goroの徒然なるままに・・・

日々の記録と言うか自分の日記や備忘録として書き連ねるつもり。

RD125角タンク赤2の腰下作業

2018年07月06日 | オートバイ



それなりに準備していたつもりなので、スムーズに進むだろうと作業開始!







毎度のことなんだけど、分解芯出しまでやってるので、もんげースムーズに回転する!


コンロッドも綺麗に研磨され、気持ちいい!







特に問題なく左側にクランクシャフトを引き込んで、トランスミッションも所定の位置へ。


各ギアへの切り替えも確認して、右側ケースの作業を始める。


???


あれ?


クランクの引き込みを始めようとしたが、なんとなく違和感が?







あいや!


インストールツールのアタッチメントに亀裂が入ってる。


気が付いてよかった!


でも・・・予備は持ってないんだよなぁ


ここのピッチって、一般的に流通していないので、加工屋さんに作ってもらったんだっけ。


とりあえず、明日溶接してみるつもり。







残念だけど、この状態で作業終了・・・







ここまで準備してたんだけどなぁ





オーナーさん、申し訳ありません。


早急に工具を手配して作業を進めます。







YA0011
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 「上死点前1.8±0.1mm」 | トップ | RD50SPの嫁ぎ先(正式な)が... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いやー(笑) (RD125赤タンクオーナー)
2018-07-07 04:12:55
惜しかったですねー(>_<)
気にしないで下さい(^_^)

お身体 大丈夫ですか❓
無理せず のんびりしてくださいね
残念です (goro)
2018-07-07 13:10:28
毎度毎度、ご心配をおかけして申し訳ありません。
体調は良いのですが、思いっきり集中して作業を開始して、この結果です・・・
週明けに工具を作ってもらい、仕切り直します。

コメントを投稿

オートバイ」カテゴリの最新記事