この世界の憂鬱と気紛れ

タイトルに深い意味はありません。スガシカオの歌に似たようなフレーズがあったかな。日々の雑事と趣味と偏見のブログです。

今年二度目の別府に行ってきました。その1。

2019-09-06 23:39:57 | 旅行
 およそ20日ぶり、今年二度目の別府に行ってきました。
 前回の別府旅行の旅程は、(一日目)亀正くるくる寿司→貴船城→書肆ゲンシシャ→別府ヒットパレードクラブ、(二日目)糸ヶ浜海浜公園にてSUP→石ころたちの動物園→ニュードラゴンでした。
 自分で言うのもなんですが、この旅程通りに回ればかなりディープで充実した別府旅行になると思います。
 しかし、今回の二度目の別府旅行では今挙げた観光スポットはどこも回っていません。
 それでもやっぱり充実した旅行になるのですから、別府恐るべし、ですよね。

 今回の旅行は金曜日の夜に出発しました。
 連れがいると土曜日の午前中に出発するのですが、一人だと金曜出発が多いです。
 その方が朝からいろいろ現地で活動できますからね。
 
 出発前にTジョイ久留米で『SHADOW/影武者」を観ました。
 感想は後日。

 映画鑑賞後、23時ごろに久留米を出発、カーナビの妨害工作にも惑わされず、深夜2時ぐらいにこの日の宿泊地である【道の駅ゆふいん】に到着しました。
 カーナビの妨害工作って?
 カーナビって基本的に最短ルートで目的地まで行かそうとするじゃないですか。
 そのためかときどき山越えなどのとんでもないルートを示すことがあるんですよね。
 この日もよくわからないところで左折するように言われましたが、その指示を無視してひたすら国道210号線を進みました。
 久留米から由布院まで一般道で行くのにはひたすら国道210号線を進むが正解なので、カーナビには惑わされないように気をつけてください。

 ところで話は横道にズレますが、現在車中泊の有料化を検討している道の駅があるのだとか。
 車中泊の有料化、自分は基本的に賛成ですね。
 自分も含め車中泊する人間は夜に道の駅を利用しますよね。
 一方道の駅の営業は基本的に昼です。
 車中泊をする人間がいくら多くても道の駅側には一円のプラスにもなりません。
 だから道の駅側が車中泊をする人間からお金を取ろうと考えるのはごく当然だと思います。
 でも出来れば500~1000円程度に抑えて欲しいですね。
 あまり車中泊代を高くとると、旅行意欲をそぐこと自体に繋がりかねないですからね。

 さて、翌朝は朝6時ぐらいに目が覚めました。
 やっぱり車中泊では自宅のようにはぐっすりとは眠れないですね。
 いろいろ工夫しているんだけれど、まだ課題は多いな。

 朝食を済ませ、この日の最初の目的地へと向かいました。


                                                続く。
コメント