東京里山農業日誌

東京郊外で仕事のかたわら稲作畑作などをしていましたが、2012年4月に故郷の山口県に拠点を移して同活動をしています。

雨後急いで小麦の刈り取り、お茶の新芽

2020年06月02日 | 麦,穀類,雑穀

 小麦の刈り取りをしました。午前中雨が降っていたため、小麦を刈り取るかどうか迷いました。雨が止んで昼前に麦畑に行って確認すると、小麦はそれほど濡れていませんでした。そのため、麦刈りを決行することにしました。日本は麦の栽培に向いていません。麦を収穫する時期が、ちょうど梅雨に当たるからです。毎年のことですが、梅雨のわずかな合間をみて刈り取りや脱穀をしています。

   刈刃を交換修理したハーベスタを使用して小麦の刈り取り


 小麦の刈り取りにあたって友達2人に協力をお願いしました。快く引き受けていただいた2人と共に、最初は麦畑に張った防鳥糸を回収しました。防鳥網を早めに張ったおかげか、それほど小麦を食害されていませんでした。続いて、私がハーベスタを使って次々に小麦を刈り取りました。

 防鳥糸を外した麦畑     どんどん麦刈り     刈った麦を集める
  

  ハーベスタは先日刈刃を新品に交換したため、面白いように小麦を刈り取ることができました。友達2人には、束になった小麦を支柱に掛けてもらいました。来週脱穀する予定のため、それまでの間に雨に濡れないようにシートを掛けました。協力していただいた友達2人、ありがとうございました。来週予定の脱穀後、スイカなどの敷わら用に麦わらを好きなだけ差し上げようと思います。

    刈り取った麦を掛ける       雨に備えてシートを被覆
 

 小麦の刈り取りが終わる頃、西田布施に住むM夫婦がやってきました。茶葉でお茶を作りたいとのことでした。そこで、小麦畑から我家近くにあるお茶畑に移動しました。そこで、好きなだけお茶の新芽を取っていただきました。少し前は小さな新芽でしたが、今はやや育った新芽です。

          差し上げたやや育ったお茶の新芽

コメント

越冬したサトウキビの苗を植え付け

2020年05月11日 | 麦,穀類,雑穀

 サトウキビの苗を越冬箱から出して畑に植え付けました。何年も前からサトウキビを越冬させては植え付けていますが、今年の越冬率は驚異的です。去年までは越冬率40%位でしたが今年はなんと100%です。苗を日光浴するなど越冬方法を改善したこともあるでしょうが、あきらかに暖冬の影響があると思います。
 毎年のことですが、2月まではどの苗も元気に越冬します。しかし、3月から4月にかけて60%位が茶色に変色して枯死してしまいます。毎年、枯死することを見越して多めに越冬させています。そのため、今年は越冬した多くのサトウキビの植え付け場所確保に困りました。

    新たに耕した場所に、50cm位の間隔でサトウキビを植え付け


 越冬したサトウキビの苗は、4月中旬を過ぎると根が出たり芽が伸びてきます。これが野外の畑への植え付けOKの合図だと思っています。植え付ける時は、根が生える側を土に埋めます。6月が近づくと梅雨など雨が多くなってきます。また気温も上がります。すると、サトウキビは根元のあちこちから何本も芽を出してきます。そして、8月になると私の背以上に高く育ちます

   サトウキビの芽     生えた白い根     平クワで植え穴掘り  

 ここ数年暖冬が続いています。夏の暑さも半端ではありません。この温暖化はサトウキビの成長には良いかも知れません。何本もの茎を収穫して、汁を絞って煮詰め、抽出した黒砂糖を楽しめるかも知れません。放課後学習の成器塾で、黒砂糖を作る体験を子供達にしてもらおうかなと考えています。

    何ヵ所か植え穴を掘る       植え穴に植えたサトウキビ
 

コメント

食われ始めた紫大麦、すぐに防鳥糸を張るものの

2020年05月02日 | 麦,穀類,雑穀

 熟すのはまだ先の事だろうと思っていた紫大麦、朝スズメたちが紫大麦の周りで飛び回っていることに気が付きました。しまったと思ったものの、後の祭りでした。紫大麦がだいぶスズメたちに食害されていました。麦の成熟がこのところの晴天で進んでいたようです。麦を指で潰すと白い胚乳が出てきました。
 知らない方もいるでしょうが、スズメは成熟する前の麦も食べます。まだ汁の状態の胚乳を、すするようにして食害するのです。やれやれ困ったことです。スズメ1羽の被害は大したことはなくても、何十羽もの大群で襲来するとあっと言う間に麦穂は食べつくされてしまいます。すぐに防鳥糸を張り巡らしました。

   麦畑に張った防鳥糸が、ピンと張るようにテンションを調整中


 防鳥糸を張るため、畝端に交差した支柱を刺しました。次に、その支柱にテンションをかける紐を張りました。そして、支柱間に防鳥糸を5cm位の間隔で次々に張っていきました。張っている途中、食害された麦の穂を見ました。すると、みごとに全ての実を剥いで食べていました。スズメの立場に立つと、これからヒナを育てるために体力を付けなければなりません。そのため、美味しく栄養がある麦畑に向かうのでしょう。スズメたちは鳴きながら仲間を呼んでいるようです。うるさいほど、チュンチュンと鳴いています。

  食害前の麦の穂      倒された麦の穂    食べられた麦の穂
  

 防鳥糸を張り終わると、糸をよりピンと張るようにテンションを強くかけました。使っている防鳥糸は白いビニールです。そのため、日光に反射して糸が白く光ります。スズメには糸の存在が分かるのではないかと思います。以前は黒い糸があったように思います。しかし、野鳥を保護するためにかすみ網が禁止になった頃に黒い糸も販売されなくなったのではないかと思います。野鳥も大事ですが、農家の作る作物も大事です。食べられ放題で困ったものです。

     畝端に立てた支柱         張られた白い防鳥糸
 

コメント

小麦畑に防鳥糸を張り巡らす

2020年04月24日 | 麦,穀類,雑穀

 小麦の穂が熟してきました。そろそろスズメや野鳩がやってくる頃です。小麦をこのままにしておくと、これらの害鳥達に麦を食べられ放題です。麦を食べている害鳥を遠くから見ていると、とても賢い食べ方をしています。飛びながら麦を食べているのかと思っていたら違いました。飛んで来ると麦の穂に停まるのです。すると、鳥の重さで麦の穂が折れて穂が地面に垂れます。その地面に垂れた麦の穂を、鳥たちはやすやすと食べるのです。感心します。特に体重が重い鳩は、同じ方法で楽々と麦を食べてしまいます。やれやれです。

       麦畑の穂すれすれに防鳥糸を張り巡らす


 数年前まで、防鳥網を麦畑全体に覆っていました。しかし、作業にたくさんの人出が必要です。そのため、今は1人でできる防鳥糸を張っています。張る時は、穂すれすれに張ることと、麦畑の両サイドは特に念入りに何重にも張ります。鳥にとっての羽は、命の次に大切なものです。そのため、鳥は羽に糸が触れることをとても嫌がります。
 いろいろ試した結果、私の麦畑には防鳥糸が1番手軽で良いようです。順調に麦が育てば、来月末には麦刈りができると思います。

 支柱を打ち込む    北側に打ち込んだ支柱   南側に打ち込んだ支柱
  

 収穫した小麦ですが、二つの方法で食べるつもりです。一つは我家にある製パン機で焼いて食べます。自粉ですのでけっして美味しいわけではありませんが、それでも焼き立ては最高に美味しいです。パンの上にピザのように載せるとさらに美味しく食べることができます。二つ目はホットケーキにして食べます。例えば、この1月の成器塾で小麦を製粉してホットケーキにして食べました。その他、すいとんにして食べたことがあります。生パスタにしても良いかも知れません。

   防鳥網をどんどん張る         麦畑内を縦横無尽に張る
 

コメント

紫麦の穂が出そろう

2020年04月15日 | 麦,穀類,雑穀

 現在栽培している麦は、小麦,オートミール,そして紫麦です。以前は、この3種に加えて、裸麦,二条大麦,大麦,ライ麦などを栽培していました。しかし、仕事の合間をみての多品種麦の栽培はとても大変です。そのため、今の3品種に減らしました。しかし、3品種でも大変です。今後は、オートミールをやめて小麦と紫麦だけにしようかなどと考えています。なお小麦はパン用ですが、わずかにパスタ用を試作しています。

         穂が出そろった紫麦、熟すにつれ紫色に


 紫麦は大麦の仲間なので小麦より早く穂が出ます。刈り取りも小麦より2週間ほど早く6月上旬となります。かつては、大麦の刈り取りが終わると、急いで田んぼの代かきをしていました。そして、6月下旬に田植えをしました。冬に大麦を栽培して夏に稲を栽培する二毛作です。小麦は収穫が遅いため、稲との二毛作は困難でした。

    禾が長い紫麦          パスタ用の小麦(試作)
 

コメント

麦畑の草取りと土寄せ

2020年01月07日 | 麦,穀類,雑穀

 12月にしようと思っていた麦畑の草取りと土寄せをしました。私が子供の頃、早朝から畑に出てクワで草を取ったり土寄せしていた農家の姿をよく覚えています。当時はトラクタなどなく、ようやく耕耘機が出回り始めた頃です。まだ、牛で代掻きをしていた家が残っていた時代です。今の私は、東京の農家からいただいたトラクタで広い畑を耕耘したり、やはり農家からいただいた耕耘機が狭い畑で活躍します。今回、その耕耘機で麦の草取りや土寄せをしました。

          暖かい日差しの中、耕耘機で除草と土寄せ


 麦の除草、他の方はどのようにしているか知りません。私は、麦の畝ぎりぎりを耕耘機のロータリーで地表をかき取るようにして除草しています。ロータリーの回転は速めにしていますので、除草中に跳ね上がった土が麦間に落ちて土寄せの代わりをしています。ただしこの方法は、麦が小さい今しか使えません。麦が大きくなると根を傷めるのです。4月近くになると、麦の背が伸びて風などで倒れやすくなります。これを防ぐため、耕耘機の後ろに培土器を取り付けて土寄せしています。
 
  朝日を浴びて作業    麦の畝ぎりぎりを除草    麦の片側を除草完了
  

 今回除草と土寄せした畑は、冬は小麦、そして夏はサツマイモ,綿,藍,枝豆,小豆などを作っています。言わば二毛作のような使い方をしています。夏はほとんどが草取り作業に追われていますが、冬の今は小麦の除草が主な作業でのんびりと作業できます。特に天気が良く風が無い日は、穏やかに野良仕事できます。一種の癒しでしょうか。仕事に追われていた定年前の日々が嘘のようです。

 正面の太陽に向かってひたすら除草     もう少しで除草作業終わり
 

コメント

遅れてしまったサトウキビの越冬作業

2019年12月31日 | 麦,穀類,雑穀

 毎年のように12月中旬までにはしていたサトウキビの越冬作業、仕事などで忙しくお正月直前になってしまいました。今日までに零下の日が続いたため、サトウキビが傷んで今年は越冬できないかも知れません。それでも、一縷の期待をして作業をしました。まずは、サトウキビの茎を何本も伐採しました。そして、太い茎を選んで長さ30cm位に切り分けました。経験的に、茎の表面が硬いものや太い茎を選ぶことが大切です。根元に近い茎がその条件に合います。もくもくと作業をこなしました。

        伐採したサトウキビの茎をノコギリで30cmに切り分け


 私は2種類のサトウキビを栽培しています。1種類は田布施を含む瀬戸内海地域でサトウキビと呼んでいるものです。正式名はサトウモロコシです。サトウキビのように茎が甘いのが特長で、種をまいて栽培できます。その昔は貴重な甘みの一つで、主に子供のおやつだったようです。上関町の古老に聞いた話では、明治・大正時代に子供は種をもらって空き地で栽培し、自分でおやつとして甘みを楽しんだそうです。また、お祭りなどで茎を売っていたそうです。売って得たお金はお小遣いになったとか。

 枯れそうなサトウキビ    茎の根元を切断     ノコギリで茎を切断
  

 もう一つのサトウキビは、暖かい場所に育つ正真正銘のサトウキビです。育つ北限は徳島県のようです。徳島県特産の和三盆はサトウキビを使って製造されています。田布施町は北限より北にあるため越冬が困難です。毎年のようにサトウキビを栽培しているのですが、越冬できるのは良くて50%位です。これまでの経験からすると、越冬する最大の条件はやはり温度です。最低10℃は必要です。また、湿度も必要です。乾いていると、茎の水分が損なわれて割れる茎もあるほどです。私は湿度対策のため、濡れた雑巾を一緒に保存箱に入れています。

    約30cmに切った茎        保存箱に入れて暖かい室内で越冬
 

 去年初めて、畑に残していた株が越冬しました。越冬できるように厚く土を被せていたからだと思います。また、温暖化の影響もあるかも知れません。今年も越冬できるかも知れないので、同じように株元に土を被せました。6株のサトウキビの根本に土を被せました。2株でも越冬できたら御の字です。来年は放課後学習の成器塾などで、サトウキビを絞って黒砂糖作りを体験させようと思っています。

 草刈機で刈り取り     綺麗に株を刈り取り    株に土を厚く被覆
  

コメント

麦の施肥と綿畑の整理ほか

2019年12月24日 | 麦,穀類,雑穀

 午前は、婆様の通院や買物で終わってしまいました。午後は久しぶりに麦畑に行って農作業をしました。最初に麦に肥料をやりました。麦は冬に分げつしますので、今の時期の施肥が欠かせません。この麦畑は肥料分が特に少ないので、施肥しないと分げつどころか収量が大幅にダウンするのです。麦がちゃんと育てば、来年も

           まだ背が低い麦に、のんびりと肥料を施す


 麦刈りすることになりそうです。収穫した麦は製粉してパンかバスタにしようと思っています。さて、麦の施肥が終わると綿の残渣を整理しました。綿の茎は硬いので、耕耘機のロータリーに絡みつきます。絡みつかないように集めて別の場所に置きました。綿の残渣整理が終わると、しいたけ用に伐採した場所を片付けしました。たくさんの枝や葉が散乱していたため、綿と同じように1ヵ所にまとめて捨てました。この場所に渋柿の苗を2本ばかり植える予定です。数年後には渋柿を収穫して、たくさんの干柿ができればと思っています。

 施肥した麦の畝       綿の残渣を整理      渋柿用に片付け
  

コメント

ようやく麦が発芽

2019年12月01日 | 麦,穀類,雑穀

 11月中旬、成器塾の子供に麦の種まきを体験してもらいました。今朝、その畑横を通っていると麦が発芽していることに気が付きました。早朝だったため、芽の先端から漏れた滴に朝日が当たったキラキラ光っていました。まだ数cmしか伸びていませんが、これからさらに伸びると思います。そして、12月に入ると分げつすると思います。分げつや成長を促進する意味で、12月に肥料を蒔こうかと思っています。

            元気に芽生えていた小麦


 畑全体を横から見ると、種をまいた場所に一列に筋状に芽生えていました。今後、施肥したり麦踏みしたり、除草などの世話をします。そして、初夏に刈り取って、天日干しして、脱穀します。その後は必要に応じて製粉して調理します。今年は生パスタにしようと考えています。

    芽生えたたくさんの小麦       筋状に並んで芽生えた小麦
 

コメント

種まき用に紫裸麦を脱穀

2019年11月18日 | 麦,穀類,雑穀

 10年位前いろんな種類の麦を植えていました。大麦,小麦,紫麦,裸麦,二条大麦,オートミール,ライ麦,燕麦などです。変わった麦ではライ小麦も栽培していました。しかし今、1日たっぷり農作業できる日がほとんどありません。そのため今は、小麦,紫麦,そしてオートミールだけしか栽培していません。後者の2種類はもっぱら種継ぎのためです。

            木槌で叩いて脱穀した紫麦の種


 小麦はパン,ホットケーキ,うどんなどにして食べることができます。そこで、今年はパスタにも使える中力粉の小麦の種を蒔こうと思っています。パンにしてもかまいませんが、やや硬めのパンに仕上がると思います。成器塾の子供にこの小麦の種をまいてもらいます。そして来年、子供達と一緒に生パスタを作って食べようかと計画しています。

     木槌で叩いて脱穀          網を使ってゴミと麦を分ける
 

コメント

小麦の種まき準備

2019年11月13日 | 麦,穀類,雑穀

 10月まで枝豆と小豆を栽培していた畑の残渣を綺麗に片付けてから耕耘機で丁寧に耕しました。小麦の種まき準備のためです。去年とほぼ同じ11月中旬の種まきになりそうです。去年はたまたまですが隣町の子供に種まきを体験してもらいましたが、今年は成器塾の子供に小麦の種をまいてもらおうかと思っています。来年の5月中旬頃に刈り取って収穫して製粉機で小麦粉にして、パスタ,うどん,またはパンに加工します。

          明日の小麦の種まきに備えて丁寧に耕耘


 現在栽培している綿の間にも、小麦の種をまきます。そのため、綿を倒さないように注意しながら、綿と綿の間を耕耘しました。なお、少な目1kgの小麦を蒔くため、種と種の間が空くように種まき器の調整をします。以前は手でばらまいていましたが、ここ10年位は手押し機械で種をまいています。来年は何kgの小麦を収穫できるでしょうか。

   綿と綿の間も丁寧に耕耘        何度も往復してふかふかの畑に
 

コメント

雑穀である食用ヒエの収穫

2019年10月06日 | 麦,穀類,雑穀

 雑穀の一つである食用ヒエを収穫しました。脱穀しても丼一杯程度の微量な収穫量です。来年用の種を保存した残りを調理すると、2口程度は食べることができそうです。
 伝統的な食用ヒエの加工方法はいたって単純です。脱穀後に唐箕でゴミを取ります。食用ヒエは殻がとても離れにくいので、お米の籾摺機は使えません。そこで、粒のまま石臼で荒く曳きます。すると、粒が割れると同時に殻が外れます。この割れた食用ヒエ粒と殻を唐箕を使って分離します。すると、食べる部分の粒だけを得ることができます。この方法とは別に、黒蒸し法と呼ばれる作業工程が多い方法もあります。

       今回収穫した食用ヒエの穂、今年は穂の形が良い


 石臼を通した食用ヒエ粒には糠が少し付いています。その昔、糠が付いたまま蒸すか煮てこの食用ヒエの粒を食べていました。お米と比べてパサパサしていて、とても美味しい食べ物ではありませんでした。しかし、飢饉などの時には貴重な食べ物でした。まずいなどと言ってられません。少しばかり塩を入れると美味しく感じたそうです。
 お米を作ることができない寒い地域で食用ヒエは栽培されてきました。しかし今、食用ヒエは食べられなくなりました。飽食の時代には姿を消すしかない食料です。私は、この食用ヒエをいつまで栽培し続けてよいのか迷っています。

     食用ヒエの畑            食用ヒエは基本的に穂刈り
 

コメント

天に刺さるように育つサトウキビ

2019年08月24日 | 麦,穀類,雑穀

 背がなかなか伸びなかったサトウキビが、8月に入ってからだいぶ大きくなりました。高さも3m近く伸びているため、私がいくら背伸びしても先端を見ることができません。また、根本から別の葉が伸びてきました。茎の太さも3cmはありそうです。ただ、サトウキビの株の数が6株位ですので、秋に茎を収穫して絞っても黒砂糖を作ることができるか微妙です。田布施産黒砂糖はまだまだ先の事になりそうです。田布施町でサトウキビ栽培が難しい一番の原因は寒さです。10本の茎を越冬させても、寒さで半分くらいは枯れてしまいます。また、越冬できても育つのはさらにその半分です。そのため、なかなか本数を増やすことができません。

            真夏の青空に向って背伸びするサトウキビ


 越冬の方法をいろいろ試していますが、今年は畑で越冬できたサトウキビが2株ありました。野外でも越冬できるのです。寒さが緩和されるように、株元に土を山のように盛るなどの工夫をしたからだと思います。一方で、茎を室内で越冬させるには温度と湿度を保つ必要があります。1月まではどの茎も青々としていますが、2月~3月の間に変色して枯れてしまいます。この期間、暖かい日に太陽光を当てると生存率が上がるようです。この冬も試行錯誤が続きます。

   太くなったサトウキビの茎       サトウキビの葉の上にバッタ
 

コメント

稗(ヒエ)などの雑穀が出穂時期を迎える

2019年08月22日 | 麦,穀類,雑穀

 夜になるとコオロギなどの秋の虫がさかんに鳴くようになりました。それは虫に限りません。畑を見回ると、植物も秋への準備をしていることが分かります。それが一番良く分かるのが雑穀類です。稗(ヒエ)は握りこぶしほど大きさの穂が出ています。普通の人は、稗(ヒエ)と言うと田んぼに生えている雑草の稗(ヒエ)を思い出すでしょう。しかし、私が栽培しているのは、かつて田んぼができないような山間地域で栽培されていた食用の稗(ヒエ)です。15年位前まではまだ稗を栽培している家がありました。今では幻に等しい栽培植物ではないかと思います。

          大きな穂を出した、食用のための栽培稗(ヒエ)


 稗以外にも、粟(アワ)、黍(キビ)、シコクビエ、陸稲、穂モロコシなども栽培していました。粟,黍,そして陸稲はそう珍しい雑穀ではないため、今は栽培していません。30年位前、雑穀の調査のため山梨県など山間地域を巡りました。そして、その栽培や収穫をを手伝ったりしました。しかし、栽培する古老がだんだんいなくなると共に、栽培しなくなったりソバなどへの転換が進みました。古代から明治期までさかんに栽培されていた雑穀が無くなるのは寂しい限りです。それは一つの文化が無くなるのに等しいと思います。

  穂の形が特徴的なシコクビエ      穂モロコシ(餅のようにして食す)
 

コメント

だいぶ育ってきた各種雑穀

2019年07月29日 | 麦,穀類,雑穀

 ここ30年以上、各種の雑穀を作り続けています。と言っても、食べたりする訳ではありません。ほとんどは、種が絶えないように毎年更新しています。その種類は、ヒエ、シコクビエ、アマランサスなどです。以前、山梨県を中心に山間地域の古い作物を調査していたことがあります。その過程で、その土地の古老からいただいた貴重な種なのです。今、食用のヒエ(稗)を栽培している地域はないのではないかと思います。このヒエ、田んぼに生える雑草のヒエとよく間違えられます。シコクビエも古い作物です。一度食べたことがありますが、言わば飢饉用の作物で美味しくないです。子供が小さい頃、山奥でその収穫を手伝ったことがあります。今では幻と言っていい、古い作物だと思います。


          30cm間隔で移植したヒエ(稗)の苗


 その他、栽培している雑穀にはサトウモロコシがあります。甘みを楽しむために栽培していますが、種子を収穫して団子のようにして食べることができます。山梨県の奥深い山間地域に行った時に食べたことがあります。言わば、山間地域の郷土料理です。山間地域の古老が絶えた今、食べる人はいるでしょうか。アマランサスは炒るとプチプチと爆ぜます。みそ汁に入れると美味しかったことを覚えています。いつまで、これらの貴重な雑穀を維持できるか心配です。他に粟、黍、ソバなども栽培していましたが、栽培している方が比較的多いので今は止めています。

 アマランサス        シコクビエ        サトウモロコシ
  

コメント