ニコ、酒場で戯言

Always look on the bright side of life.

なべ presents

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

くじら食堂@東小金井

2014-02-28 00:00:00 | ラーメン(東京)
食堂に抱かれて。

DGとの間に挟まれたEFは、
emptyとfullの意味か。腹ペコから腹イッパイ。
つまみにアイスバイン(すね肉の煮込み)。
そこから肉父さん祭り。

執念の鶏白湯の濃度たるや。
マー油がやや強いが、美味しすぎるや。

おっと、これは東京駅でプロトタイプをみた
醤油ベースのラー油担々麺。ああ、勝浦っぽく
振り切っちゃえば?がこうなったのかな。
これは美味しいよ。




 



 



 





住所 東京都小金井市梶野町5-1-19
電話番号 非公開
営業時間 17:00~翌1:00
※材料切れ終了あり
定休日 不定休

Comments (2)

麺高はし@赤羽 「半バラ麺」

2014-02-27 00:00:00 | ラーメン(東京)
原価ってのを、
消費者が知るっていうのは
必要なことなのかい。

利益率がどうだとか、客観的に
みて適正な価格(利益)かどうか
なんて自分の好みを超えて影響する
ファクターなのかい?

それは、行き過ぎると賢いんじゃなく
品がないんじゃないのかな。

それとも適正な対価を得るべく
日々懸命に仕事をしてない
ニートの発想なのかな。

損をしたくない、という価値観と
自分が心から好きなものを楽しみたい
と思う選択のプロセスには、
結果同じ様なものを求めるにしても
天と地ほどの差がある。

もちろん、自分の財布と
相談しながらね。

幸せは自分で決める。

結果、僕が行くお店は懸命に原価と
戦ってるんだけど、ありがたいと感謝しないとだ!

変なネットの記事に踊っちゃった。てへへ。
戯言でした。

ああ、今日もホントに美味しかった。

住所 〒115-0045 東京都北区赤羽1-38-10
電話番号 03-3903-1575
営業時間 11:00~13:20頃/17:20~18:30頃
[土・祝] 10:40~13:00頃
※ 終了20分前までに行列参加必須
定休日 日曜日
Comment

自家製麺 伊藤@赤羽 「中華そば」

2014-02-26 00:00:00 | ラーメン(東京)
※2013年12月。
 赤羽飲みの中〆です。


よぱらーい。

職人ってのは、色人でもある。
色気があるよね、しょくにん。
読みは<イロビト>だけどね。

そんな中にただの一般の食人が
混ざっている。

理念が理屈になったら、
なーんも面白くない。

何をするかじゃなく、
どう、するか。U2のボノが
よく言ってたね。

理屈を築いた人たちの集りは
理念がつまっていて楽しい。

言ってることよくわからなーい。

おやすみなさい。


住所 〒115-0045 東京都北区赤羽1-2-4
電話番号 03-3598-2992
営業時間 [平日] 11:00~24:00
[土] 11:00~23:00
[日・祝] 11:00~21:00
※スープなくなり次第閉店
定休日 不定休
Comment

饗 くろ喜@秋葉原 「にぼみそ」

2014-02-25 00:00:00 | ラーメン(東京)
※2013年12月の限定。

12月に入り、忘年会が続き、
モテないしグロッキーな僕。

ふなっしーも
もてなしくろっ喜ーも
大人気なのに
たかっしーだけ、
なんでこうなのか。

あやかりに和泉町へ。

必然の濃厚さと
不必要なドロドロさが
あるとしたら、前者な此れ。

元気溌剌の白菜と
ローストされて更に熟れた
トマトも盛り立てる。

アイディアってのは、
閃きの妙じゃなくて、
修練の先の副産物とかって、
わかったようなフリをしてみる。

煮干と味噌が濃密に絡み合うが、
一夜だけの関係とばかりに、
後味に後くされがないなっしー。

こんなことばかり考えているから
モテないたかっしーなんだろう。
イヤッホー♪

※最後の飯割は必須。
 ポリシー上食べ散らかした
 見苦しい画像は
 載せませんがなんか野菜のカレー
 みたいで美味しいですよ!

住所 〒101-0024 東京都千代田区神田和泉町2-15
電話番号 03-3863-7117
営業時間 11:30~15:00/18:00~21:00、[水] 11:30~15:00
※麺がなくなり次第終了
定休日 金曜日・日曜日・祝日 (水曜日はランチのみ営業)
Comment

こってりらーめん 誉@柏 「しょうゆらーめん」

2014-02-24 00:00:00 | ラーメン(千葉)
へい、サッカー好きか?
おう、ラーメン好きだよな?
おおいに語ろうぜ。

でも、理屈じゃねえ。

うおおおお、好きだ!
ってのが、原点だろ? 


たまには原点見つめなきゃね。
人間は忘れる動物だからな。
よっぱラーーーイ。



住所 〒277-0852 千葉県柏市旭町1-7-11
電話番号 04-7145-9700
営業時間 11:00~翌1:00(スープ終了まで)
Comments (2)

Japanese Soba Noodles 蔦@巣鴨 「醤油そば」

2014-02-23 00:00:01 | ラーメン(東京)
本当のプロってなんだろう。

僕はこう思う。
自分の欲求や探究心を追いかけつつ、
商売として成り立つこと。

この一見、背反するような、
ふたつの正しい価値。

前者だけなら、
ただの偉大なる求道者。
後者だけなら、
単なる経済の理屈。

探求するにあたり、
自己満足に終わらせない客観性を
持たせ、商売をすることの最中で
愛を失わせない。

うーん、プロって超むつかしいね!

このお店に来るときに、
味のテクニックやディテールは
僕の重大な関心事項じゃない。
なにか、他の店とは違って圧倒的に美味しいな、
と感じることを愉しみにしてる。

正確に言うと、味の詳しいことが
分かんないだけなんだが、
そういう他との違いが僕の中で
とても大切で、つまり、僕は
このお店に本当のプロを感じて
通っているということなのだ。

1杯の1話完結度が高い。
後味が爽やかで余韻を残す。

以前に食べた時とまた印象が違うのだが、
変化したというよりは大きな意味
で“美味しいラーメン”の一部を
切り取ったかのような、
大袈裟に言えば歌舞伎の一幕の
ような一部。それだけで
起承転結が成り立つような。

お腹がペコペコだったので、
ごはんも頼んだが、
そのストーリーを夢中で
愉しんでたら、手を付けぬまま、
先に麺だけが無くなっていた。

こんな風に、気持ちの贅沢まで
付加してくれることをプロの
条件にしたら、それは
厳しすぎるってもんだ。

そういうのは
特別なお店って言うのかな。
僕にとってこのお店みたいに。




住所 〒170-0002 東京都豊島区巣鴨1-14-1
電話番号 03-3943-1007
営業時間 11:30~14:30/18:00~20:00
[木曜日・土曜日・日曜日] 11:30~14:30
※材料無くなり次第終了
定休日 月曜日
Comment

知味笑龍 深澤ラーメン@柏 「サンラータンメン」

2014-02-22 00:00:01 | ラーメン(千葉)
※2013年12月

日立台のスタンドはもう完全に冬模様。
若者の躍動にこちらもつい熱くなったが、
気付くと木枯らしがちょっと素肌に痛い。

柏のラーメン屋といったら勿論ココ。
気が利くねえ、サンラータンか。
じゃあ、それと餃子!

酸味が控えめでややスパイシー。
過剰な旨味が一切なく仕上がりに品。
ああ、オヤジさん、どんぴしゃよ。
豚バラ肉とシメジを食めば、グジュウと
味が滲み出てくる。黒酢がちょっと欲しい。

成城学園前の桂花(ケイファ)に似るが
こっちのが好きかもしれない。

オヤジ、来シーズンも
美味しいラーメン頼むよ!
絶対優勝すっからさ!

フカヒレラーメン復活?
それは優勝のときにとっとくわ。



 



住所 千葉県柏市中央1-4-17 ハリガヤビル1F
電話番号 04-7170-1503
営業時間 11:30~15:00 17:30~21:00
Comment

らぁ麺やまぐち@面影橋 「にぼ味噌」

2014-02-21 00:00:00 | ラーメン(東京)
2013年12月の限定

痛飲した翌日は、
出汁のうんときいた
味噌汁が飲みたくなる。
酔いはさめているが、
目がパッと覚めるような
ビシッとした出汁であると
より嬉しい。

勿論いただいたのは味噌汁
ではなくラーメンなのだが、
胃に染み渡る優しさは味噌の
キャラクターに由来して、
共通するに違いない。

にゃみさんらしいというよりは
らぁ麺やまぐちらしい、
コンセプトのハッキリした
味噌ラーメン。

味噌とは言え、らしく綾なした
盛り付けにもうっとり。

煮干の厚さに味噌で風味付したような
なんとなく漁師料理ぽい印象も。
大阪豊中のみつか坊主でもこんなのを
出しそうな、いずれにせよ、特徴的な一杯。

麺が凄く好みで、こう身も心も
おじさんになるとこういうふにっ
としたものが、やたらに馴染む。

落ち着き払った新人王に
酔うた身を預けて正解だった。
とっても美味しかった



住所 〒162-0051 東京都新宿区西早稲田2丁目11- 13 山武ビル1F
電話番号 03-3204-5120
営業時間 火~土 11:30~15:00、17:30~21:00
日・祝 11:30~17:00 ※スープ切れ終了
定休日 月曜日(祝日の場合は翌日)
Comment

丸長 坂戸店@坂戸 「つけそば」

2014-02-20 00:00:00 | ラーメン(埼玉)
永遠のMCNシリーズ

重い扉が開く。

長く閉ざされたまま営業を
していた坂戸のシャッターが
あがっているのだ。

先代からのバトンを
受け取りし若者2人。
彼等がシャッターを再びあげたのだろう。

釜に渦を作り出し、
ゆっくりと真白い麺を泳がす。
それをじっと眺める様は、
問答を繰り返しているかのようだ。

形骸化したノスタルジーを追う
のではなく、自分の腕を
この麺に託す、といったところか。
相当な決意があったに違いない。

光が差すことのなかった
入り口に今は外の景色が映る。
それは続けていこうとする意思が
開いた未来図のメタファーだ。

今日も抜群に美味しかった。







住所 埼玉県坂戸市南町15-14
電話番号 049-283-7413
営業時間 8:00~14:00頃(スープ終わり次第)
定休日 日曜日・水曜日
Comment

蕎麦政@六町 「天丼セット」

2014-02-19 00:00:00 | その他ごはん
天丼セット660円
ビーストをツモるひとつ手前で
このフィーバー。

ノーカロリー
ノーライフ
ローIQ
ハイエナジー

お腹いっぱいは正義だ!!!



日本の、路麺の中でも
マニファクチュアに徹したお店。
製麺機があり、更科のような上品な
仕上がり。やはり細切りがたまらない。

天ぷらは注文の都度揚げる。

急ぐことよりも焦らないで
手を止めないことが、
効率化の第一歩と知ったる老夫婦が、
中程度の寸胴を運ぶ時だけ、
2人仲良く両端を持って運んでゆく。

その瞬間、シンとしたモノクロの店内に
パッと色がつき華やいだ。
キュン。

そば政@足立区南花畑






営業時間
月~金 07:30~15:00(売り切れの場合早仕舞い有り
朝食営業、ランチ営業
定休日
土日
Comment