新・ボヤッキーでトンズラーな日記

そこいら辺にいる普通のオッサンです。日々気にくわない事や腹が立ったことをつぶやいています。

吉と出るか凶と出るか

2008-05-30 02:35:35 | 特亜三国


ところで、災害地に撒いた消毒剤が雨に反応して塩素ガスが発生して大騒ぎになったそうですが…一体何を撒いたらそんな事になるんだ?

…と思ったら、どうも降っている雨がいわゆる“酸性雨”なので、消毒剤が酸と“化学反応”した為に発生したのではないか?と言われています。

何というか…何をやってもツッコミ処満載な国ですなあ(--;)

さて、そんな支那から自衛隊に対して物資輸送の“要請”がありました。

しかし、“要請”って言葉が微妙に“引っかかる”のは私だけ?
それに、在日支那大使館からは「そんな話は聞いていない」とか言われるし、支那外務省は「来ると言うのなら歓迎する」と、何か妙に高飛車に言われるし…本当に必要だと思っているんでしょうか?

又、この支那への物資輸送ついては両国とも賛否両論が出まくってます。

日本側の場合、こういった時には“自衛隊の海外派遣反対!”と必ず叫ぶ輩が出没するのですが、今回に限っては政治家もいわゆる“平和団体”も殆どが“ダンマリ”なんですよねえ

いつもだったら、そういった左翼団体がすぐに署名活動とか抗議デモとかして大騒ぎするのに…何故でしょう?不思議ですなあ ( ̄ー ̄)ニヤリッ

そんな中、ニュースを見ていて面白かったのは社民党の福島瑞穗の会見
最初は「反対です」とか言いながら、「災害救助という事でいえば…反対と言うより慎重にやるべき…(横を向いて)反対で良いですよね?」などと、態度を決めかねている様子。
そりゃあ、今までずっと「自衛隊の海外派遣は憲法違反」と騒ぎ続けていたんですから、例え今回の要請相手が宗主国様であっても、とりあえずそう言って置かないと党としての存在意義を問われかねませんからなあ ( ̄ー ̄)ニヤリッ
ま、この党はかつて村山政権になった時、それまで散々「自衛隊の存在自体が憲法違反」だと騒ぎまくっていたくせに、「自衛隊は合憲である」と、いけしゃあしゃあとヌカしやがった党の残党ですから、そのうちシレッと意見が変わる事でしょう。
そもそも、「こんな党には誰も期待はしてないからどうでも良い」って話もありますが。

他の野党で言えば共産党は早々と容認したようです…変な所で空気読むなあ。
又、民主党の菅代表は「中国も了解されたということであれば、人道的見地からそういう形があっていい」と言ったそうです。
でも、「了解した」ではなく「了解された」って…つくづく支那朝鮮のポチですなあ。

 

ちなみに私個人は「自衛隊を行かせるのは反対」です。
どうも今回の要請の裏がハッキリしないんですよね。

今回使用されるC-130ハーキュリーズは航続距離が短い為、北京付近で一旦給油しないと成都までいけません。
しかも、どうしても韓国の領空権を通過しなければならない為、韓国政府からの許可も必要となり、民間機と違って軍用機の場合はなかなかスムーズに許可が出ない事もあります。
(特に相手が韓国ですから、私らの一般常識は通用しませんし)

日本には現在16機が稼動してますが、整備のローテーションやイラク派遣、現在作戦行動中等考慮すると、2~3機位しか割り当てる事が出来ないはず。

それに支那政府が所望しているテントも、さすがに自衛隊保有分全てを差し出すわけにはいきませんから、そう大量には集まらないと思うので、せいぜい2~3回も飛べば終了する程度だと推測されます。

その上、現場において自衛隊の救助活動は一切無く、あくまで物資を空輸するだけ

これならば、わざわざ自衛隊を派遣する必要はないはず

なのに、わざわざ自衛隊を指名する…そこの部分がどうも今ひとつピンと来ないんです。
単純に「現在支那のアチコチでダムや地震湖が決壊しそうなので、人民解放軍の大半がそっちの対処に忙しくて手が足りない為日本に協力要請した」、とか「補給の為の輸送機の数が足りない、もしくはマトモに稼動している機体が少なく、又兵士の練度が低く、且つ救助訓練など普段殆どしていない為、自衛隊にそういった部分を補ってもらおうとした」とかいった理由も考えられなくもないのですが、それだったら“空輸限定”とは言わないはずですし。

一部では「今度日本で災害が起こった時には、『あの時のお礼』と言うお題目を掲げて、有無を言わさず日本に人民解放軍を送り込む為」とも囁かれてますが、案外そういった“腹づもり”も全く無いとは言い切れませんし。

何せ相手が相手ですから、裏の裏を読んでおかないと後で“痛い目”に遭いますからねえ。
って、それは専門家の考える事か(^^;)

ただ、胡錦涛や支那政府の発言を見ていると、支那内部でも色々と“揺れている”事だけは確かなようです。
ここで対処を誤ると、軍部が暴走して、下手するとオリンピックどころか内乱にまで発展しかねませんからね。

 

又、支那国内のネットでの書き込みを見ても、「歓迎する」と言う言葉がある一方、「軍靴を履いた日本人を中国に入れることは絶対に不可能だ」とか言う書き込みもあるそうです。

「軍靴を履いた…」って、確かアサヒが良く好んで使いますが、まさかこの書き込み、アサヒの社員が書いたんじゃないでしょうね(^^;)。

 ま、それはともかく、今回の自衛隊派遣は両国の関係のちょっとしたターニングポイントとなるでしょう。

どっちに転ぶか?はそれこそ神のみぞ知るってヤツですが。

 

最近、神様も忙しいなあ (^^)

コメント (2)

仁義無きマスコミ

2008-05-28 02:17:30 | マスコミ

先日、ウチの取引先から突然FAXが送られてきました。

「何が来たんだ?」と思って、送られてきた文章を早速読んでみると、そこには「県内に当たり屋の集団が入り込んだみたいです。気をつけて下さい」と書いてあり、しかもご丁寧に「一台は大阪ナンバーで下二桁が○○」とか「一台は女性ドライバー?」(うろ覚え)とか書いてありました。

・・・え~っと、実はこの「当たり屋情報」なるもの、知っている人は知っている話なんですが、ハッキリ言うとデマ情報なんです(^^;)。
それも20年以上前から、殆ど同じ文面で出回ってる由緒あるデマ情報だったりします。
私が知っているだけでも今まで十数県で“発生”したのを確認してます。
しかし、よもやいまだに出回っていたとは思わなかったので、FAX見た時は、懐かしさのあまり思わず笑ってしまいました(^^)
(ウチの親はなぜ私が笑っているのか不思議がっていましたが)

送っている人はおそらく親切のつもりなんでしょうが、こういった情報はやはりある程度の信頼性を保つ為にもソース確認が必要なわけです。

 

で、本日のネタ。
(よし!うまく繋がった!)


<横田めぐみさん>「94年6月後も生存」 地村さん新証言
<拉致被害者>「数人生存、帰国の用意」北朝鮮、米に伝達


他に読売でも似たような記事が出てましたが、実はこれデマ情報!
それどころか毎日&読売両新聞は、こんな重大な情報にも関わらず、“ある筋”からの情報だけを信用し、本人や関係者に一切確認せずに掲載したんだそうです。

これにはさすがの町村官房長官もお怒りのようです。


横田めぐみさん報道を否定=町村官房長官
拉致関係報道を否定=町村官房長官

その上で「どういう意図で連日、(拉致問題について)事実無根の記事が出るのか。極めて遺憾だ」と強調した。

どういう意図か?と言うと……明らかに米朝協議絡みでしょう。

北朝鮮としては一刻も早くテロ指定国家を解除してもらいたいのに、米国が核だけでなく、最近は拉致問題も遠回しながらも触れてくるようになったので、それを“潰す”為に日本のマスコミを使って拉致被害者の帰国を“ほのめかす”事で「拉致問題は解決に向かっているから問題無い」ってのを日本政府に言わせようって魂胆がミエミエなんですが。

更に、山崎拓を始めとした北朝鮮大好き派連中がこの“動き”を後押しするかのように、22日に「日朝国交正常化推進議員連盟」なるものを発足しています。

山崎拓と言えば、以前から
「拉致問題はひとまず置いておいて、まずは国交正常化を先にすべきである。」
とか
「北朝鮮に資金や物資をドンドン送って国民を豊かにすれば、北朝鮮は日本に感謝して拉致問題も解決するだろう。」
などと、トンデモ発言をしまくっているので有名ですが、実は政治家としての“実力”が無い事が北朝鮮にバレて、最近では全くと言っていい位相手にされなくなり、大好きな北朝鮮に行く事も出来なくなった為、「信用回復」に必死なんだそうです。

なぜそこまでして北朝鮮に媚びを売るんでしょうなあ…私にはつくづく不思議でなりません。

又、「朝鮮半島問題研究会」なるものの会長を務める民主党の岩國哲人議員が「日本国民は拉致問題に拉致され、自縄自縛に陥っている」と発言したそうです。

・・・え~っと、意味が良く判らないんですが?
要は「拉致問題にこだわるから北朝鮮様がお怒りになって国交正常化が出来ないんだ!」と仰りたいのでしょうか?

こういった連中の発言を見る度に思うのですが、自国民を拉致誘拐されて怒る事の何処が悪い事なのでしょうか?

これが他の国だったら、拉致被害者を取り返す為に北朝鮮に軍隊を送り込む位の事はやってますよ!
それ位国家の威信に関わる大問題だと言うのに、国会議員を始めとした連中は全然危機感無し。

ま、今の首相自身がかつて拉致被害者家族に面と向かって「貴方達が騒ぐから問題になるんだ!」と逆ギレした大ボケ野郎ですからなあ…。

 

しかし、毎日新聞にしても、読売新聞にしてもそんなソース不確定の記事をよくもまあ堂々と書いたものですな!

今の“記者”は殆どネットで情報を集めるか、記者クラブで他紙の記者から聞いてきた内容を記事にするだけで、わざわざ確認の為に現場に行ったり、本人や関係者に内容の確認をする事すら殆どしなくなってしまっているらしいので、おそらく今回のデマ記事に関しても反省する事はないのでしょうね。

ま、今回の記事に関しては内容から考えても“トップダウン”の可能性がかなり濃厚ですけどね ( ̄ー ̄)ニヤリッ

 

それにしても最近、毎日ってアサヒよりもアサヒってませんか?
早く某国人vs日本人による“内乱”を解決して、“正常化”してくれると良いんですけど…某国人はしつこいからなあ。

コメント (2)

原因あっての結果?

2008-05-26 02:57:30 | 特亜三国

又もや四川省でM6強の地震が発生したみたいですね。


M6.4の余震1人死亡26人重傷 地震の死者6万2664人

しかも、今度は竜巻まで発生したとか。


中国でまた自然災害 竜巻とひょうで1人死亡


更に、つい数日前に日本近海を通過していった台風4号が雨雲を連れてきたせいで、被災地付近は断続的に大雨が降っていて、地震湖やダムの水位が上がりまくっているんだとか。

最初の大地震発生以降、上記の様に休むヒマも無く次々と色んな災害が起こる為、被災者の数も益々増え、ただでさえ足りていない食料やテントが不足する事は必至なのでいくらあっても邪魔にはならないのですが、肝心の被災者にはいまだに満足するだけの物資が届いていません。


「テントが足りない」横領防止に検査員を派遣 中国・四川大地震

この辺の“横流し”に関するソースが大紀元にあったのですが、なぜかアクセス出来ない為、記事だけ貼っておきます。

★被災者専用テントがレジャー施設に=中国四川

 ・中国四川省大地震発生から十日目、震災地では多くの被災者が、まだ泊まるところがなく、テントが至急必要されているという。

 一方、被災地から離れている成都市では、多くの高級住宅地やレジャー施設に「救災専用」(被災者専用)と書かれたテントが見られ、中でマージャンを楽しむ者もいたようだ
さらに「救災専用」のテントが一枚で700から1300人民元の価格で多くの店舗で販売されている
被災者援助用の救援物資が、関係者に横領されて私物化され、あるいは政府関係者に優先的に回され、一般市民は手作りのテントで日々を忍んでいると、インターネットに写真が出回り、非難を呼んでいる。また、義援金が着服されているのではないかという懸念の声も上がっている。


うわあ…。
無料で放出された救済用テントすら売買するとは、さすがは全ての基準を金でしか考える事が出来ない民族
別の記事では当該地区の汽車の切符の値段も、現在は通常の10倍以上の値で取引されているとの話もあります。


で、国内がこういう理由も含めて物資不足になっているにも関わらず


中国がミャンマーに10億円も支援 大地震被害のさ中でも…

中国の温家宝首相は24日、サイクロンで被災したミャンマーに1000万ドル(約10億円)相当の緊急援助を行う意向を明らかにした。中国を訪れた国連の潘基文事務総長と四川大地震の震源地ブン川県映秀で会談した後、記者団に語った。

 

・・・・・・(つд⊂)ゴシゴシ・・・・・・(;゜Д゜)(゜Д゜;(゜Д゜;)ナ、ナンダッテー!!

オイオイ!
自分達自身が現在各国から支援を受けている立場なのに、ミャンマーに緊急援助を行うって……
工エエェェ(´д`)ェェエエ工工

私には全く理解出来ません(--;)。
こんなんだから、この国への援助は個人的に反対なんですよね。

又、義援金に関してこんな記事も出てます。


「義援金ない」ネットで外資非難広がる 四川大地震

 四川大地震に見舞われた中国で、マクドナルド、ケンタッキー・フライド・チキンなどの外資企業を「義援金を提供しておらず、けち」と非難する声がインターネット上で急速に広がり、陳徳銘商務相は22日の記者会見で「事実でない」と強調、火消しに躍起となった。

何か、この辺の自分勝手な思い込みによる騒ぎっぷりは、万年属国だった某国を彷彿とさせますな(^^;)
しかし、こういうのを出さないから「ケチ」って罵るって…そういう発想はやっぱり私には理解出来ません。

ちなみに支那の場合、こういった募金を行う際には住所氏名と金額を書くのが通例らしく、そのせいで「誰々は○○元出したらしい」とか「誰々はあんなに金持っているのにこれだけしか出さない。何てケチなんだ」と言われてしまうそうです。

それが怖いのか、TVで被災者救済の為の特別番組を行った際、出演した有名人達の間で「アイツが○○元出したのなら、俺はそれ以上の××元出す!」「なんだと!ヤツが××元出すのなら、俺は更に△△元追加する!」と言う風に、いわゆる“募金合戦”になってしまって大変だったんだとか…なんちゅう不毛な争いを。

…まあ、申告した金額を本当に全額払ったのかどうか個人的には疑問ですが(^^;)。

又、この災害のどさくさに紛れて人身売買まで行われようとしていたようです。


鬼畜!睡眠薬を飲ませ…!乳児5人誘拐の人身売買犯を逮捕―中国


記事の下の方

調べによると、6人は四川省西昌市などの出身で、 乳児らを山東省臨沂市まで運び出すように依頼されたという乳児一人につき運搬料は1500元(2万2500円)。 睡眠薬は乳児が泣き出さないように使ったという。

素朴な疑問なのですが、この依頼した連中は誘拐した乳児達を一体どうしようとしたんでしょう?

普通ならば、単に赤ちゃんを欲しがる人に斡旋するとかですが、彼の国では乳児の臓器売買も行われていたとも聞き及んでましたし、もっと“怖い話”では、以前から2ちゃんねる等で噂されているのですが、「彼の国ではいまだに乳児を○○して○する地区がある」ってのもあり、もしかしてその乳児達もその“材料”にする為だった、とか…((;゜Д゜)ガクガクブルブル

 

あと、こんなニュースも流れてきました。


中国・四川大地震:放射性物質15個未回収 中国政府、詳細明かさず

中国環境保護省は23日、四川大地震で放射性物質50個が倒壊した施設の下敷きになるなどし、うち15個が回収されていないことを明らかにした。所在地は特定され、放射能漏れの恐れはないと強調したが、放射性物質の種類や施設の場所などは明らかにしなかった。

アカンやん!

しかも数日前には「放射性物質32個が放置されていたが、そのうちの30個は回収した」って発表してたのに、放置した数も未回収の数も増えているじゃん!

又、別の記事では、どうも1~2個が行方不明になっている、との情報も。
記事内では単に“放射性物質”としか書かれていませんが、台湾などのニュースによると、“放射性物質”にはいわゆる“核弾頭”も含まれているらしいので、もし、万が一にでも、“行方不明”になっているのが核弾頭だったとしたら、しかも“行方不明”ではなく、どさくさに紛れて他国へ“横流し”されていたとしたら、そしてそれが国際的テロ組織の手にでも入ったら…何か「フルメタル・パニック」で似たような話があった気が。

しかし、かつてソ連崩壊時にも上記と全く同じ事件が起こっているので、今回も十分ありえそうな話なのですが…ちょっとシャレになりませんなぁ。

 

そういえば、四川大地震を12時間前に予言した人がいた2ちゃんねるの「オカルト板」では、「今回の大地震は大地の龍の怒りによるもの」と言っている人もいましたが、ここまで次々と災害が発生すると、“大地の龍”云々は別にして、神様(仏様でも良いけど)の怒り、若しくは何らかの“呪い”じゃないのか?と本気で疑いたくなりますな…くわばら、くわばら。

コメント

まだまだ予断は許さず

2008-05-23 02:30:09 | 特亜三国

支那国内では四川大地震の影響が相変わらず色濃く残っているみたいですが、早速極めて支那らしいニュースが流れてきました。


?江5.21?乱:“公仆”?“公?” “狗官”被群殴


う~む、中国語なので環境によってはまともに表示されていない可能性もありますが、要は救援物資を役人が横領している事が発覚し、それを知った市民が暴動を起こしたので警察が鎮圧しようとしたけど、民衆の方が数が多くて押さえきれずに双方大暴れ状態になっている、って内容みたいです。

まあ、15日にも紹介してますが、以前にも支援金の99%を“ポッポナイナイ”してたような連中ですから、今回も絶対やっているだろうな、とは思っていたのでそれほど驚きはしませんでしたが…つくづく人命よりも金の方が大事なお国柄なんですなあ(--;)。

・・・・・・で、皆さん、募金しますか?

又、支那政府は「堰止め湖やダムが決壊する恐れはない」と発表してますが、この写真を見るととてもそうは思えないんですけどねぇ。

しかし今回の四川大地震においては、なぜここまでの大被害になったのか?地震対策をしていなかったのか?との疑問に対する答えの一つが日本地質学会にありました。

それにによると、どうやらこのあたりは“ほとんど死んだ断層”だと思われていたので、これほどの大地震が起きるとは想定されていなかった様です。

又、そういう考えが大半を占めていたからこそ、支那政府は核兵器を始めとした秘密研究所をこの辺りに作りまくったのかもしれませんね。

でも、かつては阪神地区だって、地質学者は揃って「地質学上大きな地震が起こるとは思えない」と言っていたのに、阪神・淡路大震災が起きてしまいましたけどね…。

その後、TVに出ていた地質学者が揃って「日本中どこでも大規模な地震が発生する可能性がある」と意見を修正していたのには苦笑しましたが。

そんなのなら私だって言えるわい!

地震研究が最も進んでいると言われている日本の学者でさえ、“これ”ですからねえ。
ただ、地震に関してはいまだ未知の部分が多いので、一慨に学者達を責めるのも酷というものとは判ってはいるのですが…。

そういえば、あの辺にはどうもABC兵器の開発研究所があり、地震によって一部施設が損傷しているようだ、とか、人民解放軍が撤退中に原子炉に使用する燃料棒1本をうっかりと長江に落としてしまい、回収不可能な為そのまま捨ててきた、とか、“秘密基地”内のプルトニウムを全て回収出来ていない、とか、やたら不安にさせる情報も一部出てきていますが・・・・・・さてどこまでが本当なのやら。

でも支那だったら上記の事位平気でやりそうだな、と思う私は思いっきり毒されていますが(^^;)

 

ところで、最早支那の腹心と化している福田ですが、早速宗主国様へ媚びを売りに支那大使館に出向いたようです。


福田首相が中国大使館を弔問


あのバカは一体何をやってるんだ!

それに、自然災害に遭ったと言うならばミャンマーだって同じなのに、なぜミャンマー大使館には弔問に行かないんだ?

それこそ不公平ってモンじゃないのかな?

この露骨な下心丸見えの弔問に関しては産経新聞記者の阿比留氏のブログにもう少し詳しく書かれていますが、福田はこんな事を言っていたみたいです。

 「お気の毒だと思います。心から弔意を表します。私どもも、必要なことは何でも言ってください。できるだけのことはしたいと思っています。胡錦濤閣下にも、弔意を直接申し上げたい気持ち。よろしくお伝えください。お互い困ったときは助け合う精神でやっていきましょう


胡錦涛“閣下”と来ましたよ!
今時“閣下”なんて言われているのって、デーモン小暮くらいしか思いつきませんがな。
仮にも一国の首相たるものが、そこまで他国の代表を持ち上げてどうするっちゅうねん!
コイツはどこまで支那に媚びれば気が済むんでしょう?

そういう所が国民から嫌われているってのが、この“バカ”は本当に判らないんでしょうなあ…。

ちなみに、ある情報によると、公明党幹部からも遂に「福田をとっとと辞めさせろ!」と言う声が出始めているんだとか。 
まあ、この連中が騒いでもどうなるものでもありませんけどね…民主党と手を組むってんなら別ですが ( ̄ー ̄)ニヤリッ

 

尚、次期首相候補として、どうも与謝野氏が“動き始めた”との情報が。
逆に、一部で人気のある麻生氏は、政界では人望その他に今ひとつ欠ける為今回も難しいのではないか?との声もチラホラと。

確かに、毒餃子や地獄の業火リレー騒動等、うまく利用すれば自分の存在をアピール出来る機会があったにも関わらず、なぜか麻生氏はそういったチャンスを利用せず殆ど沈黙してましたから、印象が薄くなってしまっているのは確かです。

首相になる気がないのかな?

ま、何にしても誰でもいいから、史上最低の能無し媚中首相・福田をとっとと辞めさせてくれ!

マスコミも安倍さんの時には「支持率が20%になったんだから責任取ってとっとと辞めろ!」と散々喚きちらし、新聞などでも書き殴ってたくせに、福田の場合は19%を切っても「前回よりも僅かに下がった程度」としか書かないんだもんなあ。

まあ、マスコミにしてみれば媚中で能無しってのが一番御しやすいんでしょうが…(" ̄д ̄)けっ!

コメント (2)

忘れちゃいけないチベット問題

2008-05-21 03:24:15 | 特亜三国

支那人が暴れまくった「長野事件」、いや一部では「長野事変」とまで言われていた地獄の業火リレーの際、ランナーの前に飛び出して逮捕され、その後も“なぜか”ずっと拘留され続けていたチベット人・タシィ・ツゥリンさんが事件から20日経った先週末にようやく釈放されました。

拘留20日間ってのは、こういった軽犯罪では最大日数で、しかも罰金が何と50万円!

誰にも暴力を振るっていない(むしろ警察の方がムチャクチャしてた)、ただ飛び出した相手に対して、それはあまりにもヒドイんじゃないの?
それに20日間も拘留してたのは、事件後すぐに胡錦涛が来日していたから、“万が一”を考えてわざと釈放しなかった、とも言われています。
そんなに支那の面子を潰したのが気に障ったんでしょうかねえ…(" ̄д ̄)けっ!

それにしても、タシィさんの事は事件当初から、今度の釈放に至るまでマスコミは一切沈黙。
取り上げたのは関西のムーブとチャンネル桜くらいじゃないかな?

まあ、マスコミ連中は現在、支那の大地震関連ニュースで媚びを売るのに忙しそうですから、敢えて支那の“逆鱗”であるチベット問題には触れたくないんでしょうな。

 

地震と言えば、日本の国際緊急援助隊の撤退が決まったそうですが、良かった良かった(^^)。
実際の所、支那からの“要請”があった時点で日数が経ちすぎていて、行ってもほぼ“無意味”ってのは判っていたので、日本政府も断れば良かったんでしょうが、まあ、人命に関わる事なのでそうも言ってられなかったんでしょうが…。

実を言うと、現地では「日本人は死体ばかり回収する」とかの悪口も出始めていた、と言う話も聞こえてきていたので「そこまで言われてまで活動する必要ないじゃん!」と一人で憤っていたので、撤退の情報を聞いた時はちょっとホッとしました。

あのまま行くと被災者の一部が怒りにまかせて隊を襲う可能性もなきにしもあらずでしたから

だって、現地では既に火事場泥棒が横行しまくって、手が付けられず、自分の財産を守ろうとする被災者とそれを盗みに来た泥棒の間で壮絶なバトルが行われているらしいのですから、人心が荒れている事この上ないみたいです。

しかも、“泥棒”はどうやら支那全体から押し寄せてきている為、被災者が圧倒的に不利なんだとか…ホントにモラルも何も無い国民だなあ。
・・・・・・まあ、こういった不幸につけ込んで略奪行為を行う不届き者の存在は万国共通ではありますが(^^;)

で、そういった不心得者が横行しているってのに、毎日新聞はこんな“支那ヨイショ記事”を載せてました。


中国・四川大地震:泥まみれ住民避難 心一つに救援 兵士ら「使命果たすだけ」


この記事、何が笑えるか?と言うと

途中で出会った兵士の一人は「人民のためにがんばる。使命はそれだけです」と語った。誇ったり、同情を求める様子はなかった。「中国人は自分勝手で秩序という概念がないと思っていた。だが被災地ではそんな印象は一切ない」取材で出会った中国駐在のマレーシア人記者の言葉が、心に残った。

マレーシア人の言った事かよ!

この一言で全てが台無しになってしまってますがな(^^;)
それに人民解放軍に「人民を守る」と言う意識が薄い事は、今回の日本を始めとした各国への救援要請が遅かったり、胡錦涛が被災地に来た時に警護の為救援活動を2時間も休止した事からもバレバレなんですがねえ。

ちなみに、日本の国際緊急援助隊が活動していた北川ですが、どうもヤバそうな雰囲気になってきています。
今回の地震によって出来た「地震湖」やダムが、折から降り続けている雨のせいで決壊しそうなんだとか。


北川堰塞湖擴大 湖面寬五倍

台湾のニュースなので要約すると、地震で出来た堰止め湖(日本で言う地震湖)雨のせいで水位が25メートル、湖面が520メートル拡大して地震発生時の5倍の広さになっている、と書いてあります。


又、2ちゃんねるの通称ダム板にはこんな解説映像がアップされていました

映像内のプラント821ってのは、支那のプルトニウム製造施設兼核兵器開発施設の事。

こりゃあ、下手すると水没しかねませんな……。
もしそうなったら、どうなるんだろう?

又、世界最大の水力発電所(になる予定)の三峡ダムの上にある紫坪埔ダムもこんな情報が入ってきています。


余震の恐れで避難命令、数千人の生還絶望


中国・四川大地震で、日本の援助隊が活動した四川省綿陽市北川県では大規模余震の恐れから避難命令が発令され、20日は住民のほか救助隊も退去、生き埋めとなっている数千人規模とみられる住民の生還の望みが絶たれた。同省アバ・チベット族チャン族自治州■川県にある巨大な紫坪埔ダムでは外壁の中心部が波打つなど損壊、上流で雷雨が予想され、決壊による新たな2次災害の恐れにさらされた
※■はサンズイに文

(中略)

 紫坪埔ダムでは堤頂部に幅が50センチを超える亀裂が数十メートルにわたって走り、欄干は大部分が壊れた。決壊すれば約9キロ下流の都江堰市の約60万人が危険に直面する。中央気象台はダム上流で20日から3日間、雷雨が襲うとの予報を出し、現地は緊迫の度を増した。

 

不謹慎な言い方であるのは重々承知していますが、ここまで立て続けに災害が発生すると、「神様はどれだけ怒ってるんだ?」と、八百万の神を祀る日本人たる私としてはついつい考えたくなってしまいます。

…一応念を押しておきますが、“八百万”“はっぴゃくまん”と呼ぶような日本人はよもやいませんよね?
いや、最近流行りのオバカキャラ見てたらちょっと心配になったもので(^^;)
よもや“無知”ってのをウリにする連中が売れるとはなあ…ホント、世も末だわ。

 

それと、今度は全然別の話になるのですが、産経新聞記者の阿比留氏のブログによると、外国人参政権に関する法案を民主党が提出しようとしているみたいです。


民主党・外国人参政権賛成派議連が提言まとめる

  

さあて本日は、例の定住外国人にどうしても地方参政権を付与したくて仕方がないという人たちが、一つのアクションを起こしました。民主党の「永住外国人法的地位向上推進議員連盟」(岡田克也代表)が総会を開き、永住外国人への地方参政権付与に関する提言を決定したのです。この提言は今後、岡田氏から民主党執行部に提出され、党の機関決定を経て法案化、国会提出される運びとなります。もちろん、民主党内には外国人参政権への反対派・慎重派も少なくなく、こっちの方も勉強会を組織していますから、ことはそうすんなりと進むとは限りませんが、とにかく、いよいよくるものが来たという感じです。

やっぱり岡田か!
コイツは日本主権移譲案を始めとして、トコトン日本を支那朝鮮に売る気満々です!

日本を売ってまでイオングループは支那で成功したいんだろうか?

 ついでに下の方に名前が出てくる川上義博議員ってのは南北朝鮮とズブズブで、かつて自分のHPに金日成像の前で撮った写真を嬉しそうにアップしてたりしてました。

こんなのがゴロゴロしているから民主党ってのは信用出来ないんだよなあ…。

それにこんな法案を通したら国が成り立たなくなるってのはオランダで既に“実証”されているし、現在フランスを始めとしたEUや、あの米国さえ移民を制限したり、安易に帰化出来なくなっているってのに、この連中はそういった事実は全く無視!

改めて言いますが、日本人の生活を脅かす外国人参政権と人権擁護法案には断固反対します!

冗談じゃありませんよ、ホント。

こうなると、平沼さんを始めとした保守議員だけが一縷の望みではありますが、現在の日本では政・財・官全てが“日本の敵”と化してる為、大変でしょうなあ。

それともう一つ。

本当に未確認情報なのですが、雅子妃殿下が北京五輪開会式に行く気満々、との話がどうもチラホラと聞こえてきています。
一旦は消えたはずなのですが、外務省とチンパン爺が諦めきれずに宮内庁に圧力を掛けているとか、この前胡錦涛が来た時に非公式に依頼したとも言われおり、一部では、“公務完全復帰”アピールする為の舞台として開会式参加を決めた、とか何とか…。

もし、これが本当だとしたら……もういっその事、小和田家に (以下自粛)

こういう事は言いたくありませんが、この方に“男子”が産まれなかったのは、やっぱり“神様の采配”なんでしょうかねえ…(--;)。

世の中ってのは本当に科学では決して割り切れない事が得てして起こるもの。
だからこそ、面白くもあり大変でもあるのですが(^^)

コメント (3)

さすがは恩を仇で返す民族!

2008-05-19 01:58:35 | 特亜三国

日本から国際緊急救助隊(以下レスキュー隊)が災害発生から5日後にようやく支那に入りました。

活動当初の17日にはこんな声も“聞こえて”きました。


中国の対日感情が好転 国際緊急援助隊の派遣で


が、この“発言”自体「今までとは逆に日本叩き発言を削除している」との噂が絶えませんでした。
そして、たった1日でこんな声も聞こえてきました。


【四川大地震】中国との意思疎通不足など問題点も 日本の国際緊急援助隊

一方、中国側から援助隊に新たに指示された北川県の救助現場は、生徒数約1500人の中学校。すでに軍が救助活動をした場所だ。中国外務省の同行者が日本側に伝えたところでは、まだ捜索や救助が実施されていない校舎が1、2棟あるという。

 しかし、援助隊には生き埋めになったとみられる人数すら通知されず、そのまま現地へ向かうよう指示を受けた。記者団から「なぜ情報が入らないのか」「軍が活動した後の現場ばかりに向かわせるのか」などと質問を受けた援助隊関係者は、「何も知らされていない」と答えるばかりだった。隊員からも、「なぜ軍が活動したところにわれわれを行かせるのか」と首をかしげる者もいた

発言の端々に、微妙に嫌がらせっぽい事をされているのが伝わってくる様な発言ですね。

 

そして、ここ数日は更に“イヤな流れ”が加速しつつあるようです。


日本の緊急援助隊は煙たい? 住民歓迎も軍は「メンツが…」

 ある中国筋は「軍が仕切る現場で日本隊に生存者を発見させると思うか?」と話す。日本の援助隊に中国側が指定した被災現場は、すでに捜索を終えたか、あるいは巨大な土砂崩れで埋まり、中国側も救助などは「無理」だと判断した小学校だった。同筋は「軍などがいったん捜索し救助活動をすでに終えた現場で、もし日本隊が生存者を発見したら、それこそメンツが立たない」ともいう。


はい、これが本音ですね!

そもそも到着当初から、日本レスキュー隊が行かされる場所は全て人民解放軍が救助活動を終えた後の地区ばかりで、その上現在活動している所は、上流地区でダムの一部にヒビが入っているとか、地震湖が出来ていてそれが決壊寸前である、との噂もある地区。

それが証拠に(?)、人民解放軍はこの地区からとっくの昔に“撤収”しているんだとか…もし本当ならばヒドイ話です!
お前ら、日本人の命を何だと思ってるんだ?

 

それと日本のレスキュー隊を震源地よりも数百キロも離れた被災地に行かせたのには、これが理由の一つの様です。


<四川大地震>核施設の安全確認

【中国総局】新華社通信は18日、中国政府が四川大地震を受けて四川省内にある核兵器の設計を行う施設や核兵器用のウランとプルトニウムの製造施設などの放射能漏れを調査した結果、各施設とも安全であることが確認されたと報じた。

 

実はこの情報を最初にリークしたのは米国の“政府関係者”。
ですから支那も渋々発表した、って所かな?

以前にも言いましたが、支那は侵略した東トルキスタンなどに“核爆弾製造工場”を作って、近くの土地で実験を行っていたんです。

ですから、四川省の山奥にもそういった施設がある、と言うのは軍事関係者の間では公然の秘密。
知っていたからこそ、四川大地震が発生した時、米国を始めとした各国政府が真っ先に心配したのは「核施設は大丈夫だったのか?放射能漏れは無かったか?」と言う事。

というか、当初はこの地震自体が「大規模な地下核実験による影響ではないのか?」と疑われていたみたいですが、地震波の測定などの結果、それは即否定されたみたいです。

ちなみに“あの”ベンジャミン・フルフォードは「地震が発生したのは、米国の地震兵器によるものだ!」と、堂々とブログで書いてますが…ハイハイ ┐(´ー`)┌

それと、昨日どこかで見たのですけど、元が見つからないのでとりあえず「ソース不明」としておきますが、支那政府は今回の地震に対する義援金の額をランク付けして発表したとか。

1位はサウジアラビアで5千万ドル、2位が日本の5億円…と続くんですけど、これをわざわざ“ランク付け”するその精神が私には判りません(--;)

ホント、どういう神経してるんでしょうな。
こんな精神してるから、“ボランティア”と言う発想も出てこないんでしょうな。

どういう事か?と言うと、災害地にて毛布や食料、水を配る人が圧倒的に足りてないんだそうです
通常ならば、そういった仕事はボランティア活動している人がやってくれたりするのですが、支那人の場合「やったら幾らくれる?」と平気で聞いてきて、金が出ないと判ると全く手伝おうとはしないんだとか

そんなわけで、現地被災者に救援物資がまともに届かないのは道路事情だけではない、と言うお話でした…日本人の感覚からすると信じられませんけどね(^^;)

 

あ、そうそう(ってこればっかや!)

今回の地震で、どうも北京五輪のメイン会場となる“鳥の巣”も若干ヤバくなっているんだとか

内田一ノ輔氏によると、あの“鳥の巣”はただでさえ見るからに危ないデザインをしていると言うのに、そもそも使われている鉄骨が9・11テロで崩壊した世界貿易センタービルの残骸から回収され、溶解・再利用された鉄骨と言う、若干“縁起が良くない”シロモノの上、あれだけ複雑な構造をしているにも関わらず、ボルト・ナット留めではなく、溶接ですましていると言うのだ!

しかも、工期がかなり“押している”せいか、溶接も“その道のプロ”ではなく、“素人に毛が生えた程度の者”がやっているのでかなり雑な仕事になっている為、溶接部分の“強度”にはかなりの“問題”が発生している可能性があるんだとか

うわあ…(^^;)

で、別の人よると、今回の地震でその溶接部分が一部緩んだり、外れたりしているのではないか?との指摘も出てきています。

それ以前から、雨漏りがする事が指摘されていた所に今回の地震ですからねえ。
「心配するな」と言う方が無理ですわな。

しかし……と言う事は、もしその破損箇所に気づかずにそのまま作ってしまったとしたら、最悪開会式で沢山の人がスタジアムに入った瞬間、天井がガラガラと崩れてくる可能性も
((;゜Д゜)ガクガクブルブル

 

それともう一つ。

今年に入って支那国内で天変地異が起こるのは日付の合計が“8”になる事から、今度は21日に何か起こるのではないか?いやいや、オリンピックが開催される8月8日こそ大きな天変地異が起こるのではないか?と、一部では囁かれているとか。

尚、地震が発生したのは日本の暦では5月12日でしたが、旧暦では4月8日…すなわちお釈迦様の誕生日でした
これだけ“符号”が揃うとなると、やっぱり何か“意味”があるんでしょうかねえ…。

コメント (2)

シャレにならん!

2008-05-17 02:54:42 | 事件

突然ですが、今回はまずこのニュースから。


日新丸乗組員、鯨肉持ち出しの疑い・水産庁が調査

う~む、何が問題なのかが私には良く判らんのですが。
万が一、これが不正行為だと言うのなら、マグロ・カツオ漁船の船乗り達は皆捕まってしまいますが?
その位の役得はあっても別に構わんと思うんですがねえ。

まあ、ハッキリ言えばグリーンピースがインネン付けてるわけですが、問題は次の文章。

グリーンピースによると、共同船舶の乗組員のうち12人が4月15日に日新丸が東京に帰港後、鯨肉が入った段ボール箱計47箱を各乗組員の住所に発送していた。グリーンピースは別の乗組員から情報提供を受け、このうちの1箱を運送会社の倉庫から無断で持ち出し、23.5キロの鯨肉が箱の中に入っているのを確認したという。

で、こうなるわけです。


宅配鯨肉紛失はグリーンピースの窃盗? 西濃運輸が青森県警に被害届


西濃運輸によると、被害に遭ったのは、乗組員が15日に東京港から北海道函館市の自宅に送った段ボール箱4箱のうち1箱。中には鯨肉などが入っていた。16日午前8時半過ぎ、青森に到着、函館行きのトラックに積み込む際、紛失に気づいた。

 同社は配送ミスの可能性もあるとみて調べていたが、GPが15日の記者会見で送り主の了承を得ずに入手したと発表。「(乗組員の)横領行為の証拠として提出するためで、違法性はない」と主張している。

 また、調査捕鯨を担当した共同船舶は「明らかな窃盗行為で、法的手段を含め対応をする」としており、週明けにも今後の対応を協議する。

運送会社の集配場に潜り込んで他人の荷物を勝手に持ち出し、しかも開封までするとは…。
更に、上記記事には出ていませんが、この記者会見に出てた佐藤潤一氏によると、確認の為、この鯨の肉を食べてしまったそうです!

お前ら、厚かましいにも程があるわ!

どう考えてもグリーンピースがやった事は不法侵入と窃盗と言う立派な法律違反なんですが。

この件でグリーンピースに電凸した人がいるのですが、それに対する連中の回答は
「それは検察庁が判断します。個人の判断することではありません」
だそうで…

イヤイヤイヤ!
あんた達だって公的権力とは全く関係無い、いわば“個人”でしょうが!

グリーンピースは自分達を超法規的組織だとでも思っているのでしょうか?
それとも“環境保護に関する行為は全て無罪”とでも考えているのかな?

更に「(乗組員の)横領行為の証拠として提出するためで、違法性はない」と言ったのは弁護士らしいのですが、この弁護士は、グリーンピース・ジャパン理事長の海渡雄一氏ではないか?と言われています。

この海渡雄一氏と言えば、社民党党首・福島瑞穂の“実質的な夫”で、中核派とも関わりがあると言われる人物。
その関係か、早速西濃運輸に対して“野党議員”から「この事件を窃盗として警察に訴えないように」との圧力が掛かった、と言う“噂”も流れています。

しかしねえ、自分達で堂々とTVで「集配所から黙って盗んで、勝手に中身を開けて食った」と暴露してるんですから、例え西濃に圧力掛けて不起訴にしようと、既に手遅れだと思うんですが ( ̄ー ̄)ニヤリッ

で、この事件の関連ニュースを見ながら、ひねくれた私は「もし人権擁護法案が通ったりしたら、こんな非常識な行為が堂々とまかり通る様になるんだろうなあ」と、ついつい考えてしまいました。

日本人の生活を脅かす人権擁護法案は絶対反対!

いや、たまには言っておかないと忘れられそうなので…(^^)

それと、上記の記事でもう一つ判明したのが、捕鯨会社と西濃運輸にグリーンピースの“協力者(裏切り者とも言いますが)”が存在する、って事。

だって、捕鯨会社が鯨の肉の入った荷物を、何時、どの運送会社で発送したのか、なんてを知っているのは当該社員だけでしょうし、又、運送会社の集配場に潜り込んで特定の荷物を探し当てて持ち出す、なんて、どう考えても西濃の社員若しくは元社員の協力がなければ不可能でしょう。

もしかして、その問題があるから西濃も被害届程度で済ましているのかな?

だって、社員がそういった非合法行為に関わっている、なんて事が発覚したら信用ガタ落ちで、ただでさえ競争の激しい流通業界においては致命的とも言えますからね。

ま、西濃にとって最善の方法は、とっとと協力者(犯人)を捕まえてそれを公表する事でしょうな。
ついでに、捕鯨会社も“裏切り者”を特定しておく事をお勧めします。
自分の働いている会社を裏切って何が楽しいんでしょうかねえ…。
もしかすると、忍者で言う“陽忍”宜しく、当初から諜報活動目的で潜り込んでいたと言う可能性もありますが。

 

次はこのニュース。


都江堰市上流のダムに亀裂 安全確保で緊急放流を開始

三峡ダム、地震の影響でわずかに変形―プロジェクトに影響はなし


上記記事は支那政府の公式発表。
と言う事は実際はもっと深刻な事態になっている可能性があります。
実際、災害後に投入された人民解放軍五万人のウチ三万人が紫坪埔ダムの補修に向かったそうですから。

で、なぜこの2つの記事を同時に紹介しているのか?と言うと、実は決壊寸前(?)の紫坪埔ダムの下流にあるのが、「歪みが出た」とされる、世界最大の水力発電所(になる予定)の三峡ダム。
どの位でかいのか?と言うと、鹿島のHPによれば、日本にあるダムの貯水総量の2倍なんだとか。

それ故、万が一にも紫坪埔ダムが決壊すれば、三峡ダムも圧力に耐えきれず決壊し、未曾有の大洪水が発生する事は必至!
長江周辺の都市は全滅どころか、その“勢い”は海に出ても止まらず、日本の九州西岸や南西諸島に“津波”が押し寄せてくる可能性すらあるんです!

シャレにならんがな!

尚、三峡ダムの工事には、上記にも紹介した通り日本の鹿島建設が携わっているらしいのですが、いくら日本の技術が優秀でも現場で手を抜かれたらひとたまりもないだろうなあ…。

又、別の記事では四川省にあるダム全てに亀裂や水漏れが発生している事も伝えられています。

「こんなに亀裂が入るなんて、一体どういうやり方してんだろう?」
と疑問に思い、2ちゃんねるのいわゆる「ダム板」で詳しい人のコメントを読んでみた所、支那のダム製法は土をきつく締め固めて表面をコンクリートで覆う、表面遮水壁型ロックフィルダムと言う形式で、日本では数例しか採用されていない形式だそうです。

しかも、この方式は、土がキッチリ締め固められてないと、コンクリートに亀裂が入り水が漏れるそうなんです。
ビルに必要な鉄筋の数を減らすどころか、全く入れずに作ってしまう支那の連中ですから、土を“キッチリ”と固めていたとはどうしても思えないので、と言う事は…

((;゜Д゜)ガクガクブルブル 

黄砂を含め、ホント、あっち方面から来るモンにはロクなのがねえな…。

 

あと、支那がようやく日本のレスキュー隊を受け入れました。

この辺についてもちょっとネタがあるのですが、長くなったので今回はここまでと言う事で。

コメント (2)

ちょっと違った角度からの検証

2008-05-15 02:35:43 | 特亜三国

四川省の大地震はいまだ被害者の救出が捗(はかど)っていないみたいですが、支那政府は外国からの援助(主に人的支援)を断り続けています

災害に遭って救助を待つ人の“体力の限界”は大体72時間と言われており、だからこそ支那得意の“人海戦術”で行く為にも、人手は幾らあっても困るものではないと思うのですが。

かつて日本でも、阪神大震災発生時、時の首相・村山富市が状況を全く把握しようともせず、しかも自衛隊への要請や外国からの人的支援をためらったばかりに数千人が亡くなったと言われています。

なのに張本人は反省するどころか、のうのうと生き続けて桐花大綬章なんてもらっている…納得行くか!(#゜Д゜)ゴルァ

 

又、支那が人的支援を拒むのには、この地区はかつてのチベット国の一部で、今でもチベット人が多く住む地域の為、彼らが外国人に不満をぶちまける事を恐れて救助を断っているのだ、とか、又、この混乱に乗じて“外国人のスパイ”が潜入する事を危惧しているからだ、との話が漏れ伝わってきています。

そういう問題では無いと思うのですがねえ…。


 

前置きが長くなりましたが、今回は四川大地震に絡んで、ちょっと支那に対する“斜め上”の検証をして見る事にします。

 

今回大地震が発生した地区ですが、実は一部では2年程前から「大地震が起こる可能性が高い」“予言”されていたんです。

予言と言っても、あやしげなババアやデブがほざくようなオカルトまがいのネタや、ましてやジョン・タイターネタとかでは無く、純粋に科学的な見地による“予言”です。


人権センター:三峡ダムで強い地震の可能性


 同センターは、向こう三年間に三峡ダムが強い地震を引き起こす可能性が極めて高く、震度は6・5に達するかもしれないという情報筋の判断を引用した。また、中国国務院の温家宝総理は向こう3年間に三峡ダムが強い地震を起こす可能性について憂慮しているという

 

上記の記事が書かれたのは2006年8月ですが、震度まで殆ど当たっています。
しかも記事を信用するならば、大地震が発生する可能性には温家宝も気づいていた事になるわけで、つまり今回の大地震は“天災”ではなく、支那共産党による“人災”だと言えます! 

それを知っていたからこそ、温家宝も慌てて現地入りしたのかも知れません。
なんか、現地でコケて怪我した上、救助隊に八つ当たりしてたみたいですが…本当に八つ当たりしたいのは誰でしょう?

しかし、共産党幹部の面子と銭に目が眩んで無理矢理ダム工事を決行した結果が“これ”ですか。
こんな連中の見栄と欲のせいで被害に遭った人達はたまらんなあ…。 

尚、なぜダムを作ると地震が発生するか?ってのは、私も素人なのでここのサイトを読んでみてください

このサイトによると水を増やせば増やす程地震が発生しやすくなる、と書かれています。
この三峡ダムは現在も建設中なので、貯水量は益々増加しているわけで、とすると建設を続ける限り今後もこのような巨大地震が発生する可能性が…((;゜Д゜)ガクガクブルブル

 

あともう一つ、今度は人民解放軍についても一言。
まずは以下の記事から。


「時間との闘い」 なぜ空軍活用せぬと不満の声 四川大地震

 しかし、軍の落下傘部隊は、13日に降り出した雨で、空からの救援物資の投下を中止している。北川県では「十分なテントや食料品、医薬品が配布されていない」と話す被災者がいるなど、ヘリを使った物資、人員投入がないことに被災者から不満の声が出ている

これは投入しないのでは無く、出来ないのではないか?と推測されます。

かつて、新谷かおる氏の漫画「エリア88」内でも語られていましたが、軍人を“一人前”に育て上げるのには、もの凄い費用と時間が掛かります。 

特に戦闘機などはいわばかなりの“特殊技術”を習得せねばならず、戦闘機パイロットがエリートと言われる所以でもあります。

又、ヘリコプターの操縦もある意味飛行機よりも難しく、且つ熟練度が要求されます。
(何せ飛行機と違って慣性飛行も出来ず、エンジン停止=即落下ですから“腕”が確かでないと操縦出来ません)

更に、所謂落下傘部隊も、いかなる気象条件においても確実に落下し現地に到達出来るか、が重要視されます。

その為に軍人は日々訓練を重ねているわけですが、今回の様な大事件でもそういった部隊が一切投入されていない所を見ると、やはり熟練度に問題があるのではないか?と考えられます。

ここまで来ると何が言いたいのかお判りでしょうが、つまり人民解放軍の兵士は練度が低い、いわば“使い物”にならない兵士が多いのではないか?と、素人に毛が生えた程度の知識しか無い私は考えているわけです。

この辺は北朝鮮・韓国にも通じる物があるのですが、例え金を掛けて最新兵器を配備していても、それを操れる“腕”が無くては猫に小判豚に真珠馬の耳に念仏、すなわち宝の持ち腐れとなってしまうわけです。

だから人民解放軍は、実は言われている程“驚異”とはならないのではないか?と。

 まあ実を言いますと、この“指摘”は、以前から一部の軍事専門家が言っていた事の受け売りなんですけどね(^^;)

又、今回被災地の映像を見ると、兵隊を現地に運ぶ為の人員輸送トラックを殆ど見かけません
ある歩兵部隊は、文字通り数十キロを歩いて現地入りした、との報道もあり、その情報から見ても未舗装路を走破出来る非戦闘車両(輸送トラック等)をあまり保有していないのでは?と推測出来ます。

それを裏付ける情報の一つが“チベット問題”の時にありました。

あの時も“暴動”を起こしたチベット人を“制圧”する為に人民解放軍は大量の兵士を送りこんだのですが、その輸送手段は人員輸送トラックなどではなく、何と!列車で兵士を大量に現地に送り込んでいたんです

世界中探しても、列車で“現地入り”した軍隊って、おそらく人民解放軍ぐらいのもんでしょうなあ。

戦闘においては現地に如何に大量の兵士や武器・弾薬を送り込む事が出来るか?と言うのも重要な課題です。
だからこそ陸海空全てに「輸送部隊」と言うものが存在し、あらゆる条件下でも使用出来る輸送車両等を多数保有しているわけです。
しかし、上記の事から人民解放軍はそれらの課題にあまり重きをおいていないのではないか?と考えられます。

これも人民解放軍があまり驚異にならないのではないか?と言われている理由の一つです。

ま、もしかすると、支那共産党が兵士に“自由な移動手段”を与える事を怖がっているのかもしれませんが…。
何せ油断してたら国家主席すら撃ちかねない連中ですからねえ ( ̄ー ̄)ニヤリッ

 

かつて、清は「眠れる獅子」と言われ各国から一目おかれていましたが、イギリスとの「アヘン戦争」で“実は大した事がなかった”事がバレてしまって、後に「眠ったまま起きなかった獅子」とか「眠れる獅子、実は眠れる豚だった」とか揶揄される様になってしまったわけですが、もしかすると、現支那政府も意外とこんな風なのかもしれません。

 

まあ、ただ連中は核ミサイルを保有しており、尚且つ数十基が日本の各主要都市を“標的”としているので、その点“だけ”は驚異と言えますが、総合的に見ると、おそらく日本の自衛隊の方がはるかに優秀だと思われます。

・・・・・とか言うと、又いわゆる“九条信者”の連中が騒ぐんでしょうなあ。

でも、世界中見ても、軍隊・軍人を尊敬しない国って日本だけなんですよねえ。
尊敬しないどころか、隙あらばコケにしようとするその神経が私には判りません。
自分達の代わりに戦って生命財産を守ってくれる軍人を尊敬するのはいわば“世界標準”なんですよ。
左翼連中は事ある毎に「他国を見習え!」って騒ぐくせに、こういった所ではダンマリ決め込むからなあ。

まあ、連中にしてみれば自衛隊が強くなっては宗主国が侵略しにくくなって困るからなんでしょうけどね ( ̄ー ̄)ニヤリッ

 

あ、そうそう。

今回の四川大地震の支援として日本は5億円を出す事を決定しましたが…


外国指導者、相次いで四川大地震に支援を表明

ベトナム、キューバ、ロシア、モンゴル、タイ、シンガポール、バングラデシュ、韓国、カンボジア、ウルグアイ、ドイツ、フランス、オーストラリアなどの指導者も中国政府と国民にお見舞いの気持ちを表し、救援物資や義捐金の提供などを表明しました。

  このほか、スロベニア、スペイン、チリ、セルビア、チュニジア、オランダ、ニュージーランド、イギリス、イスラエル、ギリシャ、フランス、カナダなどの指導者や外相も相次いで、被害に対してお見舞いの気持ちを表しました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・日本は無視かよ! 

所詮、こんなヤツらなんですなあ。 
これで日中友好とか互恵関係とか、どの口がヌカしてやがるんでしょうな!

後、募金を考えておられる方は是非以下の記事を読んで再検討の程を。


被災支援金の99%流用 中国陝西省

 【北京13日共同】中国陝西省で2年前に発生した洪水被害で、中央政府が被災農民の支援費用として拠出した約5900万元(約8億4400万円)のうち、地方当局が99%以上を流用、被災民が受け取ったのは約50万元(約710万円)にすぎないことが13日までに明らかになった。支援費用の拠出元である国家発展改革委員会系の中国紙、中国経済時報が同日までに伝えた。  同紙によると、地方政府はさらに、不満を訴え抗議した農民らを拘束、最長3年間の「労働教育」処分としており、住民を全く顧みない地方政府が存在する実態が浮き彫りになった。

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・まあ、予想通りと言えば予想通りですが、ヒドイ話ですなぁ(--;)
 

だから私は例え「冷たいヤツ」と言われても、募金を一切しなくなったんですよね。

コメント (4)

復活!RD-XD71

2008-05-13 02:12:43 | AV関連

最近やたらと政治ネタが続いてたので、今回はちょっと“軽い”話題でも(^^)。

 

ここには検索で辿り着かれる方も多いのですが、時事ネタは別として、毎回コンスタントに出てくる検索用語の上位が「そのまんまラーメン」「RD-XD71」「LANDE-RD」「Monster X」それと「ソードマスターヤマト(エルト)」。

で、今回はRD-XD71ネタなどを。

以前このHDDレコーダーのDVDドライブが故障で全く読み込まなくなったけど、大抵の録画データはLANDE-RDを使用してPCに移行出来るので、そう不便は感じない、って話を書きました。

しかし、上記の方法ではBSデジタルで録ったデータは移行出来ない為、HDDに溜まりっぱなし、いわゆる「HDDの肥やし」になっているのがやっぱり不満だったので、DVDドライブを交換する事にしました。

で、DVDドライブのメーカーを確認する為、早速レコーダーを開けてみました。

真ん中にあるのがDVDドライブ、右側がHDDドライブです。
(しかし、HDDドライブってMaxterだったんだ…確かこのメーカーのHDDって熱に弱かったハズなんだが大丈夫かなあ)

DVDドライブの型番は、ちょっと写真では判りづらいのですが、パナソニック製SW-9574-E(made in indonesia)と言うタイプでした。

で、とりあえず、試しにウチのPCに使っていたLF-M821を取り付けてみたのですが…“拒否反応”こそ出ませんでしたが、 「ディスクをチェックしてください」の表示が。
やっぱりこのドライブも壊れてたんですな…まだ1年も使ってなかったってのに~!パナソニック脆すぎ!

しかし、上記の実験でパナソニックのDVDドライブならば問題無く付けられそうだと言う事が判ったので、早速LF-M821若しくは内蔵されていたのと同型のドライブをPCショップや家電屋を回って探して見る事に。 

そうやって某家電店で見つけたのが下記のドライブ。 

なんかタイミング良く週末特価になっていたのと、ポイントが溜まっていたので数千円で買えました。 

型番は内蔵されていたタイプの後継機種にあたるSW-9576-Cですが…男ならばチャレンジ精神!レッツ人柱! 

右が今回購入した物、左がRD-XD71から取り外したDVDドライブです。
尚、購入してきたドライブは、そのままではフロントカバー(下記写真部分)が邪魔して上手く取り付けられませんので、取付前に取り外しておきましょう。 

取り外し方は、横の穴の部分に引っかかってる“爪”を細いドライバ等で押さえながら“前”に引っ張れば簡単に取れます。

一応DVDドライブの交換方法も書いておくと、最初にHDDドライブのネジ(4本)を外してそのまま邪魔にならない様に“脇”に置き、それからDVDドライブを止めているネジ(4本)を外し、DVDドライブの電源&IDEコードを取り外します。
取り付ける時は上記の順番を逆にすればOK!

 

で、問題の結果の方ですが…全く問題無く作動しています!

いやあ、良かった良かった(^^)。

でも、DVDドライブ本体のファームウェアによっては“拒否反応”が出る事もあるらしいので、その時は一旦PCに繋いでファームウェアをアップすれば認識してくれる事があるようです。

てなわけで、ドライブ交換が終了した日曜日から、暇を見つけてはBSデジタルで録画したデータを現在せっせと移行中~。
それにしても、意外とデータが溜まっていたのには自分でもビックリしましたが(^^)。

 

でも、半分近くが一回見ただけで、中には全く見てない物も…見るヒマがなかなか無いんですよねえ。
あんまり面白くなくて見る気がおきない、と言う話もありますが。

昨今のアニメやTV番組って、どう考えても粗製濫造ですからねえ(--;)

コメント (2)

どこを見ても支那のポチばかり!

2008-05-11 03:18:52 | 政治経済

“ジェノサイダー”胡錦涛がやっとこさ帰りましたなあ。

国賓が5日間も滞在していたのは異例中の異例だったそうです。
なぜなら、相手国に色々と“迷惑”掛けるのが判っているから、大抵は気を遣って2~3日しか滞在しないのが“普通”だからなんだとか。

実際、今回の胡錦涛の警備に掛かった費用は、一説によると3億円以上だとか。

で、成果と言えるモノはパンダのレンタルが決まっただけ
しかも、レンタル料を年間一億円以上支払い、えさ代、研究費その他を含めると、パンダに掛かる費用は年間3.8億位…正にVIP待遇ですな(^^;)

実は一部噂によると、今回の日中会談においては東シナ海ガス田についての合意文章も出される予定だったんだとか。
以前私が書いていた「重要な取り決め」はどうやらこの事だったらしいのですが、結局事務方の事前打ち合わせで合意する事が出来ずに“お流れ”になったんだとか。

でも、その内容は「ガス田開発に支那が掛けた費用の大半を日本が支払う事で施設を共同利用し、尚且つ採掘した物の配分を支那有利にする」とか言う、日本人にとっては非常にふざけた内容らしかったので、お流れになって良かった…のかなあ?

そもそも支那側の国際法違反なんだから、辞めさせればすむ話なのに…まあ、支那のポチたる外務省やチンパン爺じゃ絶対に言えんでしょうが(^^;)

尚、これだけ支那有利の内容なのになぜ合意出来なかったのか?と言うと、支那軍部がこの内容に大反対していたから、と囁かれています。

曰く、「自分達の領地で採掘しているものを、なぜ日本ごときに与えなければならないのだ!」だそうで。
実際日本が「付近を調査・試掘する」と言っただけで「軍艦を出しても阻止する!」と言っていたから、あながち嘘でもないのでしょう。
反日教育の成果でしょうかねえ。

それにしても、なぜ軍部に対して国家主席である胡錦涛が気を遣うのでしょうか?

そもそも軍部は元々“上海族”が掌握しており、“北京族”が占めている現在の首脳陣とは現在でも犬猿の仲と言われています。

更に上海族は隙あらば北京族を排除しようとしており、軍部もその意志に沿った動きを時々したりしてます。
数年前、軍事演習を視察していた胡錦涛の乗った船に向かって流れ弾(ミサイル含む)がいくつか飛んできた、と言う到底起こりえるはずのない事件が起こったのは一部では有名な話。
(命中はしなかったみたいですが…当たり前か)

又、基本的に軍部は“役人”などの言う事はあまり聞かない傾向にあります。
だから、89年に“一役人”である胡錦涛が軍に“指示”してチベット人を大量殺戮したのは異例中の異例だったんだそうで。

3月に起こった“チベット暴動”の発端も、集まったチベット人に対して軍部が“過剰行動”に出たせいだ、とも言われています。

更に、今年に入って複数の部隊から「台湾“解放”への許可」(つまり台湾侵略)が上申されてます。
人民解放軍は「反乱防止」の為、他部隊との接触が一切禁止されているにも関わらず、です。
これを見ても、軍全体を掌握出来る立場の者がこの動きを煽動した事が判ります。
つまり、胡錦涛は後ろからいつでも撃たれる危険もあるわけです。

そんな風なので、胡錦涛も下手に強気に出ると“反乱”を起こされかねない為、軍部の要求にはある程度妥協せざるを得ない、ってのが本音らしいです。

その他色々な情報から判断すると、今の支那は全ての面で膨らみきった風船の様になっていると推測されます。

だから、今回の来日でも、万が一日本が“強気”に出て、胡錦涛がそれに“従う”ような映像が流れてしまったら、その“弱気”に怒った軍部が“発起”した可能性も十分考えられる、かなりギリギリの外交だったと個人的には考えています。

・・・まあ、日本が、と言うか、支那のポチたる福田を始めとした現政権幹部が強気に出るハズが無い、と胡錦涛も踏んだからこそ、その危険を冒したんでしょうが(--;)

何せシッポ振るどころか、ひっくり返って腹まで見せて「クゥン、クゥン」と泣いていた位ですから(^^;)

その辺は正に向こうの読み勝ちですな。
でも、だからこそ安倍さんの“たった一人の反撃”は、連中にはかなり“有効”だったわけです。
日本の政治家は自分達にシッポ振る連中ばかりだと思っていた胡錦涛にとっては、安倍さんの発言のせいで国内外に恥を晒してしまった様なもので、それは正に支那人が最も嫌がる“面子丸つぶれ”ですからね( ̄ー ̄)ニヤリッ

でも、胡錦涛は今回の来日に関してはかなり不快を憶えていたとか。

何せ何処に行っても「FREE TIBET!」の声が聞こえ、チベットだけでなく東トルキスタン、南モンゴルの旗まではためいていた上、到着初日の夕食会ではデモの為に出る事が出来ず、早稲田大学でも、抗議の為の人達が正門に集結していた為、結局裏口から文字通りコソコソと入るしか無かったんですからザマアミロ!

政財界&宗教界ではどうか知りませんが、少なくともこれで一般人の怒りは胡錦涛やそれに迎合する者達に伝わったわけですから

 

ところで、“長野事件”以来警察の支那へのポチぶりがアチコチで話題になっていますが、今回も酷いものでした。

初日が一触即発だったのは以前書きましたが、その他の場所でも、とにかく警察はチベット旗を持った人物だけをマークし、1人に対して10人以上で囲んで“尋問”すると言う外道ぶり!

この辺の経験談、特に大阪での警察の横暴っぷりはKNN TODAYなどを読んでいただくと良く判りますが、大勢で回りを囲んで動けなくして尋問しまくるってのは昔っから警察が良く使う手なんですよねえ。
本当に何十年経っても変わらんなあ…。

で、万が一にでも、手とか、持っている物(鞄とかでも)が、囲んでいる警官の一人に“ちょっと”触れただけでも「公務執行妨害」即タイーホ!&連行ですからねえ。 
ヤクザのインネンツケとどう違うんでしょうねw

ま、ヤクザと警察の違いはバックが国家権力かそうでないかの違いだ、と言われる位ですから( ̄ー ̄)ニヤリッ 

本来守るべき対象であるはずの日本国民を守らずに支那人を優遇する理由は、どうやら福田総理直々の“お達し”が出ていたから 、と言われていますね。

長野県警や警察庁に電凸した人によると「その件は私に答える権限はありません」と言う回答だったらしいのですが、警察に詳しい人によると、それは“ほぼ肯定しているのと同じ回答”だそうで。

そこまで支那に迎合するか、福田よ!
貴様に日本国民の代表たる資格無し!
せめて美しく散ってみせよ!

……多分引きずり下ろさないと無理だろうとは判ってますが(^^;)

 

さて、この前書いた「割腹自殺を図った自衛隊員」の話ですが、なぜかマスコミは「こういう事件がありました」とちょっと触れただけで、彼の自衛隊員がなぜそこまでしたのか?等は一斉にダンマリ決め込んでますね

「国会議事堂にて割腹自殺を図る」なんて、マスコミにとっては“非常に美味しいネタ”であるにも関わらず、です。

これに関しては新風東京代表の鈴木氏がブログにて書かれています。

転載自由らしいので、こちらにも全文転載させていただきます。

天皇陛下の政治利用に自衛官が抗議!
自衛官の中にも真の軍人、武人がいた!

昨日8日午後9時半頃、国会議事堂の正面玄関に通じる階段での自決未遂があった。
名前は鈴木田峻吾君、20才。
陸上自衛隊朝霞駐屯地体育学校所属の陸士長で熊本県出身の九州男児である。
天皇陛下の政治利用に対して、自衛官として申し訳無いと自衛隊制服着用にて、抗議自決を試みるも、妨害に合い未遂に終った。

鈴木田君は、これぞ九州男児という男気の有る一直線な青年である。
その彼がなぜ、昨日自決を試みるに至ったのか。
「天皇陛下を奉るべき軍人」として、
胡錦涛主席を見送る為に、天皇陛下が主席の宿泊先である民間施設まで行幸されるという屈辱的な政府方針に対し、陛下に申し訳無いという気持ちで、三島森田両烈士の決起後、沈黙していた自衛官から、初めて声が上がったのではないだろうか。

しかしこの彼の抗議自決(未遂)は、今まさに権力により隠蔽されようとしている
僕は、この彼の気持ちに応える為にも、この件が隠蔽、彼自身が謀殺されないように、皆さんに知らせたいと思う。

 転載自由ですので鈴木田峻吾君を支援しよう。

 

やはり天皇陛下の政治利用に対する抗議でしたか。 
この事件を報道すれば、当然「切腹した動機」も説明しなくてはいけなくなります。

皇室を快く思っていない左前連中にしてみれば、こういう“天皇崇拝行為(あんまり好きな言葉ではありませんが)はあってはならない事

だからマスコミはダンマリ決め込んでたんですな (" ̄д ̄)けっ!

 

又、法隆寺があれだけ抗議の声が上がっているのに、なぜ胡錦涛来訪を拒否せず、来訪時にも胡錦涛を讃える様な事を言っていたのか?と言う理由を調べていたら、驚愕の事実(?)が判明しました

法隆寺の官長って大江健三郎が作った「九条の会」の宗教版「宗教者九条の和」なる左翼団体のメンバーじゃありませんか!

しかも呼びかけ人を見ると主立った宗派やお寺の官長等がズラリと名前を連ねているし!

オイオイ!「政教分離」はどこに置き忘れたんだ?
これもちゃんと憲法に明記されているんだが?

なるほどねえ……道理で宗教界が支那の虐殺などに対して一切声を上げないわけですわ
こんな所まで支那に完全に洗脳、若しくは、迎合していたわけですか。

上記の会に名を連ねている方々、自分達の存在自体を否定している相手に媚びて楽しいですか?

日本の“宗教”は既に死んでいたわけか…情けない、本当に情けない!

 

 

上記の事実を知って、持って行きようの無い怒りが沸々と湧いてくるのは決して私だけではありませんよね?

コメント (2)