ニコ、酒場で戯言

Always look on the bright side of life.

なべ presents

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

魂麺@本八幡 「魂麺、中華そば他」

2013-09-30 00:00:00 | ラーメン(千葉)
山西さんは、感性の人で
感じたことを表現するタイプ。
器用にみえるかもしれないが、
その源泉は、ものの感じ方が、
素直でブレないところにあるんじゃ
ないかな。

もちろん、付け焼刃じゃなく、
下地の知識やスキルが相当あってこその
ことで、薄っぺらいものに対する
舌鋒は結構鋭い。

そんな魂麺のレギュラーメニューが
一新。止まらぬお酒と会話の中、
お任せでガンガン作ってもらいました。

ノスを含めて、シンプルながら
身体に染み入るバランスのものや
地方に行ってのラーメンをこよなく
愛する、そういったエッセンスを
散りばめた、実に思い切ったメニュー刷新。

メインの魂麺は和歌山に着想を
得た醤油豚骨。調整に苦労してると
言ってましたが、力作で更なる
伸びしろを一番感じる1杯。

わがままを聞いてくれて出してもらった
稲庭中華そば。すでに説明に及ばない
佐藤養悦本舗謹製の奇跡の乾麺が
躍動しますが、例えば七彩と比べると
より鶏にフォーカスしたスープで
一口目に訴える力は相当あります。
ま、得意分野ですから、とか
爽やかに言い放ち、また、次の
1杯をつくりに厨房に入っていくの
でした。


夏の風物詩、冷魂も同席した方に
少しもらいました。まだ、今年は
正式には出てないのかな。詳細は
伏せますが、これも例年通り美味しいんだな。

最後はあっさり系。
これは参った。

「ワタナベさん、これ好きだと
 思いますよ~」

なんて、言われたからハードル
上げちゃうじゃないすか。しかし、
それをハイジャンプのごとく飛び越えて
いく尾道中華そば風な1杯。

鶏のシンプルながら濃密なスープに
しっかりとした醤油を合わせ、
後味に自然な甘さを残す、あれな
やつです!
太麺を手揉みし、不規則な縮れを
出してますが、まあ、こういった
アレンジもいい!
惚れた! もう4杯目だが、
夢中ですすり込む。
あの手のラーメンラバーな方は、
もう絶対に食べてほしい。

濃厚とかあっさりとか、そういう
大雑把な括りではなく、かつ遊びでも
なく、こんな魅せ方ができるなんて
さすがやん。

最後につまみな中華風の焼きそばがでてきて、
こりゃいかん。無限ループになっちゃうので、泣く泣くごちそうさま。













住所 〒272-0023 千葉県市川市南八幡3-6-17-102
電話番号 047-370-5300
営業時間 11:30~15:00
18:00~翌1:00 (日・祝日~23:00)
定休日 木曜(木曜夜の部は限定メニューでの営業)
Comment

そよいち@人形町 「カツカレー」

2013-09-29 00:00:00 | その他ごはん
今日もランチは人形町。

ちょっと久しぶりにそよいちの
暖簾をくぐる。重い意味のある暖簾だ。

そよいちとキラクの関係を
ご存知ない方はコチラ

ホコリひとつない白木の
カウンター。もったいぶらないで
サッサッ、サッサッと供される
庶民的な雰囲気。

無論、手際はすこぶる良く、
そして丁寧で確実。

女性のお店には会話があり、
和がある。心地良い食堂の色合いと
東京洋食の品を兼ね備えた
稀有なお店。

前回ビーフカツだったので、
ポークソテーにしようと固く誓って
いたが、10食限定のカツカレーが
残ってると聞けば、逃す訳には
いくまい。

「ごはんの量、これくらいで
 よろしいですか?」

って、カレーをかける前に
目の前に持ってきて聞いてくれる。
もうこれ以上僕をココの
虜にせんでください。

商売を続けることの凄さと
重みと、それに伴う魅力を
享受しようといろいろなお店を
巡るわけだが、このお店の
チャーミングさは、飛び抜けている。

暖簾を新調した、なんて話を
していたので、突っ込むと

「心配しなくても、もう
 名前はかえないから」

と、笑顔で返された。

次は絶対ポークソテーだ。



住所: 〒103-0013 東京都中央区日本橋 人形町1-9-6
電話:03-3666-9993
営業時間:
月~土 11時00分~15時00分, 17時30分~20時00分
日曜日 定休日
Comments (2)

中華そば すずらん@渋谷 「拉麺(醤油)」

2013-09-28 00:00:00 | ラーメン(東京)
しなだれ掛かるエロい麺も
大好きだけど、凛として自立した
のも憧れ。

〆はすっぴんの凛としたシト。
とても大好きです。

浮気者ですいません。

女性が目に入らぬくらいに
素ラーメンが美味しい。












住所 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-7-5 大石ビル1階
電話番号 03-3499-0434
営業時間 11:30~15:30/17:30-23:00
※スープ切れ次第終了
定休日 日・祝
Comment

麺処にっ田屋@栃木市 「しょうがらーめん」

2013-09-27 00:00:00 | ラーメン(栃木)
小三郎出身のにっ田屋に。
しょうがらーめんを売りに、餃子もあって
正統的な出身店ですね。

もはやスープ自体もおぐら屋の系譜でありながら
小三郎が確率したようなキレと旨味がハッキリした
もので、素直に美味しい!
というよりやっぱりスキ。

小三郎と比べるとまだ磨かれていない部分もありますが、
どんどん根ざしていってほしいですね。

餃子ももちろん、この大きさ。
ええ、さすがにお土産にしてもらいましたとさ。





 

住所 栃木県栃木市仲方町141-1
電話番号 0282-30-1910
営業時間 11:00~20:00(平日のみ15:00~17:00中休み)
定休日 月曜日(月曜日祭日は営業。翌日代休)
Comment

らあめん厨房どる屋@東武宇都宮 「鮎らーめん」

2013-09-26 00:00:00 | ラーメン(栃木)
※2013年6月30日の訪問

どる屋で鮎らーめん
栃木の鮎らーめん、っていうのがいいですよね。
白美人ねぎも利いてます。

シンプルで穏やかなスープだが、
鮎のクリアで豊かな香りがたまらない。
少し燻したチャーシューも良い意味で癖になる。

※鮎らーめんは不定期です。

 



 

住所 〒320-0806 栃木県宇都宮市中央2-8-6
電話番号 028-649-5917
営業時間 (平日) 昼11:30~2:30 夜5:30~8:00(土日祝日)昼11:30~3:00 夜5:30~8:00★7月~9月までは平日昼の営業は2時まで。夜は変わりありません。
定休日 金曜日の夜
Comment

環七ラーメン てらっちょ@我孫子 「ラーメン」

2013-09-25 00:00:00 | ラーメン(千葉)
センチメンタルな夜のシメは
よりジャンクな方が泣かなくて済む。

土佐っ子の末裔で
アブラ多め



いってきます。

住所 千葉県我孫子市寿2-25-30
電話番号 04-7179-1003
営業時間 11:00~15:00、18:00~翌3:00(スープ切れで終了)
定休日 第一月曜日、スープの出来が悪い日
Comment

麺処 慶@上尾 「みそラーメン」

2013-09-24 00:00:00 | ラーメン(埼玉)
久しぶりの慶。

元からあった異なる2つの価値観を融合させることで
新鮮な価値観を見出すことは、常道。

厚みのあるラードの香りと独特の味噌のコク。
これにドロっとしたスープの組み合わせはありそうで
ここにしかない。

濃い絵の具を上塗りするような強い食事が、
時々好きだ。そして、ライスが必須。






住所 〒363-0063 埼玉県上尾市小泉69-8
営業時間 11:30~15:00/18:00~21:00 ※材料無くなり次第終了
定休日 水曜日
Comment

支那そば 心麺@北本 「醤油ラーメン」

2013-09-23 00:00:00 | ラーメン(埼玉)
惜しげも無く材料を、手間暇かけて、
の代名詞といえば支那そばや系。

たっぷりのスープに泳ぐ麺が気持ちよさそう。
源泉かけ流しのたっぷりのお湯に浸かるような贅沢と
感覚的には近いかな。

リッチな感覚の割に、バランスは良くて
コーチンの旨さを存分に堪能できます。
個人的にはトッピングの配置など、見た目も
ドンピシャリで楽しませてもらってます。







住所 〒364-0005 埼玉県北本市本宿1-22
電話番号 048-591-6700
営業時間 月・火11:00~14:30(昼のみ営業)、
金・土・日・祭日11:00~14:30/18:00~20:00
定休日 水・第1・3・5木曜日
Comment

中華そば しながわ@要町 「中華そば」

2013-09-22 00:00:00 | ラーメン(東京)
要町は父型の実家があり、
小さい頃からよく行ったもんだ。
父の生家は鷹番だったそうだが、
戦後に焼け野原となり、要町に
移ったらしい。

ピーコックで買い物をして、
東池袋まで行ってラーメンを
食べに連れてかれて、立教の
練習グラウンドで誰を見ただのの
話を聞いて、正月になれば
爺ちゃんと家で焼き肉をやり、
お年玉をもらった。久しく寄って
ないわ。

そんな要町に中華そばしながわ誕生。

いい思い出も、そうじゃないのも
ひっくるめて、途切れていた時を
つないでくれたことに勝手に感謝
しつつ、

中華そばを注文。

見ての通りの実直な感じの一杯で、
中華そばの決定版と快哉を
叫びたくなる。
渋いが唸りまくる一杯。

この日は製麺所製の麺だった
そうだが、現在は自家製麺だとか。
ドリルマンの研鑽が止まらない。

オヤジ仕様というか、しっかり
茹でられた麺に、間断された
時を重ね、俺仕様!などと
身勝手なことを考えつつ、ごちそうさまと
感謝するものだった。

うひょひょー。美味しい!
こりゃ、通っちゃいそうだ。



住所 東京都豊島区西池袋4-19-14
電話番号 03-5926-6178
営業時間 11:30~15:30
定休日 無休
Comment

東京神田 角中中華そば店@神保町 「中華そば」

2013-09-21 00:00:00 | ラーメン(東京)
※2013年6月の訪問

超珍しくモダ活。

神保町にでけたお店。
666出身でしたっけ。
(追記:出身じゃなくて、666の前に
 その場所で営業されていた方なんだとか!失礼しました。。)

もうスープがたぷんたぷん
しておる。そんな粘性の豚骨スープ。
ぽってりとした油脂感もあって、
鶏も使ってんじゃないかと思いますが、
濃い口の醤油で力強くまとめきってるんで詳細不明です。
これはいい。



住所 東京都千代田区神田神保町2-2-38
電話番号 03-3221-0733
営業時間 11:30~21:30
定休日 日曜祝日
Comment