花ごよみ

映画、本、写真など・

きつねのはなし (森見 登美彦 )

2008-01-30 | 本 ま、や行(作家)
デビュー作品『太陽の塔』、 
「四畳半神話大系」
「新釈走れメロス他四篇」
「夜は短し歩けよ乙女」などと同じく、
この作品も舞台は古都京都。


骨董屋、
きつねのお面、
胴の長いけもの…。

奇妙な出来事が、
現実に起こりそうな、
京都が舞台の独特な世界。

4編からなる奇譚集。

この作品は、
今までの彼の作品とは、
かなり異なっていて、
新たな挑戦を感じます。

古都、京都の町ならではの
一種異様な空間を背景として
湿度の高さを感じさせる物語。

非日常的な雰囲気を漂わせている。

静かで不気味な空気。

あり得ないことは分かっているのに
どこかにあり得そうな話。

ほの暗い恐怖が直ぐそばに…。

不思議は不思議のままなので
読み終えた後、
不気味さがそのまま心の底辺に沈殿して
すっきりした気持ちにはなれない。

きつねにバカされたような…

そこが作者のねらい目なのかも。




譲ってもらった本です。
読む本は、いつもは図書館で借りるか、
買うとしても文庫本だけなのに…。
うれしいです。

でも「鴨川ホルモー」だけ、
返してくれと‥。
まだ読んでいないのに…。










コメント (4)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
« シンビジュームと千両 | トップ | 陰日向に咲く »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
 (tami)
2008-01-30 21:42:30
こんばんは。

ふふふ・・・kazuさんの嬉しい気持ち、よくわかります。

「夜に短し・・」の表紙の絵、大好きです。
tamiさんへ☆ (kazu)
2008-01-30 23:29:58
こんばんは~!

ハードカバーは買わないで
本は図書館か文庫本、
文庫本は読んだら他の人に
あげたりするので、家には
本があまりないんですよ。
なのでうれしいです。
「夜に短し・・」の表紙の絵、
ほんと可愛いですね!
Unknown (june)
2008-02-01 22:13:29
kazuさん、こんばんわ!
これ怖いですよね。
ほの暗い恐怖って、その通りだと思います。
湿った空気感だとか、静かな怖さがじわじわと
迫ってきました。
森見さんってこういうのも書くんですね。

それにしても、そんなに大量のプラチナ本を
譲って下さるなんて、なんて太っ腹な方なんでしょう!
うらやましいです。
juneさんへ☆ (kazu)
2008-02-02 00:21:08
こんばんは~!

森見さんの新境地
新しい挑戦ですね。

結構こわいですね。
きつねの顔が、
頭から離れなくなります(泣)

本、うれしいです。
でも鴨川ホルモー、残念!
図書館で借りることにします。



コメントを投稿

本 ま、や行(作家)」カテゴリの最新記事

5 トラックバック

「鹿男」で注目。万城目学さんの『鴨川ホルモー』 (百聞一読 本のツボ)
玉木宏さんがだんだん鹿に似てきた…?! と評判の「鹿男あをによし」。原作は『鴨川
「きつねのはなし」森見登美彦 (しんちゃんの買い物帳)
きつねのはなし森見 登美彦 (2006/10/28)新潮社 この商品の詳細を見る 京都を舞台にした、幻想的で耽美、そしてちょっぴり怖い4つの短編集です...
「きつねのはなし」森見登美彦 (本のある生活)
きつねのはなし 何となく梨木香歩さんの「家守奇譚」をホラーにしたような感じがしました。時代は違うし、雰囲気も全然違うんですが、不思議な出来事や生き物があたりまえのように存在しているところとか、あとは単純に琵琶湖と水のイメージです。こちらはホラー仕立て...
きつねのはなし 〔森見登美彦〕 (まったり読書日記)
きつねのはなし森見 登美彦 新潮社 2006-10-28売り上げランキング : 9692おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 京の骨董店を舞台に現代の「百物語」の幕が開く。 注目の俊英が放つ驚愕の新作。 細長く薄気味悪い座敷に棲む狐面の男。 闇と夜の狭間...
「きつねのはなし」森見登美彦 (Chiro-address)
「きつねのはなし」 森見 登美彦 新潮社 2006-10-28 勝手に評価:★★★★☆  京の骨董店を舞台に現代の「百物語」の幕が開く。注目の俊英が放つ驚愕の新作。  細長く薄気味悪い座敷に棲む狐面の男。闇と夜の狭間のような仄暗い空間で囁かれた奇妙な取引。私が差...