。そのため、教会の近くには神社やお寺がセットになって建てられています。200年近くも子々孫々キリスト教が伝えられたことには驚きます。それはそれは過酷な生活だったのでしょう。

 崎津教会に向かう     みなと屋でお話を聞く   神社から見た崎津地区
   

 キリスト教より先に伝来した仏教は鎌倉時代には大変な弾圧をうけました。民衆に寄り添った浄土真宗などは特に迫害を受けました。ヨーロッパでは権力者側だったカトリックが宗教改革で立場が弱くなりました。その反動として世界に布教活動するようになったことは何か皮肉のように思えます。当時の仏教者は権力者に取り込まれてしまい、民衆の心から離れていったのでしょう。そんな時に現れたキリスト教は新鮮であり、民衆の心をとらえたのではないかと思います。

   崎津地区にある仏教寺院     島原口之津港に向かうフェリー乗場の鬼池港      
 

 みなと屋で隠れキリシタンの展示を見た後、山側にある神社に向かいました。神社からは崎津地区が見下ろせました。神社仏閣と教会の建立場所に宗教の違いが表れているように思います。神社仏閣はほとんどの場合、集落を見下ろすようなやや高い場所にあります。これは古代からほぼ同じです。権力者の住む場所は高い位置に、貧しい民衆は田んぼの近くや海辺にあります。しかし、教会は集落の中心にあることが多いです。これは宗教が、民衆の上にあるのかそれとも民衆と共にあるのかの違いの現れではないかと思います。

島原半島口之津港に向かう  諫早のホテルに到着   誕生日の方を中心に乾杯
  

 崎津を出ると、天草下島を時計周りにぐるりと回って島原半島の対岸の港である鬼池港に向かいました。40年前私が20代の頃に来た時は、ひなびた港でしたが今は立派な港になっていました。何十台もの車が乗れるフェリーが接岸します。40年前に乗った小型フェリーを思い出しながら島原半島に向けて海を渡りました。対岸の島原口之津港に着くと、宿泊するホテルがある諫早に向かいました。ホテルに到着すると、皆さんと夕食をとりつつ乾杯をして歓談しました。そして、楽しい夕べが過ぎていきました。

      キリシタン史跡を中心に巡った天草・雲仙コース

コメント