パピとママ映画のblog

最新劇場公開映画の鑑賞のレビューを中心に、DVD、WOWOWの映画の感想などネタバレ有りで記録しています。

プリデスティネーション ★★★

2015年03月02日 | アクション映画ーハ行
ロバート・A・ハインラインによる「輪廻の蛇」を基にしたSFサスペンス。時空を往来する犯罪者を取り締まるエージェントと出会い、その仲間になった青年が繰り広げる戦いと彼が抱える宿命を活写する。メガホンを取るのは、『アンデッド』『デイブレイカー』の双子監督マイケル・スピエリッグ、ピーター・スピエリッグ。主演は『ビフォア』シリーズなどのイーサン・ホーク。さまざまな時代を股に掛ける壮大な物語や息詰まるタッチに加え、スタイリッシュな映像にも引き込まれる。

<感想>「バック・トゥ・ザ・フューチャー」を始め、これまでもタイムトラベルにより起きる矛盾“タイムパラドックス”を扱った映画は数しれず。そんな中でも究極と呼ばれるロバート・A・ハインラインのSF小説「輪廻の蛇」を完全実写化。タイトルの“プリデスティネーション”とは「宿命」。
監督&主演は、異色の吸血鬼映画で話題を呼んだ「デイブレイカー」のコンビ、双子監督マイケル・スピエリッグ、ピーター・スピエリッグ兄弟と、名優イーサン・ホーク。
物語は、進出鬼没の爆弾魔を追うベテランのエージェントであるイーサン・ホークは、任務中に大火傷を負ってしまう。傷が癒えた彼は、最後の任務として後継者を探すため再び過去へと旅立つ。

爆弾魔の影に怯える大都会で、語られるある男の奇妙な運命。1970年ニューヨーク。とあるバーに訪れた青年ジョン(セーラ・スヌーク)は、バーテンダーを相手に、それは女性として生まれて孤児院で育ち、付き合っていた流れ者との子を宿すも彼に去られ、さらに赤ん坊を何者かに誘拐されたという壮絶なものだった。

それを機に男性として生きることを選んだジョンに、バーテンダーは未来からやって来た時空警察のエージェントだと明かす。人生を破壊した男への復讐がしたいかと青年に持ちかけるバーテンダー。驚く彼を自分の後継者に選んだバーテンダーは、装備を託すとともに宿敵である爆弾魔との対決に臨んでいく。ふたりは、1063年へ飛び、それは時空警察のエージェントとしての任務の始まりだった。

バーテンダーのイーサン・ホークが、時空警察のエージェントとして100以上の犯罪を未然に防いだ男。新たなる隊員をリクルートする引退前の最後のミッションに就く一方で、密かに因縁にある爆弾魔を追う。
前半から中盤にかけて物語のカギを握る人物の数奇な人生を丁寧に描き、そして終盤にかけては、それまでの伏線が重なり合う急展開にグイグイと引き込まれていきます。
ですが、これって、以前観たブルース・ウィリスの「LOOPER/ルーパー」と似ているような展開とストーリーに、タイムトラベルものとしては二番煎じのような気がする。

ですが、登場人物たちの着る衣裳や建築物など時代ごとに異なるガジェットも、タイムトラベル感を盛り上げている。ネタバレになるが、青年ジョンが、本当は生まれてすぐに孤児院へ捨てられて、ジェーンという名前で育ち、恋愛もして妊娠して子供を産み、その子供が女の子で名前をジェーンと付ける。それが赤ん坊は産院から連れ去られるという。ところが、その赤ん坊は、周り回ってイーサン・ホークが、産院から赤ん坊を連れ去って孤児院へ置き去りにしたのだ。この辺は、堂々巡りのようで理解不能。

そして、ジェーンが恋愛した青年も、実は自分が性転換をして1963年にタイムトラベルしてきたジョンであることなど、見ていてつじつまが合わなくなってくる。この辺は、ジョンとジェーンが行ったり来たりして二役を演じているので、直ぐに何だかなぁと、ジェーンの恋愛の相手はイーサンでも良かったのでは。
それに、イーサンがジョンと一緒にタイムトラベルして、ジェーンに会うことは、ジョンが20年前の女だった自分に会うことなのだ。その後どうやってジョンが元の1985年に帰るのか、イーサンは爆弾魔を追跡するのに夢中で、タイムトラベルしているし。

ジェーンは、成長して自分が特別な人間(超能力)だということが分かり、スペース・スコープ社の社員になる試験を受ける。青と白の制服にヘルメットを被っての知能テストなど、そこの上司がロバートソンという男。そのロバートソンは、実はイーサン・ホークと同じく時空警察のエージェントなのだ。
しかし、携帯型のバイオリンケースに入れたタイムマシンのちゃちいことといったら、確かに大きな機械では持ち運びずらいということもあろう。

邦画の「タイムスクープハンター」で使っていたPCのようなものの方が未来感があっていいと思ったが、この作品自体が古いものなのでこんなのでいいのかも。
20年前にタイムトラベルをする瞬間移動する時に、人間の体にダメージを与え、あまり長生きはできないようだ。
イーサンは、唯一捕まえられなかった連続爆弾魔フィズル・ボマーを執念で追うも、取り逃がしてしまう。ですが、彼はフィズル・ボマーの正体に驚く、それは髪の毛は長いが、まるで自分と瓜二つで、いくら爆弾魔を追いかけても捕まらないわけだ。彼を殺したら、自分も死ぬというわけ。それに、爆弾を解除しようとしたら爆発に巻き込まれて大火傷を負うが、整形手術で顔面がイーサンの顔に。もしかして、本当の顔はジョンなのでは、卵が先か、鶏が先かなんて云々言っていたが、そういうことなのかもしれない。

運命に翻弄される、女から男へと代わる「未婚の母」ジェーン&ジョン役には、オーストラリア国立演劇学校卒の新鋭サラ・スヌークが演じて、特殊メイクもさることながら、抜群の演技力で不遇な少女時代とやさぐれた青年ジョン役を見事に演じ分けている。
ラストでは、想像を超える結末が待ち受けている、タイムマシンが機能停止って、エラー発生???等、衝撃的なSFミステリーになっている。
2015年劇場鑑賞作品・・・40 映画(アクション・アドベンチャー) ブログランキング

/font>

トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
« HUNTERS ハンターズ★★★ | トップ | 暮れ逢い ★★★.5 »

アクション映画ーハ行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

19 トラックバック

『プリデスティネーション』 (時間の無駄と言わないで)
予告編だとタイムスリップしまくるSFアクション映画だったのに、実際観たら全然違った。 SFだけどアクションじゃなかった。 超地味。 酒場の客の身の上話が長い長い。 必要なシ ...
プリデスティネーション (風に吹かれて)
始まりはどこ? 公式サイト http://www.predestination.jp 原作: 輪廻の蛇 (ロバート・A・ハインライン著/ハヤカワ文庫)監督: ピーター・スピエリッグ ,マイケル・スピエ
『プリデスティネーション(Predestination)』ピーター・スピエリッグ (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞、他いろいろ触れています(ネタバレ)。『プリデスティネーション』(Predestination)原作 : ロバート・A・ハインライン監督・脚本 : ピーター・スピエリッグマイケル・スピエ
ショートレビュー「プリデスティネーション・・・・・評価額1650円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ウロボロスの宿命。 巨匠ロバート・A・ハインラインの傑作短編小説、「輪廻の蛇」の初の映像化。 異色のヴァンパイア映画「デイブレイカー」で注目された、ドイツ出身オーストラリア育ちの双子の監督スピエリッグ兄弟と、主演のイーサン・ホークが再タッグを組み、な...
『プリデスティネーション』 (beatitude)
1970年11月6日。ニューヨークは連続爆弾魔フィズル・ボマーの脅威にさらされていた。青年ジョン(サラ・スヌーク)は場末のバーのバーテンダー(イーサン・ホーク)に、女の子として生まれ孤児院で育ち、18歳の時に流れ者の男と恋に落ち子供を授かるが相手は蒸発、生まれ....
プリデスティネーション/PREDESTINATION (我想一個人映画美的女人blog)
先月一番たのしみだったこれ。  やっと観れた~ 同じく、イーサン主演の 人口の95%がヴァンパイアになってしまった未来を描いたSF「デイブレイカー」 の、オーストラリアの双子監督ピーター&マイケル・スピエリッグ最新作 SFの巨匠ロバート・A・ハイン....
「プリデスティネーション」 (Con Gas, Sin Hielo)
自己完結。輪を閉じる者。 タイムパラドックスものは、いつも観た者の間で議論が巻き起こる。そこが面白いところである。 本作はその中でも決定版と呼べるものなのかもしれない。何しろこの種の話でタブーとされている領域にずかずかと踏み込んでいっているのだから。 ...
プリデスティネーション 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
オーストラリア出身のピーター&マイケルの スピエリッグ兄弟監督とイーサン・ホークが 2009年のヴァンパイア映画『デイブレイカー』 以来再びタッグを組んだSFサスペンス映画 『プリデスティネーション』が公開されました ので観に行ってきました。 ジェームズ・フラン...
『プリデスティネーション』をUCT1で観て、これは語らぬ方向で「グッ」とだけ言っておこうふじき★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★評判通り】   ぐっ。うまいじゃん。やるじゃん これだけでいいな。 この映画の面白さを語る事は、 これから見る人の面白さを削ぐ事でしかないから。 ...
プリデスティネーション  監督/ピーター&マイケル・スピエリッグ (西京極 紫の館)
【出演】  イーサン・ホーク  セーラ・スヌーク 【ストーリー】 1970年、ニューヨーク。とあるバーを訪れた青年ジョンは、バーテンダーに自身が歩んだ人生を語る。それは女性として生まれて孤児院で育ち、付き合っていた流れ者との子を宿すも彼に去られ、さらに赤ん坊....
映画「プリデスティネーション」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2015/3/15、ユナイテッドシネマ豊洲。5番スクリーン。 70席の小さいシアターで何度か来たはずだが、記載見つからず、 6番とほぼ同じ構成。 6番スクリーンでは「E列で高さ丁度」とあったので、E列を取った。 ** イーサン・ホーク、サラ・スヌーク、ノア...
『プリデスティネーション』('15初鑑賞27・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 3月14日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 18:45の回を鑑賞。
存在の環/輪廻の蛇~『プリデスティネーション』 (真紅のthinkingdays)
  PREDESTINATION  1970年のニューヨーク、連続爆弾魔による爆発が相次ぐ夜の街。ある酒場 のカウンターに、一人の男(サラ・スヌーク)がやってくる。バーテンダー(イー サン・ホーク)は彼に興味を示し、身の上話をするよう促す。男の口から語ら ...
プリデスティネーション(Predestination) (田舎に住んでる映画ヲタク)
 SF小説の大家ロバート・A・ハインラインによる短編小説「輪廻の蛇」を、イーサン・ホーク主演で映画化。時間と場所を自在に移動できる政府のエージェントが、凶悪な連続爆弾魔を追うためタイムトラベルを繰り返す姿を描いたSFサスペンス。1970年、ニューヨーク。ある....
語りとSF、そして輪廻へと (笑う社会人の生活)
3日のことですが、映画「プリデスティネーション」を鑑賞しました。 1970年 ニューヨーク。とあるバーを訪れた青年ジョンはバーテンダーに自身が歩んだ壮絶な人生を語る。 そんなジョンにバーテンダーは自分は未来から来た時空警察のエージェントだと明かして・・・ 正...
プリデスティネーション (銀幕大帝α)
PREDESTINATION 2014年 オーストラリア 97分 SF/サスペンス R15+ 劇場公開(2015/02/28) 監督: マイケル・スピエリッグ (ザ・スピエリッグ・ブラザーズ) ピーター・スピエリッグ (ザ・スピエリッグ・ブラザーズ) 『デイブレイカー』 製作: ピーター....
プリデスティネーション (銀幕大帝α)
PREDESTINATION 2014年 オーストラリア 97分 SF/サスペンス R15+ 劇場公開(2015/02/28) 監督: マイケル・スピエリッグ (ザ・スピエリッグ・ブラザーズ) ピーター・スピエリッグ (ザ・スピエリッグ・ブラザーズ) 『デイブレイカー』 製作: ピーター....
プリデスティネーション (Predestination) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 マイケル・スピエリッグ/ピーター・スピエリッグ 主演 イーサン・ホーク 2014年 オーストラリア映画 97分 SF 採点★★★★ 様々な局面で様々な選択をしてきた結果が今の自分と状況を作り上げているんですけど、振り返ってみると“やっちまった選択”って...
映画評「プリデスティネーション」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2014年オーストラリア映画 監督マイケル・スピリエッグ、ピーター・スピリエッグ ネタバレあり