気ままなあれこれ日記

50代主婦が、日々の雑事から感じたことを日記にしました。

水無月もさようなら

2017-06-30 22:36:50 | Weblog
毎日、梅雨のじとじとした天気が続いている。

家の裏にあるすずかけの木は、葉っぱに雨を含んで重たそうに枝を垂れている。

梅雨明けはいつかな?

もうすぐ、七夕だ。

職場のゴタゴタもどうなることか?

話の概要を聞くと、簡単には、解決できそうにない。

なぜなら、その人の人格にかかわるようなことだから。

はたまた、その人の教育者としてのパーソナリティに関わるから。

教育観、児童観の違いだと思う。

まるで、嫁、姑のいざこざのようだ。

私としては、客観的に、中立の立場でいたい。
コメント

遂にこの日がきた

2017-06-29 21:32:13 | Weblog
職場の対立。

日に日に激化していた。

正確には、一方の人が、メンタルが折れて、欠勤状態に陥ってしまった。

その要因という人に、遂に、上司が、この発端を語ったのだ。

そもそも、片方の人が、もう片方の人の言動に腹を立てて、すねてしまったのだ。

大人げないといえばそれだけだが、

根が深いようだ。

私のなんぞの知らない魑魅魍魎の住む世界が。

明日は、どうなることやら・・・・。
コメント (1)

ビワの実

2017-06-28 19:58:41 | Weblog
家のビワの実が最盛期だ。

いつのもまにか、橙色に色付き家人が採った。

食卓に置かれた橙色のビワの実を、朝、5個ぐらい食べた。

大きな種が3つ4つと入っているので、果肉は、ほんの少し。

でも、甘くて進む。

季節のものは、格別だ。

姑は、そんなビワの実を、無人販売している。

道の通りに、ちょっとした棚を運び出し、ビワの実を袋詰めし、販売している。

果たして、売れてるのかどうか?
コメント

みんな同じ思いだった

2017-06-27 21:27:01 | Weblog
昨日もかいたけど、職場の特定の人について。

私が抱いていた率直な思いを、実は、多くの人がもっていたということが判明した。

そんな中で、当事者であるその人は、みんなのそんな気持ちは全く察知していないようだ。

「裸の王様」

それもそのはず、職場の長老、主、なのだから。

そんなお局様に意見出来る人といえば、もう、トップしかいない。

一体、どうなることやら・・・?
コメント (1)

みんな抱えている閉塞感

2017-06-26 21:10:37 | Weblog
職場の人間関係について、ブログで、愚痴を吐露した。

今日の放課後、ある子供についてのケース会議を開いた。

自分が音頭取りとは露知らず。

一員だとばかり思っていた。

でも、管理職が、そうではないことを伝えに来られた。

そこらへんをはっきりと言ってくれないと。

その会議の中で、欠席裁判みたいなシーンがあった。

その欠席者という人が、先週、突然、私に向かって、「一度お話をしたいと思っていた。」と

すごいマシンガントークで今までの不満を私にぶちまけたのだ。

私は、ただただ聞くしかなかった。

どうも、みんな固まった人間関係で生ぬるい環境で、閉塞感を抱えていることが分かった。

「刷新」しないと息苦しくて、病気になってしまう。

コメント (1)