気ままなあれこれ日記

50代主婦が、日々の雑事から感じたことを日記にしました。

大晦日

2006-12-31 19:28:33 | Weblog
今度は、長男がきれた。

ひげをそってやって、ついでに伸びた前髪をかみそりですいたら、
激怒して、「おかっぱじゃん。」と言って、家を飛び出して行った。

まだ、帰ってこない。
おそらく隣の祖父母の家だと思う。


親って、ほんと、甲斐がない。
子供に罵詈雑言を吐かれ、感謝もされず。
親不孝もいいかげんにしてくれ!!


大晦日だというのに、またも、家族崩壊。
コメント

大晦日前日

2006-12-30 21:19:47 | Weblog
夕べ、水に浸しておいた黒豆を午前中、炊いた。
1時間くらい、テレビを見たり本を読んだりしながら。
柔らかさ加減が不安だけど、噛んでみて、大体よかったので、消火した。

次に、ガスレンジのフードフィルターとカバー、テーブルクロスを買いに出かける。
最初に、トイレ用のミニカレンダーを探したけれど、手頃なのがなく、あきらめる。
3つを買った後、食料を買う。
おせち料理や年越しそば関係の食材が多く陳列されていた。

帰宅して、お昼を食べた後、ガス台の周辺を掃除する。
かなり、油でぎとぎとしていた。
素手でやったので、食器用洗剤で手も洗った。

午後は、のんびり、BSテレビの旅番組(イギリスを鉄道で旅するドキュメント)を見ていた。

夕飯用に早めに餃子の具や準備した。

1日をこんなにのんびり過ごせて、あくせくしなくていいなんて。
コメント

甘酒

2006-12-29 20:34:07 | Weblog
今日は、冷えた。
家の裏(屋外)にあったバケツの水が、凍っていた。
氷点下だったんだ。
風も強いし、とても外に出ていられない。
今日は、ほとんど、家の中で過ごした。

おととい買ってきた文庫を読んでいた。
柳田邦男著 「言葉の力、生きる力」という本だ。

言葉って、貧相よりは豊かな方が、ちょっとした違いを表現できると思う。
もちろん、言葉が全てとは言えないが、人間の特性をフルに活用できる手段だと思う。言葉によって励まされたり元気をもらったり、逆に傷つけられたり裏切られたりもするだろう。


昼間、あまりにも寒かったので、簡単に希釈する甘酒を作りふーふー吹いて飲む。
今年もあと2日か。
コメント

エアコンのフィルター

2006-12-28 14:03:55 | Weblog
大掃除まがいのことをした。
窓ガラス、エアコン、ベランダの掃除に着手した。


エアコンのフィルターは、思いの外の埃で、びっくり。
細かい編み目にびっしり湿気を含んだ埃が、こびりついていた。
以前、業者にやってもらって以来だ。
水で洗い流そうとしたら、海草みたいになって、もっと、ゲーって感じだった。

もう何年ものほこりがたまりたまっていたのかと思うと、ぞっとする。


ベランダは、葉っぱや次男が遊んだエアーガンのプラスチック製のびーびー弾が、落ちていた。隅っこにはやはり、土、砂埃がたまっていた。

掃除って、埃との戦いですね。
コメント

年賀状

2006-12-27 20:28:32 | Weblog
クラスの子、35人宛の年賀状を昨日、今日かけて完成させた。
宛名書きは、手書きにした。
裏のデザインは、無料ダウンロードを利用して、作成した。

夕べ、NHKの番組で、東京の西東京市のコミュニティセンターに集う10代の若者についてのルポを見た。
家庭的に複雑な(母子家庭、家族がバラバラのホテル家族、離婚寸前の両親等)子が、何人か出てきた。でも、中には、両親がそろっていても忙しくて家にいないとか。
だから、家で一人でいても寂しいから、温かい夕食もないから、センターに来て夜の10時(閉館時刻)まで、みんなで集うっているらしい。
館長の方は、青少年育成の活動経験者で、夜の町を巡回して、たむろしている若者に声を掛けるとか、無職の19才の若者を自宅に招いて夕飯を食べさせたりして、役職以上の仕事をされていると思った。
今、家族が崩壊している。
うちだって、似たようなものだ。
子供が成長するにつれ、親も子離れをして、関心をもたなくなり、干渉しなくなる。昔だって、そうだったかもしれない。でも、貧しい中にもきっと愛情があったことだろう。今は、物を与えてはいるが、愛情を注いでいない親が多いのかもしれない。

年賀状を書きつつ、どれくらい返事が返ってくるのかな?と思った。
コメント