パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞のレビューを中心に、DVD、WOWOWの映画の感想などネタバレ有りで記録しています。

ピエロがお前を嘲笑う★★★.5

2015年11月04日 | アクション映画ーハ行
過激なハッカー集団に加担した天才ハッカーが、いつしか危険な世界へとはまり込んでいくドイツ製サイバースリラー。全編に仕掛けられたトリックが話題を呼び、ドイツ・アカデミー賞6部門にノミネートされたほか世界各地の映画祭でも支持された。メガホンを取るのは、『23年の沈黙』などのバラン・ボー・オダー。主演は『コーヒーをめぐる冒険』などのトム・シリング、共演には『4分間のピアニスト』などのハンナー・ヘルツシュプルンクらが名を連ねる。

あらすじ:物語は、世界を驚かせた数々のハッキング事件を起こした天才ハッカー、ベンヤミンが警察へ出頭してきたところから始まる。彼は殺人事件に関与し、指名手配を受けていたが、どうもそれは濡れ衣であり、今は自分自身の命も狙われているというのだ。ベンヤミンはなぜ自分がこのような境遇に陥ったのか、虐められて冴えない毎日を送る学校での生活から自白を始めるのだが、さて、ベンヤミンの話は本当に真実なのだろうか、・・・。
ベンヤミンが語るには、片思いをしているマリのために大学に忍び込み、試験問題を盗もうとして逮捕される。罰として奉仕活動に参加させられるわけ。

参加した社会奉仕活動で出会った野心家のマックスに誘われて、彼の友人たちとともに、ハッカー集団「CLAY」を結成したというのだ。彼らは、天才的なハッキング能力を武器に、政治団体や企業、マスコミなど大胆にハッキングして世間の一部でカリスマ的人気を得る。
その目的が「注目を集めたい」ということから徐々に変わっていくことにも注目したい。ベンヤミンはCLAYが結成される前から、ネット社会で暗躍する謎のカリスマ・ハッカーの存在を知っており、ベンヤミン、「CLAY」の活動に大きくかかわりを持ってくるのだった。
ベンヤミンの自白を聞かされているのは、女性捜査官。観客は彼女と同じ立場で、「ベンヤミンの回想」という形でスクリーンに映し出される「CLAY」の活動を見守っていくことになる。だが、先にも述べたとおり、それがすべて本当のことだとは限らない。
ベンヤミンの身辺調査を始めるうちに、捜査官もまた彼の話すことの矛盾点に気が付いていくのだ。彼は一体何者であり、そして狙いは何なのか。そうした疑問を持ち始めると、これまで描かれてきたことすべてに対して疑念がわく。とにかく106分間、常に気を抜いてはならないのだ。

<感想>ドイツ本国で大ヒットを飛ばし、ハリウッドリメイクも決まったサスペンスムービー。主人公は非合法なハッカーだが、「ハッカー」という言葉からイメージしがちなPCのキーボードをひたすら叩くタイプではなく、ハッキングのためなら目標の施設への潜入や、相手を大胆にダマすことも辞さない男なので、その活動は非常にアクティブかつスリリングであります。
優秀なハッカーたちが、国際間の情報の盗み合いに活躍していると言う、世界の現実を背景としたこのドイツの映画。天才ハッカー青年が、ピエロ姿のネット犯罪集団に挑戦するという展開。自分も相手も一様に死神のように、頭巾を被っていて、まるで地下社会のユニフォームみたいである。

スーパーヒーローを気取りながら、実生活では冴えないハッカー青年と、彼を拾った若者たちが、インターネット犯罪で社会を挑発する。はみ出し者の青春群像に見える辺りは、邦画の「予告犯」を連想させる。
だが、負の世界の英雄であると誇っているしかない主人公を見て、何が面白いのかと思ってしまう。

何より、ネットのハッキングの世界を、電車のような空間デビジュアライズするというアイデアがとても新鮮です。ここまで視覚化して見せた映画はまれだと思う。覆面を被った匿名の正体不明の怪しげなハッカーたちが蠢いているという絵画にもインパクトがある。

ハッカー界の神“MRX”、主人公たちにとって当初は憧れの存在だったが、やがて衝突することになり、神のように何でもできる“MRX”を出し抜こうと画策する彼らの頭脳戦は、ドキドキハラハラで見応えがありますから。
劇中での「ハッキングは騙し」という台詞に象徴されるように、本作のハッカーたちの凄いところはコンピュータの技術というよりも、人を騙す技術にあるのだ。観客も騙されるので、どこで騙されたのか?・・・と気になるのだ。
結末もちゃんと観客を驚かせてくれる娯楽映画になっている。主人公が、ななんと、四重人格者とはこれいかに。そうは見えなかったのだが、これが本当に騙されたのだろう。ストーリーの二重三重のどんでん返しで観る者を最後まで惹きつけて離さない展開もお見事といいたい。
2015年劇場鑑賞作品・・・227映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング


トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
« ボクは坊さん。★★★ | トップ | エール! ★★★.5 »

アクション映画ーハ行」カテゴリの最新記事

14 トラックバック

ピエロがお前を嘲笑う (映画好きパパの鑑賞日記)
 警察に出頭してきた犯人が語る事件の真相は、真実かそれともでたらめか。「ユージュアル・サスペクツ」を彷彿とさせるサスペンスですが、宣伝で「ラストに騙された」をうたいすぎていて、正直肩すかし感もありました。  作品情報 2014年ドイツ映画 監督:バラン・ボ...
ピエロがお前を嘲笑う/Who Am I–No System Is Safe (我想一個人映画美的女人blog)
100%騙される、とか二転三転とか、見破れないとか。 都内では1館のみの上映でギリギリ入ったら残り2席で満席 皆騙されたいのね~(ってわたしもか?) でも最初から「ぜったい見破れない!」とか「二転三転」「騙される!」 =簡単なオチではない ってことで....
ピエロがお前を嘲笑う (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】(09) 映画ならではのトリックに完璧だまされますなー(いい意味で)
裏の裏をかいて、 (笑う社会人の生活)
3日のことですが、映画「ピエロがお前を嘲笑う」を鑑賞しました。 コンピューターの天才 青年ベンヤミンは正体不明のハッカー集団「CLAY」のメンバーになり様々なハッキング事件を起こしていく しかし 盗んだ情報によって殺人事件を引き起こしてしまい、今度は自分が狙....
『ピエロがお前を嘲笑う』 2015年8月4日 ユーロライブ (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ピエロがお前を嘲笑う』 を試写会で鑑賞しました。 この映画はネタバレ書き込まないようにと申し伝えられましたので ネタバレは致しません 【ストーリー】  世間を震え上がらせたハッキング事件を起こし、さらに殺人容疑で追われる天才ハッカーのベンヤミン(トム・...
ピエロがお前を嘲笑う (試写会) (風に吹かれて)
透明人間 公式サイト http://pierrot-movie.com9月12日公開 ハッカーグループ“CLAY(クレイ)”の天才ハッカーで、殺人事件への関与を疑われて国際指名手配されたベンヤミン(ト
ピエロがお前を嘲笑う (そーれりぽーと)
この週末は、観たい映画が一つもなかったので、「100%見破れない」「騙される」と言う煽り文句の付いた映画をボロクソ書いてやろうと『ピエロがお前を嘲笑う』を観てきました。 ★★★ 悔しいけど予想の裏をかかれました。 「絶対に騙される」って言われて観ていると、...
ピエロがお前を嘲笑う  (心のままに映画の風景)
ハッキング事件を次々と起こし、殺人事件への関与を疑われ国際指名手配されていた天才ハッカー、ベンジャミン(トム・シリング)が警察に出頭してくる。 世界をハッキングすることを夢見るマックス(エリアス・ムバレク)に才能を見込まれた彼は、その仲間に加わり、ハ...
ピエロがお前を嘲笑う 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
ドイツでヒットし、独アカデミー賞にもノミネート されたというハッカーを描いたサイバースリラー 『ピエロがお前を嘲笑う』が公開されましたので 観に行ってきました。 『わたしに会うまでの1600キロ』を観た後、映画館 から映画館に移動し、はしごとなりました。 ピ...
ピエロがお前を嘲笑う (♪HAVE A NICE DAY♪)
予告観て観たいな~と思って「まさかの結末」とか「騙される!」とか? ほぉ~~~そういうオチか~~ まったくもって解らなかったわ! オチに、なるほど~~でした。 最後の最後まで。 あっ!と驚くでもなかったけど それなりに楽しみました この感じ、あの有名な....
ピエロがお前を嘲笑う (銀幕大帝α)
WHO AM I - KEIN SYSTEM IST SICHER/WHO AM I 2014年 ドイツ 106分 サスペンス/犯罪 PG12 劇場公開(2015/09/12) 監督: バラン・ボー・オダー 脚本: バラン・ボー・オダー 出演: トム・シリング:ベンヤミン エリアス・ムバレク:マックス ヴォータン・ヴ...
ピエロがお前を嘲笑う (Who Am I - Kein System ist sicher) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 バラン・ボー・オダー 主演 トム・シリング 2014年 ドイツ映画 106分 サスペンス 採点★★★★ 「ホギャー!」と産まれた子供が高校に行き始めるくらいのパソコン歴を持ってるんですけど、未だにパソコンのことはチンプンカンプンな私。何が起こるか分からな...
『ピエロがお前を嘲笑う』『ブラックハット』をキネカ大森1で観て、両者ともよくぞふじきをたばかった★★★★,★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
「犯人は誰か? 天才ハッカーサスペンス2本立て」 ◆『ピエロがお前を嘲笑う』 五つ星評価で【★★★★ようもこの俺をたばかった】 という訳で、主人公のハッカーの独白から始ま ...
ピエロがお前を嘲笑う (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【WHO AM I - KEIN SYSTEM IST SICHER】 2015/09/12公開 ドイツ PG12 106分監督:バラン・ボー・オダー出演:トム・シリング、エリアス・ムバレク、ヴォータン・ヴィルケ・メーリング、アントニオ・モノー・Jr、ハンナー・ヘルツシュプルンク 106分間、あなたが目にし....