東京里山農業日誌

東京郊外で仕事のかたわら稲作畑作などをしていましたが、2012年4月に故郷の山口県に拠点を移して同活動をしています。

秋空の下、楽しい麦の種まき

2018年11月04日 | 麦,穀類,雑穀



 去年の麦の種まきは、だいぶ遅れてしまい11月末でした。そのため、芽生えがだいぶ遅れて12月下旬になってしまい。初夏の収量も多くありませんでした。今年はその反省を元に、昨日3日に麦の種をまきました。今回、大人に混じって子供二人が手伝ってくれました。

        上手に種まき器を押して、麦の種子をまく子供


 種まきは午後でしたので、小豆の畝を残して午前中に畑を耕しておきました。私は、昭和初めに使われていた手で押しながら種をまく道具を使っています。押すだけで簡単に種をまくことができるため、やってきた子供二人に交代で押してもらいました。現在はトラクター牽引の種まき機が普及しているようですが、昔ながらの種まき機は軽いため子供でも使えます。いつまでも残しておきたい優しい道具だと思います。

 午前中は麦畑用に耕耘   種を種まき機に入れる  押しながら楽しい種まき
  

 種まきを始める前、1リットル位の麦の種を種まき機にいれます。そして、午前中に筋をつけていた窪みに種をまいています。コロコロ押すだけで簡単です。続いて、まかれた麦の上に土を被せていきます。手で被せてもかまいせんし、両足で寄せてもかまいません。数日後に雨が降るようですので2週間後頃には麦が芽生えると思います。ちなみにパン用小麦のミナミノカオリです。何年も収穫しては種としてまいているので、来年は品種を変えた方が良いかも知れません。 

   両足で寄せながら土寄せ         小麦の種まきを見物する方々
 

 午後3時半からの種まきでしたので、種まきが終わった頃には空がやや暗くなってきました。広げたシートに腰を下ろして、駄菓子を食べたり、お茶やコーヒーを飲みながら休憩しました。そして、楽しい話題で談笑しました。この畑では今後、ソバの実の脱穀、小豆を収獲して羊羹作りなどをします。もしよかったら、またお手伝いよろしくお願いします。今日手伝ってくれた子供達にはサトウキビの茎をプレゼントしました。とても硬い茎、甘い汁を楽しむことができるでしょうか。お疲れさまでした。

   小麦の種まきを手伝っていただいた方々、手に持つのはサトウキビ




コメント

ソバを刈り取り・結束・天日乾燥

2018年10月30日 | 麦,穀類,雑穀

 そろそろ麦の種まきの準備をしなければなりません。ソバを植えている場所に麦の種をまく予定です。そのため、早々とソバを刈り取りして天日干ししました。以前は、霜が降りてから刈り取りしていました。その時は、鎌で刈っては束ねていました。しかし、今回は一気に刈り取りだけ済ませてから結束・天日干ししました。

         刈り取ったソバを結束し、横に渡した棒に掛けて天日乾燥


 葉はまだ青々としていますが、ソバの実は2/3程度実が硬く黒くなっていました。そのため、収穫してもよいと判断しました。地干ししてもよいのですが、雨に濡れると穂発芽しやかくなります。そのため、棒を横に渡して、その棒に束ねたソバを掛けました。1週間ほどすれば完全に乾燥すると思います。その後、棒打ちして実を外します。そして、製粉機で粉にします。ソバを麺にするほどの量は収穫できないと思います。ソバ掻きにして食べようと思います。

  硬く黒く実ったソバの実          手で束ねて紐で結束
 

コメント

この夏の猛暑でサトウキビが大きく育つ

2018年10月19日 | 麦,穀類,雑穀

 毎年のようにサトウキビを栽培しているのですが、山口県ではあまり育たないようです。甘い汁をかじって楽しむ程度で、その汁を取って煮詰めて黒砂糖を作るまでには至りません。しかし、今年の夏が猛暑だったためか、思いのほかサトウキビが大きく成長しました。

        大きく成長して、例年より背が高く育ったサトウキビ


 特に甘い汁を含む茎が思いのほか育ちました。涼しくなった10月以降は成長が止まると思います。11月になったら茎を何本か切り倒して、その汁を絞ろうと思います。そして、煮詰めて黒砂糖を作ってみようと思います。ところで、寒い地域で栽培できるサトウモロコシも栽培しています。しかし、サトウモロコシは煮詰めてもシロップしか抽出できません

   硬く根付いたサトウキビの根       太く育ったサトウキビの茎
 

コメント

晩秋に小麦の種をまく畑を耕耘

2018年09月25日 | 麦,穀類,雑穀

 先日、藍や和綿などをハンマーナイフモアで綺麗に除草しました。その畑を今回耕耘機で耕しました。毎年晩秋に麦の種をまきますが、その準備です。同畑では、収穫を待つ枝豆、小豆、サツマイモ、そしてソバを栽培しています。それらの作物を避けながら耕しました。10月末にはそれらの作物を全て収穫し終わります。その後、畑を全面的に耕してから麦の種をまく予定です。

          枝豆、小豆、ソバを避けながら畑を耕耘


 毎年この畑には小麦の種をまいています。しかし、毎年麦を収穫するものの食べる量は決まっており、いつも余らせています。そのため来年は、次年の種まき用だけを残して、小麦を緑肥として青刈りしようかと思っています。そして、その場所に藍の苗を植えたり綿などの種をまこうかと考えています。最近、体力の低下や多忙でなかなか畑の世話ができません。特に夏の除草作業はしんどいです。なるべく、世話がかからない方向にチェンジしようと思案しています。

   カンナが生える道脇を耕耘        枝豆と小豆の間を耕耘
 

コメント

開花したソバの白い花、その蜜を吸う蝶

2018年09月22日 | 麦,穀類,雑穀



 麻里府のKさんから頂いたソバの種、8月中旬に種まきをしました。種を蒔く時期が少し遅かったかなと思いましたが、順調に成長し今では白い花が満開です。ソバは昔から飢餓対策の作物でした。米が不作になりそうな年、夏に種をまいても立派に収穫できるのです。また、ヒエなどの雑穀と同様に田んぼがない山間地域でもよく栽培されます。

    ソバ畑を見回っていると、その白い花の蜜を吸っている蝶に出会う


 ソバは肥料をやらなくてもそれなりに育ちます。今回肥料をまったく施さなかったので葉が薄い緑でしたが、立派に花を咲かせていました。そのソバ畑を見回っていると、蝶が花の間を飛び回っては蜜を吸っていました。蜜を吸うのに一生懸命だったのか、私が近づいても逃げませんでした。他のソバの方を見ると、小型の蝶が何匹か飛び回っては蜜を吸っていました。

 左から、ソバ,小豆,枝豆   ほどよく成長したソバ    ソバの白い花
  

 ところで、ソバと同じ頃に種をまいた小豆は、小さいながら花が咲き同時に鞘ができていました。また、枝豆も小さいながら花が咲いて鞘ができていました。豆はまだ未熟で薄くペッタンコでしたが、11月には収穫して枝豆パーティーができそうです。また小豆を使って羊羹を作ることができそうです。

   黄色い小豆の花、小さな鞘も        枝豆の鞘、豆はまだ未熟
 

コメント

希少雑穀シコクビエが熟し始める

2018年08月24日 | 麦,穀類,雑穀

 40年位前、山梨や長野の山深い山間地域の民俗調査をしたことがあります。山間地域はほとんどが斜面であることが多く水田ができません。そんな地域では、いろいろな雑穀を作っては食料にしていました。稗、粟、黍、唐黍(トウモロコシ)、はと麦、陸稲、モロコシ、蕎麦、そしてシコクビエなどです。山口県では粟や黍は最近まで作っていた農家がありました。稗は、記録によると江戸時代には作っていたようです。しかし、シコクビエだけは栽培の記録がありません。

         独特な形の穂をしている希少雑穀シコクビエ


 実はシコクビエは、古代にアフリカからアジアを経由して伝わっていたことが分かっています。古い作物である証拠に、地域によって呼び名が違うのです。正式名称はシコクビエですが、他にはカモアシ、チョウセンベイ、コウボウビエ、エゾッペイなどの名前があります。この希少な雑穀は飢餓対策として古代から山奥の山間地域で栽培されてきました。栽培されてきた地域は、人があまり住まない高知県の山奥、山梨や長野県の山奥などです。
 
  出穂したばかりのシコクビエ         シコクビエの粒
 

 シコクビエは、雑草のオヒシバにとてもよく似ています。シコクビエが飢餓対策として珍重されていたのには理由があります。お米や麦は、一度に穂が出て一度で収穫すべてが終わります。そのため、冷害や干害があると一度にダメ(収穫0)になることがあります。しかし、シコクビエはだらだらと長期間にわたって穂が出ては熟すのです。つまり、収穫期間がとても長いので収穫の不出来リスクが少ないのです。霜が降りて枯れるまで何度でも収穫できるのです。ただし、お米に比べて美味しくありません。食べたことがありますがパサパサして美味しくありません。いわば飢餓対策に特化した作物なのです。今年もこれら希少な雑穀を収穫できそうです。

           独特な形をした穂、茶色に熟すと収穫

コメント

猛暑、サトウキビなど元気に成長

2018年08月04日 | 麦,穀類,雑穀

 午後、田布施町の古墳に関する取材がありました。広島県の放送局による取材でした。あらかじめディレクターさんがシナリオを作っており、その台本に従って私がセリフを喋ると言うものです。多くのインタビューや講演はこなしましたが、シナリオに従うのは初めてです。でもまあ、なんとかこなしました。ですが疲れました。さて先日の台風以来、畑のサトウキビ類が元気に育っています。

   伸び始めたサトウキビ       元気に葉を茂らせるサトウモロコシ
 

 一番元気なのはサトウモロコシです。葉が次々に展開して背が伸びています。秋には甘くて美味しい茎汁を収穫できると思います。次にサトウキビです。まだまだ背が低いのですが、猛暑にめっぽう強いためだんだん背が伸びてきました。雨がもっと降ればさらに伸びると思います。あと、アマランサスの背が伸びて、ついに穂が出てきました。今年は雨が少なかったので、去年よりは背が低いのですが、順調に穂が展開して大きくなってきました。今年も穀粒を収穫できると思います。

           頭頂に穂が出始めたアマランサス

コメント (6)

先日収穫した小麦、ようやく製粉

2018年08月01日 | 麦,穀類,雑穀

 せっかく雨が降って涼しい日が来たと思ったら、またまた猛暑がぶり返してきました。雨と関係するのかも知れませんが、蚊がやたら多くなったような気がします。また、昼間でも群れで襲いかかってきます。雨が降って水たまりが増えたため、卵を産むチャンスが増えたのでしょう。雌の蚊は積極的に交尾して、卵の栄養のために必死に吸血するそうです。よほど必死なのですね。朝窓を開けると、外から突進するように蚊が入ってきます。

    私が使う家庭用の製粉機       製粉機のバケットを取り付け    
 

 さて、先日刈り取りして、脱穀して、天日乾燥した小麦を製粉しました。プロ用の製粉機ではないので、1度の製粉ではパンにしたりうどんなどに加工できるような微細な粉にはなりません。そのため、製粉を最低5回位繰り返して微細な粉にします。その粉は、微細な網で濾さないので全粒粉となります。つまり糠を含んだ小麦粉となります。

      微細な粉にするため、製粉を最低5回位繰り返す


 製粉所のように毎日製粉しているわけではないため、製粉が終わるたびに製粉機を分解します。そして、製粉機内部に付いた粉を取り除きます。粉を取り除かないと、粉を食べるやっかいな虫が発生するからです。今回も次の製粉に備えて分解し、製粉機の内部に残った粉を取り除きました。出来上がった小麦粉(全粒粉)は、待っていた友達に持って行きました。

    製粉1回目       製粉3回目       最後、ビニール袋に
  

コメント

先日収穫した小麦、天日で乾燥・消毒

2018年07月14日 | 麦,穀類,雑穀

 先日収穫した小麦、天日乾燥をしています。収穫後しばらく雨が続いたため、収穫袋に入れたまま保管していました。袋に入れたまま乾燥しないでいると、コクゾウムシなどの害虫が小麦を食べてしまいます。今回2階のベランダにブルーシートを広げ、その上に小麦を広げました。より乾燥させるため薄く広げました。

 ブルーシートと収穫袋   シート上に小麦を広げる  飛ばないよう四隅に重り
  

 私が子供の頃、ブルーシートなどありませんでした。もっぱら筵(むしろ)を広げて、その上に麦や籾を広げて乾燥・消毒をしていました。天日乾燥は天候に左右されるため、今では乾燥機などを使う家が多いようです。乾燥した小麦は、密閉したタンク入れて保管します。タンク内には、乾燥剤と脱酸素剤を入れて万全を期しています。そして、秋か冬に製粉機で粉にして食べています。

            ブルーシートで天日乾燥・消毒中の小麦

コメント

小麦の脱穀作業と麦の敷藁作り(2/2)

2018年06月28日 | 麦,穀類,雑穀



 1時間ほどの休憩後、周防大島のHさんが加わり敷藁を作ることにしました。脱穀後の麦藁を藁切りカッターを使って細断しました。細断された麦藁はスイカなどの敷藁に最適です。休憩中に冷えたディーゼルエンジン(発動機)を再始動しました。そして、藁切りカッターと平ベルトで繋ぎました。30分ほどで全ての麦藁を細断しました。できあがった敷藁は、みなさんにスイカやカボチャなどの敷藁に使ってもらおうと思っています。

         麦藁を次々に藁切りカッターに入れて細断      


 今主流のコンバインなどの農業機械は、乗ったまま畑に来ることができます。つまり楽々に農作業できます。しかし、今回使った発動機,動力脱穀機,藁切りカッターなどは昭和30年代の農業機械です。畑までの運搬が難儀です。今回使った農機具はすべて、農家の方々からいただいた古い機械です。いずれ郷土館に陳列したい農機具ばかりです。

  藁切りカッターに麦藁を入れる     細断されて吐き出される敷藁
 

コメント

小麦の脱穀作業と麦の敷藁作り(1/2)

2018年06月26日 | 麦,穀類,雑穀



 先日刈り取りした時に湿っていた小麦は、しばらくの間はさ掛けしていたためカラカラに乾いていました。我家の倉庫から1年ぶりにディーゼルエンジン,脱穀機,藁切りカッターなどを運搬機で畑まで運びました。午後1時少し過ぎにディーゼルエンジン(発動機)を始動しました。そして、ディーゼルエンジンと脱穀機を平ベルトで繋いで、脱穀作業を開始しました。

快調なディーゼルエンジン   麦クズが飛び散る     交代しながら脱穀
  

 去年は足踏み脱穀機を使って小麦を脱穀しましたが、今回は小麦の敷藁も作りたかったためディーゼルエンジンを使った動力脱穀機を使いました。足踏み脱穀機を使う場合は唐箕も同時に持ち込まなければなりません。今回使った脱穀機は、足踏み脱穀機と比べて脱穀効率と唐箕能力の点で圧倒的です。

          脱穀が終わった麦藁は右に重ねるように置く

 脱穀の結果、約10kgの小麦を収穫することができました。今後は、麦粒をさらに天日乾燥消毒して貯蔵します。少しずつ製粉して、パンやうどんなどにして食べようと思います。さて、脱穀が終わると休憩しました。1時間ばかり談笑していると周防大島からHさんがやってきました。次に麦藁を細断して敷藁を作る作業に入りました。今度は藁切りカッターの出番です。

    次々に小麦を脱穀          脱穀された小麦は収穫袋に収納
 

コメント

楽しい麦の刈り取りとジャガイモの収穫

2018年06月22日 | 麦,穀類,雑穀



 雨上がりの朝、小麦の刈り取りをしました。当初の予定では、麦刈り後すぐに脱穀することしていました。しかし、昨夜の雨ですっかり麦が湿っていました。そのため、今回は刈り取りだけで、はさ掛けして天日乾燥することにしました。ところで、スズメやハトなどの食害を防ぐため、小麦畑には防鳥糸を張っていました。その防鳥糸を回収する作業から始めました。

  今回刈り取った小麦、隣は藍       最初、防鳥糸の回収作業
 

 防鳥糸を回収後、防鳥糸を支えていた支柱も回収しました。そして、いよいよ麦刈りです。その昔はカマで刈り取りしていました。麦は根が抜けやすいため専用のノコギリガマを使うか、鋭利に切れるように普通のカマを丹念に研いで使っていました。今回は効率的に刈り取るためにバインダーを使いました。このバインダーは2001年に八王子市のある古老からいただいた機械です。以後17年使ってきました。

          いただいてから17年目のバインダーで麦刈り


 刈り取った麦は次々に結束されて放り出されます。その結束された麦はすかさず、横にした棒に掛けました。掛けた麦は数日間、天日乾燥させます。麦を全て刈り取りしてはさ掛けし終わると、3月上旬に植え付けたジャガイモを収穫しました。掘ったジャガイモは、麦の刈り取りに参加していただいた方々に全て差し上げました。ジャガイモの品種はメークインです。

刈り取りが終わった麦畑    ジャガイモを収穫     収穫したジャガイモ
  

 ジャガイモの収穫が終わった頃にお昼となりました。そのため、農作業をいったん中止してお昼をとりました。談笑しながらの楽しいお昼休憩でした。ところで、今回は麦が湿っていたため脱穀できません。今後の雨でさらに濡れないように、はさ掛けした麦の上にビニールシートを掛けました。一週間後頃の快晴日に脱穀する予定です。今回の麦の刈り取りを手伝っていただいた方々、あがとうございました。

     楽しいお昼休憩           麦にビニールシートを被覆
 

コメント

小麦畑、鳥による食害を防ぐため防鳥糸を張る

2018年06月01日 | 麦,穀類,雑穀

 久しぶりに小麦畑に行くと、畑の間からハトが数羽飛び立ちました。小麦が熟し始めたため小麦を食べに来たのです。数年前までハトやスズメの食害から麦を守るための防鳥網をかけてきました。しかし、網をかける作業には数人の手伝いが必要です。そのため、今年は防鳥糸を張ることにしました。防鳥糸ならばなんとか一人で張れますので。

          小麦畑の南北に、何本かも防鳥糸を張る


 防鳥糸を張るため、小麦畑の南北の端に支柱を何本か立てます。支柱を立て終わると、南北の支柱の間に防鳥糸を張ります。少しぐらいの風でたわまないように強く張ります。鳥は羽根が命です。そのため、羽根が糸に引っ掛かるのを嫌がります。これで少しは食害を免れると思います。麦が熟して硬くなる6月中旬、麦の収穫をするつもりです。

  南北に支柱を立てる    立て終わった支柱     防鳥糸を支柱に結束
  

コメント

越冬したサトウキビを植え付け

2018年04月21日 | 麦,穀類,雑穀

 越冬させていたサトウキビを箱から取り出しました。約5ヶ月の越冬でしたが、毎年2~3月の越冬が難しく、今年も半数が枯れたり傷んでいました。枯れていると軽いので分かります。また、変色していると傷んでいることが分かります。越冬がうまくいっていると茎が緑のままなので分かります。

      越冬したサトウキビを地面に斜めに刺して植える


 サトウキビは芽が出る場所と根が出る場所が決まっています。また、上と下が決まっています。そのため、上を下にして畑に植えると芽が出ません。沖縄などの暖かい地域では、ぞんざいに植えても芽が出ますが、田布施町では正確に植えないと芽が出ないことがあります。元々は暑い地域の作物で、瀬戸内海が栽培の北限ではないかと思います。

  越冬したサトウキビ     植穴を掘る      芽部分を上にして植える
  

 田布施町を含む瀬戸内海地域には2種類のサトウキビがありました。今回越冬して植えたサトウキビと、種を蒔いて育てるサトウキビです。後者は正確にはサトウモロコシと呼ばれる高キビの仲間です。どちらも甘い茎を絞って甘い汁を収穫します。その昔、甘いものがなかった時代は貴重な甘みでした。その昔、子供達はこのサトウキビを夏祭りで売ってお小遣いにしていたとの話を聞いたことがあります。このサトウキビを食べるのにはコツがあります。その茎をかじる「しがむ」と言う動詞もありました。今の子供は歯が弱いので、かじって甘い汁を吸うことができないと思います。

   サトウキビの芽と根になる部分    枯れて越冬できなかったサトウキビ
 

コメント

越冬保存中のサトウキビ

2018年02月07日 | 麦,穀類,雑穀

 毎年サトウキビの越冬には苦労しています。ここ数年は50%で推移しているのですが、それ以上には改善しません。これまでは、発泡スチロールの箱に入れて、適度な水分を補給しながら越冬してきました。今年は、発泡スチロールと水分を止めて、切断したそのままで窓際に置いてみることにしました。温度や湿度は心配ですが、太陽の光がよく当たります。

    緑を保ったままのサトウキビ    水分が抜けてしわがれたサトウキビ
 

 2月始めの状況は次のとおりです。①太陽が当たるせいかほとんどのサトウキビも緑色。1本だけ茶色②乾燥のためはしわができたサトウキビが2割ほど。サトウキビの越冬は2月と3月が勝負です。この2月は相当寒いので、窓際も零下になります。そこで、暖房のある室内に移しました。これが兇とでるか吉とでるか。20本あるサトウキビのうち1本は茶色になり、越冬できないことが確定しました。越冬の鍵は、1温度、2湿度、3太陽の光のようです。やはり温度が一番影響あるようです。

         寒さ対策のため、暖房のある室内に移したたサトウキビ

コメント