東京里山農業日誌

東京郊外で仕事のかたわら稲作畑作などをしていましたが、2012年4月に故郷の山口県に拠点を移して同活動をしています。

春ジャガイモ(キタアカリ)の収穫

2020年06月22日 | 野菜:芋類

 3月上旬に植え付けたジャガイモ(品種:キカアカリ)の葉や茎が、だいぶしおれて黄色になってきました。これは収穫OKの合図です。しばらく降っていた雨がやんだので、さっそくジャガイモを掘ることにしました。4本刃のホークをジャガイモの株横に突き刺して、土ごと掘り起こしました。すると、大小たくさんのジャガイモが顔を出しました。キタアカリは、芋のわずかな個所に赤みがあります。次々に掘り出して、食べるまでしばらく日陰で干します。

       次々に春ジャガイモ(キタアカリ)を掘り出す


 ジャガイモ1個が何個に増えたか数えてみました。実際には1個を半分に切って種芋にしました。つまり、0.5個が何個に増えたかです。すると、平均して10個のジャガイモを収穫しました。つまり、0.5個が10個に、つまり20倍に増えたことになります。ジャガイモは日に当てると緑化します。それを避けるため、屋内の暗く風通しの良い場所で乾燥・保存することにしました。

 黄色になった茎と葉    出てきたジャガイモ   1株に大小14個
  

 ジャガイモはもう1ヵ所で栽培しています。そのジャガイモ畑で、放課後学習成器塾の子供達に収穫してもらう予定でした。代表的な3品種である、男爵,メークイン,そしてアンデスを植えています。それぞれの形,芽の深さ,色,味などを知ってもらうつもりでした。しかし、コロナのために成器塾の活動は9月からとなりました。代わりに、コットンクラブの方々に収穫していただこうかなと思っています。

   掘った芋を手箕に入れる        最後の株を掘り出す
 

コメント

今年もサツマイモの苗を植えてみるものの

2020年05月08日 | 野菜:芋類

 今年サツマイモの苗を植え付けるかどうか悩みました。理由は、去年イノシシにサツマイモ畑を掘り返されて全滅したからです。最近、イノシシなどの害獣がとても増えたように思います。イノシシに加え、タヌキ,ハクビシン,アライグマそしてキツネです。数日前、珍しく赤手ガニを見つけました。小さな穴に隠れていました。以前は湿った山裾や土管などにたくさんいましたが、最近いなくなりました。増えた害獣がカニを食べるのだと思います。

        園芸店で購入したサツマイモの苗を植え付ける


 害獣が増えたことがよく分かるのは、耕したばかりの畑にたくさんの足跡が残るからです。イノシシは牛のような二つの爪跡があります。タヌキなどは五つの爪痕が残ります。足の形もそれぞれ違います。これらの害獣が増えた理由の一つに、猟師が減ったことに加えて、野犬が減ったこともあると思います。以前は道をうろつく野犬がいました。害獣にしてみれば、野犬が減れば安心して里山に出て餌を探すことができます。 

  三本クワで畝作り   レーキで鞍型に整形    苗を畝の上に置く
  

 さて、サツマイモを育てる畝を作ると、苗を植え付けました。今後数日間好天が続くようなので、根付くまで遮光用の寒冷紗を覆っておきました。根付けばサツマイモはどんどん育つと思います。害獣避けの電気柵は、スイカ,カボチャ,そしてマクワウリに使います。そのため、サツマイモについてはイノシシに見つからないように祈るばかりです。

   植え付けたサツマイモの苗       遮光用寒冷紗を被覆
 

コメント

春ジャガイモの芽欠きと土寄せ

2020年04月28日 | 野菜:芋類

 先月上旬に植え付けたジャガイモ(キタアカリ)の芽欠きと土寄せをしました。これは毎年恒例の作業です。まずは、ジャガイモの芽欠きをしました。植え付けた小さな種ジャガイモですが、4本以上の芽が地表に出てくることがあります。小さなジャガイモを皮つきのまま食べるならば、芽欠きしない方が良いでしょう。芽が多いと、小さなジャガイモをたくさん収穫できるからです。しかしながら、通常は大きめのジャガイモを収穫したいものです。皮を剥いで調理することを考えれば、大きめのジャガイモが良いはずです。そのために芽を欠くのです。

     ジャガイモの芽欠き後、芽の周りに土寄せ


 春に植える芋のうち、サツマイモをどうしようか悩んでいます。まるごとイノシシに食べられて、去年はとんでもない被害を被りました。しかし、焼き芋は捨てがたいので苗を購入して植えてみようかと思っています。去年までは麻郷公民館祭りのためたくさんサツマイモ栽培してきましたが、今年は自家用として栽培してみようとか思います。それでも、イノシシに食害されるのなら来年から完全に止めようと思います。

  たくさん出たジャガイモの芽       芽を欠いて3本だけに
 

 さて、ジャガイモの芽欠きが終わると土寄せをしました。サツマイモは根に芋ができますが、ジャガイモは茎に芋ができます。そのため、ジャガイモは土寄せが欠かせません。種芋の上に30cm以上は土が被さるように土をかけます。土寄せしないと、芋が地表に出ます。そうなると、芋が光を浴びて緑色になります。この緑色にはソラニンと呼ばれる毒があります。ジャガイモの原産地は南米なのですが、ヨーロッパに伝わった当時はこの緑の毒を恐れていたそうです。そのため、当初は観賞するためだけに栽培されたとのこと。

ジャガイモ周辺を耕耘   土を上げるように寄せる    土寄せ後
  

コメント

放課後学習用に3種類のジャガイモを植え付け

2020年03月25日 | 野菜:芋類

 先日、我家用の種ジャガイモ(キタアカリ)を植え付けしました。今回は放課後学習の成器塾に使う予定の3種類の種ジャガイモを植え付けました。その品種は、男爵,メークイン,そしてアンデスです。代表的な男爵とメークインを使って、芋の形,芽の深さ,煮崩れ易さ,食味などを勉強します。また、調理時にピラーの使い方も教えようと思います(できれば包丁も)。また、ジャガイモの毒素であるソラニンについても知ってもらおうと思っています。

     巻き尺を使って。40cm間隔で種ジャガイモを植える


 種ジャガイモを植えた場所は、去年サツマイモを植え付けた場所です。去年、イノシシにサツマイモを荒らされて全滅しました。そのため、今年はサツマイモは止めました。代わりに同じ場所でジャガイモを栽培することにしました。しかし、ジャガイモも荒らされないか心配です。最近は、イノシシ,タヌキ,猿などの害獣が里山に頻繁に出現します。本当に困ったことです。

 植える前に丁寧に耕耘   畝に巻き尺を張る    芋を植えた後に覆土
  

 種ジャガイモを植え付けた後、小麦畑の耕耘をしておきました。小麦を収穫した後に藍,紅花,小豆,枝豆,サトウキビなどを育てようと思っています。その準備として、今から畑を柔らかくしておきます。ところで、麦の穂がすでに出ているとの情報を得ました。私の麦畑では穂はまだ出ていないので確認してみました。確認方法はいたって簡単です。茎先のふくらんだ箇所を取り出して茎の皮を剥ぐのです。すると幼穂が潜んでいました。この幼穂の育ち具合だとおそらく、4月になって次々に穂が出てくると思います。今年も去年と同じように小麦を収穫できそうです。

  小麦畑を丁寧に耕耘        茎に潜んでいた小麦の幼穂
 

コメント

ジャガイモ(キタアカリ)の種芋を植え付け

2020年03月03日 | 野菜:芋類

 いつの間にか、もう3月です。先日干していたジャガイモ(キタアカリ)の種芋を植え付けることにしました。最初、植える予定の畝を耕耘機で何度も往復して丁寧に耕しました。一昨日の雨でやや湿り気がありましたが、乾くのを待っている暇はありません。耕し終わると、種芋を植える溝を平クワで掘りました。

    平クワで掘った溝に、ジャガイモの種芋を等間隔で置く


 掘った溝に等間隔(30cm)で種芋を置きました。種芋の芽を上に向けて置きましたが、最近は下を向けるようです。ただ、その方法だとジャガイモの切り口が上を向くので、湿った畑では腐るリスクがあります。今回は、昔の方法で芽を上に向けて置きました。ちゃんと芽欠きして土寄せすれば、どちらの方法でも収量は変わらないと思います。もう一種類のジャガイモ(アンデス)の種芋は別の畑に後日植え付けようと思います。

 耕耘機で丁寧に耕す    平クワで溝を掘る   植えつけた種芋
  

  続いて種芋と種芋の間に堆肥を置きました。そして、種芋と堆肥の上に平クワで土を被せました。そして、その上から軽く平クワでトントンしておきました。4月になれば、ジャガイモの芽が次々に出てきます。その後は、芽欠き,土寄せ,除草などの作業が次々にあります。そして6月、美味しいジャガイモを収穫できると思います。

  種芋と種芋の間に堆肥       種芋と堆肥の上に土を被せる
 

コメント

春ジャガイモ植え付けの準備

2020年02月04日 | 野菜:芋類

 2月下旬から春ジャガイモの植え付けが始まります。今回購入した種ジャガイモ(キタアカリ 1kg)は大きめの芋でしたので半分に切断しました。芽が等しく残るように切りました。その後、パレットに入れて切り口を上にして乾燥しています。種芋が小さい場合は種芋をそのまま植え付けても構いません。その場合でも、しっかりと芽を日に当てておくと良いでしょう。

     切り口を乾燥中の左キタアカリと右アンデスレッド


 キタアカリは1kgで足りなさそうだったため、追加としてアンデスレッドと呼ばれる皮が赤い品種を購入しました。小さな芋ばかりでしたので、切断する必要はありません。植え付けるまで日に当てることにしました。アンデスレッドは不思議な品種です。春に植えて夏に収穫した芋を、そのまま秋ジャガイモの種芋として植えることできます。
 ところで、もう2品種追加してジャガイモの味見比べをしてもよいかも知れません。5年前に4品種の食べ比べをしてことがあります。その時は、キタアカリ,メークイン,アンデスレッド,そしてシンシアの食べ比べをしました。

  キタアカリ1kg    キタアカリを切断    アンデスレッド
  

コメント

遅れた秋ジャガイモの収穫、のんびりと堀り上げ

2020年01月30日 | 野菜:芋類

 9月初旬に種芋を植え付け秋ジャガイモ(品種:デジマ)の収穫をしました。秋ジャガイモは、霜が降りる11月過ぎに収穫することが多いと思います。しかし、私は忙しくしているうちに収穫が遅れてしまいました。冬の間、地中のジャガイモは腐ることがありません。そのため、食べたいときに少しずつ収穫してもかまいません。私は後者のように、食べたいときに収穫します。

    冬は日差しをあびて、のんびりとジャガイモを掘り上げ


 夏のジャガイモ収穫は汗だくですが、冬は日差しをあびながらおもむろにフォークを使って堀り上げます。その後天日干ししてから、土がついたまま屋内に貯蔵します。ところで、園芸店に行くと春ジャガイモの種芋が並んでいます。来月下旬には春ジャガイモの種芋の植え付けが始まります。そろそろ種芋を買おうと思っています。去年植え付けた品種はシンシアでした。今年はどの品種にしようかな。

  次々に出てくるジャガイモ     天日乾燥後段ボール箱に収納
 

コメント

秋ジャガイモの土寄せ

2019年10月08日 | 野菜:芋類

 遅れて9月に種芋を植え付けた秋ジャガイモ、ようやく芽が出てきたため土寄せをしました。ジャガイモは涼しい気候が好きなため、この10月にジャガイモが大きくなります。ジャガイモは茎から伸びるストロンと呼ばれる先端に芋ができます。種芋より上の位置に芋ができるため、土寄せは欠かせません。土寄せをさぼっていると、芋が地表に出て緑色のジャガイモとなってしまいます。この芽や緑にはソラニンと呼ばれる毒あります。芽や緑を取らないで調理する人がいるようで、たまに事故が報告されています。

         秋ジャガイモの周囲に土を寄せて盛り上げる


 土寄せする時はいつもそうなのですが、最初に芽の周辺を耕耘機で耕して土を柔らかくします。次に平クワで株間を軽く除草します。そして、柔らかくなった土を三本クワでジャガイモの芽に寄せます。土を寄せる前に株間に肥料を蒔きますが、今回は施肥しませんでした。また、芽欠きをしますが、今回はそう芽が多く出なかったので芽を欠きませんでした。
 ちなみに、小さなジャガイモをたくさん収穫したいときは芽を欠きません。一方大きなジャガイモを収穫したいときは、芽を欠いて芽の数を減らします。12月には美味しいジャガイモを収穫できることでしょう。

  芽の周りの土を耕耘   株間を平クワで除草    土寄せが終わった畝
  

コメント

急遽、秋ジャガイモの種芋を植え付け

2019年09月06日 | 野菜:芋類

 毎年、秋ジャガイモはお盆頃に種芋を植え付けします。しかし、今年は何かと忙しかったため秋ジャガイモのことをすっかり忘れていました。たまたま別件で園芸店に行くと、売れ残った秋ジャガイモの種芋がたくさん積んでありました。いろいろ調べてみると、ギリギリ9月上旬に植え付けても何とか収穫できるようです。ジャガイモは冷涼な気候が合っています。そのため、この9~11月上旬の期間に小さいながらも芋ができるのではないかと思いました。そのため急遽、ダメ元で秋ジャガイモ(品種:デジマ)の種芋を植え付けました。

         耕した畝に巻き尺を張り、45cm間隔で種芋を置く


 植え付ける前に、空いていた畑の雑草を刈り取りました。そして、耕耘機を使って何度も往復しながら耕しました。ロータリーに絡みつく雑草の根は、絡みつくたびに外して遠くに投げ捨てました。最後に畑の中央に窪んだ筋が付くように耕しました。耕耘が終わると、その窪んだ筋に沿って巻き尺を張りました。そして、種芋をその窪みに45cm間隔で置きました。なお、秋ジャガイモは春ジャガイモのように切断しません。すべての種芋を窪んだ筋に置き終わると、レーキを使って種芋に被せるように土寄せをしました。最後に土の上からトントンと押さえました。さて、霜が降りる頃、秋ジャガイモはどれほど収穫できるでしょうか。

     何度も往復して畝作り       レーキで種ジャガイモに土寄せ
 

コメント

遅れに遅れた、春ジャガイモの収穫

2019年09月04日 | 野菜:芋類

 3月に種芋を植え付けたジャガイモ、畝半分は予定通り7月までに収穫しました。しかし、残り半分の収穫が遅れに遅れてしまいました。9月になった今日、やっと残りのジャガイモを収穫しました。収穫がこれほど遅れたのは初めてです。さらに、忙しくて秋ジャガイモの植え付けができなかったことも初めてです。何かの仕事かボランティアを減らさないとスムーズに農作業ができません。この春に観光協会の理事を退任しましたが、その位では農作業時間の確保には役に立ちませんでした。根本的に困っているのは、亡き父親が増やし続けた山や農地です。昔は土地の面積と豊かさが比例してしていました。しかし、今やお荷物です。草刈りだけでも大変です。困ったことに、何の価値も生まないのに税金だけは払い続けなければなりません。今や負債です。

            残り半分のジャガイモを掘りあげる


 畝にフォークを突き立てて、ジャガイモを掘り起こします。まだまだ暑い季節のため、汗が額を流れて顎から滴のように落ちていきます。その汗の臭いに誘われるのでしょうか、それとも吐く息に誘われるのでしょうか、蚊の大群が襲ってきます。その蚊を見ていると、手首や首筋などの露出した箇所を狙っているようです。あるいは、シャツの上にとまって布の上から血を吸います。今の季節の蚊を、この地方?では「9月の落ち蚊」と呼びます。「落ち武者」に例えた諺なのでしょう。叩いても叩いても、しつこく襲ってきます。

 顔を出したジャガイモ  ジャガイモを掘り出す    収穫したジャガイモ
  

 ジャガイモを全て掘り出すと、それらを手箕に集めます。そして、水道の蛇口まで持って行き、ジャガイモの泥を洗い落としました。次に、そのジャガイモを軽く干しました。ただし、日に当てると緑化するため、ジャガイモの表面が乾くとすぐに室内に入れました。フォークが刺さって傷ついたジャガイモは腐りやすいため、早いうちに食べようと思います。ところで、園芸店には売れ残ったたくさんの秋ジャガイモが置いてあります。今植えれば、小さなジャガイモばかりでしょうが晩秋に収穫できるかも知れません。明日、その秋ジャガイモを購入して試しに植えてみようかと思っています。さてどうなるでしょうか。

   掘り上げたジャガイモを洗う     洗ったばかりのジャガイモを干す
 

コメント

今年は良く育っている里芋

2019年08月16日 | 野菜:芋類

 台風が日本海に去ったようです。風も穏やかで雨も降らなくなりました。地面がどの程度湿ったか畑を見回りました。木々の千切れた葉がたくさん落ちていました。しかし、倒れている木や野菜はありませんでした。その中で里芋だけは元気に大きな葉を持ち上げていました。今年はどういう訳か里芋が豊作のようです。私の背丈ほどの葉が青々と茂っています。この台風による雨で、より元気に育ちまだまだ大きくなるようです。今後も時間を見ては畑を見回ろうと思います。

  私の背丈ほどに育った里芋、まだまだ育ち晩秋にたくさん収穫できそう


 里芋は湿った場所でよく育ちます。私が東京に住んでいた頃、田んぼ傍の湿った箇所で里芋を栽培していました。南斜面でもあり、それはそれはよく育ちました。食べたいときに掘って芋を収穫しました。そして、全て掘りつくすのではなく、適度な間隔で里芋をその場所に残していました。すると、来年また里芋が芽生えて育つのです。毎年その繰り返しでした。今はそのような、里芋に向いた畑がありません。
 ところで、里芋は芋以外に茎を食べることができます。茎には生では到底食べられないアクがあります。しかし、乾燥すると美味しく食べることができます。みそ汁の中に入れて、(ふ)のようにして食べることができます。ちなみにハス芋と呼ばれる里芋は茎だけを食べます。里芋の葉はやや細長い(ラグビーのボール型)のですが、ハス芋はやや丸い形をしています。

   たくさん生えた里芋の茎        空を覆うほどの里芋の葉
 

コメント

イノシシに荒らされた元サツマイモ畑を整理

2019年08月11日 | 野菜:芋類

 収穫が期待できないと分かっている畑を耕していると、とてもむなしい気持ちになります。先日イノシシに食害された元サツマイモ畑を耕しました。いつまでも畑を放置する訳にもいきません。イノシシが黒マルチを醜く踏みつけたため、黒マルチの残骸が半ば畑に埋まっています。耕耘機をかけると余計黒マルチを混ぜ込んでしまいます。そのため、クワを振り下ろしながら黒マルチの残骸を掘り出しました。やれやれ。

          畝に半ば埋まった黒マルチをクワで掘りあげる


 最初、元サツマイモ畑を覆っている雑草を草刈機で刈り取りました。草を刈り取ると、イノシシに食害された元サツマイモ畑が姿を現しました。その畝をクワで掘り上げました。来年からはサツマイモを作ることができません。ここ最近イノシシ,タヌキ,猿などの被害の話をよく聞きます。高齢化に伴い里山の管理がおろそかになるにつれ、人の生活域が獣に押されているのでしょう。

 雑草の元サツマイモ畑     雑草を刈り取り    黒マルチを取り出す
  

コメント (3)

壊滅状態のサツマイモ畑、にっくきイノシシ!

2019年07月26日 | 野菜:芋類

 5月上旬に皆さんと楽しくサツマイモの苗を植え付けしました。そのサツマイモ畑、今回2度目の草取りに行きました。すると、あぜんとしました。すべての黒マルチが破られて根こそぎ荒らされていました。被害からすると、イノシシが群れでやってきたようです。去年まではまったく荒らされていなかったのに、ついに我家がある高塔地区にも現れたのです。秋の収穫は見込めません。毎年100個のサツマイモを麻郷公民館祭りに提供していました。今年はそれができなくなりました。麻郷公民館に行ってお詫びをしておきました。にっくきイノシシです。

         黒マルチを破って、サツマイモ畑が全滅

コメント

里芋畑を綺麗に除草

2019年05月31日 | 野菜:芋類

 もうすぐ夏になります。そのためか、ますます雑草が勢いよく茂り始めました。除草で困るのは、誤って雑草と一緒に作物を刈ってしまうことです。その一番の対策は、発芽した直後に必ず軽くでも除草しておくことです。すると、しばらくの間作物が目立つため、その後の除草が楽になります。発芽後の除草をさぼっていると、いつの間にか作物が雑草に埋もれてしまいます。そうなると、草刈機では危なくて除草できません。めんどうでも初期に雑草しておくことが大切です。
 ※夕方ベランダに座ってくつろいでいると、竹藪からカサコソ音がしました。その方向に顔を向けると、なんと子ギツネが2頭じゃれあっていました。そして、時々ジャンプしながら何か獲物を狙っていました。イタチやテンはよく見かけますが、久しぶりにキツネを見ました。キツネが生きることができる環境が残っていることに感謝です。

     発芽後の里芋を、低い雑草用アタッチメントを取り付けて除草


 今回は、芽が出たばかりの里芋畑の除草をしました。里芋の周りを重点的に綺麗に除草しておきました。里芋はある程度まで大きくなると雑草に負けません。雑草に負けない程度に背が伸びるまで除草が欠かせません。今後2回程度、除草と土寄せが必要です。今年も美味しい里芋を収穫できるでしょうか。

    最初、耕耘機で筋状に除草       里芋周辺を綺麗に除草
 

コメント

ようやく、ジャガイモの芽欠きと土寄せ

2019年05月07日 | 野菜:芋類

 今年はだいぶ遅れてジャガイモの種芋を植え付けました。そのため、発芽も遅れてしまいました。今回、ようやく芽を欠いて土寄せすることができました。ただし、秋ジャガイモと違って生育期間が長いため、そのうち葉が茂って毎年と同じような収量になるのではないかと思います。ジャガイモの品種はシンシアです。メークインに似て煮崩れしません。そのため、カレーや肉じゃがなどに向いています。シンシアは芽の窪みが小さいので、皮を剥きやすいのが特長です。

          芽欠き後、ジャガイモに土寄せ
 

  芽欠きして取り除いた芽は、別の畑に植えることができます。そして、その芽が育って少ないながらジャガイモを収穫することができます。今年は空いた畝が無かったので、もったいないのですが欠いた芽はすべて処分しました。肥料はほとんど施しません。そのため収量は少ないのですが、私と婆様二人が食べるには十分です。いつものことですが、余ったジャガイモがあれば友達にお裾分けしています。 

   余分な芽を欠いて芽を減らす       ジャガイモの周りを耕耘除草
 

コメント