気ままなあれこれ日記

50代主婦が、日々の雑事から感じたことを日記にしました。

エキサイティング4年生

2014-10-31 21:55:31 | Weblog
昨日、今日と、自閉症・情緒クラスの担任が修学旅行の引率のため、

留守だった。

私が、そのクラスの番をしていたのだが、

昨日、早速、心療内科に入院治療していて退院した4年生の2人が

ひと悶着あった。

片方が興奮して、ワーワー騒ぎ立てるタイプ。

もうひとりは、ブスッとして無言になり、態度が荒々しくなるタイプ。

ワーワーいう子は、以前、上級生にいじめられたとPTSDになった。

親も神経をとがらせているので、電話をした。

家でも、危険な行動をしたとか・・・。

今日も、ヘルパーの方の上手な対応で、仲直りができたのも束の間。

またも、休み時間の遊びが本気のバトルになり、つかみ合いの喧嘩に・・。

私が発見したときには、ヘルパーの方が一人をかばっていた。

なので、暴力を振るおうと躍起になっている方を私が羽交い締めにするが、体がでかくて、一緒に床になだれこんだ。

壁に頭をぶつけなくて良かった。

そのときの衝撃のため太ももが痛い。

なんだかんだで、1日中、嵐が吹いたりやんだりの悪天候の日だった。

実にエキサイティングなハロウィンデーだった。
コメント

5:20AM

2014-10-30 20:33:44 | Weblog
今朝は、5時20分に出勤。

というのも、勤務校の6年生、さらに言うと担任している子が、修学旅行で出かけるので

お見送りのために、こんな時刻に家を出る。

何でも、該当の職員は5時半に集合、子供たちは6時20分集合だとか。

東京にバスで行くには、これくらい早朝にでないとだめなのか。

暗い中を運転していると、突然、犬の散歩者、ランナーなどが見える。

車も少ない。

まだ、世間の皆さんは、夢の中だろう。

寒い朝に起きて、活動をするのは、これからの季節厳しくなってくる。

まだ、10月、もう11月・・・。

明日で神無月もおしまい。

11月1日は、神様の立ち日。

出雲の国からお帰りになる。
コメント

19度

2014-10-29 20:29:28 | Weblog
今朝の教室の温度、19度。

20度を切った。

いよいよ秋から冬かなと。

バケツ稲で育てたコメを教室で、もみすりしている。

すり鉢にもみを入れて、ソフトボールでごりごりこする。

そして、籾殻を取り除いて、玄米にするのだ。

しかし、子供には、細かな作業で、玄米と籾殻をうまく分離できない。

知的に高い子は、その作業の意味を理解して、間に合う仕事をする。

でも、理解力の乏しい子や雑な子は、ごちゃまぜにして、玄米を入れる箱にどさっと入れるので

大迷惑だ。

これが、仕事場だったら、大きな損害だ。

とても働き手として間に合わないことだろう。

得手不得手があるが、細かな作業も根気強く取り組める能力と忍耐力が必要だろう。

子供たちの作業の後始末を我々教師がする。

19度の教室で、農作業?をして感じたこと。
コメント

神無月もあと少し

2014-10-28 20:20:59 | Weblog
10月、神無月もあと少し。

いつの間にか、寒くなってきた。

毎朝、朝の会のとき、教室の温度計の測定を6年の子にしてもらい

みんなに発表してもらう。

今日は、20度ジャストだった。

昼間になれば、陽光まぶしく暖かだ。

しかし、ひとたび、日が落ちれば、寒い。

今年も残すところ、早いもので、あと2ヶ月ちょっと。

1年1年年を重ねて生きている。

昨日、老後、終活について考えてみた。

親のこと、夫のこと、自分のこと。

経済的なこと、家のこと・・・。

人生も50年を越すと、死に1日1日近づいているのだと思う。

昔は、人生50年だったのだから。

そんな人生ながら、いつも、目標があると頑張ろうという気になれる。

ささやかな楽しみでいい。

生きる糧。
コメント

尊敬できない上司

2014-10-27 19:59:20 | Weblog
ブログにありがちな話題。人の愚痴。

タイトルの通りだ。

職場の管理職に対しての感想。

まあ、人物評ということだ。

評価できる点

・強力なリーダーシップ⇒悪く言えば、トップダウン

・実行力がある⇒やり手

・気さく、気取らない⇒ぶっちゃけ過ぎていて、パワハラになりかねない言動

評価できない点

▲自意識過剰、自画自賛、ビッグマウス⇒自信家、自慢したがり

▲派手好き、アピールしたがり⇒目立ちたがり屋

▲周りと比較するのが好き⇒競争好き

▲特定の職員を贔屓する⇒単なるイエスマン好き

プラス点とマイナス点を差し引きすると、マイナス評価の方が高い。

つまり、一言で言うと、「尊敬できない」人だ。

人生の中で、出会う人たちで、尊敬できる人にめぐありあえるだけでもラッキーかもしれない。

逆に言えば、宝くじをひくような確率だろう。

だから、尊敬できない上司がうじゃうじゃいるのが普通なのだろう。

あまり、期待しないのが一番。
コメント