東京里山農業日誌

東京郊外で仕事のかたわら稲作畑作などをしていましたが、2012年4月に故郷の山口県に拠点を移して同活動をしています。

田布施コットンクラブ 茶綿の綿繰り作業など

2018年12月17日 | 染め,糸つむぎ,織り

 これまで、私の都合に合わせて綿の種まき,収穫,糸紡ぎ,織り,染めなどをしてきました。この9月から、場所を決めて定期的(2回/月)に活動することにしました。そして、2年前に決めた年間計画に沿って活動しようと思います。扱う繊維は主に、植物性である綿と動物性である羊毛などです。今回は皆さんと、この秋に収穫した綿の綿繰り(種取り)を主にしました。綿繰りが終わると、糸車を使って糸紡ぎなどをしました。

   綿を漉いたり、糸繰り器のハンドルを回したり、糸繰り器に綿を入れたり


 私が栽培している綿は、白,緑,茶の三種類です。今回は主に緑綿の綿繰り作業をしました。作業をしていると、三歳の女の子が興味を持ったようです。ほぐした綿を綿繰り器に入れたり、綿繰り器のハンドルを回してもらいました。とても面白かったようです。今後、種まきから織物作品を作るまでの作業に加えて、これまでのように、藍染め体験織物体験などのような小学校ボランティアやフリーマーケットなどもしようと思います。そして、来年も牡蠣まつり桜まつりで棉繰り,糸紡ぎ,そして織物などのコーナーを出そうと思っています。

   栽培している三種類の色の綿      綿繰りに興味を持つ三歳児
 

コメント

北九州域 史跡&観光地巡りウォーキング(4/x)

2018年12月16日 | 歴史探訪他ウォーキング

 大分県別府のホテルを出ると、最初に九重夢大吊橋に向かいました。この日は天候が悪く、朝から曇空で今にも雨が降りそうでした。しかし、天候が悪い割には気温が暖かいのは救いでした。私は、いつ雨が降ってもよいようにカッパを着ました。しばらく車に揺られていると、九重夢大吊橋の到着しました。残念なことに雨が降り出しました。

          日本一の吊橋である九重夢大吊橋を遠望


 この吊橋を渡る時、笠をさすことは厳禁とのこと。カッパを用意していなかった方は、ここで雨に濡れないようにポンチョを購入しました。私は入場券大人500円だけを購入しました。ちなみに、この吊橋は完成直後たいへん混雑したそうです。当時この橋を渡ったことがある方が「たいへん揺れて怖かった。」と言っていました。そのため、初めて渡る私は、最初びくびくしていました。

 雨が降る九重大吊橋前  入場券とポンチョを購入  恐る恐る吊橋に向かう
  

 この大吊橋は標高777m,川底からの高さ173m,そして長さ366mとのこと。私はどんなに恐ろしいかと身構えていました。しかし、歩いていると揺れをまったく感じませんでした。拍子抜けしました。立ち止まるとわずかに揺れを感じました。大勢の人が歩いていなかったことと、風が強くなかったためのようです。ただし、吊橋の真下を見ると、さすがに身震いしました。

 揺れの少ない大吊橋をのんびり歩く  小雨の吹き付ける中、遠くの景色を楽しむ
 

 大吊橋を渡り終えると、吊橋を渡らなかった方が乗る車を待ちました。車に乗ると、九重山方面に向かいました。九重山はとても思い出深い山です。20歳代の時、この山に知り合いと登りました。当時は車を持っていなかったため、便数がとても少なかったバスで来ました。九重山に登っていると、山登りする高校生やキャンプをする方々で賑やかったことを思い出します。山から降りた時、バスを1~2時間待ったように記憶しています。

レストハウスでトイレ兼休憩  休憩したレストハウス    原尻の滝に到着
  

 さて、九重山近くのレストハウスでトイレ兼コーヒータイム休憩をしました。そのレストハウスを出ると、次に原尻の滝に向かいました。川を横断するようにできた崖から落ちる雄大な滝を望むことができます。言わば小型版ナイヤガラの滝でしょうか。私は初めて来る滝です。その滝近くにある休憩所に車を停めました。

      今回巡った、北九州域 史跡巡りウォーキングのコース

コメント

今年も美味しい干柿作り

2018年12月15日 | 樹木,果樹

 今年、我家では渋柿がなりませんでした。そのため、干柿作りを諦めていました。ところが、Eさんの家にたくさんの渋柿が届いたとのこと。ありがたいことに、届いた中から段ボール2箱分の渋柿をいただけることになりました。ありがとうございました。去年に続いて、渋柿の皮をむいて干柿作りをしました。お正月頃には美味しい干柿を食べることができると思います。

     皮をむいた渋柿、3週間ほど天日干しして美味しい干柿に


 12月になると、屋外でなくとも部屋内も十分寒くなります。そのため、雨が吹き込まない屋内で干柿を作っています。なお、この時期になれば消毒の必要はないとは思いましたが、念を入れてお酒を吹き付けて消毒しました。アルコール度50%のお酒を噴霧器に入れて吹き付けます。今年も美味しい干柿を食べることができそうです。

  ピラーで皮をむいている渋柿     柿を吊るすとお酒を吹き付けて消毒
 

コメント

サトウキビの冬越し準備

2018年12月14日 | 麦,穀類,雑穀

 毎年12月初旬、サトウキビの冬越し作業をします。今年は猛暑だったためか、サトウキビがずいぶんと大きく成長しました。そのため、たくさんの冬越し用の茎を手にすることができました。来年の4月頃に茎を植え付けるのですが、春まで冬越しできる茎は50%位です。半分は冬越しできて、半分は傷んでしまい冬越しできません。

       冬越し用に30cm間隔で切断したサトウキビの茎


 経験的に冬越しできる条件が分かっています。一つの条件は必須で温度です。0度以下に下がると冬越しできないようです。もう一つの条件は湿度です。冬越ししている間に水分が蒸発してカラカラに茎が乾きます。私は暖かい部屋で保存しているのですが、一番寒い2月を越せるかどうかがポイントです。3月下旬になって茎が緑色を保ったままであれば冬越し成功です。茶色に変色するかその兆候があれば冬越し失敗です。この冬、何本のサトウキビが冬越しできるでしょうか。

  茎を刈り取る前のサトウキビ      冬越し用に茎を30cmごとに切断
 

コメント

最後の綿の実を収穫し、強制乾燥と自然乾燥

2018年12月13日 | 染め,糸つむぎ,織り

 このところの寒さで、綿畑は枯れてしまった綿の木ばかりです。数千個もの綿の実が枝に付いたままです。半分近くの実は腐っていると思われます。しかし、まだ青い実もたくさんあります。使える綿をもしかして収穫できるかも知れません。今回ダメ元でそれらの実を収穫してみました。あきらかに腐っている綿の実は捨てて、千個近い青い綿の実を収穫しました。中腰姿勢での数時間の収獲、腰が痛くなりへとへとに疲れました。

       千個近い綿の実を、自家製の強制乾燥箱に入れる


 収穫した綿の実を強制乾燥するため、事前に自家製の乾燥箱を作っておきました。段ボールを組み合わせて、網の仕切りを敷いて、綿の実全体に温風が回るように工夫しました。また、綿の種が死なないように、弱い温風を送るようにしました。

 中に網の仕切りを敷く    段ボール二個重ね    弱い温風を入れる口
  

 なお、自然乾燥も試みることにしました。綿の木を根本から切って、雨のかからない軒下にぶら下げておくのです。時間はかかるかも知れませんが、綿や種を傷めることはありません。しかし、乾燥に時間がかかるため、湿った綿の実は腐敗が進むかもしれません。

  綿の木を何本か根本から切る       軒下で自然乾燥させる綿の木
 

 強制乾燥させる綿の実は、乾燥箱に敷き詰めた後に弱い温風を送り続けることにしました。温度管理するため、温度計を乾燥箱に入れました。さらに、湿度管理するために湿度計も入れておくことにしました。これから数日間、弱い温風を流し続けようと思います。うまく乾燥できれば、綿の実が割れて中の綿が出てくると思います。腐ったままの綿の実は黒く変色します。さて、何割の実から綿が収穫できるでしょうか。強制乾燥も自然乾燥も、来年の綿栽培と収穫に生かそうと思います。

 綿の実をどんどん収穫  実を乾燥箱に敷き詰める  弱い温風を流し続ける
  

コメント