東京里山農業日誌

東京郊外で仕事のかたわら稲作畑作などをしていましたが、2012年4月に故郷の山口県に拠点を移して同活動をしています。

陸稲(うるち:農林24号)の種まき

2014年05月24日 | 稲:春作業,苗作り

 陸稲(うるち)の種まきをしました。去年は5月初めに種まきしましたが、今年は少し遅れました。まず、去年収穫して保存していた種籾を保存袋から取り出し禾(のぎ)を取りました。禾は、種籾から出たヒゲのようなものです。禾があると種まき機が詰まります。このため禾を取るのです。手で揉んでもよいのですが、私は餅つき器を使っています。

       餅つき機で種籾の禾を取る             風選で、しいなを取り除く
 

 禾を取り終ると、次に唐箕を使って細かな藁屑を取り除きます。そして、何度も風選して、しいななど痩せた種籾を取り除きます。本当は比重選すると良いのですが、私は強めの風を送って痩せた籾を取り除いています。風選が逢わると、種籾を種まき機の中に入れます。種まき機をコロコロ転がすと、15cm位ごとに種籾が数粒ずつ吐き出されます。

     種まき機の中にいれた種籾            定間隔ごとに吐き出された種籾
 

 軽く種まき機を転がすと、定間隔ごとに種籾がき出されることを確認して、いよいよ陸稲の種まきを始めました。陸稲の畝間隔は、今後耕耘除草しやすいように90cmにしました。種をまくときは、真っ直ぐ前を向いて、種まき機を押しながら歩きます。時々、正常に種が排出されるか確認します。

               種まき機のハンドルを押しながら、陸稲の種をまく


 種が正常に排出されているのを確認する時、ついでにチェーンに泥が付いていないか確認します。泥が付いていれば取り除きます。泥が付いていると、チェーンが回転せず種の排出ができなくなるのです。
 この種まき機の欠点は、種をまいた後に土を被せてくれないことです。このため種まきが終わった後、足を使って種の上に土を被せます。種まきした跡をたどるようにして土を被せます。これで、今年の陸稲の種まきは終わりです。
 なお、今年は陸稲(もち)の種まきはしませんでした。やはり、お米はうるちをたくさん食べます。もちは作っても、それほど食べず余らせてしまいますので。さて、雨が降れば一週間後頃には芽が出るはずです。

    足を使って種の上に土寄せ               陸稲の種まきが終わった畑
 

コメント

赤米の種を更新

2012年06月21日 | 稲:春作業,苗作り

 赤米を作ったのは3年前のことです。山口県でまた赤米を作るかどうかは未定ですが、種は更新しておいた方がよさそうです。そこで、保存していた赤米の種を更新することにしました。しかし、3年前採種したため発芽率は確実に落ちているはずです。ちゃんと発芽してくれるか心配でした。


             赤米の穂を水に浸すと、赤米が二つ発芽


 保存していた赤米を水に浸すと、たった二つだけ発芽しました。発芽率は1%位でしょうか。きわめて悪い発芽率です。この発芽した貴重な赤米を苗として育てて、この秋に100個程度採種できればと思います。貴重なこの赤米を育てるため、発砲スチロール箱に土と水を入れて擬似的な田んぼとしました。
 この赤米はもち種ですので、赤い(実際はやや紫色)もちを作ることができます。さらに、茎葉がとても長いためしめ縄などのワラ細工にも重宝します。実際、5年前にしめ縄に使ったことがあります。

           赤米の苗を育てるため、発泡スチロール箱に土と水を入れる

コメント

陸稲(もち)の直播失敗か、急遽苗作り

2012年06月11日 | 稲:春作業,苗作り

 先日、陸稲(もち)を一か所だけ種をまいた畑がありました。この畑、しばらくぶりに出かけてみると、雑草ばかりで陸稲がどこに芽生えているのか全くわかりません。もともと乾燥している畑だったため、乾燥に弱い陸稲が芽生えずに雑草だけが芽生えたのではないかと思います。いまさら種はまけないので、苗箱を使って苗を育てた後にその苗を植え付けようと思いまする

             急遽、陸稲(もち)の苗を作るため苗箱を用意


 苗箱による苗作りは、以前よくやっていました。その時は水田用の苗作りでした。今回は陸稲用です。水田での田植えは何度となくしましたが、畑に植え付けるのは初めてのことです。うまくいくかどうかは分かりませんが、陸稲がちゃんと芽生えない以上、代えの手段として試みようと思います。

       陸稲を手で苗箱にまく           陸稲を均等にまいた箱苗
 

 苗箱に陸稲をまくと、その上に薄く土を被せました。そして、その上からジョロを使って水をまきました。芽生えるまで毎日のように水をまこうと思います。おそらく2週間以内に芽生えると思うので、来月上旬に育った陸稲の苗を畑に植え付けるつもりです。

                   陸稲をまいた苗箱に薄く土を被覆

コメント

陸稲(うるち)の耕耘除草

2012年06月01日 | 稲:春作業,苗作り

 ようやく陸稲(うるち)が発芽しました。父親の葬儀で忙しくしている間、いつの間にか芽が出ていました。当然のことながら、雑草も陸稲に劣らず育っていました。畑が広いので、とてもクワで除草する時間はありません。耕運機のロータリーを回しながら耕耘除草をしました。

  芽生えた陸稲に沿ってにひもを引く       ひもを避けながら耕耘除草
 

 雑草と陸稲がとても見分けにくいため、誤って陸稲を削ってしまうかも知れません。そこで陸稲が生えている筋にひもを引き、そのひもを避けながら耕運機を走らせました。陸稲の畝間は約90cm等間隔にしています。耕運機のロータリー幅が60cmですので、耕耘するときに陸稲が芽生えている30cmを残すように耕耘除草します。

                丸は、除草されずに残った陸稲


 除草されない30cmは幅が広いので、耕運機を一往復させてぎりぎりまで除草します。しかしながら、陸稲の株と株の間約20cmは除草できません。この間だけは後日平クワを使って除草するしかありません。陸稲がだいぶ伸びてくれば、土寄せの要領で除草するため除草が楽になります。

      除草し終わった陸稲畑           もう一か所の陸稲畑を除草中
 

 一か所の陸稲畑の耕耘除草が終わると、もう一か所の陸稲畑の耕耘除草をしました。なるべく細かな土になるように、ロータリーの回転数を上げて耕耘しました。誤って陸稲を削らないように陸稲が芽生えているラインを外しながらの耕耘は気を使います。陸稲は基本的に種まきのため、麦と同じような管理が必要です。水田は水深さえ管理すればほぼ雑草を防ぐことができます。しかし陸稲はある程度背が伸びるまで除草が欠かせません。なお、一番初めに種まきした陸稲(うるち)畑も芽生えていました。今回除草した株まきとは違い筋まきですが別の耕運機で耕耘除草しようと思います。

                耕耘除草が完了した、もう一か所の陸稲畑

コメント

陸稲(もち)の種まき(4/4)

2012年05月29日 | 稲:春作業,苗作り



 今年最後の陸稲の種まきをしました。これまではうるち種の陸稲(農林24号)でしたが、今回はもち種の陸稲(農林1号)です。もち種の陸稲はこの3月に購入したものです。うるち種は購入が難しくなってきましたが、もち種は今でも容易に購入できます。

        もち種の陸稲(農林1号)                陸稲を手押し式種まき機に充填
  

 ここの畑はトラクターで耕したのですが、ロータリーの回転数を落としていたので土粒がとても荒く団子状になってしまい失敗でした。陸稲の種をまいた後に土をかぶせましたが、団子状の土だと芽生えがうまくいくか心配です。乾いた団子状の土は、乾くと石のようになります。芽の上にのっかる形となり、芽生えの邪魔になります。

                  手押し式の種まき機で陸稲の種まき


 陸稲の種まきを済ませると、先日伐採て切りそろえた木を縄で縛りました。そして、一輪車で少し運びました。小枝を優先して束ねて運びました。まだ、木の幹などの重いものは、トラクタで後日運ぶ予定です。雑草を刈り取ったり、倒木を整理したり、余分な木を伐採したり、耕したり、種まきしたりとたくさんの作業がありますが、のんびりこなそうと思います。

       小枝を縄で縛る                 一輪車に乗せて運搬
 

コメント

陸稲(うるち)の種まき(3/4)ほか

2012年05月23日 | 稲:春作業,苗作り



 前回に続いて陸稲の種まきをしました。今回は、陸稲以外の雑穀などの種まきも並行して行いました。雑穀は、東京にいたときによく種まきしたのですが、結局採種用程度にしか栽培できませんでした。それに、雑穀の芽や葉を雑草と勘違いした方々に抜かれることが多く失敗の連続でした。今年からは私だけが畑を管理するため、なんとか正常に栽培してみようと思います。

                    手押し式種まき機で陸稲の種をまく


 しかしながら、雑穀は発芽率が心配です。例えば、粟の種がいくつかあります。うるち種のサカー、もち種の黒粟や猫足などです。これらの粟は、秋にスズメなどの食害にあってほとんど収穫できませんでした。10年近く種を保存したままにしていたので、ちゃんと発芽しないのではないかと思っています。

       種まき後、土を被覆               やや湿り気のある陸稲畑
 

 ほかの雑穀として、アマランサス、モロコシ、黍、稗、シコクビエなどがあります。どの雑穀もどの程度発芽するのか不明です。このため、もし発芽したとしても今年は採種用として栽培するつもりです。そのほか、三種類の里芋を植え付けました。一つは近所からいただいたもの、一つは京都産の京イモ、そして石川早生と呼ばれるものです。後者二つは購入したものです。里芋は湿地で育ちやすいので、湿り気の多い畑に植え付けました。

       少し芽が出たサトイモ                 雑穀の種をまいた畑
 

コメント

陸稲(うるち)の種まき(2/4)

2012年05月19日 | 稲:春作業,苗作り



  前回は狭い畑だったので手で筋まきをしました。今回は広い畑のため古い手押し式の種まき機を使って陸稲の種まきをしました。陸稲は日照りに弱いです。このため種をまき過ぎると雨が少ない季節は陸稲同志で水を奪い合うのか、結果として全体として成長が阻害されます。その点この種まき機は種を10cmごとの株まきにしてくれます。筋まきよりだいぶ薄まきになるので、日照りに適しているのではないかと思います。今回も、まいたのはうるちの農林24号です。最新の種まき機は、エンジンなどの動力付きで、肥料もまいて、土寄せもしてくれます。しかし、私のように自給自足規模であれば、この手動の手押し式で十分です。

                             種まき後、蒔き筋に沿って土寄せをしている私


 今回は2回目の陸稲の種まきです。今回は、修理したトラクタで耕運した畑に種まきをしました。まき幅は80cmにしました。80cmのうち60cmは耕運機で除草したり土寄せする幅で20cmは陸稲を生える幅です。種まき機に陸稲を充てんして種まきのスタートです。まき幅ごとにひもを引き、そのひもに沿って種をまきました。

    まき幅に合わせてひもを引っ張る         種まきが終わった畑
 

 種をまくと平クワで土をかけます。そして、次の畝にひもを張ります。そして、再びそのひもに沿って種まきをします。この繰り返しで、畑全体に陸稲の種まきをしました。その畑の種まきを済ませると、今度は次に種まきする畑の耕運をしました。少し狭い畑のため、トラクタではなく耕運機で耕しました。

                 次に種まきする陸稲の畑、耕運機で耕す

コメント

田植えの準備(2) 代かき

2011年06月23日 | 稲:春作業,苗作り



 畑で草取りをしていると、畑脇に軽トラックが止まりました。すると、田んぼの耕運時に稲の苗を持ってきたIさんがドアを開けて出てきました。話を聞くと今回は「耕運後に水を入れた田んぼを代かきに来た。」とのこと。そして、「鈴木牧場のSさんが来る前に耕運機を動かして代かきを始めておきたい。」とのことでした。「ディーゼル耕運機の動かした方が分からないので動かして欲しい。」とのことでした。そこで、私が田んぼにに置いた耕運機を動かしてあげました。

      耕運機に付いた泥を落とす        泥を落とした後に代かきを始める
 

 耕運機にはだいぶ泥が付いていました。特にかご車輪に泥がべっとり付いていました。耕運機を動かす前に、この泥をスコップや芋切り器などを使って落としました。粘土のような泥でしたので、なかなか落ちませんでした。それでも10分程度格闘すると泥が落ちました。泥が落ちたところで耕運機を動かしました。Iさんが代かきしていると、Sさんがやってきました。

                   田んぼを攪拌しながら代かきするIさん


 このディーゼル耕運機はとても古い機械ですので、長い間の使用でVベルトがだいぶ緩んでいました。緩んでいるためか、田んぼを深く代かきしているとVベルトがスリップして、耕運機が動きにくくなりました。そこで私がSさんから借りた六角レンチを使って、Vベルトのテンションを調整するプーリーを動かしてVベルトの張りを強くしました。以後、耕運機は泥にはまってもちゃんと動くようになりました。

       泥にはまって一苦労                 Vベルトのテンションを調整
 

 ディーゼル耕運機はガソリン機関のように電気系統がありません。そのため、とても故障に強い耕耘機です。さらに、キャブレターのような精密な部品も使っていないため、どんなに古くなっても簡単に動かすことができます。今回使っている耕耘機は、製造から何十年も経っていますが故障知らずで重宝しています。欠点なのは重いことぐらいでしょうか。

       田んぼを何往復もして代かき、水面がだんだん均等になってきた田んぼ


 代かきがひととおり終了すると田んぼの土手で休憩しました。そして、談笑しながらも今注目の話題である大震災や原発と農業の話をいろいろとしました。休憩が終わると、私は田んぼの畦に行って水深を調節する設定をしました。

        休憩しながら談笑             田んぼの水面を一定にする設定
 

 田んぼの代かきが終了すると、耕運機を田んぼから上げました。この耕運機はとても重いので、畦を乗り越えるときにアルミのはしごを使います。このはしごの上を乗り越えて田んぼから小屋前に耕運機を移動させました。毎年のことですが代かきは疲れます。しかし代かきの結果、鏡のようになった田んぼの水面を見ていると疲れているにも関わらず充実感で満たされます。

                アルミのはしごを使って畦を乗り越える耕運機

コメント

田植えの準備(1) 田んぼの耕運

2011年06月21日 | 稲:春作業,苗作り



 このところ雨や曇ばかりの天気が続いています。畑で小松菜を収穫していると、鈴木牧場のSさんがトラックでやってきました。田んぼを耕運した耕運機のかご車輪に泥が付いて困っているこのこと。さっそく私も泥の撤去作業に加わりました。私はこの耕運機とまったく同じものを持っています。この耕運機は、数年前に近くに住む古老(物故)からいただいてこの冬に山口県に運送したディーゼルエンジン搭載耕耘機と型のものです。タイヤを交換したりパンクを修理したりした思い出深き同型の耕運機です。

     かご車輪に付いた泥を撤去中            ぬかるむ田んぼを耕運
 

 スコップやクワを使ってなんとかかご車輪から泥を撤去することができ、耕運機を再度動かすことができるようになりました。ところで、田んぼを耕運するときには鉄車輪を使います。そして、代かきをする時にかご車輪を使います。どうして耕運するのにかご車輪を使っているのか不思議でした。すると、鉄車輪の軸が合わなくて使えないため、やむなくかご車輪を使ったとのことでした。

             再度耕運機を動かして田んぼを耕運しているSさん         


 Sさんが耕運機を使って田んぼを耕運しているとIさんがやってきました。田植えに使う苗を持ってきたとのことでした。9年前、Iさんはこの田んぼで田植え機使って田植えをしてことがあり、その時にIさんと一緒に昼食をとったことがありました。

      Iさんの軽トラから苗を下ろす        ため池横の田んぼに苗を置く
 

 Iさんが持ってきた箱苗は、一時的に先日泥んこ運動会をした田んぼに置くことにしました。これらの苗のうち半分は別所小学生の田植え体験に使う予定で、残り半分はSさんが今回耕運した田んぼに植える予定です。苗の品種はキヌヒカリとのことです。この品種は、背が低くて風に強い品種でしかもとても食味が良い品種です。

           泥んこ運動会をした田んぼに置かれた苗(品種:キヌヒカリ)


コメント

別所小学校田植えの下見&打ち合わせ

2011年05月11日 | 稲:春作業,苗作り

 10日午後4時から、先日草刈りした田んぼで、東京薬科大学環境グループASIATOの部長M君,別所小学校の先生2名,そして途中から鈴木牧場のSさんを交えて、今年の田植えについて下見と打ち合わせをしました。去年まではユギ・ファーマーズの田んぼで田植えをしてきましたが今年からできなくなりました。このため、今年から場所を変えて大学生が管理する田んぼで田植えをすることにしました。話し合いの結果、7月上旬に田植えをすることになりました。田植えに使ううるち米の苗はSさんが確認し頼むことになり、田植えに使う用具準備や指導は主に私がすることになりました。

             打ち合わせした、右からM君,T先生,そしてC先生

コメント

ため池脇の田んぼの草刈り(2)

2011年05月08日 | 稲:春作業,苗作り



 4月下旬にため池脇の田んぼの草刈りをしましたが、ガソリンが無くなったため草刈りを中断しました。今回はガソリン携行缶を用意した上で、前回中断した箇所から続けて草刈りを続行しました。

                ため池脇の田んぼ、前回の箇所から草刈りを続行


 前回4月下旬に草刈りしたにも関わらず、刈り取った箇所の草は数cmも伸びていました。この草を軽く刈り取った後に、残りの草を刈り取りました。高い草は40cm位は草背があったでしょうか。

      刈り取る前、草に覆われた畦        刈り取った後、綺麗になった畦
 

 草が40cm位以上伸びていると、刈り取った草の茎が草刈機に巻きつくことがあります。こうなると刃の回転が妨げられて草を刈り取ることが困難になります。一度エンジンを止めて、巻きついた茎を取るしかありません。このようにならないために、40cm位以上に伸びた草は二段に分けて刈り取ります。

     田んぼを仕切る畦(刈り取り前)            田んぼを仕切る畦(刈り取り後)
 

 草刈機に取り付けた刃は回転紐方式のものです。この刃の長所は、紐ですのでもとても安全です。そして、刈り取った草が細かく散るので草刈り跡が綺麗です。私は、急がないときはこの紐式の草刈りを多用しています。欠点は、刈り取りスピードが遅く笹のような硬い草木は刈れないことです。

              小川側の畦を草刈り、笹が混じるので刈りずらい


 前回、途中でガソリンがなくなって草刈りを中断しました。今回はガソリン携行缶を持ってきたので、ガソリンが無くなった時点で給油しながら続行しました。このため、全ての畝を綺麗に草刈りできました。

      草刈り前の、ため池側の畝           草刈り後の、ため池側の畝
 

 数時間かけて全ての田んぼの畦を草刈りしました。ただし、貴重な野草は刈らないで残しておきました。この周辺の山や田んぼは東京都の里山保全地域として買い上げが進んでいます。しかし、この里山の田んぼを管理しているNPOなどの団体も高齢化のためか耕作する人が減っているようです。今後も続けて里山として維持することは大変であり、市民の力がもっと必要だと思いました。

               雑草を刈り取った、ため池脇の田んぼ

コメント

ため池脇の田んぼの草刈り(1)

2011年04月25日 | 稲:春作業,苗作り

 久しぶりに田んぼの草刈りをしました。今日草刈りした所は、ため池脇の東京薬科大学環境グループASIATOメンバーが毎年泥んこ大会米作りをしている田んぼです。この田んぼは5年前まではユギ・ファーマーズが小学生の米作り体験などに使っていました。その後、私が時々草刈りなどを支援しています。

       クワで田起こししている東京薬科大学環境グループASIATOのメンバー


 このメンバーとは長い付き合いになります。このメンバーの脱穀を支援したり、脱穀機を貸したり代かきを手伝ったりしたこともありました。また、メンバーからは小学生の稲刈り支援田植え準備初冬の泥沼での稲刈り小麦収穫小豆収穫,そして砂糖作りなどを手伝ってもらったことがありました。

            草刈りする前の高い畦               草刈り後の高い畦
 

 また、小学校のおにぎりパーティーに大学生を招待する一方、大学の学園祭に招待されたこともありました。この環境グループASIATOは10年ほど前に4人でスタートしました。設立10年位になるので、かれこれ大学生とは10年以上のつきあいになります。

     草刈りする前の道脇の土手             草刈り後の道脇の土手
 

 草刈機を使って草刈りしましたが、天気が良いのでどんどん除草できました。刈り取った草は細かく散っているので天日でカラカラに乾くと思います。草を刈った後、畑に戻って一人で昼食休憩を取りました。青い空と萌黄色の緑を目にしながらの快適な休憩でした。

                上流にある三角形をした小さな田んぼ脇を草刈り

コメント

春の種蒔き,夏キャベツの準備作業

2011年03月16日 | 稲:春作業,苗作り

 この大震災で、職場は計画停電などの対応で混乱しています。通勤,仕事内容の変更など対応が毎日のように変わって疲れる毎日です。今回、久しぶりの休みで畑に行って農作業をしました。少しは心身共に体が癒されたような気がしました。春の種まきの準備として、冬野菜の残りを片付けた後に畑を耕して夏キャベツなどの畝を新しく作りました。

               秋に種まきしたチンゲンサイや高菜などの残野菜


 最初に、残っている冬野菜を全て片付けました。この時期の冬野菜は、とう(花芽)が出始めています。とうが出始めると、葉や茎が硬くなり食べるには適しません。高菜や小松菜など少しは食べることができる野菜もありましたが、思い切ってぜんぶ抜き取りました。

     片付け中のチンゲンサイ              片付け終わった冬野菜の畝
 

 続いて、小型の耕耘機で綺麗に耕しました。耕した後に、レーキを使って春野菜や夏野菜の種まきをする畝を作りました。作業していると、ほのかに体が温かくなり汗が出てきます。時々休みながら作業しました。

               冬野菜を片付けた跡を耕耘機で耕す


 今年も夏キャベツを作りたいので、キャベツ用の畝も新たに作りました。レーキを使って耕したばかりの土を盛るようにして畝を作ります。そして、キャベツ用の黒マルチをその畝を覆うようにして被せました。そして、その黒マルチが風で飛ばないように両脇を土で抑えました。4月には夏キャベツの苗を植え付けようと思っています。

           手前は夏キャベツ用に作った畝、黒マルチで被覆

コメント

耕耘機に籠車輪装着、代かきはじめ

2010年06月12日 | 稲:春作業,苗作り

 ようやく田植えシーズンになりました。先日まで田んぼを耕耘してきましたが、いよいよ田植えに向けて代かきの開始です。耕耘機で代かきするためにはこれまで耕耘に使っていたロータリーを籠車輪に装着し直す必要があります。耕耘機の車輪を交換する工具をつかって、まずはロータリーを外します。

             耕耘機,ロータリー,工具箱,そして籠車輪
 

 去年の代かき以来ずっとロータリーを付け続けていました。このため、なかなかロータリーが外れなくて困りました。何度もこじっていると、だんだん緩んできて外れました。ロータリーが外れると籠車輪を取り付けました。

     片方の籠車輪を取り付け          左右の籠車輪取り付け
 

 籠車輪を左右共に付け終わると、今度は抵抗棒を外してレーキを取り付けます。レーキを取り付け終わると、ようやく代かきができる体制が整います。田植えが終了するまでの間、籠車輪とレーキを取り付けた耕耘機は連日のように田んぼで活躍します。

          最後にレーキを付け終ると、代かきできる体制が整います
 

 耕耘機にガソリンを充填すると田んぼで代かきをしました。代かきしたのは、今回ボーイスカウトが泥んこ大会をする田んぼです。去年は田んぼ内で、かけっこ,サッカー,相撲などをして子供達は体中泥んこになりました。

      ボーイスカウトの泥んこ大会会場の田んぼを代かき

コメント

田んぼに水入れ開始

2010年06月11日 | 稲:春作業,苗作り

 明日、ボーイスカウト達が泥んこ大会をするために田んぼに来ます。このため、仕事帰りに田んぼに水を入れました。小川に流れる水を田んぼに入れるため、小川と田んぼを仕切る畦を切ることにしました。

         右の小川と左の田んぼを仕切る畦をクワで切る


 畦を切るためクワで畦に溝を掘りました。そして、小川をせき止めました。すると、小川の水が田んぼに流れ込むようになりました。すると、乾いた田んぼに水がじわじわと浸透していきます。明日の泥んこ大会が楽しみです。

                  浸透するように小川の水が流れ込む

コメント