東京里山農業日誌

東京郊外で仕事のかたわら稲作畑作などをしていましたが、2012年4月に故郷の山口県に拠点を移して同活動をしています。

国際雑穀食シンポジウム

2000年08月27日 | 田舎暮らし
 午前中に御茶ノ水で開催された「国際雑穀食シンポジウム2000」に参加しました。肉中心の食生活を改善して、伝統食であった雑穀アワやキビなどを見直して現代の食生活に生かし改善しよう、というのが大体のテーマです。海外の雑穀生産や料理の実情も発表されました。英語のため少々分かりにくかったです。

                  発表者と主催者が演壇に


 私が興味を持ったのは、岩手県の雑穀生産者の発表です。これは日本語で発表。特に、「環境保全型農業生産物 生産・加工・流通認証」です。「オーガニック認定」と言った方が分かりやすいかもしれませんね。3年間完全無農薬・有機で栽培すると初めて認定されるそうで。・計画書の提出・栽培記録を取ることと・使う農機具を登録すること・認定を取る田畑で作業する前には、必ずトラクタなどの農機具を水で洗浄すること・証拠の写真を取っておくことなどが、認定を取るために必要とのことでした。・・・大変そう。
 近くに住む酪農家の作った堆肥を使っているそうですが、牛には農薬を使わないえさを与えているようでした。また、隣の畑が少しでも農薬を使うと認定から外れます。このため、周りの田畑に影響されないように、周りが山で囲まれたような田畑で生産しているようでした。草取りも近所のおばあさんが総出でやるそうで、とにかく大変だとの事ですが、岩手大学が雑穀の品種改良に取り組んだり、行政も「雑穀の岩手」を全面的に応援しています。農機具メーカーも雑穀用機械の開発に協力しているとのことでした・・・・東京都や八王子市と取り組みがずいぶんと違いますね。
 特に岩手県では雑穀県を自称しており、全国で唯一米のように雑穀に等級を付けているそうです。農林省とも関係があるようでした。生産した雑穀は、どこの畑で誰がいつ生産した事を、またどの流通を通ったかも保証するため、袋ごとにロット番号を入れているそうです。その生産者の方と少しお話をしましたが、いつでも見学に来てくださいとのことでした。名刺ももらってきました。
 午後は、雑穀をメインした料理実演・雑穀やそのドライフラワーの販売・雑穀を使ったお菓子や料理の試食などがありました。私は全体を見回って雑穀パンを買って帰りました。

                  雑穀を使ったお菓子などの販売


 今、スーパーなどでいろんなブレンド米などが売られていますが、それらはほとんどか混ぜ物であることは、皆さんも承知だと思います。袋にちゃんと生産者や認定番号がないものは怪しいと思った方がよいようです。消費者がだまされないためにも、また生産者を守るためにも認定番号は必要なのでしょう。しかし、そのことで価格が上がるのは困りますが。なお、雑穀などの大消費地は東京です。
コメント

キビの収穫

2000年08月26日 | 田舎暮らし
 雑穀のキビを収穫しました。稲と違って穂を刈ります。本当ならば網をかける日だったのですが、スズメの害や実が落ち始めたため急遽刈りしました。天日で乾燥中です。今年はキビ団子やキビもちを食べられそうです。

                    中庭で天日乾し中の雑穀のキビ
コメント

ヒエ抜きと田んぼの網掛け

2000年08月16日 | 田舎暮らし
 昨日と今日とで、クレソン田隣の田んぼと苗場周りの田んぼに入ってヒエ抜きをしました。そして、防鳥網をかぶせました。出穂してから一週間もすると、穂は乳熟期に入ります。乳熟期に入ると、スズメなどがいっせいに食害するようになります。

                 スズメなどのからの、稲の食害を守る防鳥網を張る


 出穂すると同時に防鳥網をかぶせると良かったのですが、今年は作業が遅れたため、早く出穂した稲穂がスズメ達に食害されてしまいました。
 ※苗場の田んぼに防鳥網を張っている時、白いカニがいました。よく見かける赤ガニと違って、手足が白くて背が薄いブルーのカニです。

                   張り終わった防鳥網
コメント

稲の穂ぞろい

2000年08月08日 | 田舎暮らし
 昨日ボーイスカウトのキャンプから帰って、今日田んぼに行ってみました。特にクレソン田横の田んぼは、みんな穂ぞろいしています。そして、稲の花がいっせいに咲いています。籾の外に出ている白いものがオシベで、白い花粉が付いています。受粉するとオシベは取れてなくなり、籾は貝のように閉じます。

                 穂がそろって出穂した田んぼ


 この調子でいくと、9月下旬には稲刈りできそうです。また、苗代を作った田んぼや溜池横の田んぼは、止葉の下が幼穂でふくらんでいるため、天気が良ければ3日後にはいっせいに出穂すると思います。すでに出穂しているものがちらほらありました。気が付いたのですが、黒米は出穂時期にばらつきがあり、まだ出穂していないものや、すでに実りはじめているものもあります。しかし、今年植えたキヌノヒカリは、いっせいに出穂しています。品種改良の結果でしょうか?それから、黒米の中にはスズメに食われている穂がありました。お盆頃までには網を張らないと被害が増えます。

                     オシベ出た稲の穂
コメント